.NET Framework 1.1 または .NET Framework 1.0 用の一部のセキュリティ更新プログラムを削除すると、ファイルのバージョンが、最後に適用した Service Pack でインストールされたバージョンに戻る

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939160 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次の事例で説明します。Microsoft .NET Framework 1.1 または Microsoft .NET Framework 1.0 がインストールされているコンピューターがあります。以下のサポート技術情報に記載されているセキュリティ更新プログラムの 1 つを削除します。
  • 928366 Windows XP および Windows 2000 用の .NET Framework 1.1 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 7 月 10 日) について
  • 929729 Windows Vista 用の .NET Framework 1.1 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 7 月 10 日) について
  • 928367 Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の .NET Framework 1.0 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 7 月 10 日) について
この状況では、.NET Framework のファイルのバージョンが、最後に適用した Service Pack でインストールされたバージョンに戻ります。また、再インストールできるのは、以前にインストールされた更新プログラムまたは新しい更新プログラムに限られます。古い更新プログラムはインストールできません。

原因

この現象は、.NET Framework 1.1 および .NET Framework 1.0 用の更新プログラムが、もともと Windows インストーラー 2.0 を使用するように設計されていたために発生します。.NET Framework 1.1 および .NET Framework 1.0 用の更新プログラムは、Windows インストーラー 3.0 を使用するようには設計されていません。

注: Windows インストーラー 3.0 は、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows 95 などの古いプラットフォームではサポートされていません。

Windows インストーラー 2.0 には制限があり、更新プログラムを削除する機能がネイティブでサポートされていません。この制限を回避するために、.NET Framework 1.1 および .NET Framework 1.0 用の更新プログラムには、専用の削除機能が組み込まれています。

専用の削除機能の動作を以下に説明します。更新プログラムには、本体の .msp ファイルに加え、anti-patch と呼ばれる更新プログラムの削除機能が含まれています。更新プログラムのラッパー実行可能ファイルに適切な削除コマンドが渡されると、ラッパーによって anti-patch がインストールされます。anti-patch は実際には第 2 の更新プログラムです。この更新プログラムには、本体の .msp ファイル内の各ファイルに対応する、正常に機能する既存のバージョンの中で最新のバージョンが含まれています。このバージョンは最新のベースライン バージョンです。通常、Service Pack が存在する場合は、このバージョンは最新の Service Pack に含まれているバージョンです。このため、.NET Framework 1.1 または .NET Framework 1.0 用の更新プログラムが削除されると、ファイルのバージョンが必ずしも以前のバージョンに戻りません。ファイルのバージョンが、最後に適用した Service Pack でインストールされたファイルのバージョンに戻ることがあります。

次の事例で説明します。.NET Framework 1.0 Service Pack 3 用の更新プログラムが 2 つあります。1 つ目の更新プログラムは更新プログラム KB886906 です。この更新プログラムのファイルのバージョンは 1.0.3705.6021 です。2 つ目の更新プログラムは更新プログラム KB928367 です。この更新プログラムのファイルのバージョンは 1.0.3705.6060 です。

次の表は、この状況で、これらの更新プログラムをインストール後に削除した場合に発生する現象を示しています。
元に戻す全体を表示する
手順操作以前のファイルのバージョン新しいファイルのバージョン
1.NET Framework 1.0 Service Pack 3 をインストールします。該当なし1.0.3705.6018
2更新プログラム KB886906 をインストールします。これは 1 つ目の (古い) 更新プログラムです。1.0.3705.60181.0.3705.6021
3更新プログラム KB928367 をインストールします。これは 2 つ目の (新しい) 更新プログラムです。1.0.3705.60211.0.3705.6060
4更新プログラム KB928367 を削除します。これは 2 つ目の (新しい) 更新プログラムです。1.0.3705.60601.0.3705.6018
この状況は、2 つ目の更新プログラムを削除した後、.NET Framework 1.0 が 1 つ目の更新プログラムのファイルのバージョンに戻らないことを示しています。.NET Framework 1.0 はベースライン バージョンに戻ります (ベースライン バージョンは .NET Framework 1.0 Service Pack 3 に含まれているファイルのバージョンです)。

解決方法

マイクロソフトはこの動作を修正するアンインストール クリーンアップ ツールをリリースしました。「現象」に記載されているいずれかのセキュリティ更新プログラムを削除する場合は、このツールを使用する必要があります。

アンインストール クリーンアップ ツールを入手するには、次の Microsoft ダウンロード センター Web にアクセスします。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=7a4efc33-0343-4ee4-b0c4-97bd16967a09&displaylang=ja-nec
アンインストール クリーンアップ ツールの実行後、コンピューターは正常に機能していたときの状態に戻ります。この時点で、以前の更新プログラムを再インストールすることができます。

次の表は、これらの更新プログラムをインストール後に削除した場合に発生する現象を示しています。またアンインストール クリーンアップ ツールを使用した場合、どのように動作が修正されるかについても示しています。
元に戻す全体を表示する
手順操作以前のファイルのバージョン新しいファイルのバージョン
1.NET Framework 1.0 Service Pack 3 をインストールします。該当なし1.0.3705.6018
2更新プログラム KB886906 をインストールします。これは 1 つ目の (古い) 更新プログラムです。1.0.3705.60181.0.3705.6021
3更新プログラム KB928367 をインストールします。これは 2 つ目の (新しい) 更新プログラムです。1.0.3705.60211.0.3705.6060
4更新プログラム KB928367 を削除します。これは 2 つ目の (新しい) 更新プログラムです。1.0.3705.60601.0.3705.6018
5クリーンアップ ツールをダウンロードして実行します。1.0.3705.60601.0.3705.6018
6更新プログラム KB886906 を再インストールします。これは 1 つ目の (古い) 更新プログラムです。1.0.3705.60181.0.3705.6021
次の表は、「現象」に記載されているいずれかのセキュリティ更新プログラムを削除した場合に、再インストールする必要のある更新プログラムを示しています。
元に戻す全体を表示する
.NET Framework のバージョン削除した更新プログラム再インストールが必要な更新プログラム
.NET Framework 1.1 Service Pack 1
928366 Windows XP および Windows 2000 用の .NET Framework 1.1 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 7 月 10 日) について
886903 ASP.NET パス検証の脆弱性 (Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1)
.NET Framework 1.1 Service Pack 1
929729 Windows Vista 用の .NET Framework 1.1 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 7 月 10 日) について
886903 ASP.NET パス検証の脆弱性 (Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1)
.NET Framework 1.0 Service Pack 3
928367 Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の .NET Framework 1.0 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 7 月 10 日) について
886906 ASP.NET パス検証の脆弱性 (Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3)
新しい更新プログラムのいずれかを削除した後、以前の更新プログラムをインストールする前に、この資料で説明したクリーンアップ ツールを実行する必要があります。該当するセキュリティ更新プログラムを削除するたびに、この手順を再度実行する必要があります。つまり、該当するセキュリティ更新プログラムを削除したときは必ず、アンインストール クリーンアップ ツールを実行してから、以前の更新プログラムをインストールする必要があります。

注: アンインストール クリーンアップ ツールの実行時、ツールはコンピューターにインストールされません。ツールによって、必要なクリーンアップがコンピューター上で実行され、ツールは終了します。

詳細

複数の更新プログラムのインストール後に、1 つの更新プログラムを削除した場合に発生する問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
938244 .NET Framework 1.0 または .NET Framework 1.1 用の更新プログラムを削除すると、ファイルのバージョンが最後に適用した Service Pack でインストールされたバージョンに戻る
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 939160 - 最終更新日: 2011年10月14日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Starter
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
    • Microsoft Windows 2000 Professional
    • Microsoft Windows 2000 Server
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Starter
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
    • Microsoft Windows 2000 Professional
    • Microsoft Windows 2000 Server
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbupdateissue kbuninstall kbinstallation kbupdate kbhowto kbtshoot kbexpertisebeginner kbprb KB939160
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com