変更したり、Windows SharePoint Services 3.0 での代替アクセス マッピングを削除するとエラー メッセージ:「更新競合が発生したと、この操作を再試行する必要があります」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939308 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows SharePoint Services で構成データベースを復元する 3.0 では、システムの回復を実行します。次に、変更または、代替アクセス マッピングを削除するのにしてください。

これを行うと、次のエラー メッセージのようなエラー メッセージが表示されます。
更新の競合が発生し、この操作を再試行する必要があります。オブジェクトの名前を SPAlternateUrlCollection web アプリケーションの親 = = SPFarm 名 = SharePoint_Config 更新されるによって ドメイン名\UserName1、w3wp プロセスで、コンピューター上で サーバー名.競合の詳細については、「トレース ログを表示します。
ユニファイド ログ サービス (ULS) のログ ファイルを表示すると、次のエントリのようなエントリを参照してください。
日付 時間 w3wp.exe (0x1620) Windows SharePoint Services の 0x1988 トポロジ 8xqz 中更新 SPPersistedObject SPAlternateUrlCollection 名前を web アプリケーションの親 = SPFarm 名 = SharePoint_Config =。バージョン: 16449 を確認: 0、ハッシュ コード: 30474330、Id: 609b3309-241a-4193-8289-1bba6a70be50、スタック: Microsoft.SharePoint.Administration.SPPersistedObject.Update() でMicrosoft.SharePoint.Administration.SPAlternateUrlCollection.Update() で(オブジェクトの送信者, EventArgs e) の Microsoft.SharePoint.ApplicationPages.IncomingUrlPage.BtnSave_Click でSystem.Web.UI.WebControls.Button.OnClick (EventArgs e)System.Web.UI.WebControls.Button.RaisePostBackEvent (文字列の eventArgument) でSystem.Web.UI.WebControls.Button.System.Web.UI.IPostBackEventHandler.RaisePostBackEvent (文字列の eventArgument) でSystem.Web.UI.Page.RaisePostBackEvent (IPostBackEventHandler sourceControl、文字列 eventArgument) でSystem.Web.UI.Page.RaisePostBackEvent (これには、postData) でSystem.Web.UI.Page.ProcessRequestMain (includeStagesBeforeAsyncPoint のブール値、ブール値の includeStagesAfterAsyncPoint) でSystem.Web.UI.Page.ProcessRequest (includeStagesBeforeAsyncPoint のブール値、ブール値の includeStagesAfterAsyncPoint) でSystem.Web.UI.Page.ProcessRequest() でSystem.Web.UI.Page.ProcessRequestWithNoAssert (HttpContext コンテキスト)System.Web.UI.Page.ProcessRequest (HttpContext コンテキスト)ASP._admin_editincomingurl_aspx では。ProcessRequest (HttpContext コンテキスト)System.Web.HttpApplication.CallHandlerExecutionStep.System.Web.HttpApplication.IExecutionStep.Execute() でSystem.Web.HttpApplication.ExecuteStep (IExecutionStep ステップ、ブール値 & completedSynchronously) でSystem.Web.HttpApplication.ResumeSteps (例外エラー) でSystem.Web.HttpApplication.System.Web.IHttpAsyncHandler.BeginProcessRequest (HttpContext コンテキスト、AsyncCallback cb オブジェクト extraData) でSystem.Web.HttpRuntime.ProcessRequestInternal (HttpWorkerRequest wr) でSystem.Web.HttpRuntime.ProcessRequestNoDemand (HttpWorkerRequest wr) でSystem.Web.Hosting.ISAPIRuntime.ProcessRequest (IntPtr ecb、int32 型の iWRType) で2007 年 06 月 06 日 14:36:31.51 w3wp.exe (0x1620) 0x1988 75bd 高 UpdatedConcurrencyException の Windows SharePoint Services のトポロジ: オブジェクトの名前を SPAlternateUrlCollection web アプリケーションの親 = = SPFarm 名 = SharePoint_Config は他のユーザーによって更新されています。これらの変更する衝突すべての相違点を解決するかどうか、および 2 番目の変更を再適用を確認します。このエラーは、1 つのスレッドで同じオブジェクトの 2 つのコピーを取得することで、プログラミング エラーも可能性があります。以前の更新情報: ユーザー。 ドメイン名\UserName1 W3wp プロセス: コンピューター:サーバー名 時刻:日付 時間 最新の更新情報: ユーザー。 ドメイン名\UserName2 W3wp プロセス: コンピューター:サーバー名日付 時間 w3wp.exe (0x1620) Windows SharePoint Services の 0x1988 トポロジ 8xqy 高 ConcurrencyException: 以前のバージョン: 16449 新しいバージョン: 0

原因

この問題は、フロント エンド サーバー上のファイル システムのキャッシュの内容、構成データベースの内容よりも新しい場合に発生します。システムの回復を実行すると、ローカル サーバー上のファイル システム キャッシュを消去する必要があります。

解決方法

この問題を解決するのには、Windows SharePoint Services タイマー サービスが実行しているサーバー ファーム内のすべてのサーバー上のファイル システムのキャッシュをオフにします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. タイマー サービスを停止します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには 管理ツールプロパティ サービス.
    2. Usbehci.sys Windows SharePoint Services タイマープロパティ 停止.
    3. [サービス] コンソールを閉じます。
  2. Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューターとは、サーバーの全体管理サイトがホストされているをクリックして スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] エクスプ ローラー、し、ENTER キーを押します。
  3. Windows エクスプ ローラーで、見つけてし、次のフォルダーをダブルクリックします。
    ドライブ: \Documents と別のグループの Data\Microsoft\SharePoint\Config\GUID
    注意
    • ドライブ プレース ホルダーは、Windows がインストールされているドライブの文字を指定します。既定では、Windows が C ドライブにインストールされています。
    • GUID プレース ホルダー GUID フォルダーを指定します。
    • アプリケーション データ フォルダーは非表示にすることがあります。このフォルダーを表示するのには、次の手順を実行します。
      1. で、 ツール メニューをクリックして フォルダー オプション。
      2. クリックして、 ビュー タブします。
      3. で、 高度な設定 ボックスの一覧でをクリックしてください 隠しファイルとフォルダーを表示します。隠しファイルとフォルダープロパティ ].
    • Windows Server 2008 では、構成のキャッシュ内の次の場所です。
      ドライブ: \ProgramData\Microsoft\SharePoint\Config\GUID
  4. Cache.ini ファイルをバックアップします。
  5. GUID のフォルダー内のすべての XML 構成ファイルを削除します。これは、キャッシュが再構築されると、GUID フォルダー新しい XML 構成ファイルで置き換えることを確認できるようにします。

    GUID フォルダー構成のキャッシュを空にすると、GUID のフォルダーと、GUID のフォルダーにある Cache.ini ファイルは削除しないことを確認します。
  6. Cache.ini ファイルをダブルクリックします。
  7. で、 編集 メニューをクリックして すべてを選択します。.
  8. で、 編集 メニューをクリックして 削除.
  9. 種類 1プロパティ 保存します。 で、 ファイル メニューです。
  10. で、 ファイル メニューをクリックして 終了.
  11. タイマー サービスを起動します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには 管理ツールプロパティ サービス.
    2. Usbehci.sys Windows SharePoint Services タイマープロパティ スタート.
    3. [サービス] コンソールを閉じます。
    この手順を実行すると、ファイル システム キャッシュが再作成されます。サーバー ファーム内のすべてのサーバーでこの手順を実行することを確認してください。
  12. Cache.ini ファイルが更新されていることを確認してください。たとえばキャッシュが更新された場合、それはすでに 1 ではありません。
  13. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには 管理ツールプロパティ SharePoint 3.0 サーバーの全体管理.
  14. クリックして、 操作 タブとクリック タイマー ジョブの状態グローバル構成.
  15. タイマー ジョブの一覧で、ことを確認の状態、 更新の構成 エントリします。 成功しました。.
  16. で、 ファイル メニューをクリックして 閉じる.

プロパティ

文書番号: 939308 - 最終更新日: 2013年4月21日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Microsoft SharePoint Foundation 2010
  • Microsoft SharePoint Server 2010
  • Microsoft SharePoint Foundation 2013
  • Microsoft SharePoint Server 2013
キーワード:?
kberrmsg kbexpertiseinter kbprb kbtshoot kbmt KB939308 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:939308
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com