FIX、クライアント アプリケーションが .NET Framework 2. 0 でビルドされたときに、エラー メッセージを要求サーバーに送信、Windows 通信基盤が実行されて:「HTTP/1.1 500 内部サーバー エラー」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939670 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft .NET Framework 2. 0 でビルドされたクライアント アプリケーションが Windows 通信基盤 (WCF) が実行するサーバーに要求を送信、サーバーは、次のような HTTP 500 エラー メッセージを返します。
HTTP/1.1 500 内部サーバー エラー コンテンツ長: 0
この問題は、次の条件に該当する場合に発生します:
  • サーバーが、HTTP 要求を受信し、サーバーの結果標準古い XML (POX) としてを返します。
  • クライアント アプリケーションが送信した要求は、ホスト ヘッダーを使いません。

原因

この問題は、サーバーは、 HttpListenerRequest オブジェクトを使用して、クライアント アプリケーションから受信した要求の説明をために発生します。 要求は、ホスト ヘッダーを使用するいないと、 HttpListenerRequest オブジェクトの URI オブジェクトの戻り値は、 NULL 値にします。

解決方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムを Microsoft から入手可能なようになりました。 ただし、これはするためのもの、この資料に記載されている問題のみを修正です。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む次の .NET Framework 2. 0 Service Pack まで待つことです。

この問題を直ちに解決するには、顧客サポート マイクロソフトに連絡の修正プログラムを入手します。 カスタマー サポート サービスの電話番号およびサポートのコストに関する情報の完全な一覧、については、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

.NET Framework 2. 0 インストールこの修正プログラムを適用する必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラム置き換えに関する情報

修正この修正プログラムはプログラム置き換えられることもほかありません。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [ 日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.jscript.dll8.0.50727.898749,5682007 年 6 月 28 日19: 30x86
System.dll2.0.50727.8982,940,9282007 年 6 月 28 日19: 30x86

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

詳細

ソフトウェア更新の用語についてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

スタック情報を呼び出します

次のコール スタックが生成されますこの問題が発生すると、:
0:003> r
eax=50df29ec ebx=00fbf87c ecx=00000000 edx=013e0a84 esi=013fbfc4 edi=013fbfc4
eip=5088566b esp=00fbf790 ebp=00fbf7c8 iopl=0         nv up ei pl nz na pe nc
cs=001b  ss=0023  ds=0023  es=0023  fs=003b  gs=0000             efl=00010206
System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.BaseUriWithWildcard.GetHashCode()+0x7:
5088566b 3909            cmp     dword ptr [ecx],ecx  ds:0023:00000000=????????

0:003> kpL500
ChildEBP RetAddr  
00fbf7c8 508855a8 System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.BaseUriWithWildcard.GetHashCode(<HRESULT 0x80004001>)+0x7
00fbf7c8 50929c15 System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.BaseUriWithWildcard.Equals(<HRESULT 0x80004001>)+0x28
00fbf7c8 5092ae80 System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.MruCache`2[[System.__Canon, mscorlib],[System.__Canon, mscorlib]].TryGetValue(<HRESULT 0x80004001>)+0x35
00fbf7ec 5092af47 System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.UriPrefixTable`1[[System.__Canon, mscorlib]].TryCacheLookup(<HRESULT 0x80004001>)+0x2c
00fbf82c 508e6e54 System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.UriPrefixTable`1[[System.__Canon, mscorlib]].TryLookupUri(<HRESULT 0x80004001>)+0x57
00fbf868 50912ee8 System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.HttpTransportManager.TryLookupUri(<HRESULT 0x80004001>)+0xb0
00fbf8a0 7a571b3d System_ServiceModel_ni!System.ServiceModel.Channels.SharedHttpTransportManager.SelectAuthenticationScheme(<HRESULT 0x80004001>)+0x3c
00fbfa58 7a5bd6ae System_ni!System.Net.HttpListener.HandleAuthentication(<HRESULT 0x80004001>)+0x2c5
00fbfa98 793d6ac4 System_ni!System.Net.ListenerAsyncResult.WaitCallback(<HRESULT 0x80004001>)+0xca
00fbfab8 79e88f63 mscorlib_ni!System.Threading._IOCompletionCallback.PerformIOCompletionCallback(<HRESULT 0x80004001>)+0x68
00fbfacc 79e88ee4 mscorwks!CallDescrWorker(unsigned long pSrcEnd = 0xfbfc80, unsigned long numStackSlots = 1, unsigned long pArgumentRegisters = 0xfbfc74, unsigned long fpRetSize = 0, unsigned long pTarget = 0x793d6a5c)+0x33
00fbfb4c 79f20212 mscorwks!CallDescrWorkerWithHandler(void * pSrcEnd = 0x00fbfc80, unsigned int numStackSlots = 1, struct ArgumentRegisters * pArgumentRegisters = 0x00fbfc74, unsigned int fpReturnSize = 0, void * pTarget = 0x793d6a5c, int fCriticalCall = 0)+0xa3
00fbfb6c 79f201bc mscorwks!DispatchCallBody(unsigned long * pSrc = 0x00fbfc7c, unsigned long numStackSlotsToCopy = 1, unsigned long * pRegisterArgs = 0x00fbfc74, unsigned int64 uRegTypeMap = 0, void * pvRetBuff = 0x00000000, unsigned int64 cbRetBuff = 0, unsigned int fpRetSize = 0, unsigned char * pTargetAddress = 0x793d6a5c "U???")+0x1e
00fbfbd0 79f2024b mscorwks!DispatchCallDebuggerWrapper(unsigned long * pSrc = 0x00fbfc7c, unsigned long numStackSlotsToCopy = 1, unsigned long * pRegisterArgs = 0x00fbfc74, unsigned int64 uRegTypeMap = 0, void * pvRetBuff = 0x00000000, unsigned int64 cbRetBuff = 0, unsigned int fpRetSize = 0, unsigned char * pTargetAddress = 0x793d6a5c "U???", class ContextTransitionFrame * pFrame = 0x00000000)+0x3d
00fbfc04 7a07bebf mscorwks!DispatchCallNoEH(unsigned long * pSrc = 0x00fbfc7c, unsigned long numStackSlotsToCopy = 1, unsigned long * pRegisterArgs = 0x00fbfc74, unsigned int64 uRegTypeMap = 0, void * pvRetBuff = 0x00000000, unsigned int64 cbRetBuff = 0, unsigned int fpRetSize = 0, unsigned char * pTargetAddress = 0x793d6a5c "U???")+0x51
00fbfcac 79ecb4a4 mscorwks!BindIoCompletionCallBack_Worker(void * args = 0x013d4920)+0x123
00fbfcbc 79ecb442 mscorwks!ManagedThreadBase_DispatchInner(struct ManagedThreadCallState * pCallState = 0x79ecb364)+0x4d
00fbfd50 79ecb364 mscorwks!ManagedThreadBase_DispatchMiddle(struct ManagedThreadCallState * pCallState = 0x00fbfd98)+0xb0
00fbfd8c 7a0e1b7e mscorwks!ManagedThreadBase_DispatchOuter(struct ManagedThreadCallState * pCallState = 0x00fbfd98)+0x6d
00fbfdb4 7a0e1bab mscorwks!ManagedThreadBase_FullTransitionWithAD(struct ADID pAppDomain = struct ADID, <function> * pTarget = 0x7a07bdfe, void * args = 0x00fbfdec, UnhandledExceptionLocation filterType = ThreadPoolThread (4))+0x25
00fbfdc8 7a07c031 mscorwks!ManagedThreadBase::ThreadPool(struct ADID pAppDomain = struct ADID, <function> * pTarget = 0x00000000, void * args = 0x00000244)+0x13
00fbfe1c 7a07c063 mscorwks!BindIoCompletionCallbackStubEx(unsigned long ErrorCode = 0, unsigned long numBytesTransferred = 0x244, struct _OVERLAPPED * lpOverlapped = 0x013d494c, int setStack = 1)+0x8c
00fbfe30 79f2f3b0 mscorwks!BindIoCompletionCallbackStub(unsigned long ErrorCode = 0x880b220, unsigned long numBytesTransferred = 1, struct _OVERLAPPED * lpOverlapped = 0x00fbfc48)+0x13
00fbfe94 79ecb00b mscorwks!ThreadpoolMgr::CompletionPortThreadStart(void * lpArgs = 0x0880b220)+0x406
00fbffb8 77e6608b mscorwks!Thread::intermediateThreadProc(void * arg = 0x001aa600)+0x49
00fbffec 00000000 kernel32!BaseThreadStart(<function> * lpStartAddress = 0x79ecafc5, void * lpParameter = 0x001aa600)+0x34

プロパティ

文書番号: 939670 - 最終更新日: 2007年7月18日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 2.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt KB939670 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:939670
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com