Windows SharePoint Services 3. 0 で、日付と時刻を使用するどの項目フィールドがオフ 1 時間で、この問題を解決する更新プログラムの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939809 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料での Microsoft Windows SharePoint Services 3. 0 で、 日付 時刻 を使用するどの項目フィールドがオフ 1 時間の問題に対処するソフトウェアの更新 (TZMOVE) について説明します。

この問題は 1 つの場合に発生または複数、次の条件に該当します。
  • Timezone.xml ファイルで、タイム ゾーン定義の夏時間 (DST) の時間を変更する Windows SharePoint Services 3. 0 のソフトウェア更新をインストールします。
  • Timezone.xml ファイルで、タイム ゾーン定義の DST 期間を手動で更新します。

詳細

ソフトウェア更新プログラムはこの問題に対処するは。
下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the Update for Windows SharePoint Services 3.0 (KB941422) package now.マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

インストールの要件

  • Windows SharePoint Services 3. 0 は、このソフトウェア更新プログラムをインストールする必要があります。
  • Windows SharePoint Services ソフトウェアの更新をインストールする代わりに、Timezone.xml ファイルを手動で更新した場合はこのソフトウェア更新プログラムをインストールする前にファイルの日時を記述する必要があります。
  • Timezone.xml ファイルを変更した実際の日付が必要です。 ?update ?date YYYYMMDD の前にパラメーターを使用するときにこの日付がにつけなければなりません。
  • Windows SharePoint Services 3. 0 をインストールした後、Timezone.xml ファイルを更新するソフトウェア更新プログラムをインストールする場合は、DST 変更の名を確認する必要があります。

    メモ これを行うには、該当の資料、ソフトウェアの更新、Microsoft Knowledge Base を参照してください。

    [コマンドの構文] セクションで記載されている ?name name パラメーターを使用するとこの名を含める必要があります。
  • Windows SharePoint Services 3. 0 をインストールした後、Timezone.xml ファイルを更新するソフトウェア更新プログラムをインストールした場合、更新プログラムがインストールされている日付決定する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [クリックして 開始] 、[ コントロール パネル ] をクリックしてからダブルクリック プログラムの追加と削除 します。
    2. プログラムの追加と削除 ] ダイアログ ボックスの上部、クリック 更新プログラムを表示する ] チェック ボックスをオンにします。
    3. [ Windows SharePoint Services ] 列で Windows SharePoint Services 用の更新プログラムをクリックして (KB ######)。
    4. プログラムの削除と追加 ] ダイアログ ボックスで、 [インストールされている 列を調べます。 この列には、Timezone.xml ファイルがインストールされている日表示されます。 この日付が記載されている ?update ?date YYYYMMDD の前にパラメーターを「コマンド構文」に記載使用する場合がにつけなければなりません。

ソフトウェア更新プログラムをインストールする方法

  1. Microsoft Windows エクスプローラーで WSSv3-kb939809-fullfile-x 86 glb.exe ファイル、または、WSSv3-kb939809-fullfile-x 64-glb.exe ファイルをダブルクリックし、表示される指示に従って操作します。
  2. ファイルを展開したフォルダーに変更します。
  3. 更新プログラムをインストールする.exe ファイルをダブルクリックします。
  4. Windows SharePoint Services 3. 0 を実行しているファーム内の各サーバーで、手順 1 〜 3 を繰り返します。

Stsadm.exe コマンドを実行する方法

  1. Windows SharePoint Services を実行して、ドメイン アカウント管理者権限を持つ Web サーバー、および Microsoft SQL Server を実行しているコンピューター上を使用しているコンピューターにログオンします。

    また、Web サーバー上で管理者権限のあるデータベース作成者およびセキュリティ管理者の役割を持ち、ドメイン アカウントを使用することもできます。 このアカウントがデータベースにアクセス Windows SharePoint Services のすべてのデータベース SQL Server で。
  2. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 cmd ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで次の順序で、次のコマンドを入力します。 各コマンドの後 Enter キーを押します。
    cd/d %programfiles% \Common Files\Microsoft Shared\Web サーバー Extensions\12\BIN
    stsadm.exe ?o tzmove ?name <name> ?update ?date の前にYYYYMMDD
最後の更新の日付が必要。 この日付は日付範囲、ツールが対象を決定します。 このコマンドを次の条件に該当するアイテムを調整します。
  • アイテムの更新日時コマンドラインで指定されている日以前に分類します。
  • アイテムの日付と時刻の値の項目を有効にして最初付属している年の新しい DST 期間内で分類されます。
このコマンドは、すべてのアイテムを次の条件に該当を調整しません。
  • アイテムの更新日時がコマンドラインで指定されている日の後。
  • アイテムの日付と時刻の値は、DST の期間がまずを有効になる前に、年で新しい DST 期間内で分類されます。

定義

  • 将来のデータ : このデータは日付と、年の DST の期間を有効にして最初付属している新しい DST 期間で発生する時間の値を含むアイテムで構成されます。
  • 過去のデータ : このデータは日付と、DST の期間がまずを有効になる前に、年で、新しい DST 期間で発生する時間の値を含むアイテムで構成されます。

コマンド構文

コマンドの構文は次のとおりです。
stsadm.exe ?o tzmove ?name name ?update < ?date 前にYYYYMMDD、すべて >
stsadm.exe ?o tzmove ?name name ?clear
コマンドの使用方法の例は次のとおりです。
  • 日付 YYYYMMDD 前に、stsadm ?o tzmove ?name name ?update

    このコマンドは、YYYYMMDD の前に変更された将来データを更新します。 このコマンドで、YYYYMMDD は指定した日付です。
  • stsadm ?o tzmove ?name name ?update すべて

    このコマンドは、今後データを更新します。
  • stsadm ?o tzmove ?name name ?clear

    このコマンドは、特定のタイム ゾーン上のフラグ消去します。
重要です
  • インストール前にこの更新プログラム、確認するデータをバックアップすることです。 ロールバックできませんこのソフトウェア更新プログラムを実行した後に行われた変更します。
  • この更新プログラムを実行する前に、Timezone.xml ファイルが変更されたかどうか判断する必要があります。 このファイルは追加のソフトウェア更新プログラムのインストール時変更されている可能性があります。 または、ファイルが変更されている手動で設定します。
  • ?update ?date YYYYMMDD の前に、入力すると YYYYMMDD で作成された項目は更新されません。 作成または YYYYMMDD 上で変更されたアイテムを更新するには、 - 更新する前に - 日付 YYYYMMDD + 1 、変更を有効にしてください。
  • このソフトウェア更新プログラムを実行すると将来のデータ項目のみが更新されます。 過去のデータ項目は更新されません。 これらのアイテムは 1 時間オフ残ります。 場合によっては、これらのアイテムあります 1 日から。
  • 新しい DST の期間中、Timezone.xml ファイルを更新した場合は日付のみと将来のデータの時刻の値が更新されます。 作成の日付と日付を将来のデータを「に変更」が更新されません。
  • この更新は、過去のバージョンのアイテムが更新されません。
  • 文書を通常のリスト アイテムではありませんが" 日付 "フィールドまたは新しい DST の期間と、古い DST の期間の間でのウィンドウにある値を持つ 時刻 型フィールドを可能性があります。

    ここでは場合ツールを実行すると、ドキュメントがチェックアウト、値が正しく更新がで上書き古い値の項目がチェックインされたとき。
  • ツールを実行する前にバックアップされたデータベースを復元する場合は、復元されたデータベースで、ツールを実行する必要があります。

さまざまな例

  • 以前に、タイム ゾーン定義の DST 期間を変更するの更新プログラム、インストールした場合は次コマンド、将来のデータ アイテムの更新を実行する必要があります。
    ?date YYYYMMDD 前に、stsadm ?o tzmove ?name name ?update
    メモ このコマンドで、YYYYMMDD はどのを intalled に時間を変更する更新プログラム ゾーン定義日付です。
  • 使用して、更新をインストールしなかった場合、Timezone.xml ファイルを変更した場合は、次コマンド、将来のデータ アイテムの更新を実行する必要があります。
    stsadm ?o tzmove ?name <name> ?update する前に、日付 YYYYMMDD
    メモ
    • このコマンドで、YYYYMMDD には、Timezone.xml ファイルが変更された日付です。
    • 更新プログラムをインストールする代わりに、Timezone.xml ファイルを手動で更新した場合はこのソフトウェア更新プログラムをインストールする前にファイルの日時を記述する必要があります。
  • タイム ゾーン定義の DST 期間を変更する更新プログラムによってインストールされない場合、次コマンド、将来のデータ アイテムの更新を実行する必要があります。
    stsadm-o tzmove - 名前 name - 更新すべて
    このコマンドで、将来データはすべてに更新されます。
  • タイム ゾーン定義の DST 期間は、コマンドを実行する後、もう一度変更は、以前のデータは、コマンドを再実行するときに復元されません。 この場合、コマンドを再実行する前に次のコマンドを実行する必要があります。
    Stsadm ?o tzmove ?name name - オフ
    この手順は、このコマンドによって設定する内部フラグをクリアし、データはもう一度変更を有効にします。

◆ セグ: 前の TU に含まれる ◇

Timezone.xml ファイルを手動で更新する場合ですか?

このソフトウェア更新プログラムはコマンドライン引数として日時を含むオプションがあります。 このプロシージャが、Timezone.xml ファイルが変更された後に変更されたアイテムを更新します。

は、Stsadm.exe ツール倍精度浮動小数点数型 (Double) の値を-変更日付を手動で変更された以前?

Timezone.xml ファイルを変更して、 stsadm-o tzmove コマンドラインで Timezone.xml ファイルが変更された日付を指定した場合、日付が変更された場合はありません。

ただし、日付が将来のデータ、し、 stsadm-o tzmove コマンドラインで指定された日付より前に、の日付が手動で変更された場合、日付が再度変更されます。

関連情報

Windows SharePoint Services でタイム ゾーン定義については、DST の期間を手動で更新する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
888253タイム ゾーン情報を Windows SharePoint Services で Timezone.xml ファイルを変更して構成する方法

プロパティ

文書番号: 939809 - 最終更新日: 2007年11月22日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo atdownload kbexpertiseinter kbmt KB939809 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:939809
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com