Microsoft Dynamics CRM 3. 0 または SQL Server レポート サービスまたは Visual Studio のレポート デザイナーでレポートを変更しようとすると、独自のレポートをアップロードしようとすると、エラー メッセージが表示される場合があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939867 - 対象製品
この資料に記載されている修正プログラムは体字中国語版の Microsoft Dynamics CRM または日本語版の Microsoft Dynamics CRM を使用できません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

現象 1

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 での次事例をについて検討します。 Microsoft Dynamics CRM Pre-Filtering コードを含む独自のレポートをダウンロードします。 Microsoft Dynamics CRM 3. 0 に、レポートをアップロードしようし。 この場合、以下のエラー メッセージが表示されます:
レポートのアップロード エラー
Microsoft CRM にレポートを追加する中にエラーが発生しました。 レポートをもう一度追加してください。 問題が解決しない場合はシステム管理者に問い合わせてください。

CRM プラットフォーム エラーが
型の例外 Microsoft.Crm.CrmException がスローされました。 説明 : 現在の Web 要求を実行中に、ハンドルされていない例外が発生しました。 エラーおよびコードで発生した詳細については、スタック トレースをご覧下さい。 例外の詳細: Microsoft.Crm.CrmException: Microsoft.Crm.CrmException がスローされた型の例外。

ソース エラー:
未処理の例外は、現在の Web 要求の実行中に生成されました。 原点と例外の場所に関する情報は、以下の例外スタック トレースを使用して識別できます。

スタック トレース:
[CrmException: Microsoft.Crm.CrmException がスローされた型の例外:]
Microsoft.Crm.Application.Platform.Report.InternalCreate(String xml) +721
Microsoft.Crm.Application.Platform.Entity.Create() +109
Microsoft.Crm.Application.Forms.AppForm.RaiseDataEvent(FormEventId eventId) +406
Microsoft.Crm.Application.Forms.EndUserForm.Initialize(Entity entity) +57
Microsoft.Crm.Application.Forms.EndUserForm.Execute(Entity entity) + 13
Microsoft.Crm.Web.Tools.ReportProperty.ReportPropertyPage.ConfigureForm() +202
Microsoft.Crm.Application.Controls.AppPage.OnPreRender(EventArgs e) + 30」
System.Web.UI.Control.PreRenderRecursiveInternal() +62
System.Web.UI.Page.ProcessRequestMain() +1499
この問題は Microsoft Dynamics CRM で Microsoft SQL Server 2005 レポート サービス (SSRS) を使用する場合に発生します。

現象 2

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 での次事例をについて検討します。 Microsoft Dynamics CRM Pre-Filtering コードを含む独自のレポートをダウンロードします。 レポート サービスに直接レポートをアップロードしようと Microsoft Visual Studio レポート デザイナーでレポートを変更しようとするか、します。 この場合、以下のエラー メッセージが表示されます:
逆シリアル化に失敗しました。
'レポート '名前空間で 'http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition' に無効な子要素 'カスタム' 名前空間' http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition' の要素。 予想可能の要素の一覧: ' http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:Description http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:Author http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:AutoRefresh http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:DataSources http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:DataSets http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:Body http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:ReportParameters http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/01/reportdefinition:Code http://schemas.microsoft.com/sqlserver/reporting/2005/. 56 行に、2034年を配置します。

原因

この問題は、ダウンロードしたレポートが正しくフォーマットされたために発生します。 レポートには、アペンドされた Microsoft Dynamics CRM Pre-Filtering コード、SQL Server 2003 のレポート サービスのスキーマや、SQL Server 2000 レポート サービスのスキーマが含まれています。 SQL Server 2003 のレポート サービス スキーマと、SQL Server 2000 レポート サービスのスキーマの <custom> を使用してください。 pre-filtering のタグ。 SQL 2005 のレポート サービス スキーマには新しいスキーマ定義含まれています。 新しいスキーマ定義は、<custom> を使用しません。 のレポートを re-upload するときにタグします。 したがって、Microsoft Dynamics CRM、レポート内の XML コードを検証することはできません。

解決方法

この問題は、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 更新プログラムのロールアップ 3 で修正されました。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
935364Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の更新プログラムのロールアップ 3 は。
この問題を解決をするには、正しい形式を使用するレポートを変更します。 これを行うには、次の中から該当する方法を選択してください:
  • サーバーが再起動しない場合は、元の環境で。 この問題を解決するのに方法の 1 を使用します。
  • サーバーが再起動すると場合、は、元の環境ではありません。 そのため、方法 1 に記載されている修正プログラムを適用することはできません。 ここでは、新しい環境に、レポートをアップロードする必要がある場合、この問題を解決する方法 2 使用します。

    メモ たとえば、レポートをエクスポートしたバックアップ計画の一部として。 後で、レポート サービスを実行してはコンピューターがクラッシュしました。 レポート サービスを実行しているコンピューターが再作成は、元の環境でなったです。 したがって、修正プログラムを適用することはできません。 レポート定義言語 (RDL) 2005年タグを使用するレポートを変更する必要があります。

方法 1

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバー
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Crmmsg.dll1.2.3297.12316,0882007 年 3 月 29 日20: 18x86
Microsoft.crm.reporting.dll3.0.5300.168670,6722007 年 10 月 16 日06: 49x86
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1656181,0962007 年 8 月 21 日12: 47x86
Msvcr71.dll7.10.3052.4355,0322007 年 3 月 29 日20: 18x86
Pkgutil.cmd適用しません。1132007 年 3 月 29 日05: 18適用しません。
Pkgutil.exe1.2.3297.10188,7922007 年 3 月 29 日20: 18x86
Microsoft.crm.reporting.dll3.0.5300.168670,6722007 年 10 月 16 日06: 50x86
Microsoft.crm.reporting.dll3.0.5300.164,2642005 年 11 月 17 日04: 38x86
Crmhotfix.cdf適用しません。2,2722007 年 10 月 16 日07: 00適用しません。
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1656181,0962007 年 8 月 21 日12: 47x86
Updspapi.dll6.1.22.0371,9362007 年 3 月 29 日20: 18x86
Microsoft Office Outlook 互換性更新プログラムを Microsoft Dynamics CRM 3. 0 のラップトップ クライアント
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Setup.xml適用しません。1,1892007 年 10 月 16 日07: 12適用しません。
V3cclientpatch30.msp適用しません。51,7122007 年 10 月 16 日07: 35適用しません。
Microsoft.crm.reporting.dll3.0.5300.168670,6722007 年 10 月 16 日06: 50x86
Microsoft Office Outlook のラップトップ クライアントを Microsoft Dynamics CRM 3. 0
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Crmmsg.dll1.2.3297.12316,0882007 年 3 月 29 日20: 18x86
Microsoft.crm.reporting.dll3.0.5300.168670,6722007 年 10 月 16 日06: 49x86
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1656181,0962007 年 8 月 21 日12: 47x86
Msvcr71.dll7.10.3052.4355,0322007 年 3 月 29 日20: 18x86
Pkgutil.cmd適用しません。1132007 年 3 月 29 日05: 18適用しません。
Pkgutil.exe1.2.3297.10188,7922007 年 3 月 29 日20: 18x86
Microsoft.crm.reporting.dll3.0.5300.164,2802005 年 11 月 17 日04: 42x86
Crmhotfix.cdf適用しません。1,9782007 年 10 月 16 日07: 00適用しません。
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1656181,0962007 年 8 月 21 日12: 47x86
Updspapi.dll6.1.22.0371,9362007 年 3 月 29 日20: 18x86
修正プログラムを Microsoft Dynamics CRM を適用した後、レポートが正しくフォーマットされます。

インストール情報

この修正プログラムは、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバーと Microsoft Office Outlook の Microsoft Dynamics CRM 3. 0 クライアントを実行しているコンピューター上でインストールします。

前提条件

この修正プログラムを適用する Microsoft Office Outlook の Microsoft Dynamics CRM 3. 0 クライアント インストールされているし、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバーが必要です。

再起動の要件

ダイアログ ボックスが表示されたら、修正プログラムを適用する後は、コンピューターを再起動します。

アンインストール情報

Windows Server 2003、Windows XP または Windows 2000 を実行しては、コンピューターからこの修正プログラムを削除するには プログラムの追加と削除 を [コントロール パネル] の [使用します。システム管理者は Spuninst.exe ツールを使用して Windows Server 2003、Windows XP または Windows 2000 を実行しているコンピューターからこの修正プログラムを削除するをことができます。

Spuninst.exe ツールは、%Windir%\$NTUninstallKB939867$\Spuninst フォルダーにあります。

方法 2

この問題を解決をするには、レポートの RDL 2003 XML タグの代わりに、RDL 2005 タグを使用に変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. かリッチ テキスト XML エディターを使用して、メモ帳してレポートを開きます。
  2. レポートにセクションを Pre-Filtering CRM を探します。 既存のコードの代替コードでとおり置き換えます。

    既存のコード
    <Custom>
    <MSCRM xmlns="mscrm"><ReportFilter><ReportEntity paramname="P1"><
    fetch version="1.0" output-format="xml-platform" mapping="logical" 
    distinct="false"><entity name="account"><all-attributes /><
    filter type="and"><condition attribute="modifiedon" operator="last-x-days" 
    value="30" /></filter></entity></fetch></ReportEntity></ReportFilter></MSCRM>
    </Custom>  
    
    
    置換コード
    <CustomProperties> 
    <CustomProperty> 
    <Name></Name> 
    <Value></Value> 
    <MSCRM xmlns="mscrm"><ReportFilter><ReportEntity paramname="P1"><
    fetch version="1.0" output-format="xml-platform" mapping="logical" 
    distinct="false"><entity name="account"><all-attributes /><
    filter type="and"><condition attribute="modifiedon" operator="last-x-days" 
    value="30" /></filter></entity></fetch></ReportEntity></ReportFilter></MSCRM>
    </CustomProperty> 
    </CustomProperties> 
    
    Notes
    • このコードでは、次のタグが追加されます。 SQL Server 2005 のレポート サービスにはこれらのタグが必要です
      <Name></Name>
      <Value></Value>
      
    • このコードでは、次の SQL Server 2003 のレポート サービス タグが SQL Server 2005 のレポート サービス タグに変更されます
      <Custom>
      ...
      </Custom> 

詳細

ソフトウェア更新の用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

プロパティ

文書番号: 939867 - 最終更新日: 2008年4月3日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CRM 3.0
キーワード:?
kbqfe kbmbsmigrate kbhotfixserver kbmbsreports kbautohotfix kbmt KB939867 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:939867
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com