差し込み印刷では 9 で実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 940002 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは 9 で差し込み印刷を実行する方法について説明します。 また、この資料ではでは、次のソースのいずれかを使用して、差し込み印刷を実行方法について説明します:
  • A はデータベースまたは Works 表計算ファイル。
  • Microsoft Windows XP または、Windows アドレス帳で、アドレス帳予約で Windows Vista。
、差し込み印刷を実行する次の手順に従います:
  1. 差し込み印刷のデータ ソースを作成
  2. 実行差し込み。
  3. フィルター処理差し込み印刷文書。
  4. 完了差し込み。

概要

この資料では 9、差し込み印刷を実行する手順を追って説明します。

詳細

差し込み印刷用データ ソースを作成します。

データ ソースはフィールド名、住所、別の文書に差し込むことがあるその他の情報などを含むファイルです。 Works 表計算または Works データベースを使用して差し込み印刷のデータ ソースを作成できます。 さらは 9 に、次のソースからレコードを結合することができます。
  • Windows XP または Windows アドレス帳で、アドレス帳は、Windows Vista で予約します。
  • Microsoft Excel (*.xls)。
  • いくつかのテキスト形式。
この資料ではデータベースから、Works 表計算のアドレス帳からまたは Windows アドレス帳帳から差し込み印刷を行う方法について説明します。

データ ソースは 9 スプレッドシートの作成します。

  1. Works 表計算で、新しい、空白のスプレッドシートを開きます。
  2. Works 表計算にマージするレコードを追加します。 最初の行でのフィールド名を囲みます。
  3. [ ファイル ] メニューの [ 保存 ] をクリックして、ファイルを Works 表計算 (*.xlr) ファイルとして保存します。

データ ソースは 9 データベースの作成します。

  1. 9 データベース内には、新しい空白データベースを開きます。
  2. 正しい数と、レコードのフィールドの形式を作成します。 各フィールドにわかりやすい名前を与えることを確認します。
  3. [ ファイル ] メニューの [ 保存 ] をクリックして、ファイルはデータベース (*.wdb) ファイルとして保存します。

差し込み印刷は 9 データベースまたは 9 スプレッドシート ファイル

  1. Works ナビを起動、 テンプレート 、[クリックして 文字とラベル.
  2. [ 差し込み印刷ドキュメント クリックします。 Works ワープロは今すぐ開始します。
  3. [ データ ソースを開く ] ダイアログ] ボックスに、 別の種類のファイルから情報をマージ します。
  4. ボックスで、 データ ソースを開く ] ダイアログ [ ファイルの種類 ] の [するデータ ソース型を選択します。
  5. Works 9 データベースまたはすることで、目的の 9 スプレッドシート ファイルを選択し、[ ファイルを開く しています。
  6. Works 9 スプレッドシートを使用している場合尋ねられますフィールド名が、シートの最初の行に含まれるかどうか。 に応じて [ はい ] または [ いいえ ] をクリックします。 9 スプレッドシートを使用していない場合は手順 7 に進みます。 [ フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    メモ この時点では 9 のデータベース ファイルまたは 9 スプレッドシート ファイルは、差し込み印刷のメイン文書に添付されます。
  7. に応じて、差し込み印刷のメイン文書の内容を入力します。 たとえば、定型書簡を入力します。
  8. メイン文書で、差し込み印刷フィールドを表示する位置のポインターを置きます。
  9. フィールドの挿入 ] ダイアログボックスで、必要なフィールドを選択] の [ 挿入 ] をクリックします。
  10. 挿入、およびクリックして 挿入 がある必要なすべてのフィールドになるまでにするフィールドを選択し続けます。

    メモ フィールドを挿入する、句読点と、フィールド間には、スペースを入力してし、新しい行に移動してキーを押します。 書式設定、レイアウトを表示するには、希望します。
  11. 挿入し、フィールドを書式設定] をクリックして のの結果の表示 フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスで、フィールドを表示します。 [ 結果の表示 ] ダイアログ ボックスでは 9 のデータベース ファイルを各レコードを表示する使えます。

アドレス帳から差し込み印刷

メモ これらの手順が既にまたは追加したレコードをアドレス帳に、Windows アドレス帳簿に前提としています。
  1. Works ナビを起動、 テンプレート 、[クリックして 文字とラベル.
  2. [ 差し込み印刷ドキュメント クリックします。 Works ワープロは今すぐ開始します。
  3. [ データ ソースを開く ] ダイアログ] ボックスに、 アドレス帳から差し込み印刷 します。 [ フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    メモ この時点はデータベース ファイルまたはファイルを Works 表計算は、差し込み印刷のメイン文書に関連付けられます。
  4. に応じて、差し込み印刷のメイン文書の内容を入力します。 たとえば、定型書簡を入力します。
  5. メイン文書で、差し込み印刷フィールドを表示する位置のポインターを置きます。 フィールドの挿入 ] ダイアログボックスで、必要なフィールドを選択] の [ 挿入 ] をクリックします。
  6. 挿入、およびクリックして 挿入 がある必要なすべてのフィールドになるまでにするフィールドを選択し続けます。

    メモ フィールドを挿入する、句読点と、フィールド間には、スペースを入力してし、新しい行に移動してキーを押します。 書式設定、レイアウトを表示するには、希望します。
  7. 挿入し、フィールドを書式設定、[ 結果の表示 フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスで、フィールドを表示するをクリックします。 [ 結果の表示 ] ダイアログ ボックスでは 9 のデータベース ファイルを各レコードを表示する使えます。

差し込み印刷文書をフィルターします。

結果の表示 表示に正しく Works 表計算ファイル内または Works のデータベース ファイルで選択したレコードを含めない場合は、差し込み印刷文書内のレコード フィルターできます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ ツール ] メニューの [差し込み印刷文書で 差し込み印刷 を [し、[ フィルター/並べ替え ] をクリックします。
  2. 場合は、オンになっていない、[ フィルター ] タブをクリックします。
  3. フィールド ] の一覧でのフィルター処理に使用するフィールドをクリックします。
  4. [ 比較 ] ボックスにする比較語句を選択します。
  5. [ 比較先 ] ボックスで、最初のフィールドの内容を比較するテキストを選択します。
  6. 複数のフィルターを追加するには、手順 4 〜 6 繰り返します。
  7. 名前と、差し込み文書内のアドレス セットのフィルターの条件をすべて満たすようことを要求するを選択します。 または 名前や、セットのフィルターの条件のいずれかを満たす住所を含めないを選択します。
  8. [ OK] をクリックします。 [ 結果の表示 ] ダイアログ ボックスが表示されます。 フィルターの結果を表示する差し込み印刷文書内の文字の個々 のコピーを確認できます。
  9. 結果の表示 ] ダイアログ ボックスを閉じます 閉じる (X) をクリックします。
メモ
  • フィルターを削除するには [ フィルター ] タブの [ フィルターのクリア ] をクリックします。
  • 差し込み印刷文書を 名前の選択 を使用して、作成した場合は選択した名のみを使用して抽出することはできません。
  • データ ソースが Works データベースの場合は、フィルターを使用して マークされたレコード をマージするのみできます。 これを行うには [ フィルター ] タブの [ マークしたレコードの使用 ] をクリックします。
  • いくつか高度なフィルターと実際に希望する結果を受け取る、差し込み印刷を実行する前に、データ ファイルの並べ替えを実行できます。 高度なフィルターと並べ替えを実行するヘルプを入手するには、はして詳細なヘルプ領域を [ フィルター / 並べ替え ] タブで (?) のヘルプ </a0> をクリックします。

差し込み印刷を実行します。

  1. [ ファイル ] メニューの [ 印刷 ] をクリックします。
  2. 差し込み印刷で、結果を表示し、空白行が抑制されないことをお送り、する場合は 空のフィールドを含む行を印刷しない チェック ボックスをオンするクリックします。
  3. 差し込み印刷した文書を出力するには、いずれか、次の方法の使用します。
    • 直接差し込み印刷文書を印刷する場合は、[は、 [OK] を差し込み印刷を完了し、プリンターに封筒を印刷を] します。 このオプションを選択する場合残りのこの資料に記載されている手順が適用されません。
    • 後で印刷できるように、新しいドキュメントに差し込み印刷を保存するには、 送信差し込み印刷結果 を新しい文書をチェック ボックスをオンをクリックし、[ OK] をクリックします。
  4. 差し込み印刷の宛先リストを含むの新規文書が開きます。 保存するこの後で印刷するためのファイルには、[します ファイル ] メニューの ファイル [。
  5. 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで、[ ファイル名 ] ボックスに、新しいドキュメントで使用する名前を入力します。 たとえば、 [封筒 を入力します。
  6. 保存 をクリックします。 差し込み文書のすべてのページを含む新しい Works ワープロ文書 (*.wps) 作成されます。 たとえば、すべての封筒メールにします。 メーリングの完了後に文書を印刷することができます。

関連情報

Works 7. 0 または Works 8. 0 で、差し込み印刷を行う方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
832797Works 7. 0 では Works 8. 0 で、差し込み印刷を実行き方法

プロパティ

文書番号: 940002 - 最終更新日: 2007年7月19日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works 9
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbdatabase kbmerge kbfield kbexpertiseinter kbmt KB940002 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:940002
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com