グローバル カタログ サーバーに Exchange Server サービスを自動的に起動しません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 940845 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

グローバル カタログ サーバー上で Microsoft Exchange Server 2007年または Microsoft Exchange Server 2010年をインストールした後、Exchange Server サービスは開始されません。その他のサービスを手動で起動することができます。

この問題により、この構成では、サーバーをシャット ダウンに長い時間をかかることがあります。

また、次のイベント アプリケーション ログに記録され、イベント ビューアーを使用して表示できます。
  • イベント ID: 1005年
    ソース: MSExchangeSA
    カテゴリ: 全般
    種類: エラー
    説明: 予期しないエラーが、ローカルのセキュリティ機関をすることはできません接続 ID no: 80090304 の Microsoft Exchange システム アテンダントが発生しました。
  • イベント ID: 2601年
    ソース: MSExchange ADAccess
    カテゴリ: 全般
    種類: 警告
    説明: MSEXCHANGEADTOPOLOGY のプロセス (PID = 1624年)。Microsoft Exchange Active Directory トポロジ サービスにリモート プロシージャ コール (RPC) を初期化するときに Exchange しました、アカウントの SID を<WKGUID=DC1301662F547445B9C490A52961F8FC,CN=Microsoft exchange,cn="Services,CN=Configuration,...">のエラー コード = 80040934。Microsoft Exchange Active Directory トポロジ サービスは制限された権限で起動を続行します</WKGUID=DC1301662F547445B9C490A52961F8FC,CN=Microsoft>。
  • イベント ID: 1121年
    ソース: MSExchangeIS
    カテゴリ: 全般
    種類: エラー
    説明: エラー 0x96e は、Microsoft の Active Directory に接続しています。
  • イベント ID: 5000
    ソース: MSExchangeIS
    カテゴリ: 全般
    種類: エラー
    説明: Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを初期化できませんでした。エラー 0x96e です。
元に戻す画像を拡大する
2685236
メモ最近のバージョンの Microsoft Exchange Server は、Microsoft Exchange システム アテンダントに依存度を低くあります。たとえば、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスされなく、Microsoft Exchange システム アテンダントに依存します。したがって、この資料に記載されている現象は、Microsoft Exchange Server の以前のバージョンで発生する現象に異なる場合があります。

原因

この問題は、ドメイン コント ローラー サービス、およびその他の Exchange サーバーに依存するサービスが開始していない完全に Exchange Server 2007年または Exchange Server 2010年が起動する場合に発生します。Exchange Server は、その開始前にその他のサービスに依存します。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: サービスを手動で開始します。

Windows には Exchange Server サービスを開始しようとしたときに問題が発生したことを通知、する場合は必要なすべての Exchange Server サービスを手動で開始できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 影響を受けるサーバーにログオンします。
  2. [スタート] メニューで、[実行] をクリックしますの種類 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  3. 結果ウィンドウで、Microsoft Exchange サービスを検索します。
  4. サービスを右クリックし、[再起動] をクリックします。
  5. すべての Exchange サービスが開始しない、手順 3 と 4 を繰り返します。

    元に戻す画像を拡大する
    サービスのスクリーン ショット
注:
  • 監視ソフトウェアは Exchange Server が実行されていないことを検出してもします。
  • 適切な無停電電源装置 (UPS) を使用して、サーバーの再起動は管理者によって監視は通常。
  • さらなるダウンタイムが発生するリスクには、無人での再起動や他の従業員によって生成される再起動が含まれます。

方法 2: 依存関係を変更します。

LSASS サービスでは、Netlogon サービスに直接依存している他の Exchange Server サービスには、Exchange Server のサービスが依存しない場合は、このメソッドを使用します。このメソッドは、依存するサービスが開始されるまで開始を試みないように、Exchange Server サービスの依存関係を変更する使用できます。

変更する依存関係への「Fix it で解決する"セクションに移動します。依存関係を手動で変更したい場合は、「自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する

依存関係を自動的に変更するには、この問題を解決するリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスでの実行] をクリックし、このウィザードの手順に従ってください。
元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
この問題を解決する
マイクロソフト修正 50328
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2

注:
  • これは、修正ソリューションは、すべての言語。ただし、一部の言語の英語でウィザード テキスト可能性があります。
  • 場合はいない問題を修正保存がコンピューター上で、ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD にし、問題のあるコンピューターで実行します。

自分で解決する

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • 依存関係を変更するには Windows の Server2008 ベース サーバーでは、自分で値使用次の表に、依存関係の適切な値を決定します。
    元に戻す全体を表示する
    レジストリのパスレジストリの subkey(Multi_SZ)レジストリ値
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA
    DependOnServiceイベント ログ、RPCSS、LanmanWorkstation、LanmanServer、Netlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
    DependOnServiceNetlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
    DependOnServiceNetlogon
  • 依存関係を変更するには自分で Windows server 2003 ベースのサーバーでは、値使用次の表に、依存関係の適切な値を決定します。
    元に戻す全体を表示する
    レジストリのパスレジストリの subkey(Multi_SZ)レジストリ値
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA
    DependOnServiceイベント ログ、NtLmSsp、RPCSS、LanmanWorkstation、LanmanServer、Netlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
    DependOnServiceNetlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
    DependOnServiceNetlogon
元に戻す画像を拡大する
2685272
注:
他の Windows サービスを起動できない場合は、Exchange Server は起動しません。このメソッドは問題が解決しない場合、他の Windows サービスを開始できません。ただし、このメソッドは、サーバーをシャット ダウンする必要がある時間を短縮する必要があります。

Exchange Server の起動を遅延する方法 3: 使用の BootPause

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


Exchange Server の起動を遅延させるには、BootPause レジストリ エントリを使用します。これには、Microsoft Exchange システム アテンダントの開始が遅延する影響を受けるサーバーに次のレジストリ サブキーを追加します。
元に戻す全体を表示する
レジストリのパスレジストリ サブキー (DWORD)レジストリ値 (10 進数で、値は秒単位)
HKEY_LOCAL_MACHINE\\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA\Parameters
BootPause 120
メモ この問題を解決するのには、既定値として、120 を使用することをお勧めします。ただし、この値は、お客様の環境に適していることがあります。Microsoft Exchange システム アテンダントを開始するの遅延を短縮するには、この値を低くことができますかの要件に応じて、遅延時間を長くには、この値を増やすことができます。

Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスを設定することもあります。Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスを設定していない場合、他の Exchange Server サービスのディレクトリにアクセスするは失敗もします。Microsoft Exchange システム アテンダントに依存しているサービスを他のサービスは、Microsoft Exchange システム アテンダントを再起動したときにシャット ダウンする可能性があります。次のレジストリ エントリの例は、Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server のサービスを設定する方法を示します。
元に戻す全体を表示する
レジストリのパスレジストリ サブキー (レジストリ)レジストリ値
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
DependOnServiceMSExchangeSA
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
DependOnServiceMSExchangeSA

方法 4: 設定を自動的に再起動するには、Microsoft Exchange システム アテンダントおよび他のサービス

任意のサービスを自動的に再起動することができます。サービスが複数回失敗した場合は、独自に再起動を継続することができます。

監視ソフトウェアがないかイベント ログを監視して、サーバー上の問題は引き続き発生します。この問題は、このメソッドはここでは解決されません。また、エラーも引き続き記録されます。ただし、Exchange Server サービスは、最終的に開始されます。

自動的に再起動するには、Exchange Server サービスを構成する、進んでする、」Fix it で解決する"セクションに移動します。Exchange サービスを手動で構成する場合は、「自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、この問題を解決するをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスでの実行] をクリックし、このウィザードの手順に従ってください。
元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
この問題を解決する
マイクロソフト修正 50329
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2

注:
  • これは、修正ソリューションは、すべての言語。ただし、一部の言語の英語でウィザード テキスト可能性があります。
  • 場合はいない問題を修正保存がコンピューター上で、ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD にし、問題のあるコンピューターで実行します。

自分で解決する

自動的に再起動する、サービスを構成するのには以下の手順を実行します。
  1. サービス MMC スナップインで、Microsoft Exchange SystemAttendant のプロパティを開きます。
  2. 回復] をクリックします。
  3. 最初のエラー ] ボックスで、firstfailure サービスを再起動する、サービスを再起動をクリックします。
  4. サービスの再起動後] ボックスで次のように入力します。3 できるように、3 分後に、サービスを再起動します。
  5. 各 Exchange Server のサービスしていない開始の手順 1 〜 4 を繰り返します。

    メモ 新しい Exchange Server の一部のサービスを変更する必要はありません。たとえば、Microsoft Exchange トランスポート サービスには restartlogic が含まれています。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この資料の手順を実行する後にもまだを次の例に示すように、Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスを設定する必要があります。
元に戻す全体を表示する
レジストリのパスレジストリ サブキー (レジストリ) レジストリ値
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
DependOnServiceMSExchangeSA
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
DependOnService MSExchangeSA
注意してください。
  • Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスを設定していない場合は、他の Exchange Server サービスのディレクトリにアクセスするも失敗します。
  • Microsoft Exchange システム アテンダントに依存しているサービスを他のサービスは、Microsoft Exchange システム アテンダントを再起動したときにシャット ダウンする可能性があります。
Exchange Server に Microsoft Exchange 2000 Server 以降この問題が発生しました。一般に推奨されませんを Active Directory ドメイン サービスまたは Active Directory のディレクトリ サービスを使用するサーバーで、Exchange Server を実行することです。ただし、必要があることを認識しているため、この構成はサポートします。

この問題は、Exchange Server 2010年では、Exchange Server 2007年で永続化されます。この問題の解決策の組み込みがある、Microsoft Exchange トランスポート サービスなど、いくつかの新しいサービスしかし、古いサービスに対するこの問題を解決するプロセスは非常に複雑です。Exchange Server の将来のバージョンでこの問題を最小限に抑えるために願っています。

イベント ID 1005 の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
318431 イベント ID 1005 エラー メッセージがログに記録され、システム アテンダントが応答しません

プロパティ

文書番号: 940845 - 最終更新日: 2013年12月4日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Windows Small Business Server 2008 Premium
  • Windows Small Business Server 2008 Standard
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme kbtshoot kbexpertiseinter kbprb kbmt KB940845 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:940845
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com