マップされたネットワーク ドライブにアクセスしようとすると、Windows Vista ベースのコンピューター上のエラー メッセージを Web の共有:"は、ユーザーが認証されていないために要求された操作実行されませんでした"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 941050
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Vista ベースのコンピューター上の次のシナリオを検討してください。
  • ユーザーの資格情報が必要な Web 共有にネットワーク ドライブをマップします。
  • "ログオン時に再接続する] オプションを使用すると、ドライブを構成します。
  • ユーザーの資格情報を入力し、選択します、 パスワードを保存します。 ドライブをアクセスするときにチェック ボックスします。
  • コンピューターを再起動するか、Windows Vista からログオフします。
このシナリオでは、Windows Vista ベースのコンピューターにログオンするとき、マップされたドライブにアクセスしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
接続中にエラーが発生しました。 アドレス
ユーザーが認証されていないために、要求された操作は実行されませんでした。
接続が復元されていません。
メモ マップされたドライブがコンピューターにログオンした後再表示は、切断されます。

原因

Windows Vista、Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) のリダイレクターは、Windows Internet (WinInet) API のではなく Windows HTTP サービス (WinHTTP) を使用します。非プロキシのネットワーク構成では、WinHTTP は、ローカル イントラネット サイトで発生する可能性が要求への応答でのみユーザーの資格情報を送信します。プロキシが構成されていない場合は、そのため、ユーザーの資格情報を必要とする共有にアクセスできない可能性があります。

解決方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を説明する手順が含まれます。ただし、レジストリを誤って変更すると重大な問題はことがあります。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。バックアップを作成し、レジストリを復元する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
この問題を解決するには、修正プログラム 943280 に適用されます。

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
943280[プロキシの設定がされていない Windows Vista ベースのクライアント コンピューターを使用して、FQDN のサイトにアクセスするときに資格情報を入力するように求められます
この修正プログラムを適用した後、レジストリ エントリを作成することがあります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、種類 レジストリ エディター で、 検索を開始します。 ボックス、および enter キーを押します 入力してください。.
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し、 複数行文字列値.
  4. 種類 AuthForwardServerList 、し、キーを押します。 入力してください。.
  5. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
  6. で、 日付の値 ボックスに、Web 共有をホストするサーバーの URL を入力しをクリックしてください [OK].

    メモ リスト内の Url を入力することもできます、 日付の値 ボックスです。詳細については、「サンプルの URL] ボックスの一覧」を参照してください。
  7. レジストリ エディターを終了します。
このレジストリ エントリが作成されると、WebClient サービスは、値を読み上げます。クライアント コンピューターが、リスト内の式のいずれかに一致する URL にアクセスしようとすると、ユーザーの資格情報プロキシが構成されていない場合でも、ユーザーを認証するために正常に送信されます。

メモ レジストリを変更した後に、WebClient サービスを再起動するとして必要。

URL のサンプル一覧

サンプルの URL 一覧を次に示します。
https://*.Contoso.com
http://*.dns.live.com
*.microsoft.com
https://172.169.4.6
この URL リスト、WebClient サービスが次のチャネルを介して資格情報を送信することができます。

メモ この URL の一覧を構成した後、これらのサーバーをインターネット上であっても資格情報を WebDAV サーバーに自動的に認証されます。
  • すべての暗号化されたチャネル名 Contoso.com ドメインの子ドメイン。
  • すべての安全でないチャネルに dns.live.com をという名前のドメインの子ドメイン。
  • サーバー名が次で終わるのいずれかのチャネル". microsoft.com"。
  • 任意の暗号化されたチャネル ホストの IP アドレスは 172.169.4.6 です。

URL の一覧で回避すべき

  • URL の最後にアスタリスク (*) を追加しないでください。これを行うと、セキュリティ上のリスクになります。たとえば、次使用しないでください。
    http://*.dns.live.*
  • 文字列の前後にアスタリスク (*) を追加しないでください。これを行うと、WebClient サービスは複数のサーバーにユーザーの資格情報を送信できます。たとえば、次使用しないでください。
    • http://*Contoso.com

      この例では、サービスもユーザーの資格情報を http://を送信します。extra_charactersContoso.com。
    • http://Contoso*.com

      この例では、サービスはユーザー資格情報 http://Contoso に送信します。extra_characters。 com。
  • URL の一覧で、ホストの UNC 名を入力しません。たとえば、次使用しないでください。
    *.contoso.com@SSL
  • 共有名または URL] ボックスの一覧で使用するポート番号は含まれません。たとえば、次使用しないでください。
    • http://*.dns.live.com/DavShare
    • http://*dns.live.com:80
  • IPv6 の URL] ボックスの一覧では使用しないでください。
重要です この URL の一覧、セキュリティ ゾーンの設定に影響はありませんし、この URL の一覧を使用して WebDAV サーバーへの資格情報を転送するは、特定の目的をします。できるだけセキュリティ上の問題を回避するためにリストを作成します。また、通知がない特定の拒否リスト。そのため、資格情報はこの一覧に一致するすべてのサーバーに転送されます。

基本認証またはダイジェスト認証がネットワークに実装されている場合は、修正プログラム 943280 この動作を変更できません。この動作は設計で基本認証とダイジェスト認証モードです。

IIS は、インターネット経由で Windows 認証をサポートしていません。したがって、この修正プログラムは、イントラネットのシナリオにのみ適用されます。

状況

Microsoft は、これは「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題であること確認しています。

プロパティ

文書番号: 941050 - 最終更新日: 2011年10月26日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbmt KB941050 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:941050
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com