Microsoft SoftGrid 4.2 のリリース ・ ノートと更新

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 941408
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここにはでの一般的なガイドラインと Microsoft SoftGrid バージョン 4.2 のリリース ノートが含まれます。SoftGrid 4.2 のリリース ・ ノートには、懸案事項、およびベスト ・ プラクティスと呼ばれる新しい機能、要件、に関する情報が含まれます。また、SoftGrid 4.2 コンポーネントのダウンロード場所情報も紹介します。

はじめに

この資料でには、最新の詳細情報については、SoftGrid 4.2 が含まれます。この資料の更新プログラムを定期的に確認してください。

情報この資料に記載されて SoftGrid 問題を発生する可能性があります、適切な解決を見つけることができます。問題の解決方法を見つけることができませんの場合は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/search/default.aspx?spid=12357

詳細

SoftGrid 4.2 修正プログラム ロールアップ パッケージ 2

この累積的な更新プログラムを SoftGrid v4.2 SoftGrid v4.2 に最新の更新プログラムを提供します。安定性の向上に加え、この更新プログラムには、次の変更が含まれます。
  • ログレベル「ソケットからの読み取りエラー」メッセージ デバッグです。SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーをロード バランサーを使用するとそのため、メッセージを Sft server.log と既定のログ レベルは、Windows イベント ログに表示されません。
  • SoftGrid v3.2 のシーケンスは、パッケージのアップグレードが開いたら SoftGrid Sequencer が OSD の Guid が保持されます。
  • 断続的な「入力」マルチプロセッサ コンピューター上でシステムの開始時に発生する Stop エラーについて確認します。

新機能

この更新プログラムは、次の新しい機能を提供します。
  • SoftGrid で Windows Vista Service Pack 1 (SP1) を使用できるようになりました。
  • SoftGrid で MSI ユーティリティによってマイクロソフト アプリケーションの仮想化を Microsoft Windows 2000、または Windows 2000 Server または Advanced Server を実行しているし、ターミナル サービスが有効になっている SoftGrid クライアントに生成仮想アプリケーションの .msi ファイルを展開できるようになりました。

情報をダウンロードします。

次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SoftGrid の Windows デスクトップ (4.2.2.15) パッケージします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SoftGrid Sequencer (4.2.2.15) パッケージします。

以前のリリース

SoftGrid 4.2 修正プログラム ロールアップ パッケージ 1

この累積的な更新プログラムを SoftGrid v4.2 SoftGrid 4.2 に最新の更新プログラムを提供します。安定性の向上に加え、この更新プログラムには、次の変更が含まれます。
  • 改善するには、インポートすると、パッケージのアップグレード シーケンスを SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインにアップグレード。
  • パッケージへの機能強化は操作をダウン グレードします。
  • 大規模なアプリケーションをシーケンスすると非ページ プールの使用率を改善します。
  • 両方の Microsoft を使用してアプリケーションをシーケンスする場合の機能強化。NET Framework 1.1 とします。NET Framework 2.0。
  • 仮想化された子プロセスのコマンド ライン パラメーターの処理の向上。

新機能

この更新プログラムには、次の新機能も提供します。
  • マイクロソフト アプリケーションの仮想化に関する MSI ユーティリティ サポート。
  • WOW64 では 64 ビット バージョンの Windows で実行する SoftGrid サーバー コンポーネントをサポートします。

情報をダウンロードします。

次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SoftGrid の Windows デスクトップ (4.2.1.21) パッケージします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SoftGrid Sequencer (4.2.1.20) パッケージします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

SoftGrid 4.2

新機能
SoftGrid 4.2 には、次の新機能があります。
  • Windows Vista をサポートしています。
  • パブリック アセンブリがで side-by-side (SxS) などのアプリケーション、2007 Microsoft Office のサポートを向上させます。
情報をダウンロードします。
次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SoftGrid の Windows デスクトップ (4.2.0.310) パッケージします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

一般的なリリース情報

アップグレード、アンインストール、および SoftGrid を再インストールする方法

クライアントは、SoftGrid 4.2 に SoftGrid の次のバージョンからアップグレードできます。
  • 3.2
  • 4.0
  • 4.1
アップグレード処理はすべてのシステムの構成設定とユーザー プロファイルの設定が保持されます。

メモ SoftGrid 3.2 から SoftGrid 4.2 へアップグレードすると、クライアント ・ ソフトウェア ・ アプリケーションのキャッシュがフラッシュされます。アップグレード後、アプリケーションを再読み込みする必要があります。

クライアントは、最新のバージョンにアップグレードすることをお勧めします。ただし、バージョン 4 のクライアントをインストールする前に以前のバージョンをアンインストールできます。x では実装されていなかったために発生します.以前のバージョンをアンインストールするには、使用してください。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルのします。SoftGrid をアンインストールすると、SoftGrid のローカル設定は、操作を実行するユーザーを削除し、キャッシュをフラッシュします。

以前のバージョンの Windows から Windows Vista にアップグレードする場合は、オペレーティング システムをアップグレードする前に、SoftGrid クライアントをアンインストールしてください。オペレーティング システムをアップグレードした後、SoftGrid クライアントを再インストールできます。この手順に従わない場合は、オペレーティング システムをアップグレードした後、SoftGrid クライアントが正しく開始されません。

SoftGrid Sequencer のバージョンを使用している場合は、直接、SoftGrid 4.2 にはアップグレードできません。バージョン 4.2 をインストールする前に、SoftGrid Sequencer を実行しているコンピューターの適切なバックアップ イメージ ベース オペレーティング システムを復元する必要があります。バックアップ イメージは、すべてのクライアント コンピューター上に存在するエンドユーザー ソフトウェアが必要です。

以下のバージョンからすべての SoftGrid サーバー コンポーネントをアップグレードできます。
  • 3.1
  • 3.2
  • 4.0
  • 4.1
Microsoft SoftGrid コンポーネントの以前のリリースからのアップグレードはサポートされていません。古い Microsoft SoftGrid コンポーネントがある場合は、それらを使用してアンインストールします。 追加またはプログラムを削除します。 4.2 コンポーネントをインストールする前にします。

既存のアプリケーションでサーバーのアップグレードを自動的に検証します。アップグレードは、アプリケーションの構成上の問題も特定します。

メモ SoftGrid Sequencer のバージョン 4 を使用してシーケンスするアプリケーション。x では実装されていなかったために発生します バージョン 3 を実行している SoftGrid クライアントには、問題なく再生可能性があります。x では実装されていなかったために発生します.ターゲット ・ クライアントをバージョン 4 にアップグレードできます。x では実装されていなかったために発生します またはバージョン 3 のストリームを続行します。x では実装されていなかったために発生します-するには、古いバージョンのクライアント アプリケーションをシーケンスします。SoftGrid クライアントの 4 をテストすることをお勧めします。x では実装されていなかったために発生します SoftGrid Sequencer 4 とします。x では実装されていなかったために発生します.
マニュアル
次のドキュメントは、このリリースをサポートします。
  • SoftGrid のクイック ・ スタート ・ ガイド
  • SoftGrid Sequencer をインストールします。
  • SoftGrid コンポーネントをインストールします。
  • SoftGrid クライアントをインストールします。
  • SoftGrid プラットフォーム管理ガイド
  • SoftGrid Sequencer のユーザーズ ガイド
オペレーティング システムの要件
SoftGrid 4.2 server コンポーネントは、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンを実行しているコンピューターで実行してください。SoftGrid サーバー管理コンソール Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを実行する Windows Server 2003 が必要です。Windows Server 2003 SP1 より以前のバージョンを実行しているコンピューターでは、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーをインストールできます。この例では、別のコンピューターで実行されているコンソールから SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーを管理できます。

重要です SoftGrid サーバー管理コンソールは Microsoft Windows 2000 Server を実行しているコンピューター上で機能しなくなります。

既知の問題

元に戻す全体を表示する
説明 詳細について
アクティブなアップグレードする SoftGrid 4.2 は、SoftGrid クライアントの 3 の混合環境の場合は失敗します。x では実装されていなかったために発生します andSoftGrid サーバー 4。x では実装されていなかったために発生します コンポーネントです。
場合でも、ドメイン コント ローラーを再起動すると、アクティブなアップグレード SoftGrid 3 の失敗します。x では実装されていなかったために発生します クライアントと SoftGrid 4。x では実装されていなかったために発生します サーバー。
SoftGrid Sequencer の 4 を実行している環境の場合、アクティブなアップグレードを使用できます。x では実装されていなかったために発生します、SoftGrid 4。x では実装されていなかったために発生します サーバー、および SoftGrid 4。x では実装されていなかったために発生します クライアントです。アクティブ アップグレードさまざまな混在環境で可能性があります。
Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine のアップグレード、SoftGrid バージョン 3.2 サーバーの再起動を求められます。
データベース サーバーと同じコンピューター上にある場合は、アップグレード中にコンピューターを再起動するように求められます。コンピューターを再起動すると、全体のアップグレードを再起動してください。
コンピューターを再起動しないでください。ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします。 [キャンセル]、し、アップグレードを実行します。
アプリケーションは、アプリケーションのインポート操作をキャンセルした後、起動時に失敗します。
SoftGrid クライアント管理コンソールを使用して、アプリケーションのインポート操作をキャンセルした後、アプリケーションを起動しようとすると、予期しないエラー コード (00000125) が表示されます。
アプリケーションを再起動する前に、コンソール アプリケーションをアンロードします。
アプリケーション サーバーをアンインストールするのには、ファイルが見つからないために操作が失敗したをアンインストールします。これらのファイルは、%ProgramFiles%\Softricity\SoftGrid Server\Content ディレクトリに配置する必要があります。
使用できない共有ネットワークの場所へのインストールを指す場合は、アンインストール操作、「1606」のエラー メッセージで失敗します。
コンテンツのディレクトリはローカル ディレクトリでは場合は、ディレクトリのファイルをアンインストールする前に、同じ名前を使用して再作成します。コンテンツを共有の場所にある場合は、この場所が、SoftGrid サーバー コンポーネントをインストールされているコンピューターで利用可能であるかどうかを確認します。
バック グラウンド プロセスが実行されているアプリケーションが正しく、SoftGrid クライアントをアンインストールできません。
ダイアログ ボックスには、続行する前にすべての仮想アプリケーションを終了するように求めるが表示されます。すべての仮想アプリケーションを閉じることに表示される場合でもこの現象が発生します。
SoftGrid クライアントをアンインストールする前に、SoftGrid クライアントの通知領域からを手動で終了します。
新しいグローバル データ フォルダーを保存するのには、SoftGrid クライアント インストーラー プログラムは表示されません。
クライアントのインストール中に、表示用のフォルダーを開き、選択した場合は更新されません。
これは、表示の問題です。クリックして変更を反映することができます。 戻る または 次へ.
クライアントのユーザー プリンシパル名 (UPN) ログオンには、完全なドメイン名が必要です。
リモート接続では、クライアントのログオンが完全な UPN 名が必要です。この名前には、サフィックスが含まれます。たとえば、入力する必要があります。 domainuser@company2.int.
UPN ドメイン ユーザー名を使用してログオンすると、完全な資格情報を使用します。
複数のパッケージで使用されるアプリケーションをインポートすると、エラー メッセージを表示します。
まれに、エラーが表示されることがありますメッセージ、および複数のパッケージで使用されるアプリケーションをインポートするとパッケージ GUID が使用されていることを報告します。SoftGrid サーバー管理コンソールを固定することができます。
これらのエラー メッセージは、このリリースの既知の制限です。ただし、コンソールを再起動すると、パッケージは正常にインポートです。
仮想ファイル システム (VFS) ファイルは FAT32 ドライブに破損しています。
FAT32 ドライブ上で SoftGrid Sequencer を実行しているコンピューターで、VFS ファイルが破損する可能性があります。
NTFS ファイル システム ドライブのみのシーケンスを使用します。FAT32 ドライブへシーケンスを実行できません。
既定のアプリケーションは分割サーバー SoftGrid インストールでは表示されません。
Web サービスとデータベースを 1 つのコンピューターとアプリケーションの仮想サーバーの別の使用する SoftGrid インストールでは、既定のアプリケーション、データベースと、公開されたショートカットの場所には表示されません。
この現象の既知の制限です。
クライアントのインストール中にデフォルト ポートを変更することはできません。
インストール中に別のポートを入力すると、既定のポート (554) は変更されません。
インストール後、SoftGrid クライアント管理コンソールを使用して、SoftGrid サーバーを選択してサーバーのプロパティで、目的のポートを入力します。
数段階アップグレード エラーが発生します。
この更新プログラムは数段階アップグレード Microsoft Office XP で、2 番目の連続更新で失敗します。
SoftGrid Sequencer のドライブのルート ディレクトリの下のレベルのアプリケーション フォルダーに 2 つ以上のインストールします。たとえば、アプリケーションの代わりに、Q:\MyApp\New ディレクトリに Q:\MyApp ディレクトリをインストールします。
コマンド ライン シーケンス中に、"SystemGuard"エラー メッセージが表示されます。
コマンド ライン シーケンス中に、SystemGuard ダウンロードの失敗を報告するエラー メッセージが表示されます可能性があります。インストール パスのパラメーターが無効である、エラーを報告します。
パラメーターと同じように提供されているそのファイル名未満 255 文字や特殊文字が含まれていないことを確認してください。などファイル名含める必要がありますいないは、スラッシュ記号 (/)、円記号 (\)、コロン (:)、垂直バー (|)、疑問符だ (?) やアスタリスク (*) は、山かっこ (<>)。
余分な .osd ファイル SoftGrid Sequencer を生成します。
SoftGrid Sequencer のバージョン 4。x では実装されていなかったために発生します アプリケーションに必要なを超える .osd ファイルを生成できます。
シーケンスが付けられたファイル、仮想アプリケーション サーバーにコピーする前に、.osd ファイルがアプリケーションに関連していることを確認してください。たとえば、メモ帳や Windows エクスプ ローラー、SoftGrid Sequencer が .osd ファイル作成したと仮定します。これらの .osd ファイルは、アプリケーションの一部である場合は、出力は、コピーする前に削除します。
SoftGrid Sequencer の .msi ファイルに自動的に、Sequencer インストール Windows Vista では起動しません。
対話形式では、SoftGrid Sequencer の .msi ファイルを実行すると Windows Vista では、自動的に開始しません。
この問題を回避するには、無効にしてから、[自動起動] オプションを再度有効にすることがあります。
SoftGrid サーバー、SoftGrid 3.1 〜 4 後に起動しません。x では実装されていなかったために発生します サーバーのアップグレードします。
ポート番号の値を [SQL Server DATA_SOURCES] テーブルにある場合は、SoftGrid サーバーを開始可能性があります。
SQL server でポート番号を削除するのには、DATA_SOURCES テーブルを編集します。
サーバー名を変更する場合、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー サービスは失敗します。
ドメイン ネーム システム (DNS) 形式を使用するサーバー名を変更すると、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー サービスは開始されません。
インストール後、サーバー名の形式は変わりません。
サーバーのアップグレードのエラー メッセージが表示されます。
アップ グレード プログラムを使用して、DefaultApp.osd ファイルを置き換えるしようとすると、元のインストール時に、SoftGrid サーバーのコンテンツのパスを変更する場合は、次の 2 つのエラー メッセージが表示されます。アップ グレード プログラムにない場合は、そのファイルを見つけることができません、 Drive_Letter: \Program Files\Softricity\SoftGrid Server\Content ディレクトリ。
クリックしてください。 [OK] 各エラー メッセージにします。これらのエラーは、アップグレードを影響しません。その前の場所にそのファイルを検索することもできます。
サイレントのアップグレードは、サーバーの特定の状況で失敗します。
サーバーのサイレント アップグレードが失敗再インストール = ALL と REINSTALLMODE プロパティと共に指定 vomus =、 misexec コマンドです。この現象は大幅なアップグレードを行う場合に発生します。SoftGrid を新しいバージョンにアップグレードするときに大幅なアップグレードが発生します。たとえば、3 は、SoftGrid をアップグレードします。x では実装されていなかったために発生します SoftGrid 4。x では実装されていなかったために発生します.マイナー アップグレードから SoftGrid 4.1 から SoftGrid 4.2 へアップグレードするときに発生します。
この問題を回避するには、[再インストール] を指定 = ALL と REINSTALLMODE = vomus プロパティだけマイナー アップグレードを実行しています。
SoftGrid クライアント インストーラーの 64 ビット エディションの Windows にインストールすることは
SoftGrid クライアント インストーラーは 64 ビット システム上で実行されているし、プラットフォームがサポートされていないことを通知しないことを検出しません。
SoftGrid は、現在の 64 ビット エディションの Windows をサポートしていません。
スナップインでアップグレードした後、SoftGrid サーバー管理コンソールは、以前のバージョンを報告します。
SoftGrid サーバー管理コンソールをアップグレードした後、以前のバージョンのスナップインについて、SoftGrid コンソール ウィンドウに表示されます。
SoftGrid サーバー管理コンソールが正常にアップグレードされますが、MMC 3.0 が誤って、バージョン番号がキャッシュされています。
スタンドアロンの管理 Web サービスのアップグレードが失敗します。
SoftGrid 管理 Web サービス バージョン 3.2 をバージョン 4 にアップグレードできません。x では実装されていなかったために発生します.SoftGrid 管理 Web サービス アプリケーションのパッケージを見つけられません。
スタンドアロンの管理 Web サービスをアップグレードする前に、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーをアップグレードします。その後、管理 Web サービス アプリケーションの移行の正しいコンテンツ パスを検索できます。
停止のリスナーが回復可能性があります。
コマンドを使用して、仮想化されたアプリケーションが実行されているときにリスナーを停止する場合は、リスナーがフリーズします。
この現象が発生した場合は、クライアント コンピューターを再起動します。
SoftGrid 4.2 の 2 つのレポートが表示されません。
."ライセンスの準拠] レポートと [/ユーザー グループ アプリケーションの構成] レポートは、SoftGrid 4.2 では表示されません。
これは、既知の制限です。
SoftGrid サーバー管理コンソールで新しいアプリケーションとしてアップグレード シーケンスをインポートできません。
SoftGrid サーバー管理コンソールには存在しなかった以前は、パッケージのアップグレードを使用してアップグレードされたシーケンスをインポートするときに、"0000C81E"エラー メッセージを受け取ることがあります。
この問題を回避するには、[.sft ファイル名に後続のバージョン番号を削除します。たとえば、MyApp_3.sft を MyApp.sft に変更します。
SoftGrid サーバー バージョン 3.2.2.8 からバージョン 4 にアップグレードしようとします。x では実装されていなかったために発生します、SoftGrid サーバー管理コンソールを作成することはできません。
この問題は、修復を実行した場合に解決されます。
SoftGrid サーバー MMC 3.0 にアップグレードすると、SoftGrid クライアント管理コンソールで、エラーが表示されます。
SoftGrid クライアント管理コンソール SoftGrid サーバー管理コンソールを実行しているコンピューターにインストールされているおよび MMC 3.0 にアップグレードすることを想定しています。ノードのいずれかを SoftGrid クライアント管理コンソール SoftGrid でクリックすると、エラー メッセージが表示されます。
このエラー メッセージを無視する場合は、SoftGrid クライアント管理コンソールが正常に動作します。
SoftGrid サーバー バージョン 4 からアップグレードする場合。x では実装されていなかったために発生します、サーバー ログの場所を既定の場所をリセットします。
以前に既定のログ ディレクトリを削除した場合は、カスタム ログ ディレクトリが指定されて場合は、SoftGrid サーバーは起動しません。代わりに、エラー コード 41539 が返されます。
この問題を解決するには、ログの場所を手動でリセットします。
クライアントがサーバーに再接続すると、利用状況データは失われます。
SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーへの接続を失った後、SoftGrid クライアントを再接続すると、アプリケーションの使用状況に関する情報が失われます。
これは、クライアントの制限事項です。
.Osd ファイルをインポートすると、ファイルの種類の関連付けを削除できません。
で、 ウィザードのファイルの関連付けをインポートします。 タブを既存のファイルの種類の関連付けが正常に削除されるようです。ファイルの種類の関連付けを SoftGrid サーバー管理コンソールのファイル種類の関連付けノードに残ります。
ファイルをインポートすると、SoftGrid サーバー管理コンソールのファイルの関連付け] ノードを使用して、ファイルの種類の関連付けを削除します。

SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー、SoftGrid 管理サーバー、および Web サービスのコンポーネント

一般的なガイドライン

  • Windows NT 4.0 を Microsoft SoftGrid コンポーネントではサポートされていません。ただし、コンポーネント Windows NT 4.0 のドメインで機能するために続行します。SoftGrid のマニュアルについてを参照してください。
  • SQL Server 2005 の Express はサポートされていません。
  • SoftGrid コンポーネントのインストールには、ターゲット サーバー上でローカルの管理者資格情報が必要です。
  • SoftGrid 管理 Web サービスのインストールには、Microsoft が必要です。NET Framework 2.0。
  • Microsoft SoftGrid インストール ウィザードのフィールドに、シャープ記号 (#) を使わないでください。SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーのインストールに失敗する可能性があります。
  • SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーを使用して SQL Server 2005 をインストールする前に、SQL Server の構成は、TCP/IP が有効になっているかどうかを確認します。SQL Server の構成マネージャーでの展開します。 SQL Server 2005 の構成 、し MSSQLSERVER のプロトコル.右クリックします。 TCP/IP、し 有効にします。.最後に、SQL Server を再起動します。これを行うをクリックしてください。 SQL Server 2005 のサービスを右クリックして SQL Server (MSSQLSERVER)、し再起動.
  • 既存の SQL Server のデータベース名にハイフン (-) を使わないでください。SoftGrid はハイフンを含むデータベース名をサポートして SQL Server 関数を使用します。ハイフンを使用している場合は、サーバーのインストールは失敗します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    165432 PRB: フィールド名にハイフンが含まれている場合は、DBGrid レコードを挿入されません。
  • 既定では、仮想アプリケーション サーバーのログ レベル設定されて 警告/エラー.この設定には、警告、エラー、致命的なエラーおよびトランザクションが含まれています。問題を診断するのには、ログ レベルを上げる必要があります。ログ レベルを上げると高速のログ ファイルの拡張が発生します。またより多くのディスク領域がかかります。ログのレベルを上げるし、問題を診断した後、ログ レベルを Sft server.log ファイルが不必要に拡張されないことが制限値戻る 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    930843 SoftGrid 管理コンソール 3.x のログ オプション
  • Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、Windows 負荷分散環境は、アフィニティを [なし] を設定しません。この現象をその要求のストリーム配信アプリケーション クライアントの障害が生じます。代わりに、1 つのアフィニティを設定します。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    932018 SoftGrid をネットワークします。 Windows Server 2003 ネットワーク負荷分散のしくみ
  • 各 SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーのインストールは、サーバー グループ内に、同じパッケージの同じバージョンが必要です。それ以外の場合は、次の SoftGrid クライアントで問題が発生します。
    • 別のサーバーから同じアプリケーションを取得するように構成するクライアント
    • 1 つのサーバーからフェールオーバーするクライアント
  • SoftGrid データ ストアの使用率の自動クリーンアップでは、SoftGrid データ ストアのコンピューターで sql server エージェントが実行されていることが必要です。
  • SoftGrid サーバー管理コンソールがファイアウォールを通過するには、次の条件のいずれかの場合を除いて、プロキシを使用してログオンすることができない場合があります。
    • ポイント ツー ポイント トンネリング プロトコル (PPTP) 接続を介して認証します。
    • 認証は、既定の Web サイトで基本認証が含まれてを構成します。
  • 既定要求タイムアウトを SoftGrid 管理 Web サービスの要求は、15 分 (900 秒) に設定されます。レポートを実行するのには時間がかかることができますので、大規模な既定値が必要です。タイムアウト値を変更するには、次の手順を実行します。
    1. Web.config ファイルを開きます。
    2. 変更は、 executionTimeout 属性の configuration/system.web/httpRuntime 要素。
    <configuration>
    <system.web>
    <!-- Time out (in seconds) when servicing request -->
    <httpRuntime executionTimeout="900" />
    </system.web>
    </configuration> 

SoftGrid サーバー管理コンソール

一般的なガイドライン

  • SoftGrid サーバー管理コンソールをインストールするには、コンピューターに管理者としてログオンします。
  • Softricity 管理者] ノード内のユーザーのみ、SoftGrid サーバー管理コンソールにログオンできます。インストール時に、これらのユーザーを指定できます、または、SoftGrid サーバー管理コンソールを使用して追加できます。
  • ライセンスの時間の最大値を変更できません。
  • SoftGrid サーバー管理コンソールと SoftGrid 管理 Web サービスのバージョンと一致する必要があります。
  • 不正な XML コードを導入しないようにして、.osd ファイルを編集するのには、SoftGrid Sequencer の OSD エディターを使用します。
  • 競合クライアント上でコンピューターが発生することができます重複しているファイルの種類の関連付けを行わないようにします。

SoftGrid Sequencer

ベスト ・ プラクティス

  • ベスト プラクティスの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。
    932137 順序では、Microsoft SoftGrid を使用するベスト ・ プラクティス
  • Windows Vista を使用している場合は、シーケンス ステーション上の監視を開始する前に Microsoft Search と Windows Server の更新サービス (WSUS) がオフになっていることを確認します。
  • アプリケーションをシーケンスする前に、Microsoft Office などの特定のアプリケーションの順序の問題を回避する方法をマイクロソフト サポート技術を検索してください。

一般的なガイドライン

  • 同じバージョンの Microsoft インストーラーはするコンピューターおよびアプリケーションをシーケンスがストリーミングされる、SoftGrid クライアントが必要です。バージョンが同じではない場合、インストーラー ダイアログ ボックスが表示ことがありますや、アプリケーションの実行に問題がある可能性があります。
  • 基本オペレーティング システムは、シーケンス処理しているターミナル サービスが含まれている場合は、シーケンスのインストール フェーズ中に、オペレーティング システム インストール モードに置く必要があります。これを行うには、コマンドを使用します。ただし、コントロール パネルを使用してこれを行うをクリックします。 追加またはプログラムを削除します。をクリックして 新しいプログラムを追加します。、し、インストールの段階を開始します。
  • クリックすると、 ファイル 、し 新しいパッケージは、新しいアプリケーションをシーケンスし、[ヘルプ] オプションを使用をお勧めします。シーケンスの経験がある場合、各ウィザードを使用できます、 ツール メニューです。
  • シーケンス中に、アプリケーションがクラッシュすると、アプリケーションは、クラッシュ後に正常に見えてもなってください。
  • 既定では、すべての .osd ファイルは一連の名前と同じ仮想アプリケーション サーバーの場所情報を使用します。1 つの .osd ファイルの場所を変更するには、シーケンサーの OSD エディターを使用します。場所またはパッケージ内のすべての .osd ファイルのスイートの名前を変更するには、パッケージ構成ウィザードを使用します。
  • シーケンサーの OSD エディターを使用して、.osd ファイルを編集します。不正な XML コードを取り上げないでください。
  • その他のパッケージ ファイルと共に .sprj (プロジェクト) ファイルを保存します。このファイルには、パッケージのアップグレードに必要な情報が含まれています。
  • SoftGrid Sequencer をインストールする前に、ことを確認、 別のプロセスでフォルダー ウィンドウを起動します。 チェック ボックスが選択されていません。Windows エクスプ ローラーでこれを行うをクリックしてください。 ツールをクリックして フォルダー オプション、し、 ビュー タブします。場合は、 別のプロセスでフォルダー ウィンドウを起動します。 チェック ボックスを選択すると、チェック ボックスをオフにします。値を変更する場合は、再起動します。
  • SoftGrid Sequencer のインストールには、シーケンス ステーション上でローカルの管理者資格情報が必要です。

SoftGrid クライアント

一般的なガイドライン

  • SoftGrid Sequencer を実行しているコンピューターで、SoftGrid クライアントをインストールしないでください。
  • Softricity ドライブは、アプリケーション固有のデータを格納します。ユーザー データはこのドライブには保存されません。
  • 移動プロファイルを使用してユーザーがログオンすることを確認します。 一度に 1 つだけのコンピューター。それ以外の場合は、断続的な問題が発生する可能性があります。
  • ストリーム配信するアプリケーションをローカルにインストールされているを削除することをお勧めします。それ以外の場合は、ストリームの機能を示すアプリケーションからのメッセージは利用できませんが表示されます。
  • 最適なパフォーマンスを得るには、クライアント キャッシュは、ストリームのすべてのアプリケーションのサイズよりも大きいでなければなりません。
  • すべてのクライアントに対して必要なキャッシュ内のアプリケーションをロードします。切断操作のオプションが有効であるかどうかを確認します。このオプションを使用すると、アプリケーションがある場合は、ネットワークの停止または、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーの障害を起動できます。
  • 255 文字を使用してパスを使用して以内 SoftGrid クライアントおよびストリーミング アプリケーションをインストールします。
  • ホスト名の代わりに IP アドレスを使用して、このアドレスの逆引き参照を有効またはこのアドレスは動的であり、なった場合に DNS エントリを同期しない場合は、デスクトップ構成のサーバーを検索します。
  • 使用していない、 検出し、修復 Microsoft Office アプリケーションの [ヘルプ] メニューのオプションです。このコマンドが Office エラー メッセージを可能性があります。
  • クライアント コンピューターがドメインの一部ではない一連の資格情報は、ドメインのネットワーク共有からファイルを取得していたことを想定しています。SoftGrid 対応のアプリケーションを要求するとコンピューターはこれらの同じ資格情報を使用できます。されたら、有効な文字を入力できるようにするには、これらの資格情報が有効ではない場合は、クリアします。
  • Softricity SoftGrid Client サービスを停止するのには、SoftGrid 管理をする必要があります。このサービスを停止すると、すべてのクライアント セッションを終了します。この場合、ユーザーはデータを失う可能性があります。アプリケーションを終了するのには、このサービスを停止する前に、セッションをログオフするには、ユーザーに通知することをお勧めします。

プロパティ

文書番号: 941408 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo atdownload kbexpertiseinter kbmt KB941408 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:941408
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com