Exchange Server 2003 Service Pack 2 での大規模な電子メールを同期する場合は W3wp.exe プロセスは、ほぼ 100% の CPU リソースを使用してください。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 941439
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2 (SP2) を実行しているサーバー上にメールボックスを同期するにはマイクロソフトの Exchange ActiveSync を使用します。Exchange Server 2003 SP2 は、10 MB より大きい電子メール メッセージが含まれている場合は、Exchange ActiveSync の W3wp.exe のプロセス Exchange Server 2003 SP2 で長い時間をほぼ 100% の CPU リソースを使用します。

原因

Exchange Server 2003年の SP2 を割り当てる必要がありますこの問題が発生します。メモリを 4 KB 単位でメッセージを処理します。したがって、それがかかることがあります。割り当ては、サイズの大きいメッセージを処理するために数千もの。この現象は大量を消費します。CPU リソースの。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Exchange Server 2003 SP2 をインストールする必要があります。

要件を再起動します。

使用しないでください。この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するありませんが。ただし、この修正プログラムを適用すると、IIS 管理サービスおよびすべての依存サービスが再起動されます。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた置き換えることはありません。修正プログラムです。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示します。日付と時刻これらのファイルで世界協定時刻が表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン で、 日付と時刻 コントロール内の項目パネル。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間
Massync.dll6.5.7653.19757,7602007 年 11 月 01 日17: 03


この修正プログラムを適用した後、MaxAllocationIncrement、Exchange ActiveSync のデバイスを同期するときにメモリが割り当てられた方法を制御するレジストリの値を設定できます。

メモ MaxAllocationIncrement の適切な値を設定する方法の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

メモ MaxAllocationIncrement レジストリの値の下には、次のレジストリ サブキー:
元に戻す全体を表示する
サブキー:
値:MaxAllocationIncrement
種類:REG_DWORD
データ:4 KB 単位でを起動しを 2 倍にすべて許可されている最大の増分値に達するまでインクリメントします。
の例は、データをすることができます 4、8、16、32、64、128、256、512、1024、2048 と。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」セクションで。

詳細

この修正プログラムの適用後は、Exchange ActiveSync デバイスの同期中に使用されるメモリをより効率的に再割り当てするのには、MaxAllocationIncrement の値を変更できます。MaxAllocationIncrement の値を変更すると、同期処理中に行われる CPU 要求の数を減らすことができます。

メモ MaxAllocationIncrement の値を変更した後、空きシステム メモリの量は、システムのメモリが不足実行されないことを確認してくださいが監視する必要があります。

4 キロバイト (KB) のメモリは、Exchange ActiveSync デバイスを使用して電子メール メッセージを同期しようとすると、プロセスに最初に割り当てられます。4 KB の最初の割り当て、メッセージを同期するには十分でない場合、最初のメモリの割り当てが 8 KB に倍になります。もう一度、メモリの割り当ては 8 KB のメッセージを同期するには十分でない場合、16 KB に 2 倍になります。メモリ割り当ての増加は、このプロセスは、MaxAllocationIncrement のサブキーの値に達するまで続行されます。MaxAllocationIncrement サブキーの値に達すると、メモリ、MaxAllocationIncrement のサブキーの値が増加します。

たとえば、Exchange ActiveSync デバイスは、128 KB に電子メール メッセージを要求すると、次のシナリオを検討します。

元に戻す全体を表示する
メッセージ サイズMaxAllocationIncrement 値値の割り当て番号の再割り当てをします。
128該当しません。4、8、16、20、24、28、32、36、40、44、48、52、56。60、64、68、72、76、80、84、88、92、96、100、104、108、112、116、120、124/12830
12884、8、16、24、32、48、56、64、72、80、88、96、104、112、120、12815
128164、8、16、32、48、64、80、96、112、1289
128324、8、16、32、64、96、1286
また、Exchange ActiveSync デバイスは、20 メガバイト (MB) に電子メール メッセージを要求すると、次のシナリオを検討します。

元に戻す全体を表示する
メッセージ サイズMaxAllocationIncrement 値番号の再割り当てをします。
24,57651245
24,5768,19213

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語でクリックして、次の資料番号を表示するには、資料、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

Exchange Server のソフトウェア更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
817903 Exchange Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は


プロパティ

文書番号: 941439 - 最終更新日: 2011年11月10日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB941439 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:941439
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com