SQL Server の構成マネージャーでは、SQL Server 2005 サービスの一部またはすべては表示されませんまたは SQL Server 2005 セキュリティ構成で操作を実行すると、エラー メッセージ「SQL Server 2005 コンポーネントが検出されません」が表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 941823
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2005 年に SQL Server の構成マネージャーを開きます。クリックすると、SQL Server の [構成マネージャー] ウィンドウで、次の問題のいずれかを表示します。 SQL Server 2005 のサービス:
  • サービスは表示されません。
  • 一部のサービスは表示されません。
SQL Server 2005 セキュリティ構成] ウィンドウで操作を実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
SQL Server 2005 コンポーネントがコンピューター上に見つかりませんでした。コンポーネントがインストールされていないか、このコンピューターの管理者ではないです。(SQLSAC)

原因

この問題は、NETWORK SERVICE アカウントは、SQL Server 2005 サービスに関する情報を照会する十分なアクセス許可を持っているために発生します。

SQL Server 2005 サービスのセキュリティ設定を更新するのにはいくつかのセキュリティ ポリシーを適用した後この問題が発生する可能性があります。具体的には、セキュリティ設定を更新するのには、グループ ポリシーを適用した後この問題が発生する可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、ネットワーク サービス アカウントは、SQL Server 2005 サービスに関する情報を照会するのには、読み取りアクセス許可を持っているかどうかを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SQL インストールされているサーバーが、サーバーでセッションを開きます。ドメイン管理者グループの一部である Windows アカウントを使用してセッションを開きます。
  2. ダウンロードして、インストールされている、コンソールがあるない場合、グループ ポリシー管理コンソールをインストールします。
  3. グループ ポリシー管理コンソールを開きます。次に、SQL Server が配置されている組織単位を選択します。
  4. 新しいグループ ポリシー オブジェクトを作成または、この組織単位に関連付けられている既存のグループ ポリシー オブジェクトを編集します。既存のグループ ポリシー オブジェクトを編集するには、右クリックします。 ポリシー オブジェクト、し、 編集.新しいグループ ポリシー オブジェクト エディター Microsoft 管理コンソール (MMC) に表示されます。
  5. で、 サービス名 列をダブルクリックして SQL Server (Instance_Name).
  6. で、 SQL Server (Instance_Name) のプロパティ ダイアログ ボックスをオンにし、 このポリシー設定を定義します。 チェック ボックスを適切なスタートアップ モードを選択しをクリックして セキュリティを編集します。.
  7. で、 SQL Server (セキュリティInstance_Name) ダイアログ ボックス、クリックして ネットワーク サービス 下にあります。 グループ名またはユーザー名.

    メモ ネットワーク サービス アカウントが表示されていない場合は、この手順を実行する前に、アカウントを追加します。
  8. 下にあります。 [NETWORK SERVICE のアクセスの許可をオンにし、 読み取り チェック ボックスでは、 許可します。 列をクリックし [OK].
  9. その他の SQL Server 2005 サービスをネットワーク サービス アカウントに読み取りアクセス許可を追加するのには、9 から 5 の手順を繰り返します。

詳細

私たちはこの問題を回避するのには良い方法があります。常にセキュリティ ポリシーを適用すると、SQL Server 2005 サービスの既定の随意アクセス制御リスト (DACL) が変更されていないことを確認してください。サービスの情報を照会するのには、アクセス許可を持つアカウントまたは必要な場合は、SQL Server 2005 サービスのセキュリティ設定をアカウントまたはグループを追加できます。

既定の DACL を SQL Server 2005 サービスに関する情報を抽出するのには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行できます。
sc \\[servername] sdshow SQLService_Name
SQL Server 構成マネージャー ツールまたは SQL Server 2005 セキュリティ構成ツールを実行すると、これらのツールは内部でのインスタンスを作成、 ManagedComputer SQL Server 管理オブジェクト (SMO) のクラスです。これらのツールは、SQL Server 2005 サービスに関する情報を取得するのには、サービス コレクションを反復します。これらのツールは、サービス コレクションを反復処理すると、これらのツールは、次の Windows 管理の実装 (WMI) クエリを生成します。
  • 選択 * RegServices から
  • 選択 * sql Service から
SQL Server Web-Based エンタープライズ管理 (WBEM) プロバイダー (Sqlmgmprovider.dll) はこれらのツールは、WMI クエリを生成すると、Wmiprvse.exe プロセスに読み込まれているです。SQL Server WBEM プロバイダーを抽出してのすべてのインスタンスの SQL Server 2005 サービスに関する情報を処理します。次の SQL Server 2005 サービスに関する情報を示します。
  • SQL Server データベース エンジン サービス
  • SQL Server 2005 Reporting Services のサービス
  • SQL Server 2005 のフルテキスト検索のサービス
  • SQL Server 2005 エージェントのサービス
  • SQL Server 2005 の統合サービスのサービス
  • SQL Server 2005 Analysis Services サービス
最後に、 ManagedComputer SMO オブジェクトを SQL Server 2005 サービスの一覧を返します。

Sqlmgmprovider.dll ファイルが読み込まれるは、Wmiprvse.exe プロセス、ネットワーク サービス アカウントのセキュリティ コンテキストで実行します。Wmiprvse.exe プロセスでは、Sqlmgmprovider.dll ファイル内のコードは、スレッドを実行します。これらのツールを実行すると、このスレッドは、Wmiprvse.exe プロセスでこれらのツールを実行しているユーザーのセキュリティ コンテキストを偽装します。



さらに、いくつかの SQL Server 2005 サービスに関する情報がネットワーク サービス アカウントのセキュリティ コンテキストが抽出されます。ネットワーク サービス アカウントにサービスの情報を抽出する十分なアクセス許可がある場合、SQL Server 2005 サービスに関する情報、結果セットの前に記載されている WMI クエリはありません。そのためには、 ManagedComputer これらのツールに空のリスト、または SQL Server 2005 サービスの SMO オブジェクトを返します。

関連情報

詳細については、 ManagedComputer クラスには、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/microsoft.sqlserver.management.smo.wmi.managedcomputer.aspx
詳細については QueryServiceConfig 機能には、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms684932.aspx
WMI の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa394572.aspx

プロパティ

文書番号: 941823 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005tool kbmt KB941823 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:941823
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com