SQL Server 2005 Integration Services のバージョンを確認する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942177
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、コンピュータにインストールされている Microsoft SQL Server 2005 Integration Services (SSIS) のバージョンを確認する方法について説明します。

詳細

SSIS のバージョンは次のいずれかの方法で確認できます。

  • SSIS では複数のインスタンスをサポートしていません。1 台のコンピュータには SSIS のインスタンスを 1 つだけインストールできます。
  • 方法 1 が SSIS のバージョンを確認する最も簡単な方法です。
  • SSIS サーバーに接続できない場合は、方法 2、方法 3、または方法 4 を使用してください。

方法 1 : オブジェクト エクスプローラを使用する

  1. SQL Server Management Studio を開きます。
  2. [サーバーへの接続] ダイアログ ボックスで、[サーバーの種類] ボックスの一覧の [Integration Services] をクリックします。
  3. [サーバー名] ボックスに SSIS のサーバー名を指定し、[接続] をクリックします。
  4. オブジェクト エクスプローラで、ルート ノードの名前に含まれるバージョン番号を確認します。
ルート ノードの名前は、次の構文で表示されます。
Server_Name (Integration Services Version_No ? Domain_Name\User_Name)
  • Server_Name は、SSIS のサーバー名を示します。SSIS のサーバー名は、通常は SSIS を実行しているコンピュータのネットワーク名です。
  • Version_No は、SSIS Service Pack のレベルまたは SSIS 修正プログラムのレベルを示します。
  • User_Name は、SSIS への接続に使用しているユーザー名を示します。
  • Domain_Name は、ユーザーが属するドメインの名前を示します。ユーザーがドメインに属していない場合、Domain_Name は SSIS を実行しているコンピュータの名前を示します。
たとえば、SSIS のサーバー名が MyServerName であるとします。ドメイン名は MyDomain、ユーザー名は MyUser です。Service Pack のレベル、バージョン番号、およびこれらに対応するルート ノードの名前を次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
Service Pack のレベル バージョン番号 ルート ノードの名前
SSIS のリリース バージョン 9.0.1399 MyServerName (Integration Services 9.0.1399 - MyDomain\MyUser)
SSIS Service Pack 1 (SP1) 9.0.2047 MyServerName (Integration Services 9.0.2047 - MyDomain\MyUser)
SSIS Service Pack 2 (SP2) 9.0.3042 MyServerName (Integration Services 9.0.3042 - MyDomain\MyUser)

方法 2 : MsDtsSrvr.exe ファイルを使用する

: MsDtsSrvr.exe ファイルは、SSIS サービスの実行可能ファイルです。
  1. 次のフォルダを開きます。
    %programfiles%\Microsoft SQL Server\90\DTS\Binn\
  2. MsDtsSrvr.exe ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [MsDtsSrvr.exe のプロパティ] ダイアログ ボックスの [バージョン情報] タブをクリックします。
  4. [バージョン情報] タブで、[ファイル バージョン] の右側のテキストを確認します。このテキストが SSIS のバージョン番号です。
バージョン番号は、SSIS Service Pack のレベルまたは SSIS 修正プログラムのレベルを示します。SSIS Service Pack のレベルとそれに対応するバージョン番号を次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
Service Pack のレベル [ファイル バージョン] の右側のテキスト
SSIS のリリース バージョン 9.0.1399.0
SSIS SP1 9.0.2047.0
SSIS SP2 9.0.3042.0

サーバーで 64 ビット版の SSIS を実行している場合、MsDtsSrvr.exe ファイルは 64 ビット用のファイルです。32 ビット版の MsDtsSrvr.exe ファイルはサーバー上に存在しません。ただし、他の SSIS 実行可能ファイルや SSIS DLL には、対応する 32 ビット版のファイルと 64 ビット版のファイルがあります。たとえば、64 ビット版の SSIS を実行しているサーバーでは、DTExec.exe ファイルには 32 ビット版のファイルと 64 ビット版のファイルがあります。

方法 3 : レジストリを使用する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\90\DTS\Setup
    : 32 ビット版の SSIS を 64 ビット版の Microsoft Windows オペレーティング システムで実行している場合は、次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoft SQL Server\90\DTS\Setup
  3. Version レジストリ エントリの値と Patchlevel レジストリ エントリの値を [データ] 列で確認します。

    Version レジストリ エントリの値は、SSIS Service Pack のレベルを示します。Patchlevel レジストリ エントリの値は、SSIS 修正プログラムのレベルを示します。
SSIS Service Pack のレベルとそれに対応する Version レジストリ エントリの値を次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
Service Pack のレベル Version レジストリ エントリの値
SSIS のリリース バージョン 9.00.1399.06
SSIS SP1 9.1.2047.00
SSIS SP2 9.2.3042.00

方法 4 : アプリケーション ログを使用する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Eventvwr と入力し、[OK] をクリックします。
  2. イベント ビューア ウィンドウで、[アプリケーション] をクリックします。
  3. 次の条件を満たすイベントを見つけます。
    • [イベント] 列の値が 257 である。
    • [ソース] 列の値が SQLISService である。
    • 類似する一連のイベントのうちの最新のイベントである。最新のイベントであるかどうかを判断するには、[日付] 列の値と [時刻] 列の値を確認します。
  4. 手順 3. で見つけたイベントをダブルクリックします。
  5. [イベントのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[説明] の下の [サーバーのバージョン Version_Num] というテキストを確認します。

    Version_Num は、SSIS Service Pack のレベルまたは SSIS 修正プログラムのレベルを示します。
SSIS Service Pack のレベルとそれに対応する Version_Num の値を次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
Service Pack のレベル "Server version Version_Num" テキスト中の Version_Num
SSIS のリリース バージョン 9.00.1399.00
SSIS SP1 9.00.2047.00
SSIS SP2 9.00.3042.00

プロパティ

文書番号: 942177 - 最終更新日: 2011年2月15日 - リビジョン: 1.2
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbsql2005ssis kbsqlmanagementtools KB942177
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com