2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 で修正される Access 2007 の問題について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942378 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Office Access 2007 用の更新プログラムを含む Service Pack をリリースしました。

はじめに

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) には、Access 2007 の最新の更新プログラムが含まれています。この Service Pack では、セキュリティが強化されるほか、安定性とパフォーマンスも向上します。この Service Pack に含まれている更新プログラムの一部は、これまでに個別の更新プログラムとしてリリースされています。この Service Pack は、これまでにリリースされた更新プログラムを 1 つの更新プログラムにまとめたものです。

2007 Microsoft Office スイート SP1 の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
936982 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 について

この Service Pack で修正される問題の一覧のダウンロード

2007 Microsoft Office スイート SP1 で修正される Access 2007 の問題の一覧が掲載された Microsoft Office Excel ブックが用意されています。

: このブックは英語で作成されています。他の言語への翻訳予定はありません。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Office Servers Service Pack 1 Changes_all.xls パッケージ

リリース日 : 2007 年 12 月 11 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

この Service Pack で修正される問題

2007 Microsoft Office スイート SP1 を適用すると、以下の修正プログラム パッケージで説明されている Access 2007 の問題が修正されます。
939185 Access 2007 修正プログラム パッケージ (2007 年 6 月 24 日) について
936519 Access 2007 修正プログラム パッケージ (2007 年 4 月 27 日) について
935875 Access 2007 修正プログラム パッケージ (2007 年 4 月 11 日) について
935521 Access 2007 修正プログラム パッケージ (2007 年 4 月 8 日) について

「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) にこれまで記載されていなかった問題

この Service Pack を適用すると、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料にこれまで記載されていなかった以下の問題も修正されます。
  • Access 2007 で、列操作の対象が [新しいフィールドの追加] 列ではなくサブデータシートになる

    Access 2007 で、メイン データシートの [新しいフィールドの追加] 列をクリックしたときに、サブデータシートのフォーカスが解除されません。そのため、[データ型] ボックスを使用してメイン データシートに新しい列を追加しようとすると、サブデータシート内で最後にフォーカスが設定された列のデータ型が変更されます。
  • Outlook 連絡先を Access 2007 にインポートすると、[差し込み印刷の宛先] ダイアログ ボックスに予期しない文字が表示されることがある

    この問題は、Outlook 連絡先にルーマニア語の文字が含まれている場合に発生します。
  • "Update existing data (既存のデータの更新)" 電子メール メッセージに [Yes] フィールドと [No] フィールドが含まれていると、英語の値が含まれていることが原因でそのメッセージを処理できない

    [Yes] フィールドと [No] フィールドを含む "update existing data (既存のデータの更新)" 電子メール メッセージを送信した場合、英語以外の言語設定を使用しているシステムでは、このメッセージへの返信を処理できません。この問題は、[Yes] フィールド内または [No] フィールド内の値をユーザーが手動でローカライズしない場合に発生します。

    また、ブール型フィールドを含む HTML データ収集フォームを作成すると、"yes" 文字列と "no" 文字列はローカライズされません。
  • Access 2007 で宛名ラベル ウィザードを使用すると、セキュリティ メッセージとエラー メッセージが表示される

    Access 2007 で宛名ラベル ウィザードを使用すると、セキュリティ メッセージが表示されます。セキュリティ メッセージで [OK] をクリックすると、エラー メッセージが表示されます。エラー メッセージで [はい] をクリックすると、宛名ラベル ウィザードに戻ります。ウィザードを再度完了しようとすると、別のエラー メッセージが表示される場合があります。
  • Access 2007 でパラメータを含むクエリを実行すると、エラー メッセージ "PARAMETER 句の構文エラーです" が表示される

    Access 2007 で、パラメータを含むクエリを実行するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    PARAMETER 句の構文エラーです
  • Access 2007 で、SharePoint からリンクされているユーザー情報テーブルから 2,000 個を超えるレコードが返されない

    Access 2007 では、ユーザー情報テーブルからレコードの最初のページのみが返されます。レコードの最初のページに含まれるレコード数は 2,000 個以下です。

    : この問題は、Microsoft Office Access 2003 Service Pack 2 (SP2) でも発生します。
  • Access 2007 で、透明タブのページ コントロールが透明ではない

    Access 2007 で、透明タブのページ コントロールが透明ではありません。この問題は、Windows Vista や Windows XP など、テーマがオンになっていて、テーマがデフォルトで有効になっているすべてのマイクロソフトのオペレーティング システムで発生します。
  • Access 2007 の自己修復に数分かかる

    Access 2007 と Access 2003 を同じコンピュータにインストールしているとします。Access 2003 を実行した後に Access 2007 を実行すると、Access 2007 の自己修復に数分かかります。
  • オートナンバー型フィールドを Null に設定する更新クエリを実行した後でもオートナンバー型フィールドのデータを更新できる

    Access 2007 で、オートナンバー型フィールドを Null に設定する更新クエリを実行してからデータベースを最適化しても、オートナンバー型フィールドのデータを引き続き更新できます。オートナンバー型フィールドは更新できなくなるのが本来の動作です。この問題により、データ損失が発生する場合があります。このデータベースを最適化すると、MSysCompactError テーブルが作成されます。
  • Access 2007 で、読み取り専用データベースの SharePoint テーブルにバインドされているフォームを開いてデータを追加できる

    Microsoft Office SharePoint テーブルにバインドされているフォームを開いたときに、このフォームにデータを追加できます。ただし、フォームを閉じるとデータは失われます。この操作を実行しても、Access 2007 の読み取り専用データベース内のフォームへはデータを追加できません。このフォームは SharePoint テーブルにバインドされています。
  • Access 2007 でフォーム内のカスタム ショートカット メニュー バーが認識されない

    Access 2007 のフォーム内でカスタム ショートカット メニュー バーを開いたときに、ショートカット メニューが表示されません。さらに、データベースを再度開いたときに、ショートカット メニューが存在しないというエラー メッセージが表示される場合があります。
  • Windows Vista ベースのコンピュータ上の Access 2007 で、処理に時間のかかる式にバインドされているフィールドが空白になる

    Access 2007 で、処理に時間のかかる式にバインドされているフィールドが空白になります。以下の条件に該当する場合、これらのフィールドは、テキスト ボックスをクリックするまで、または Access 2007 以外の部分をクリックするまで、空のままです。
    • テキスト ボックスの "コントロール ソース" プロパティで DLookup() 関数が使用されている。
    • DLookup() 関数で呼び出されるクエリが、フォーム上のコントロールを参照している。
  • Excel から Access 2007 にテキスト フィールドを貼り付けると、貼り付けたテキスト フィールドがメモ フィールドとして検出される

    Microsoft Office Excel から Access 2007 にテキスト フィールドをいくつか貼り付けると、テキスト フィールドがメモ フィールドとして検出されます。Access 2007 では、文字数が 255 文字より少ない列が検出されると、"fields of type (フィールドの型)" テキストが作成されます。
  • 日付の選択コントロールを使用して日付を選択したときに、ブルガリア語の地域設定が有効になっていた場合、エラーが発生する

    この問題は、ブルガリア語の地域設定が有効になっていれば、どの言語版の Access 2007 でも発生します。
  • Access 2007 で、フォームの一覧内の項目をプログラムによって選択すると、選択した項目が表示されない

    Access 2007 で、フォームの一覧内の項目をプログラムによって選択したときに、その項目が選択前に表示されていなかった場合は、選択後も表示されません。
  • Access 2007 で、タブ コントロール内にあるイメージ コントロールをクリックしても動作しない

    Access 2007 で、イメージ コントロールがタブ コントロール内にあると、そのイメージ コントロールをクリックしても機能しません。
  • Access 2007 で Open Database Connectivity (ODBC) 接続を使用した場合、OpenRecordset 関数を使用して一部の DAO データベース オブジェクトを開くことができない
  • Access 2007 で "全マクロの中止" マクロの動作が "マクロの中止" の動作と入れ替わる
  • 該当するオブジェクトが存在しない場合でも、DoCmd.SelectObject メソッドでエラーが返されない

    DoCmd.SelectObject メソッドを使用して、データベース内のオブジェクトを名前によって選択するマクロを作成したとします。データベース内に存在しないオブジェクトの名前を指定しても、エラー メッセージは表示されず、何も実行されません。
  • Access 2007 で、容量の大きい .csv ファイルのインポートに Access 2003 よりも時間がかかる

    30 MB を超えるファイルなど、容量の大きい .CSV ファイルをインポートするときに、インポート ダイアログ ボックスが表示された状態で Access 2007 が応答を停止したように見えます。しばらくすると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    ファイルの共有ロック数が制限を超えています (Error 3052)。
    [OK] をクリックしてエラー メッセージを閉じると、通常はインポート処理を完了することができます。レコードはすべて正常にインポートされます。
  • Access 2007 で、Excel から数値データを長整数型としてインポートしたときに、一部の数値が正しくない場合がある

    Excel のスプレッド シートから Access 2007 へ、長整数型を使用してデータをインポートしたときに、一部の数値に 1 が誤って加算される
  • Access 2007 で、テーブルとクエリを除くすべてのオブジェクトの更新日がまったく更新されない

    Access 2007 で、テーブルとクエリを除くすべてのオブジェクトに関して、ナビゲーション ウィンドウに表示される更新日がまったく更新されません。
  • リンクされた .csv ファイルを使用して .accdb ファイルを Access 2002-2003 形式に変換できない

    .accdb ファイルを .mdb ファイルに変換しようとしても、何も実行されません。エラー メッセージは表示されません。
  • Access 2007 で "SetValue/値の代入" アクションを使用するマクロを実行して任意のチェック ボックスの "Enabled/使用可能" プロパティを変更したときに、エラー メッセージ "1 つ以上の式の検証に失敗しました" が表示される

    "SetValue/値の代入" アクションを使用するマクロを実行して、フォーム上の任意のチェック ボックスの "Enabled/使用可能" プロパティを変更したときに、サンドボックスが有効になっている場合、次のメッセージが表示されることがあります。

    式の中で 'Enabled' が参照されているため、1 つ以上の式の検証に失敗しました。Access をサンドボックス モードで実行している場合、安全と見なされる関数とプロパティだけを式の中で使用できます。

    サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。
  • Access 2007 のランタイム モードで、添付ファイル用およびテキスト書式設定用の浮動ユーザー インターフェイスが正常に表示されない

    ランタイム モードでデータベースを開いたときに、添付ファイル コントロール用およびリッチテキストが有効なフィールドの書式設定用の浮動 UI が正常に表示されません。
  • ISAM でコードを使用して Excel データ内の参照されているセルを更新すると、誤ったセルが変更されることがある

    参照されているセルを更新すると、参照されているセルではなくリテラル セル アドレスが更新されます。この問題は、ISAM を使用してプログラムによって Excel データを更新する場合に発生します。
  • Access 2007 のナビゲーション ウィンドウで複数の項目が選択されているときに、ショートカット メニューを使用してオブジェクトを削除すると、誤ったオブジェクトが削除される

    ショートカット メニューの削除オプションを使用して複数のオブジェクトを削除するときに、選択されていないデータベース オブジェクトが誤って削除される場合があります。
  • Access 2007 では一覧選択の動作が以前のバージョンの Access と異なる

    一覧内の項目のインデックスを使用するコードを使用して選択を設定できません。
  • Access 2007 で、サブフォーム内のレコードを削除できない

    メイン フォームに埋め込まれているサブフォーム内のレコードを削除すると、該当する行は表示されなくなります。ただし、レコードは実際には削除されません。サブフォーム内で行を削除した後に F9 キーを押すと、次のエラー メッセージが表示されます。

    この操作は、トランザクションには実行できません
  • 複雑なデータを含むテーブルに複数のユニオンを持つユニオン クエリを実行すると、エラー メッセージ "オブジェクトが見つかりませんでした" が表示される

    テーブルに添付ファイル フィールドを追加すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    オブジェクトが見つかりませんでした。
    オブジェクトが存在していること、名前やパス名が正しいことを確認してください。
    この問題は、複雑なデータを含むテーブルに対して複数のユニオンを持つユニオン クエリがフィールドに存在する場合に発生します。
  • データシート ビューで、新しいフィールドのデータ型をテキスト以外 (添付ファイルなど) に設定すると、Access 2007 が応答を停止することがある
  • "RecordSource/レコードソース" プロパティを変更した後にプロパティ シートに戻ると、Access 2007 が応答を停止することがある

    この問題は、QBE を開くためにプロパティ シートで [ビルダ] をクリックした後に発生する場合があります。

エラー署名の詳細

Access 2007 プログラムを使用しているときに、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

問題が発生したため、Microsoft Access を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。エラー報告に含まれるデータの参照 : ここをクリックしてください。
エラー報告のデータを参照すると、以下のようなエラー署名が表示されます。
元に戻す全体を表示する
アプリケーション名アプリケーションのバージョンモジュール名モジュールのバージョンオフセット
Msaccess.exe 12.0.4518.1014 Mso.dll 12.0.4518.1014 0003d212
Msaccess.exe 12.0.4518.1014 StackHash_8e8d 6.0.6000.16386 000af1c9
Msaccess.exe 12.0.4518.1014 StackHash_9896 6.0.6000.16386 000af1c9
Msaccess.exe 12.0.4518.1014 Msaccess.exe 12.0.4518.1014 00167bdd

表示されるプログラムのバージョン、モジュールのバージョン、およびオフセットは異なる場合があります。これらの問題はすべて 2007 Office スイート SP1 で修正されます。

プロパティ

文書番号: 942378 - 最終更新日: 2007年12月26日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2007
キーワード:?
kbtshoot kbfix kbprb kbupdate kbgetsp kbexpertiseadvanced KB942378
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com