SharePoint Server 2007 の説明 2007 Microsoft Office サーバー Service Pack 1 で修正される問題します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942390 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft は 2007 Microsoft Office サーバーを公開しましたサービス パック 1 (SP1)。この service pack に Microsoft Office には修正プログラムが含まれていますSharePoint Server 2007。

はじめに

2007 Microsoft Office サーバーの SP1 提供の最新SharePoint Server 2007 を更新します。2007 Microsoft Office サーバー SP1セキュリティ、安定性、およびパフォーマンスの改善を含みます。

2007 Microsoft Office のサーバーが含まれているいくつかの修正SP1 に個別の更新プログラムまでリリースされています。2007 Microsoft OfficeSP1 のサーバーは 1 つの更新プログラムに、以前にリリースされた修正プログラムを結合します。

詳細については2007 Microsoft Office サーバーの SP1 の詳細について、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
9369842007 Microsoft Office サーバー Service Pack 1、2007 Microsoft Office サーバー言語パックのサービス パック 1 の説明
すべての SharePoint サーバーのフル クロールを実行することをお勧め2007 サービスを適用すると、コンテンツを利用できるようにするには、パックします。service pack で提供されるクロールのパフォーマンスの向上。

詳細

ダウンロード可能な一覧の service pack で修正される問題

Microsoft Excel のブックにはリストであります。SharePoint Server 2007 を修正します。

ブックは英語でです。ブックはできません。他の言語に翻訳

次のファイルが可能です。Microsoft ダウンロード センターからダウンロードします。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード2007 Office サーバー サービス パック 1 Changes_all.xls パッケージようになりました。 リリース日:2007 年 12 月 11 日

ダウンロードする方法の詳細についてマイクロソフトのサポート ファイル、資料を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術で。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。Microsoft は、最も使用されます。日に存在した、最新のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。ファイルを防止するセキュリティが強化されたサーバー上に格納されます。ファイルへの不正な変更。

Service pack で修正される問題

SharePoint Server の SP1 の修正 2007 Microsoft Office サーバーマイクロソフトの次の資料に記載されている 2007年の問題ナレッジ ベース:
934793 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 4 月 12 日
932919 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 2 月 26 日
934790 Windows SharePoint Services 3.0 の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 4 月 12 日
939077 検索は、SharePoint Server 2007 および SharePoint Server 2007、SharePoint Server 2007 の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 24 日
939654 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 29 日
936877 検索は、SharePoint Server 2007 および SharePoint Server 2007、SharePoint Server 2007 の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 8日
937207 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 15日
937904 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 25日
937208 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 15日
936867 Windows SharePoint Services 3.0 の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 8日
938535 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 11 日
938537 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 12 日
939599 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 29 日
937901 Windows SharePoint Services 3.0 の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 25日
938182 SharePoint Server 2007 および SharePoint Server 2007、SharePoint Server 2007 の修正プログラム パッケージの説明を検索します 2007 年月 31 日。
937906 SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 25日
このサービス パックもMicrosoft では、これまで記載されていなかった以下の問題が修正されます。サポート技術情報の記事:
  • そのアクションは、特定の SharePoint Server 2007 ダイアログ ボックスする必要があります。 場合、作成時のアクション (Mozilla の Firefox 2.0 を終了しません。

    Firefox 2.0 では、著者に何が終了しません。SharePoint Server 2007 のダイアログ ボックス、操作を必要とするときに使用できます。次の操作を実行します。
    • 特定の HTML フィールドの HTML ソース コードを編集します。
    • 画像、リンクなどのアセットを選択します。
    • 「チェック"の提出で、」などの状態のアクションを実行します。承認"または「承認」
    でも、この問題はいずれかが発生します Microsoft Windows SharePointサービスまたは SharePoint Server 2007] ダイアログ ボックスのパスの文字列以外の値をバックアップするには呼び出し元。
  • スペル チェック機能は、Windows Server 2008 を実行しているコンピューターでが動作しません。

    コンピューターでスペル チェックを使用しようとするとWindows Server 2008 を実行している、スペル チェックは動作しません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    スペル チェックを完了できませんでした。問題が解決しない場合は、管理者に連絡してください。
  • 匿名および認証済みのユーザー ページに同時にアクセスするとキャッシュも無効にされます。

    匿名および認証済みのページを有効にするとユーザーは、これら 2 つのアクセス方法、ユーザーがアクセスするかどうかはいずれかのページもう後キャッシュも無効にされます。
  • クロールの列挙が、クロールまたはプロファイルのインポート処理を実行中の場合は、検索インデックスのバックアップが失敗しました。

    定期的にスケジュールされたクロールまたはプロファイルを開始します。プロセスをインポートします。場合は、インポート時に、検索インデックスのバックアップ処理が発生します。プロセスは、検索インデックスのバックアップ操作は失敗します。
  • SharePoint Server 2007 の検索または Microsoft Exchange Server 2007年でパブリック フォルダーのインデックスを作成することはできません。

    パブリック フォルダーは、2007年で Exchange Server することはできません。検索やインデックスを作成します。この問題が発生するため Microsoft Office Outlook WebExchange Server の 2007 年のアクセスのサポート追加しました。
  • 既定では、いくつかのベンダー固有のワード ブレーカーが無効になります

    既定では、次のベンダー固有のワード ブレーカー無効になっています。一部のクエリでは期待どおりの結果が表示されません、次の言語:
    • チェコ語
    • デンマーク語
    • フィンランド
    • ギリシャ語
    • ハンガリー語
    • ポーランド
    • トルコ語
    この問題が発生する場合は、言語固有のブレーカー多言語のワード ブレーカーの動作は異なります。
  • ルーマニア語の新しい標準文字検索クエリに対して誤った一致が発生します。

    新しいキャラクターはルーマニア語で生まれました言語です。これらの文字は、検索の動作は正しくありません。文字検索クエリで誤った一致が発生します。
  • Office サーバーの検索サービスは、クエリを処理できません。

    Office サーバーの検索サービスを新しいスタートします。クエリを処理するのに使用されるサーバーです。ユーザー インターフェイスがあることを示します、サービスを開始しました。ただし、初期化処理が完了しません。したがって、サービス クエリを提供することはできません。

    場合によっては、場合でも、初期化プロセスが成功すると、クロールを続行可能性があります。この問題が発生します。インデクサーの検索サービスが通知を受け取ることはできませんので場合は、新しいサーバーが追加されます。
  • チェコ語のロケールでは、64 ビット バージョンの SharePoint Server 2007 でクエリをことはできません。

    チェコ語のワード ブレーカー (Huczlr.dll) が読み込まれないとそのsearch サービスが応答を停止するが発生します。このため、64 ビット バージョンのSharePoint Server 2007 ドキュメントのチェコ語のインデックスを作成できません。さらに、チェコ語のロケールでは、クエリを発行できません。
  • Web および、名前にピリオド (.) を持つサイトは正しく除外されます。

    ウェブと、名前にピリオド (.) を持つサイトです。正しく収集で除外ルールが原因除外されません。そのためには、Web の内容が失われる可能性があります。
  • クエリ サーバーが遅くなる、または停止します。

    2 つのクエリ サーバーが、マスター結合の同時を起動したときパフォーマンスの低いクエリ サーバーは両方の時間または完全に停止します。したがって、クエリエラー メッセージを表示するには 1 〜 5 秒かかることがあります、タイムアウトことがありますか完了に時間がかかることがあります。
  • EnableStemming が設定されている場合、メモリ リークが発生を MSSearch.exe プロセスで発生するには"true"

    場合は、Web サービスに対するクエリを実行しに設定すると、"、MSSearch.exe でメモリ リークが発生する true に"EnableStemming の設定クエリ サーバーを処理します。

    メモリの使用量が増加するまではMSSearch.exe プロセスは約 2 ギガバイト (GB) のメモリを使用します。その後、クエリサーバーを起動してから SharePoint Server 2007 のアプリケーション自体を削除するにはプールです。
  • 「作成日」プロパティを使用すると、高度な検索機能が動作しません。

    高度な検索] ページに、クエリを実行します。指定した日付以降後に作成されたすべてのオブジェクトを表示します。場合ないはサイトは、そのクエリで返されます。
  • SharePoint Server 2007 の背後にある複雑な url のクロール時にコンテンツを除外できません。

    Url の一部を除外することはできません。パラメーターが URL のクエリ文字列の一部では差別化されました。たとえば、http://zoo/bar.html?p=zoo が除外されるかが http://zoo/bar.html?p=barクロール対象となります。
  • 高度な検索機能を返す結果キーワードが含まれません

    2 つの上に、高度な検索クエリを入力した場合これらのフィールドのいずれかのキーワード検索の結果を格納するフィールド。ただし、両方のフィールドのキーワードを含む結果を予想します。
  • 追加したり、キーワードのおすすめコンテンツを編集するときに、エラー メッセージ:"エラー: アクセスが拒否されました"

    ルート以外のサイトの管理者であるが、ない、ルート サイトの管理者。追加または、最適な編集をしようとするとルート以外のサイトのサイト管理ページにキーワードのおすすめコンテンツを使用次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー: アクセス拒否されました。
  • ギリシャ語のバージョンの SharePoint Server 2007 でのクエリの時間中にステミングを有効にしようとすると応答を停止する検索サービス

    ギリシャでのユーザはインデックスとクエリにするドキュメントSharePoint Server 2007 を実行しているコンピューター上のギリシャ語で。とき、ユーザークエリ時間、検索サービスの停止中にステミングを有効にしようとしてください。応答します。
  • 版 ZIP IFilter をインデックスの圧縮 (.zip) ファイルまたは .xlsb ファイルことはできません。

    この機能は、Microsoft フィルター パックに追加されました。SP1 バージョンの ZIP の IFilter をインストールする、Microsoft フィルター パック版 ZIP IFilter の新しいバージョンが置き換えられます。SP1 バージョンは .zip ファイル、.xlsb ファイルにフィルター処理できます。このため、SP1 バージョンの ZIP の IFilter をインストールした後、[.zip ファイルまたは .xlsb ファイルをインデックスします。
  • Windows Server 2008 を実行しているコンピューターでシングル サインオン (SSO) を構成することはできません。

    コンピューターで、次の Web サイトを参照してください。 してください。Windows Server 2008 を実行しています。
    http://サーバー名/_admin/SSO/manageserver.aspx
    これを行うと、サイトはしないが表示されます。そのためには、シングル サインオン (SSO) を構成することはできません。
  • [URL] フィールドが左から右への関連するリンクの設定] ページではありません。

    関連したリンクの設定] ページを使用して Url を追加するのには関連するリンクとして表示されます。このページの URL は次のとおりです。
    http://サーバー名/_layouts/RelLinksScopeSettings.aspx
    ただし、右から左へ記述するビルドでは、テキスト ボックスに Url を入力します。左から右ではありません。
  • [マイ プロファイル] ページでは、小さいフォントが表示されます。

    繁体字中国語 (繁) または、簡を実行します。体字中国語 (CHS) バージョンの SharePoint Server 2007。この場合、語の繁[マイ プロファイル] ページで、特定のプロパティのように文字します。タイトル, Office、、電話を読み取るが小さすぎます。
  • 非常にゆっくりとプライベートまたはパブリック ページの [個人用サイト] の下のロードします。
  • アップグレードされた一覧 Web パーツがレンダリングされません。

    地域設定が英語以外のロケールでの場合と更新日によっては、アップグレードされた一覧 Web パーツがない Web パーツのグループ化します。レンダリングします。
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003年を SharePoint Server 2007 にアップグレードした後、インポートから不足しているユーザーを削除用にマーク付けされていません。

    SharePoint Portal Server 2003 へのアップグレード後SharePoint Server 2007 は、インポート操作を実行します。しかし、時にインポート操作では、一部のユーザーが失われています。

    これらのユーザーが不足しているではないです。削除対象としてマークします。したがって、これらのユーザーが、ユーザーからは削除されません。プロファイルは、「個人用サイト」のページはいないクリーンアップします。
  • 「通常検索」機能を使用するユーザーは、代理人にプライベート メッセージの内容がプレビュー ウィンドウを表示します。

    メールボックスの代理人は、「通常検索」機能を使用できます。プレビュー ウィンドウを検出し、秘密のメッセージを読むこと。この問題はデリゲート"高度な検索] 機能を使用している場合は発生しません。
  • 電話番号は右から左への反対でロケール
  • トップ ・ ナビゲーション ・断続的に誤ったユーザーへのリンクが表示されます。

    複数のユーザーが「個人用サイト」を使用している場合、水平方向のナビゲーション要求を混在させることができ。、断続的にリンクを表示することができます。不正なユーザーにします。
  • 「個人用サイト」のクリーンアップ ジョブいない削除されたユーザーを削除します。
  • 個人用設定サイトのリンクへの代替アクセス マッピングではありません。

    個人用設定リンクを中央から作成します。管理ページです。「自分のサイトにします」ログオンし、この操作を行うと、個人設定用リンクは、代替アクセス マッピングを従っていません。
  • SharePoint Server 2007 を再インストールしようとするとエラー メッセージ:「エラー 997」

    Windows SharePoint Services 3.0 をインストールし、SharePoint Server 2007 にアップグレードしてください。次に、SharePoint 2007 をアンインストールします。時SharePoint 2007 を再インストールする際、インストールが失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー997
  • プロファイルの一部の機能は、トルコ語のオペレーティング システムでが動作しません。

    Windows SharePoint などの一部のプロファイル機能は、同期サービス、トルコ語のオペレーティング システムでは機能しません。
  • ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) ロール プロバイダーがロールをキャッシュしません。

    Roles.GetRolesForUser()メソッドは、プロバイダーのデータベースもクエリを実行、CacheRolesInCookie 設定を設定するには"true"
  • LDAP プロバイダーは、認証済みの LDAP バインドをサポートしています。

    展開では、Active Directory を使用しません。ディレクトリ サービスは、お客様を SharePoint Server 2007 を使用して認証します。一般的な LDAP ディレクトリに対しては。LDAP プロバイダーは、認証済みの LDAP をサポートしています。バインドします。
  • シングル サインオン (SSO) の既定のデータベース サーバー用の Windows Server 2008 が動作しません。
  • CheckSiteChanges() のバイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) キャッシュによってスローされる、OverflowException ポータルがクラッシュの原因します。

    Web サイトのいずれかの BLOB をキャッシュを有効にします。次に、スループットのテストまたは検索クロールのいくつかのテストを実行します。この手順の後、CheckSiteChanges() の BLOB キャッシュでに OverflowException がスローされます。、OverflowException ポータルがクラッシュをさせます。
  • Project Web Access ホーム ページに予期しないエラーが発生、Windows Server 2008 を実行しているコンピューターで表示されます。

    共有の Web サービスが切断された場合は、[Web のプロジェクトAccess のホーム ページを実行しているコンピューターで予期しないエラーを示していますWindows Server 2008。
  • [トピック] サブサイトでマスター ページの設定を変更しようとすると、設定が更新されません。

    SharePoint Portal Server 2003年のポータルをアップグレードします。SharePoint Server 2007 のポータルです。マスター ページの設定を変更しようとすると[トピック] サブサイトを設定は更新されません。
  • コメントを持つ「個人用サイト」のブログを検索できません。

    検索し、いくつかのブログを検索するときポスト、"Myコメントを持つサイト"のブログを検索できません。
  • 「個人用サイトで、」の既定の言語以外の言語を使用して作成された個人用のドキュメントが共有ドキュメントと同じアクセス許可があります。

    SharePoint Server 2007 では、「個人用サイト」のページを作成します。言語パックのインストールがインストールします。「個人用サイト」のページを作成します。言語パックの言語のいずれかで。

    この操作を行うと、[個人用サイト] ページで個人用のドキュメントに対するアクセス許可が正しくないです。、個人用のドキュメント、共有ドキュメントと同じアクセス許可があります。
  • 64 ビット バージョンの SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューターに Microsoft コンテンツ管理 Server 2002 のコンテンツを移行することはできません。

    コンテンツの管理 Server 2002 に移行しようとすると内容は、64 ビット バージョンの SharePoint Server を実行しているコンピューターに2007 年、移行は失敗します。さらに、次のエラーが表示されます可能性があります。メッセージ:
    読み取りまたは書き込みの保護されているメモリしようとしています。これは多くの場合、他のメモリが破損していることを示す値です。
  • Windows Server 2008 を実行しているコンピューターに Microsoft Excel services または Microsoft Project Server サービスを開始できません。

    Excel および Project Server サービスを開始できません。、 サーバー上のサービス ページで、SharePoint Server 2007サーバーの全体管理] ページ。
  • 検索結果の数が少ない場合のクエリの結果はプロパティで正しくは並べ替えられない

    使用テキストの制限を解放することは、クエリを発行し、プロパティによって、結果の順序、します。これを行うとが表示されます可能性があります、検索結果の数が小さい場合は、間違った順序で結果します。たとえば、この20 未満の結果する場合問題が発生する可能性があります。
  • 「スコープ」は、CoreResultsWebPart クラスの Web パーツが実行される、検索クエリには影響しませんし、定義済みスコープを無視します。

    いくつかのタブを持つ検索センターを実装します。各タブには、別の結果ページを含む、先進的なSearchWebpartクラスが含まれます。各検索結果ページタブのスコープに、検索センターでの設定のスコープのプロパティを持つCoreResultsWebPartクラスが含まれています。

    ただし、 スコープCoreResultsWebPartクラスのプロパティを検索クエリ Web パーツを実行には影響しません。定義済みの範囲は無視されます。
  • フォーム ベース認証を使用すると、検索結果は返されません

    フォーム ベースの認証をしない検索を使用すると、結果が返されます。NTLM 認証を使用すると、ただし、検索の結果返されます。
  • プロファイルまたはサービスのデータベースに 1 つ以上のデータ ファイルまたはログ ファイルにまたがっている場合は、段階的なアップグレードが失敗しました。

    プロファイルまたはサービスのデータベースに設定されている場合複数のデータまたはログ ファイルを SharePoint Portal Server からの段階的なアップグレード2003 を SharePoint Server 2007 には失敗します。共有をアップグレードできませんので、段階的なアップグレード方法を使用してサービスを指定します。
  • 最初のフル クロールが、名前にピリオド (.) を持つサイトを指していません。

    増分クロール期間を持つサイトのインデックス作成します。自分の名前です。ただし、最初のフル クロールこれらのサイトを指していません。インデックスをリセットしてさらに、変更は発生しません。
  • 既定の種類のプロパティを元に戻すことはできません。

    設定、 すべての値が含まれてのクロール[プロパティのマップ 設定します。その後、 Authorプロパティをクロールされたプロパティに再マップします。この操作を行うと、既定のテキストの種類を変更するには、オブジェクトの種類を入力します。

    場合は、設定されていません、 マッピングのクロールされた全プロパティから値を取り込む設定、オブジェクトの種類が正常に戻すことはできません。
  • Windows SharePoint Services 3.0 のサイトをクロールするときに断続的なエラーのため、ルート サイト障害が発生しました。

    WSS のサイトをクロールする場合、考えられるですがルート。サイトに失敗したため、断続的なエラーが、そのサイト内の個別のアイテム成功します。

    シナリオ 1:このような場合に、サイト上の後のセキュリティ更新プログラムは表示されません。セキュリティ更新プログラムにはそのサイト内の個々 のアイテムを発生がします。のでこれを検索結果がない項目をユーザーが表示されます可能性があります。表示へのアクセスします。

    シナリオ 2:後の日、個人にこのルート サイトが削除された場合そのサイトからのアイテムのインデックスは削除されませんあり続けるでしょう検索結果に表示されます。唯一の回避策は、全体のコンテンツを削除するにはソースし、それを再クロールします。

エラー署名の詳細

SharePoint Server 2007 を使用すると、エラーが表示されます可能性があります。次のようなメッセージ。
Microsoft Office の SharePoint Server 2007 で問題が発生しました終了する必要があります。誠に申し訳ありません。このデータを表示するにはエラー報告に含まれる、ここをクリックして
エラー レポートにエラーが含まれています。次のエラー署名のような署名です。
元に戻す全体を表示する
アプリケーション名アプリケーションのバージョンモジュール名前モジュールのバージョンオフセット
Mssearch.exe12.0.4518.1015Tquery.dll12.0.4518.1015101062
他プログラム バージョン、モジュール バージョン、およびオフセットは考えられる。

、この資料で説明するサードパーティ製品の会社によって製造されていますマイクロソフトと関連のあります。マイクロソフト、黙示の保証がありませんかそれ以外の場合は、パフォーマンスやこれらの信頼性について製品。

プロパティ

文書番号: 942390 - 最終更新日: 2012年8月30日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
キーワード:?
kbgetsp kberrmsg kbupdate kbfix kbexpertisebeginner kbtshoot kbmt KB942390 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:942390
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com