式デザイン Service Pack 1 で Expression Design で修正される問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942685 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトはマイクロソフト Expression Design 版の Service Pack をリリースしました。 この資料では Microsoft 式デザインの Service Pack 1 (SP1) で Expression Design で修正される問題について説明します。

概要

Expression Design に最新の更新プログラムを提供する式デザイン SP1 します。 この資料では、式デザイン SP1 によって修正される問題の紹介します。

式デザイン Service Pack 1 の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
942686式デザイン Service Pack 1 の説明

詳細

Service Pack で修正される問題

問題がクラッシュする Expression Design

  • ベクター ベースのパターンの塗りつぶしを使用した後に式デザインがクラッシュ

    ベクター ベースのパターン塗りつぶし (図形に設定されているパターン塗りつぶし) を含む既存.xpr ファイルを開きます。 パターンを次のフォルダーには、"Pattern.txt"というファイルに保存すると。
    %APPDATA%\Microsoft/Expression\Design
    これを行うと、Pattern.txt ファイルが破損している可能性があります。 したがって、ファイルを読み取るときは Expression Design がクラッシュする可能性があります。

    式デザイン SP1 は破損した Pattern.txt ファイルを破棄 Expression Design がクラッシュしないようにします。
  • 式デザインが、別のレイヤーをレイヤー パレット内の 1 つのレイヤーからロックされたオブジェクトの名前をドラッグするとクラッシュ

    式のデザインの SP1 をインストールする別のレイヤーにれるレイヤー パレット内の 1 つのレイヤーからに、ロックされたオブジェクトの名前がドラッグできません。
  • 式デザイン グループいずれかのグループの子オブジェクトをドラッグするとクラッシュする可能性があります。
  • 式デザインが、色見本またはレイヤー上のマーカーを削除するとクラッシュ
  • レイヤー パレットにフォント ギャラリーから項目をドラッグするときに式のデザインがクラッシュ

    レイヤー パレットで無効な送信先にドラッグできる特定のアイテムをドラッグすると Expression Design はクラッシュする可能性があります。 これらの項目は、グループ、見本、またはフォントを含めます。

    式デザイン SP1 のインストールを後これらの項目が無効な先ドラッグできません。
  • 式デザインが、最大値には、イメージ塗りつぶし多角形プロパティを設定するとクラッシュ

    式デザイン SP1 は 99 からに 50 の最大多角形のポイント数を変更します。 式デザイン SP1 は、この式のデザインの最大値に、多角形のプロパティを設定するとクラッシュを防止します。
  • Windows Vista を実行しているコンピューター上のサンプル フォルダーのすべてのファイルを開くと式デザインがクラッシュします。

    ローメモリ条件が成立すると同時にすべての Expression Design サンプル ファイルを開くときです。 式デザイン SP1 にはこの問題の修正プログラムが含まれています。 ただし、しないと同時に、Expression Design のすべてのサンプル ファイルを開く操作を行うことをお勧めします。
  • 式デザインがいくつかの文字の削除を取り消すとクラッシュ

    テキスト オブジェクトに対する特定の操作を取り消すと、Expression Design はクラッシュする可能性があります。 たとえば、ストローク幅の設定を元に戻すときは Expression Design がクラッシュする可能性があります。

    この問題は、元に戻す操作を実行する前に、テキスト オブジェクトから文字を削除する場合に発生します。
  • 式のデザインが「なし」の色見本ライブラリに追加しようとするとクラッシュ

    式デザインには、次の条件に該当する場合をクラッシュ可能性があります。
    • [なし] オプションを見本ライブラリに追加するとします。
    • 色見本ライブラリ内で左矢印キーを押します。
    式のデザインの SP1 は、この問題を修正されます。

    場合によっては、色見本ライブラリ内でフォーカスが失われます。 このような状況で、矢印キーを押す、Expression Design はクラッシュする可能性があります。 この問題は式デザイン SP1 をインストールした後にさらに発生します。 この問題を回避するには Expression Design、フォーカスが失われる場合、色見本をクリックする、マウスを使います。 この操作はした見本に、フォーカスを設定します。
  • 自動保存機能は、プロジェクトを保存すると式デザインがクラッシュ

    プロジェクトには、多数の画像が含まれるときと自動保存機能は、プロジェクトを保存するときに、Expression Design はクラッシュする可能性があります。

    式デザイン SP1 のインストール後の自動保存機能正しく処理し、イメージ データの保存に使用される一時ファイルを整理します。

ローカリゼーションとグローバリゼーションの問題

  • 候補一覧が特定のロケールに表示されません。

    特定のテキスト プロパティを設定する後テキストを入力すると、候補リストが表示されません。 この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します:
    • いずれかの次のロケールを使用します。
      • DA
      • CHS
      • CHT
      • KO (この問題に漢字 (ハンジャ) の候補リスト KO ロケールの影響)。
    • フォント ギャラリー 見本ギャラリー ]、 [ストローク ギャラリー など] ダイアログ ボックスを使用する入力方式エディター (IME) を使用してテキストを編集します。
    このシナリオでは、アートボードをクリックするまで、IME の候補ウィンドウは表示されません。
  • オンまたは Ctrl キーを押しながら Space キーを押しますキーボードの組み合わせを使用して繁体字中国語 IME、オフにすることはできません。

    Ctrl キーを押しながら Space キーを押したはオンかオフ、繁体字中国語 (CHT) 日本語入力システムにために使用します。 場合によっては、オンや、アートボード上のテキストを編集している繁体字中国語、日本語入力システムを切るはできません。
  • Ctrl キーを押しながら BackSpace キーを押した、日本語の IME で正しく動作しません

    Ctrl キーを押しながら BackSpace キーを押した、日本語 IME で文字の文字列が「決定されました」を元に戻します ただし、このキーボードの組み合わせが Expression Design のリリース バージョンで正しく機能しません。
  • 漢字 (ハンジャ) のキーは、韓国語 IME で正しく動作しません

    アートボードの外側クリックすると、漢字 (ハンジャ) キーなった正常に動作します。
  • タイプ 3、キーボードを使用するときに、漢字の変換] ウィンドウが表示されません。

    韓国語 IME は Ctrl キーを押しながら Space キーを押したと、[漢字 (ハンジャ)] </a0> 変換ウィンドウが表示されます。 ただし、次の条件に該当する場合は Ctrl キーを押しながら Space キーを押した場合に、漢字 (ハンジャ) の変換] ウィンドウは表示されません。
    • Type 3 キーボードを使用します。
    • アートボード上でテキストを編集するとします。
  • Unicode サロゲート ペアで表されます文字を入力すると、予期しない文字が表示されます。

    Unicode サロゲート ペアで表される文字を入力すると次の現象のいずれかが発生します。
    • 文字を入力すると、アートボード上 2 回に表示されます。
    • 不適切なまたは予期しない文字が表示されます。
  • BackSpace キーと矢印キーは、日本語の IME で正しく動作しません。

    日本語 IME を使用してテキストを入力すると、BackSpace キーおよび方向キーが正しく動作しません。 この問題は、次の条件に該当場合に発生します。
    • Windows XP を実行しているコンピューターで、日本語の IME を使用するとします。
    • 日本語入力システムの入力スタイル オプションは、 ナチュラル インプット を設定します。
  • 繁体字中国語の IME や、簡体字中国語 IME を使用してテキストを入力するとテキストの属性は保持されません。

    繁体字中国、繁体字中国語 (語) 日本語入力システムを使用してまたは、簡体字中国語 (CHS) 日本語入力システムを使用してテキストを入力するとと、設定したテキストの属性は保持されません。 この問題は、次の条件に該当場合に発生します。
    • テキストを入力するには、日本語入力システムを使用しています。
    • フォント属性をなどのテキスト属性を設定するとします。
    • 複数のテキストを入力します。
  • 認識できないテキストは Unicode サロゲート ペアの間に文字を入力すると表示されます。

    連続して 3 つの Unicode サロゲート ペアを入力し、ペアの間で文字を挿入します。 これを行うと認識できないテキストが表示されます。

    この問題は、Windows プレゼンテーション フレームワークの問題のため発生します。 この問題は、Microsoft .NET Framework バージョン 3. 5 (コード名"Orcas") で修正します。 この問題を回避するには Unicode サロゲート ペアの間に文字を挿入する前に、構成完了します。
  • サロゲート文字が XAML にエクスポートされません。

    サロゲート文字は、次の条件に該当する場合、XAML にエクスポートされません。
    • サロゲート ペア文字を含む文字列を作成します。
    • XAML に、テキストをエクスポートします。
  • イメージを含む要素を貼り付けるときに無効な XAML が生成されます。

    この問題は、小数点としてピリオド (.) を使用しませんするロケールを使用する場合に発生します。
  • Unicode 文字 Adobe Illustrator からコピーするが Expression Design で表示されますされません。

    Adobe Illustrator から Expression Design に Unicode 文字をコピーする文字が Expression Design で表示されません。 この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します:
    • 複数のテキスト オブジェクト内に Unicode 文字があります。
    • Adobe Illustrator を複数のテキスト オブジェクトをコピーして Expression Design に貼り付けます。
    このシナリオでは、Expression Design にカーソルをテキスト オブジェクトが変換されると、Unicode 文字は失われます。

一般的な問題

  • XAML をエクスポートするときに、グラデーションの中心は無視されます。

    Expression Design でグラデーションを作成する場合は、グラデーションの中心を変更できます。 ただし、この値はエクスポートした XAML に保存されません。 そのためをグラデーションを持つオブジェクト可能性があります表示とは異なる Microsoft Expression Blend で Expression Design でよりも。
  • Microsoft Silverlight の無効な XAML を書き出すイメージ塗りつぶし

    イメージ塗りつぶしを使用する式のデザインでオブジェクトを作成すると、オブジェクトは、 ビューポート のプロパティを書き込みます。 Silverlight は、 ビューポート のプロパティをサポートしません。 そのため、XAML Silverlight で使用するプロジェクトを実行すると例外エラーが発生します。
  • イメージを XAML をエクスポートすると、イメージに適用されるは LiveFX 効果はエクスポートされません。

    LiveFX を適用する効果は正しく XAML にエクスポートされませんが設定されたイメージをインポートします。 イメージのみが XAML にエクスポートされます。 効果をイメージに適用されたはエクスポートされません。
  • Silverlight で使用する XAML ファイルで、誤ったスラッシュ記号文字を書き込みます式デザイン

    Expression Design のリリース バージョンで Silverlight での使用のスラッシュ記号文字の方向が変更されました。 式のデザインは XAML ファイル内の円記号 (\) を書き込みます。 ただし、Silverlight がスラッシュ記号文字 (/) を予測します。

    式デザイン SP1 をインストールするすべてのエクスポートした XAML にはスラッシュ記号文字が含まれます。
  • グレースケール アルファ チャネルを使用するイメージ ストロークを作成できません。

    イメージ ストロークを作成する場合は、次のアルファ チャネルのオプションの選択できます。
    • アルファなし
    • 元ののアルファ値の使用
    • グレースケール
    ただし、すべての結果として得られるストロークは同じ、選択したオプションの関係です。 したがって、グレースケール、アルファ チャネルを使用するイメージ ストローク作成できません。

    式デザイン SP1 をインストールする後は、塗りつぶしと、 グレースケール のアルファ チャネル オプションを選択すると、カラー ピッカーで指定されるストロークの色を使用するイメージ ストロークを作成できます。 透明度を決定を、グレースケールを使用します。
  • ストロークの色が基本ストロークに変更が予期せず

    別のストロークを適用している 2 つの選択したオブジェクトでストローク色を変更するとします。 これを行うと、ストロークの色が予期せず基本ストロークに変更可能性があります。
  • 式のデザインを Adobe Illustrator ファイルをインポートするときの応答を停止します。

    インポートすると、メッシュのグラデーションを含む、Adobe Illustrator ファイル、Expression Design を停止 (ハング) に見えます。
  • 属性 dropper ツールを使用すると、オブジェクトの名前が予期せず変更されます。

    属性 dropper ツールを使用して別のオブジェクトに 1 つのオブジェクトから属性をコピーすると、先のオブジェクトの名前が予期せず、ソース オブジェクトの名前に変更可能性があります。
  • イメージをエクスポートするときに、不要なエイリアシング効果に発生します

    イメージをエクスポートする場合イメージをエクスポートするには、rasterizing アルゴリズムで不要なエイリアシング効果を作成する可能性があります。
  • サイズが 1600 x 1200 ピクセル イメージ上のアンチエイリアシングを行えません。

    Expression Design のリリース バージョンでは、イメージのサイズが 1600 x 1200 ピクセルをエクスポートします。 これを行うとは イメージをエクスポート ] ダイアログ ボックスで させる チェック ボックスが利用できません。

    式デザイン SP1 のインストール後は、 イメージをエクスポート ] ダイアログ ボックスで させる チェック ボックスがすべてのイメージのサイズに対応します。
  • 式のデザイン変更されたドキュメント単位の設定を使用しません。

    ドキュメント単位を変更した後 Expression Design を次に文書を開くときに設定された単位使用しません。 たとえば、この手順を実行します。
    1. [ 編集 ] メニューの [ オプション ] をクリックし、 単位とグリッド
    2. ドキュメント単位 値をピクセル単位) に変更し、 [OK] を実行します。
    3. 文書を保存、閉じて、ドキュメントから、ドキュメントを再度します。
    この例を再び開くと、ドキュメントはピクセルを使いません。
  • 多くの表示の更新プログラム、マルチレイヤーのデザインを変更する場合に発生

    マルチレイヤー デザインを変更する各ツールのジェスチャと Expression Design 表示を更新します。

    メモ ツールのジェスチャは、移動または図形をサイズ変更を含めます。

    これら多数の更新プログラム、不要なちらつき効果があります。
  • イメージの不透明度は XAML にエクスポートされません。

    XAML にイメージをエクスポートすると、イメージの不透明度は保持されません。
  • プレビューの縮小版イメージを下に"keyPreviewImage"のテキスト文字列が表示されます。

    最初する式デザインを開始して [ ファイル ] メニューの [ 開く ] をクリックして、次のテキスト文字列可能性がありますプレビューの縮小版イメージを [表示されます。
    keyPreviewImage
この資料で説明するサードパーティ製品が他社はマイクロソフトとは無関係です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、明示または黙示、これらの製品の信頼性やパフォーマンスに関するします。

プロパティ

文書番号: 942685 - 最終更新日: 2007年10月17日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Expression Design
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner kbmt KB942685 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:942685
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com