Project Portfolio Server 2007 Service Pack 1 で修正される問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942722 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Office Project Portfolio Server 2007 の Service Pack をリリースしました。この資料では、Project Portfolio Server Service Pack 1 (SP1) で修正される問題について説明します。

はじめに

Project Portfolio Server 2007 SP1 には、Project Portfolio Server 2007 の最新の更新プログラムが含まれています。この資料には、Project Portfolio Server 2007 SP1 で修正される問題の一覧が記載されています。 Project Portfolio Server 2007 SP1 の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
942721 Project Portfolio Server 2007 Service Pack 1 について

詳細

この Service Pack で修正される問題

Project Portfolio Server 2007 をアンインストールしても、Rsreportserver.config ファイルおよび Rssrvpolicy.config ファイルの変更が削除されない

Project Portfolio Server 2007 をアンインストールしても、Rsreportserver.config ファイルおよび Rssrvpolicy.config ファイルの変更が削除されません。Project Portfolio Server 2007 を再インストールすると、別のエントリ セットがファイルに作成されます。これらのエントリが原因で、Reporting Services が正常に起動しないことがあります。

コメントが含まれているオプティマイザ チャートを保存するときに、コメントに多数のテキストが含まれていると Internet Explorer がクラッシュする

非常に長いコメントが含まれているオプティマイザ チャートを保存すると、Internet Explorer がクラッシュします。

Microsoft Office Project Server 2007 からデータをインポートすると、以前の期間の予測リソース データが削除される

スナップショットの作成後、Project Server 2007 からデータをインポートすると、以前の期間の予測リソース データが削除されます。

Windows Vista で相対的重要度マトリックスが正しく表示されないことがある

Windows Vista ベースのコンピュータで、相対的重要度マトリックスが正しく表示されないことがあります。

リレーショナル属性の名前に単一引用符が含まれていると MatrixView が正しく動作しない

リレーショナル属性の名前に単一引用符 (') が含まれていると、MatrixView が正しく動作しません。

ローカル以外の管理者アカウントを使用して Project Portfolio Server 2007 をインストールすると、セットアップが応答を停止する

ローカル以外の管理者アカウントを使用して Project Portfolio Server 2007 をインストールすると、セットアップが応答を停止します。

レポート コンポーネントをインストールするときに、セットアップが失敗する

レポート コンポーネントをインストールするときにセットアップが失敗し、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Failed to open XML file d:\inetput\wwwroot\...\RS\rsreportserver.config.


大文字と小文字を区別する名前が付けられている Microsoft SQL Server に対してデータベースを作成すると、セットアップが失敗する

大文字と小文字を区別する名前が付けられている SQL Server に対してデータベースを作成すると、セットアップが失敗し、以下のエラーが表示されます。

-2147217900


セットアップ中に "SQL authentication" オプションを選択しても、"Grant rights to" ボックスが無効にならない

セットアップ中に "SQL authentication" を選択した場合、"Grant rights to" ボックスが無効になる必要があります。

属性を更新すると、属性の値が失われることがある

クライアントの言語およびカルチャの設定によっては、MinNumericValue や MaxNumericValue などの属性を更新すると、属性の値が失われることがあります。

値が 1 つ設定された後も、TYPE、CATEGORY、および ENTITY 属性を変更できる

データベースで値が 1 つ設定された後も、TYPE、CATEGORY、および ENTITY 属性を変更できることがあります。値が設定されている場合、通常は、属性を削除しない限り属性は変更できません。

Microsoft SharePoint Server の定義ページで、SharePoint サイトの URL にホスト ヘッダーを使用できない

SharePoint Server の定義ページで、SharePoint サイトの URL にホスト ヘッダーを使用できません。

日付/時刻データ型および文字列データ型に対してインジケータの数式パラメータを作成すると、属性が表示される

日付/時刻データ型および文字列データ型に対してインジケータの数式パラメータを作成すると、属性が表示されます。

拡張文字が含まれているフォルダ名、パス、または URL を使用すると、.mpp ファイルからのインポート操作が正常に機能しない

拡張文字が含まれているフォルダ名、パス、または URL を使用すると、.mpp ファイルからのインポート操作が正常に機能しません。たとえば、"D:\????\????.mpp" のようなパス名を使用してプロジェクトを開くと、次のエラー メッセージが表示されます。
File D:\??\??.mpp not found


クイック検索およびフル検索で一部の検索結果が返されない

クイック検索およびフル検索の操作で、各ドキュメント ライブラリの親フォルダにあるドキュメントのみが検索結果として返されます。

一部の組織に対する許可権限がすべて付与されているが、使用しているアカウントに対する許可権限が付与されていない場合、レポートの追加、編集、および実行ができない

一部の組織に対する許可権限がすべて付与されているが、使用しているアカウントに対する許可権限が付与されていない場合、レポートの追加、編集、および実行ができません。代わりに、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
You do not have rights to run reports on this organization.


"Convert Actual resource values to costs (実際のリソースの値をコストに変換する)" 機能を使用すると、予測期間の範囲外のコスト予測データも更新される

"Convert Actual resource values to costs" 機能を使用する場合、予測期間の範囲内のコスト予測データのみが更新される必要があります。

2 つの "group by" オプションを組み合わせて使用すると正しく動作しない

以下の 2 つの "group by" オプションを組み合わせて使用すると正しく動作しません。
  • Custom Portfolio + Programs
  • Custom Portfolio + Applications


2 番目以降のすべてのリソースの "Actual" 列に正しい値が表示されない

リソース コンピテンシー レポートに 2 つ以上のリソースを含めた場合、2 番目以降のすべてのリソースの "Actual" 列に正しい値が表示されず、値がすべてゼロになります。

リソース共有元のリソース要件が新しい予測期間に基づいて再計算されない

リソース共有元のリソース要件が新しい予測期間に基づいて再計算されません。

プロジェクト フェーズの達成率が Microsoft Project に正しくエクスポートされない

Microsoft Project にプロジェクトをエクスポートすると、プロジェクト フェーズの達成率が正しくエクスポートされません。

プロジェクトの要約レポートにパーセンテージが正しく表示されない

プロジェクトの要約レポートを実行すると、パーセンテージが正しく表示されません。

プロジェクトのタスク名の長さが 100 文字より長い場合、.mpp ファイルまたは Project Server 2007 からプロジェクトをインポートするときにクラッシュが発生することがある

プロジェクトのタスク名の長さが 100 文字より長い場合、.mpp ファイルまたは Project Server 2007 からプロジェクトをインポートするときに、クラッシュが発生することがあります。また、次のエラー メッセージが表示されます。

The statement has been terminated. String or binary data would be truncated.


Project Server Management ページで "Resource Type Custom Fields (種類がリソースのユーザー設定フィールド)" を定義するときに、リソースのユーザー設定フィールド以外は入力できない

Project Server Management ページで "Resource Type Custom Fields" を定義するときに、複数の値を入力できます。ただし、リソースのユーザー設定フィールド以外は入力できません。複数の値を入力した場合、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

Could not synchronize resource pools from server 'multiple res'. Item has already been added. Key in dictionary: 'c' Key being added: 'c'.


Project Server 2007 からインポートされたリソースをコストに変換するとき、単位に月を使用する場合にのみ変換処理が機能する

単位に月を使用する場合にのみ、Project Server のリソースをコストに変換できます。

単位を設定せずに作成すると、主要業績評価指標の計算される属性が機能しない

Benefit や NFBenefit などの主要業績評価指標 (KPI) の計算される属性は、単位を設定せずに作成すると機能しません。

Project Server 2007 からリソース計画およびリソース割り当てをインポートした後、リソース要件が正しく更新されない

Project Server 2007 からリソース計画およびリソース割り当てをインポートした後、リソース要件が正しく更新されません。

電子メール アドレスが定義されていないユーザーがワークフローの通知プロセスに含まれていると、クラッシュが発生することがある

電子メール アドレスが定義されていないユーザーがワークフローの通知プロセスに含まれていると、クラッシュが発生することがあります。

Microsoft Office Excel 2007 のデフォルトの保存オプションが変更されていると、オプティマイザの ActiveX コントロールがクラッシュする

Excel 2007 のデフォルトの保存オプションが変更されていると、オプティマイザの ActiveX コントロールがクラッシュします。たとえば、オプションを "Excel 97-2003 Workbook (*.xls)" に変更した場合、この問題が発生します。

SharePoint Server と組織の間の保存された関連付けに対する検証手順が正しく行われない

SharePoint Server と組織の間の保存された関連付けに対する検証手順が正しく行われません。このため、保存処理が完了しないことがあります。別の組織との関連付けが既に存在する場合、組織に対する関連付けを保存できません。

特定の状況で、計算される属性の値がスケジューラによって誤って削除される

特定の状況で、計算される属性の値がスケジューラによって誤って削除されます。

フェーズを追加すると、追加したフェーズ以外のフェーズのコスト番号またはリソース番号が消去される

[Schedule] タブで、[My Scorecard] からプロジェクトにアクセスしてフェーズを追加すると、追加したフェーズ以外のフェーズのコスト番号またはリソース番号が消去されます。

統合 Windows 認証を使用する場合でも Project Server の設定を開く必要がある

統合 Windows 認証を使用する場合、指定された接続に対する Project Server の設定を開いてから、値を空白にして [保存] をクリックする必要があります。

アイコンに関連付けられているコメントが存在するかどうかが [Comment] アイコンに示されない

アイコンに関連付けられているコメントが存在する場合は、異なった外観の [Comment] アイコンが表示される必要があります。

Import テンプレートに 23 列しか保存されない

インポート操作時に、23 列しかデータベースに保存できません。

インポート操作中にテキストが 255 文字で切り捨てられる

インポート操作中に、255 文字しかデータベースに保存できません。

オプティマイザの使用時に、含まれているリスト属性の値が大きいと、無効なチェックサム エラーが表示されることがある

オプティマイザの使用時に、含まれているリスト属性の値が大きいと、無効なチェックサム エラーが表示されることがあります。

User Group Management ページで操作が簡単に行えない

User Group Management ページで操作が簡単に行えません。たとえば、使用可能なすべてのユーザー権利を選択することができません。

ラテン以外の、大文字と小文字の区別されない照合順序を使用する SQL Server に対してデータベースを作成すると、セットアップが失敗する

ラテン以外の、大文字と小文字の区別されない照合順序を使用する SQL Server に対してデータベースを作成すると、セットアップが失敗します。また、次のエラーが表示されることがあります。

-2147217900


リソースの値をコストに変換すると、Actual Current Month 列の値が正しく表示されない

変換後、Cost Tracking テーブルの Actual Current Month 列の値が正しく表示されません。

ActiveX コントロールが必要なページごとに、コントロールのダウンロードを求めるメッセージが表示される

ActiveX コントロールが必要なページについて、コントロールのダウンロードを求めるメッセージが、すべてのページに対して 1 回表示されるのではなく、各ページごとに表示されます。

Import ウィザードを使用するとクラッシュが発生することがある

Import ウィザードを使用するとクラッシュが発生することがあります。

標準通知では Resend Notification Timeout (通知の再送信のタイムアウト) が機能しない

シングル サインアウト通知である標準通知では、Resend Notification Timeout が機能しません。

地域をボリビアに設定すると、テキスト属性が正しく表示されない

地域をボリビアに設定すると、テキスト属性が正しく表示されません。

Import ウィザードでのファイルの読み込みに長時間かかる

Import ウィザードを使用してファイルを読み込むと、読み込みに長時間かかります。

Project Server 2007 にプロジェクトをエクスポートすると、エラー メッセージが表示されることがある

Project Server 2007 にプロジェクトをエクスポートすると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
The project 'pps_mmm' cannot be exported to Microsoft Office Project Server 2007 due to the following reason(s): String was not recognized as a valid DateTime.
Project Server 2007 からインポートされた承認済みプロジェクトで単位に四半期が使用されていると、プロジェクトを更新する際にエラー メッセージが表示されることがある

Project Server 2007 からインポートされた承認済みプロジェクトで単位に四半期が使用されていると、プロジェクトを更新する際に、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
Cannot import actual resource data for snapshots in capitalization period (after project forecast end date).
SharePoint Entity Associations ページを読み込むときにパフォーマンスが低下することがある

特定の組織では、SharePoint Entity Associations ページの読み込みに 5 〜 7 分かかります。SharePoint サイトがプロジェクトまたはプログラムに関連付けられていると、処理が完了するまでにさらに 5 〜 7 分かかります。

プロパティ

文書番号: 942722 - 最終更新日: 2008年4月17日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Portfolio Server 2007
キーワード:?
kbexpertiseinter kbupdate kbfix kbhowto kbinfo KB942722
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com