リモート UAC LocalAccountTokenFilterPolicy レジストリ設定は、Windows Vista のイメージを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942817
重要です レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

リモート ・ ユーザー ・ アカウント ・ コントロール (UAC) の LocalAccountTokenFilterPolicy レジストリ エントリでは、Windows Vista のイメージの設定を変更する方法について説明します。LocalAccountTokenFilterPolicy 設定は、リモート コンピューターを管理する管理者の資格情報を適用する方法に影響します。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
927832リモート Windows Vista ベースのプリント サーバーの [ドライバー] タブの [追加]、[削除] コマンドが使用できません。

詳細

LocalAccountTokenFilterPolicy レジストリ エントリでは、Windows Vista のイメージの設定を変更するのには、次の方法のいずれかを使用します。

メモ その他のレジストリ設定を変更するのには、これらのメソッドを変更できます。ただし、これらのメソッドのいくつかのすべてのレジストリ設定は動作しません。レジストリ設定の一部は、追加の手順が必要です。たとえば、この資料でユーザーを展開時にレジストリを変更する方法については扱いません。

方法 1: イメージ上 Sysprep を使用する前に、レジストリを編集する使用監査モード

警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。
  1. コンピューターを監査モードで起動します。これを行うには、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら f3 キーを Windows へようこそ] 画面でキーを押します。
  2. 手動でレジストリを編集するのには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、タイプ レジストリ エディター で、 検索を開始します。 ボックスとクリック regedit.exe で、 プログラム リストです。
    2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system
    3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWORD 値.
    4. 種類 LocalAccountTokenFilterPolicy 名の DWORD は、ENTER キーを押します。
    5. 右クリックします。 LocalAccountTokenFilterPolicy、し 変更.
    6. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
    7. レジストリ エディターを終了します。
  3. Windows のインストールを構成した後を使用します。 sysprep/generalize/oobe 展開用のイメージを再シールするのには。

    メモ 3 回、イメージを再シールするのに Sysprep を使用することは可能性があります。イメージを使用して Windows を展開する方法の詳細については、Windows 自動インストール キット (WAIK) のマニュアルを参照してください。

方法 2: レジストリは自動的には無人インストール中に編集します。

無人インストール用の無人応答ファイル (Unattend.xml) を作成します。このファイルを使用して、 REG 追加 インストール中に、レジストリを編集するコマンドです。追加、 REG 追加 AuditUser パスまたは oobeSystem パスで RunSynchronous コマンドのコマンドです。または、追加の REG 追加 FirstLogonCommand、oobeSystem パスとしてのコマンドです。たとえば、 REG 追加 コマンド ・ ライン、次のように可能性があります。
 cmd /c reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\system /v LocalAccountTokenFilterPolicy /t REG_DWORD /d 1 /f
できます、 レジストリのインポート コマンドです。ただし、コマンドを実行するとインポートする .reg ファイルはシステム上で利用可能でなければなりません。$Oem$ 機能を使用して、C ドライブ上のファイルを配置することができます。

は、 レジストリのインポート コマンド ・ ライン、次のように可能性があります。
Cmd /c reg import c:\test.reg
詳細については、WAIK マニュアルを参照してください。

メモ AuditUser パス、oobeSystem パス、および、FirstLogonCommand パスを高いレベルで実行します。これらのセクションの無人インストール時のスクリプトを作成するコマンドは、完全な管理者の資格情報を使用して実行されます。

メモ 以下の Unattend.xml のサンプル ファイルは、x86 ベースのアーキテクチャに固有です。Unattend.xml ファイルのアーキテクチャが正しいを備える必要があります。

次の例では、 REG 追加 AuditUser パスで RunSynchronous コマンドとコマンドが使用されます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">

    <settings pass="auditUser">

        <component name="Microsoft-Windows-Deployment" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">

            <RunSynchronous>

                <RunSynchronousCommand wcm:action="add">

                    <Path>cmd /c reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\system /v LocalAccountTokenFilterPolicy /t REG_DWORD /d 1 /f</Path>

                    <Order>1</Order>

                    <Description>ChangeLocalAccountTokenFilterPolicy</Description>

                </RunSynchronousCommand>

            </RunSynchronous>

        </component>

    </settings>

    <cpi:offlineImage cpi:source="wim:c:/vista_rtm_media/x86/sources/install.wim#Windows Vista ULTIMATE" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />

</unattend>

#############################################################################
次の例では、 REG 追加 コマンドを oobeSystem パスに FirstLogonCommand として使用されます。
  

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">

    <settings pass="oobeSystem">

        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">

            <FirstLogonCommands>

                <SynchronousCommand wcm:action="add">

                    <CommandLine>cmd /c reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\system" /v LocalAccountTokenFilterPolicy /t REG_DWORD /d 00000001 /f </CommandLine>

                    <Description>ChangeLocalAccountTokenFilterPolicy</Description>

                    <Order>1</Order>

                </SynchronousCommand>

            </FirstLogonCommands>

        </component>

    </settings>

    <cpi:offlineImage cpi:source="wim:c:/vista_rtm_media/x86/sources/install.wim#Windows Vista ULTIMATE" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />

</unattend>
サンプルのレジストリ ファイルの内容を次に示します。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system]
"LocalAccountTokenFilterPolicy"=dword:00000001

 
メモ これらの例の<description>セクションでは、スペースを含めることができます。たとえばは、<description>セクションは次のとおり表示されます可能性があります:</description></description>
<description>新規のローカル AccountTokenFilterPolicy のレジストリ キーを結合します。</description>

方法 3: 既存のオフライン イメージのレジストリを編集します。

サポート技術情報記事 941200 は、オフライン イメージのレジストリを編集する方法について説明します。以前キャプチャ展開イメージのレジストリを編集するためのガイドとしてこの資料でを使用できます。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
941200テスト署名されたドライバーを x64 ベースの x 86 ベースのバージョンの Windows Server 2008 または Windows Vista のオフライン イメージに挿入する方法

プロパティ

文書番号: 942817 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbmt KB942817 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:942817
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com