Windows Server 2003 を実行しているサーバー上の SQL Server にアプリケーションが接続するときにエラー メッセージ "一般的なネットワーク エラーです"、"コミュニケーション リンクが失敗しました"、または "トランスポート レベルのエラーが発生しました" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942861
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

以下のような状況で問題が発生します。Windows Server 2003 および Microsoft SQL Server をサーバーで実行しています。TCP/IP を使用して SQL Server に接続するアプリケーションを使用します。この状況で、アプリケーションが SQL Server に接続するときに、次のいずれかのエラー メッセージが断続的に表示されることがあります。
エラー メッセージ 1
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][DBNETLIB] 一般的なネットワーク エラーです。ネットワーク ドキュメントを確認してください
エラー メッセージ 2
ERROR [08S01] [Microsoft][SQL Native Client] コミュニケーション リンクが失敗しました
エラー メッセージ 3
System.Data.SqlClient.SqlException: サーバーに要求を送信しているときに、トランスポート レベルのエラーが発生しました。 (provider: TCP プロバイダ:, error: 0 - 既存の接続はリモート ホストに強制的に切断されました。)
SQL Server のネットワーク負荷が高い場合にも、これらのエラー メッセージのいずれかが表示されることがあります。たとえば、SQL Server でデータベースをレプリケートする場合、または、複数ユーザーが使用するアプリケーションが SQL Server のデータベースにアクセスする場合に、これらのエラー メッセージのいずれかが表示されることがあります。

原因

この問題は、サーバーで TCP Chimney オフロード機能が有効になっていることが原因で発生します。TCP Chimney オフロード機能は、Windows Server 2003 Scalable Networking Pack によって有効になります。

通常、この問題は、ネットワーク アダプタが Broadcom 5708 チップ セットを使用している場合に発生します。たとえば、以下のネットワーク アダプタは Broadcom 5708 チップ セットを使用しています。
  • Broadcom NetXtreme II
  • Hewlett-Packard NC373i マルチファンクション Gigabit サーバ アダプタ
この問題は、ネットワーク アダプタがその他のチップ セットを使用している場合にも発生する可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、以下の更新プログラムを提供しているかどうかをハードウェアの製造元に問い合わせます。
  • サーバー用の BIOS (Basic Input/Output System) 更新プログラムの最新版
  • ネットワーク アダプタ用のファームウェア更新プログラムの最新版
  • ネットワーク アダプタ用のドライバ更新プログラムの最新版
ハードウェアの製造元が更新プログラムを提供していない場合、この問題を回避するには、「回避策」を参照してください。

回避策

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この問題を回避するには、TCP Chimney オフロード機能を無効にします。無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    Netsh int ip set chimney DISABLED
    : このコマンドを実行した後に、サーバーを再起動する必要はありません。
TCP Chimney オフロード機能を無効にした後、Windows Server 2003 のパフォーマンスが低下した場合は、以下の追加手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
  3. [EnableTCPChimney] レジストリ エントリをダブルクリックします。
  4. [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [値のデータ] ボックスに 0 と入力し、[OK] をクリックします。
  5. [EnableRSS] レジストリ エントリをダブルクリックします。
  6. [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [値のデータ] ボックスに 0 と入力し、[OK] をクリックします。
  7. [EnableTCPA] レジストリ エントリをダブルクリックします。
  8. [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [値のデータ] ボックスに 0 と入力し、[OK] をクリックします。
  9. サーバーを再起動します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

Windows Server 2003 Scalable Networking Pack では、以下の機能が提供されます。
  • TCP Chimney オフロード
  • Receive-Side Scaling (RSS)
  • Network Direct Memory Access (NetDMA)
Windows Server 2003 でネットワーク トラフィックが処理される際に、これらの機能によって Windows Server 2003 のパフォーマンスが最適化されます。

Windows Server 2003 Scalable Networking Pack を入手するには、Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) をインストールするか、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 912222 に記載されている更新プログラムをインストールする必要があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
912222 Microsoft Windows Server 2003 Scalable Networking Pack のリリース
TCP Chimney オフロード機能を有効にするには、オフロード技術をサポートするネットワーク アダプタをサーバーで使用する必要があります。

ネットワーク トレースを使用して TCP Chimney オフロード機能が有効かどうかを確認する方法

サーバーでネットワーク トレースを直接キャプチャする場合、TCP Chimney オフロード機能が有効になっていると、ネットワーク トレースには TCP 3 ウェイ ハンドシェイクおよび UDP トラフィックのみが出力されます。TCP Chimney オフロード機能によって、ネットワーク トラフィックが TCP/IP スタックの特定の部分を回避するため、ネットワーク トレースにはその他のトラフィックが出力されません。パケットをキャプチャするドライバは、その回避される TCP/IP スタックの特定の部分に存在します。

この資料に記載されている情報とソリューションは、この資料の発行日における、これらの問題に対するマイクロソフトの見解を示すものです。この資料のソリューションはマイクロソフトまたはサードパーティのプロバイダから入手できますが、この資料に記載されているサードパーティのプロバイダやサードパーティのソリューションをマイクロソフトが特に推奨するということではありません。この資料に記載されていない他のサードパーティ プロバイダやサードパーティ ソリューションが存在する可能性があります。マイクロソフトは市場の変化に対応する必要があるため、この資料の情報は、マイクロソフトの確約とは見なされないものとします。マイクロソフトは、マイクロソフトまたはこの資料に記載されているサードパーティ プロバイダによって提供される情報の正確性およびソリューションの正確性を保証することも、推奨することもできません。

明示、黙示または法律の規定にかかわらず、マイクロソフトは一切の保証をせず、すべての表記、保証、および条件を除外します。これらは、あらゆるサービス、ソリューション、製品や他の資料または情報に関連するタイトル、非侵害、満足できる条件、市場性、特定目的への適合性の表記、保証、および条件を含みますが、これらに限定されません。マイクロソフトは、いかなる場合においても、この資料に記載されているサードパーティ ソリューションの責任を負いません。

プロパティ

文書番号: 942861 - 最終更新日: 2011年5月14日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsqlmanagementtools KB942861
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com