診断トレーシングと System Center Essentials では、システム センター操作マネージャー 2007年を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 942864
重要です この資料でには、レジストリを変更する方法についての情報が含まれます。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft System Center Essentials 2010年、Microsoft システム センター操作マネージャー 2007年、および Microsoft System Center Essentials 2007年診断トレーシングを使用する方法について説明します。

重要です 診断トレースは、マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) の担当者との関連でのみ実行することをお勧めします。生成されたトレースにテキスト ベースのトレース メッセージのコンテキスト情報が含まれているのでこれはお勧めします。ただし、Microsoft システム センター操作マネージャー 2007年および Microsoft System Center Essentials 2007年では、このトレース情報は、人間が読み取り可能な形式でありません。トレースは、Microsoft CSS 担当者によって変換した後、人間が読み取り可能なテキストがあります。ただし、このテキストには低レベルの情報、ソース コード ファイルの名前、場所、ソース コードの関数、およびリターン コードなどが含まれます。この情報は複雑な問題のトラブルシューティングを行う必要がある場合に役立つことがあります。

System Center Essentials の 2010 年に、System Center Essentials 2007 Service Pack 1 (SP1) は、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 では、およびそれ以降のバージョン、ファイル (TMF) トレース メッセージ、バイナリ トレース ファイルのテキストへの変換を許可するを提供しました。ただし、厳密に必要なときだけとは、マイクロソフトの担当者の相談だけで診断トレースを実行することお勧めします。

詳細

System Center Operations Manager 2007 と System Center Essentials 2007 Microsoft Operations Manager の以前のバージョンから異なる診断トレーシング メソッドを実装します。この新しいトレース メソッドは、トレース情報を格納するバイナリ ファイルを作成します。この新しいトレース メソッドは、Windows カーネル レベルで実装されるため、非常に効率的ですし、トレース メッセージの 1 秒あたりの数万を記録することができます。

次の情報を開始して、Microsoft CSS 担当者によってこれを行うには求められた場合は、トレースを停止するのには、[使用可能なツールについて説明します。次の情報も、System Center Essentials 2010、System Center Essentials 2007 SP1、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンで提供される新機能について説明します。

ツールの場所を追跡します。

インストール フォルダー各エージェントの役割、管理サーバーまたはゲートウェイの役割などのロールを使用すると、にはツールの名前のフォルダーが含まれます。次のファイルは、[ツール] フォルダーにあります。
  • StartTracing.cmd
  • StopTracing.cmd
  • TracelogSM.exe
  • TracingGuidsBid.txt
  • TracingGuidsUI.txt
  • TracingGuidsNative.txt
  • TracingReadMe.txt
System Center Essentials の 2010 年、System Center Essentials 2007 SP1 システム センター操作マネージャー 2007 SP1 は、次の操作を説明します。
  • FormatTracing.cmd
  • ViewRealtimeTracing.cmd
  • TraceFmtSM.exe
  • OpsMgrTraceTMF.cab
  • Default.tmf
  • System.tmf

トレースを開始するのには

メモ System Center Essentials 2010年で、System Center Essentials 2007 SP1 で、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンで、エージェントの役割と管理サーバーの役割の両方でトレースが自動的に開始されます。トレースは、エラーの出力のみを使用します。バイナリ トレース ファイルを書き込むには システム\Temp\OpsMgrTrace フォルダー。トレーシング ・ レベルのトレース出力を変更する前に、トレースが最初に停止する必要があります。

診断トレースを開始するには、次の手順を実行します。
  1. トレースを開始するコンピューターをクリックします。 開始をクリックして 実行、種類 cmd、し、 [OK].
  2. コマンド プロンプトで、使用して、 cd Tools ディレクトリに移動を変更するには、[コマンド] をクリックします。次の一覧から適切なコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    System Center Essentials 2010年。
    cd \Program Files\System センター Essentials\Tools

    System Center Essentials 2007年:
    cd \Program Files\System センターの基礎 2007\Tools

    システム センター操作マネージャー 2007年:
    cd\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Tools
  3. 種類 StartTracing レベルをクリックし、ENTER キーを押します。このコマンドを交換してください。 レベル トレーシング ・ レベルが必要な。大文字の文字を使用して、トレース レベルを指定する必要があります。次のレベルが用意されています。
    • エラー
    • 警告
    • INF
    • VER
    たとえば、入力します。 StartTracing 警告.
トレースを開始すると、トレース出力は、次のバイナリ ファイルに書き込まれます。
  • MOMTraceNative.etl
  • MOMTraceBID.etl
  • MOMTraceUI.etl
Windows 2003、XP と 2000年でこれらのファイルであり、システム\Temp フォルダーします。

メモSystem Center Essentials 2010、System Center Essentials 2007 SP1 で、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンで、トレース ファイル (.etl) Windows 2003 上で、XP と 2000年であります。システム\Temp\OpsMgrTrace フォルダー。

Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。

トレースを停止するには

診断トレースを停止するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、種類 cmd、し、 [OK].
  2. コマンド プロンプトで、使用して、 cd Tools ディレクトリに移動を変更するには、[コマンド] をクリックします。次の一覧から適切なコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    System Center Essentials 2010年。
    cd \Program Files\System センター Essentials\Tools

    System Center Essentials 2007年:
    cd \Program Files\System センターの基礎 2007\Tools

    システム センター操作マネージャー 2007年:
    cd\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Tools
  3. 種類 StopTracing.cmdをクリックし、ENTER キーを押します。
診断トレースを停止すると、.etl ファイルからを送信することができます、 システム\Temp フォルダーを作業中の Microsoft CSS 担当者にします。

メモ System Center Essentials 2010年で、System Center Essentials 2007 SP1 で、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンで、トレース ・ ファイルであり、 システム\Temp\OpsMgrTrace フォルダー。Sp1 および System Center Essentials 2010年に TMFs が提供されているので、トレース .etl ファイルをマイクロソフトに送信することなくが変換できます。Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。

既存のトレース System Center Essentials 2010、System Center Essentials 2007 SP1、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンのテキスト形式に変換するのには

既存のトレース ファイルのトレースをテキストに変換するには、まず [StopTracing.cmd] コマンドを使用してトレースを停止することがあります。

メモ 変換後のトレース内の情報は、非常に低レベルの詳細 (デバッグ レベル) のです。そのため、変換後のトレースはトレースされているコンポーネントのソース コードの知識が必要です。だけが、Microsoft CSS 担当者によって要求される場合トレースの変換を実行することをお勧めします。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、種類 cmd、し、 [OK].
  2. コマンド プロンプトで、使用して、 cd Tools ディレクトリに移動を変更するには、[コマンド] をクリックします。次の一覧から適切なコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    System Center Essentials 2010年。
    cd \Program Files\System センター Essentials\Tools

    System Center Essentials 2007年:
    cd \Program Files\System センターの基礎 2007\Tools

    システム センター操作マネージャー 2007年:
    cd\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Tools
  3. 種類 FormatTracing.cmdをクリックし、ENTER キーを押します。
FormatTracing.cmd コマンドを実行する、最初にトレースを変換するために必要なトレース ファイルが抽出されるには、 システム\Program Files\System ・ センターのオペレーションの Manager\Tools\TMF フォルダー。FormatTracing.cmd バッチ ファイルが各トレース ファイル (*.etl) を列挙してで、 システムVista と後で OS の Windows 7 を含め、2008年/2008 年の R2 \Temp\OpsMgrTrace フォルダー、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace である場所
.次に、TraceFMTSM.exe ユーティリティ ファイルをテキストに変換します。同じ名前で、拡張子 .log のファイルへのテキスト出力が書き込まれます、システム\Temp\OpsMgrTrace フォルダーを Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。
.要約 (した.sum) ファイルも同じ場所で変換される各ファイルに書き込まれます。このファイルは、各トレース メッセージのイベントを変換について説明します。

System Center Essentials 2010、System Center Essentials 2007 SP1、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンはトレース ファイルを表示するのに変換

FormatTracing.cmd バッチ ファイルを使用して文字列に変換されるトレース ファイルは、メモ帳などのテキスト エディターを使用して表示できます。既定では、センターに関する重要事項 2010、System Center Essentials 2007 SP1、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンは、トレース ファイルには、 システム\Temp\OpsMgrTrace フォルダーを Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。

System Center Essentials 2010、System Center Essentials 2007 SP1、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンのデフォルト ブート時のトレースを有効に

HealthService サービスの開始時にルート管理サーバー (RMS) の標準的なインストールを次の 3 つのトレース セッションを開始します。既定では、唯一のエラーのトレースが実行されます。ほとんどの情報は、トレース ファイルに書き込まれます。既定のトレース ファイルの場所と作成される名前のとおりです。
元に戻す全体を表示する
フォルダーファイル名説明
システム ドライブ\Temp\OpsMgrTraceTracingGuidsBID.etlマネージ コード コンポーネントのトレース出力
システム ドライブ\Temp\OpsMgrTraceTracingGuidsNative.etlネイティブ コード コンポーネントのトレース出力
システム ドライブ\Temp\OpsMgrTraceTracingGuidsUI.etlユーザー インターフェイス (OpsMgr) のマネージ コードのトレースの出力
各セッションでは、循環トレースを有効に、100 メガバイト (MB) のファイルの最大サイズです。新しく作成した .etl ファイルの一般的な .etl ファイルのサイズは 16 kb (キロバイト) です。メモ: Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。


メモ 操作マネージャーの役割をエージェントの役割などを含まないが管理または HealthService サービスの起動時にユーザー インターフェイスのトレース メッセージは、3 つの既定のトレース .etl ファイルがデフォルトで作成されます。ユーザー インターフェイスの唯一の役割は、既定では、トレース セッション開始しません。

System Center Essentials 2010年、System Center Essentials 2007年の SP1、およびシステム センター操作マネージャー 2007 SP1 ブート時のトレースを無効にする方法

警告 重大な問題は、レジストリを誤ってレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。

次の 3 つのトレース プロバイダーは HealthService サービスが含まれているすべての役割に自動的に開始されます。トレース ファイルに書き込まれます、 システム\Temp\OpsmgrTrace フォルダーを Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。通常、このフォルダー内の .etl ファイル エージェントの役割を特に、できません。操作マネージャーのインストールは、問題があるになる場合は、ただし、RMS の役割については、1 つ以上のこれらのファイル可能性があります最大サイズが 100 MB に設定されている拡張できます。これらのファイルは、次のとおりです。
  • TracingGuidsBid.etl
  • TracingGuidsNative.etl
  • TracingGuidsUI.etl
  • 上記の .etl ファイル
小さなブート パーティションのサイズのためのデバッグ レベルのトレースを無効にする必要がある場合は、管理サーバーの役割またはトレースを無効にするエージェントの役割を実行しているコンピューターにレジストリ値を追加することができます。これを行うには、次の手順を実行します。

メモ トレースは無効になっている場合は、この低レベルのトレース情報が失われるために、Operations Manager の将来トラブルシューティングがあります。今後の修正プログラム、service pack、または製品の更新可能性がありますレジストリ エントリを削除し、もう一度トレースを有効にします。既定では、このレジストリ キーは存在しません。既定のトレースは、このレジストリ キーを削除するか、その値を 0 に変更する場合に有効になります。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、種類 レジストリ エディター、し、 [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft 操作 Manager\3.0\
  3. という名前のサブキーを作成します。 トレース.
  4. 詳細ペインで、作成します。 REG_DWORD 名前付きの値 DisableAutoTracing.
  5. で、 [値のデータ フィールドの種類 1、し、 [OK].
  6. レジストリ エディターを終了します。
[ツール] フォルダーから、StopTracing.cmd バッチ ファイルを実行すると、Operations Manager のトレース セッションを停止します。.Etl ファイルで、 システムディスク領域を解放する必要がなくなった場合は、\Temp\OpsmgrTrace フォルダーを削除できます。Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。

トレース ファイルの出力は System Center Essentials 2010年、System Center Essentials 2007 SP1、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンの既定の場所を移動する方法

ブート パーティションの空き領域が限られているコンピューターでは、オペレーション マネージャー サーバーの役割または役割のエージェントにインストールされている場合は、トレース ファイル (*.etl) の既定の場所に移動する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ローカル ディスク上のファイルを格納するための十分な容量を持つ新しいフォルダーを作成します。次の 3 つの既定のトレース ファイルは、最大値が 100 MB、以前使用した 3 つのトレース ファイルは、最大値が 100 MB は、トレース ファイルの合計容量 600 MB に相当します。
  2. フォルダーには、システムには、少なくとも次の NTFS アクセス許可を設定、管理者のフル コントロールを = フル コントロールを = します。
  3. 検索して、オペレーション マネージャー/に関する重要事項/ツールのインストール フォルダーに、StartTracing.cmd バッチ ファイルを開きます。メモ帳などのテキスト エディターを使用します。
  4. StartTracing.cmd バッチ ファイルで、OpsMgrTracePath を設定するステートメントを探します。既定値を置き換える システム新しい場所のパスを \Temp\OpsMgrTrace。パスに空白文字が含まれている場合は、音声マーク (') でパスを区切ります。
  5. StartTracing.cmd に変更を保存します。ファイルです。
  6. 新しいフォルダーにトレースを開始するには、StopTracing.cmd のバッチ ファイルを実行します。その後、StartTracing.cmd バッチ ファイルを実行します。StartTracing.cmd バッチ ファイルを実行すると、次のファイルを新しいフォルダーに書き込まれます。
    • TracingGuidsBid.etl
    • TracingGuidsNative.etl
    • TracingGuidsUI.etl
  7. トレースをテキストに変換するのには、FormatTracing.cmd コマンドを使用する前に、新しいトレース ファイルのフォルダーをポイントするのには、OpsMgrTracePath 変数を変更するのには、FormatTracing.cmd コマンドを編集する必要があります。
今後の修正プログラム、service pack、または製品の更新プログラム、ツール] フォルダー内のファイルを変更できます。これは、機能は、既定の機能を変更します。更新プログラムを実行した後にさらに変更をチェックすることをお勧めします。メモ: Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS については、2008年および 2008 R2 は、ファイルが windows\logs\OpsMgrTrace であります。

System Center Essentials 2010、System Center Essentials 2007 SP1 は、システム センター オペレーション マネージャー 2007 SP1 は、およびそれ以降のバージョンでのリアルタイムのトレースを表示する方法

Microsoft CSS からのアドバイスをしなくても、実稼働環境でのリアルタイムのトレースを表示するのには、ViewRealTimeTracing.cmd のバッチ ファイルを使用しないことをお勧めします。特に、情報のトレース レベルの設定や詳細なトレース レベルの設定を使用すると、リアルタイムでは、トレースを確認サーバーのパフォーマンスに重大な影響があります。

ViewRealTimeTracing.cmd ファイルが実行されると、最初にトレースを変換するために必要なトレース ファイルが抽出されるには、 システム\Program Files\System ・ センターのオペレーションの Manager\Tools\TMF フォルダー。ViewRealTimeTracing.cmd バッチ ファイルは、各トレース セッションの定義ファイルを列挙 (Tools\TracingGuids * .txt) ツール] フォルダーにします。その後、TraceFmtSM の別のインスタンス内でコマンド プロンプト ウィンドウが開始されます。トレース セッションの管理、ネイティブ、および UI をマネージ トレースの出力は、各ウィンドウへの出力です。

ViewRealTimeTracing.cmd バッチ ファイルが、1 つの省略可能なコマンド ライン パラメーターを受け入れる (-ods)。このパラメーターを指定してさらにするには、デバッガーのトレース データが出力されます。

関連情報

診断トレーシングと System Center Essentials 2007年でシステム センター操作マネージャー 2007年の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com
その後、次の検索してください。
Windows のイベント トレース

プロパティ

文書番号: 942864 - 最終更新日: 2011年10月13日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB942864 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:942864
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com