Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムで修正されるバグの一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 943847 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムをリリースしました。この資料は、Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムで修正されるバグを一覧表示します。この資料では、Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムをインストールするときに発生する可能性のある既知の問題の一覧も提供します。

詳細

Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムに関する注意事項

この更新プログラムは、Visual SourceSafe 2005 の修正プログラムのロールアップです。この更新プログラムには、多くの安定性の向上、パフォーマンスの向上、データの改善、完全性の向上、および操作性の向上が含まれます。この更新プログラムは、Microsoft Visual Studio 2008年と Windows Vista との互換性も向上します。

注:
  • Visual Studio をインストールする前に、または Visual Studio をインストールした後、この更新プログラムをインストールできます。
  • Visual Studio で Visual SourceSafe 統合を使用する前に、この更新プログラムをインストールすることをお勧めします。この更新プログラムをインストールすると、Visual SourceSafe が Visual Studio 2008 互換になります。
  • この 1 回の更新をインストールする必要があるだけです。
  • この更新プログラムをインストールするには、すべての Visual SourceSafe 2005 の修正プログラムがインストールされていることを。

    メモ Visual SourceSafe 2005 の今後の修正プログラムは、この更新プログラムのすべての変更が含まれる、累積的なものになります。また、古いファイルが新しいバージョンを上書きしません。

Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムを入手する方法

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
VS80-KB943847-X 86 INTL.exe パッケージをダウンロードします。

リリース日: 2007 年 12 月 11 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムで修正されるバグの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
916688 FIX Windows 2000 を実行しているサーバー上に Visual Studio 2005年と Visual SourceSafe 2005 の LAN ブースター サービスを使用しようとするときにエラー メッセージ:「SourceSafe LAN サービスを使用できません」
917491 FIX、Analyze.exe ユーティリティが誤って削除ファイルとプロジェクト Visual SourceSafe 2005 を使用して、ユーティリティを実行するときに、-d スイッチ
923434 FIX Visual SourceSafe 2005 では、PDF ファイルをチェックインした後、PDF ファイルが破損しました。
924702 修正: 比較できませんファイルをそのファイルの以前のバージョンの最新バージョンを Visual SourceSafe 2005 では、UTF8 ファイルの種類ファイルの種類を変更した後
923842 FIX Analyze.log ファイル Visual SourceSafe 2005 で、Analyze.exe ユーティリティを実行するとエラー メッセージ:「、ファイル 0\DATA\\ は SourceSafe の有効な物理データベース ファイルではありません」
927004 FIX Visual SourceSafe 2005 ファイルに対してマージ操作を実行した後だけ 3 つのアカウント アクセスできます、マージされたファイル
925234 FIX をチェック アウトすると、PDF ファイルを開くしよう、ファイルが開かない Visual SourceSafe 2005 を使用して、ファイルをチェックインした場合
925275 FIX ソース ファイルの履歴を表示するレポートを生成するときに、Visual SourceSafe 2005 が停止が予期せず
927887 FIX Visual SourceSafe 2005 で、最新バージョンの取得] オプションを使用して、XML ファイルの最新バージョンを取得しようとするときにエラー メッセージ:「SourceSafe がファイルへ書き込みを完了できません」
928392 修正: Visual SourceSafe 6.0 でコメントのテンプレートと、コメントを含むファイルをチェックインしようとすると、エラー メッセージが 3 つ以上の行:「ファイルの読み込みエラー」
930573 FIX Visual SourceSafe 2005 が応答を停止、「[履歴の表示] ダイアログ ボックスでレポートを生成するときに
932058 修正: 項目を"false"の場合、IVSSItem.AutoDetectEncoding プロパティの値を設定しようとすると、エラー メッセージがチェック アウトされて Visual SourceSafe 2005 で:「System.Runtime.InteropServices.COMException (0x8004D67F)」
934723 FIX する可能性がありますエラー メッセージ プログラム Visual SourceSafe 2005 の履歴から特定のファイルのバージョンを取得する Ole オートメーションを使用する場合
932874 FIX: 大きなバイナリ ファイルをチェックインすると、Visual SourceSafe 2005 が応答を停止する (ハングする) 場合がある
938607 FIX Visual SourceSafe 2005 データベースまたは HTTP 経由で Web アクセスを使用して、Visual SourceSafe 2005 データベースからファイルを取得しようとすると、ファイルを追加しようとするとエラー メッセージ:「操作がタイムアウトになりました」
この更新プログラムは、マイクロソフト サポート技術情報の記事で記述されていない修正プログラムも含まれます。この更新プログラムで修正されるバグの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://blogs.msdn.com/richardb/archive/2007/06/06/list-of-bugs-fixed-in-sourcesafe-2005-gdr.aspx

Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムに関する情報

サポートされているオペレーティング システム

この更新プログラムは、次のオペレーティング システムでサポートされます。
  • Windows Vista
  • Service Pack 2 適用済み Windows XP Home Edition
  • Service Pack 2 適用済み Windows XP Professional
  • Windows XP メディア センター エディション 2005
  • Service Pack 2 適用済み Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP メディア センター エディション 2002 Service Pack 2
  • Service Pack 2 適用済み Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows Server 2003 R2 は、Standard Edition
  • Windows Server 2003 R2、Enterprise Edition
  • Windows Server 2003 R2 は、データ ・ センター ・ エディション
  • Windows Server 2003 の Service Pack 1 Standard Edition
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 でのエンタープライズ ・ エディション
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 で Datacenter Edition
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 で Web Edition
  • マイクロソフトの Windows 2000 Professional Service Pack 4 で
  • Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 4
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 を使用してサーバーの詳細
  • Service Pack 4 を持つ Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
この更新プログラムは、Windows の Windows (WOW) サブシステムでは、次のオペレーティング システムにもサポートされます。
  • Windows 7 Professional 64 ビット
  • 64 ビットの Windows 7 スターター
  • Windows 7 Ultimate の 64 ビット
  • Windows 7 ホーム基本的な 64 ビット
  • Windows 7 のホーム プレミアム 64 ビット
  • Service Pack 1 の 64 ビットの Windows 7 スターター
  • Windows 7 Ultimate の 64 ビットのサービス ・ パック 1
  • Windows 7 ホーム基本的な 64 ビットのサービス ・ パック 1
  • サービス パック 1 で Windows 7 ホーム プレミアム 64 ビット
  • Service Pack 1 で、Windows XP Professional x64 Edition
  • Windows Server 2003 R2、x 64 エディションの標準
  • Windows Server 2003 R2、Enterprise x64 Edition
  • Windows Server 2003 R2、Datacenter x64 Edition
  • X 64 のエディションの Service Pack 1 の Windows Server 2003 の標準
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 とエンタープライズ x64 エディション
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 で Datacenter x64 Edition

インストールに関する問題

この更新プログラムをインストールすると、次の問題が発生します。
  • Windows Vista を実行しているコンピューターにこの更新プログラムのインストールをアクセス許可を引き上げる必要する必要があります。インストールのアクセス許可の昇格を許可するには、次の方法のいずれかを使用します。
    • 実行可能ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
    • 管理者特権のコマンド プロンプトから実行可能ファイルを実行します。
  • この更新プログラムがコントロール パネルの [プログラム追加と削除項目で次のように表示されます。
    Microsoft Visual SourceSafe 2005 - ENU (KB943847) 用の更新プログラム

前提条件

この更新プログラムをインストールするには、Visual SourceSafe 2005 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

更新されたファイルのいずれかがインストール中に使用されていた場合を除いて、この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

ファイル情報

この英語版の更新プログラムには、次の表に表示されるファイル属性(またはそれ以降のファイル属性)があります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Analyze.exe8.0.50727.1551249,8562007 年 11 月 21 日16:12
Ddconv.exe8.0.50727.1551105,9762007 年 11 月 21 日16:11
Ddupd.exe8.0.50727.1551107,0002007 年 11 月 21 日16:12
Microsoft.visualstudio.sourcesafe.inter.dll8.0.50727.155149,1522007 年 11 月 21 日09:35
Microsoft.visualstudio.sourcesafe.interop.dll8.0.50727.155149,1522007 年 11 月 21 日09:35
Mkss.exe8.0.50727.155142,4882007 年 11 月 21 日16:10
Remotevsssccui.dll8.0.50727.155181,9202007 年 11 月 21 日10:56
Remotevssscc.dll8.0.50727.1551336,3842007 年 11 月 21 日12:17
Ssadmin.exe8.0.50727.1551136,1922007 年 11 月 21 日16:12
Ssapi.dll8.0.50727.1551502,7842007 年 11 月 21 日12:14
Ssarc.exe8.0.50727.1551362,4882007 年 11 月 21 日16:12
Ssexp.exe8.0.50727.1551141,3042007 年 11 月 21 日16:11
Ssgui.dll8.0.50727.15511,257,4722007 年 11 月 21 日12:15
Ssrestor.exe8.0.50727.1551351,2322007 年 11 月 21 日16:11
Ssscc.dll8.0.50727.15511,270,7842007 年 11 月 21 日13:51
Ssservice.exe8.0.50727.1551329,7282007 年 11 月 21 日16:12
Ssui.dll8.0.50727.1551947,2002007 年 11 月 21 日12:14
Ssxx.dll8.0.50727.15512,5602007 年 11 月 21 日12:14
Ss.exe8.0.50727.1551420,3362007 年 11 月 21 日16:11
Tdnamespaceextensionui.dll8.0.50727.1551282,6242007 年 11 月 21 日10:53
Tdnamespaceextension.dll8.0.50727.1551734,2082007 年 11 月 21 日12:14
Vsswebservice.dll8.0.50727.155145,0562007 年 11 月 21 日12:16
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムのサポート

Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムの正式なサポートは、マイクロソフト接続 Web サイトから利用可能なです。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://connect.microsoft.com
Visual SourceSafe 2005 の更新プログラムの正式なサポートは、Microsoft Developer Network (MSDN) のフォーラムを通じて利用可能なもです。詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-us/categories

プロパティ

文書番号: 943847 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual SourceSafe 2005 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbfix kbqfe kbmt KB943847 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:943847
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com