Windows SharePoint Services 3.0 または SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューターで、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを実行したときに発生する一般的なエラーのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 944267 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 または Microsoft Office の SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューターをアップグレードした後、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを実行する場合に発生する一般的なエラーのトラブルシューティングを行う方法について説明します。

重要ですこの資料にはではセキュリティ設定を低くする方法や、コンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれます。特定の問題を回避するには、これらの変更を確認することができます。これらの変更を行う前に、特定の環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、システムを保護するために、適切なの追加の手順を実行します。

詳細

Windows SharePoint Services 3.0 または SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューターで、以下の更新プログラムまたは service pack のいずれかをインストールした後、SharePoint 製品とテクノロジの構成ウィザード (Psconfig.exe) を再実行する必要があります。
  • Windows SharePoint Services 3.0 のソフトウェア更新プログラム
  • Windows SharePoint Services 3.0 service pack
  • SharePoint Server 2007 のソフトウェアの更新
  • SharePoint Server 2007 のサービス パック
問題は、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを検出すると、ウィザードが終了しません。また、SharePoint Web サイトにアクセスしようとしています。 ユーザーは「404」エラーが表示されます。これらのエラーは、ウィザードが正常に完了するまでに発生します。

この問題を解決するには、次の SharePoint ログ ファイルを取得します。
  • PSCDiagnostics_Datecode.log
    既定では、このファイルは"プログラムを指定して Shared\Web server extensions\12\LOGS"のフォルダーにあります。
  • Upgrade.log
    既定では、このファイルは"プログラムを指定して Shared\Web server extensions\12\LOGS"のフォルダーにあります。

識別し、問題を解決する方法

このセクションでは、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードで検出可能性があります、さまざまな問題を一覧表示します。それぞれの問題を識別しやすい症状が表示されます。

Web.config ファイルが読み取り専用です。

現象
Web.config ファイルが読み取り専用の場合は、Upgrade.log ファイルで次のようなエラー メッセージが含まれます。
[IisWebSiteSequence][エラー][2007/10/17 11時 38分: 22 AM]: パス 'C:\Inetpub\wwwroot\wss\VirtualDirectories\5003\web.config' へのアクセスが拒否されました。
原因
この問題は、Web.config ファイルが読み取り専用として構成されている場合に発生します。カスタムの管理プログラムまたは、ウイルス スキャン プログラムは、Web.config ファイルをロックする場合この問題も発生します。
解決方法
SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを実行する前にすべてのユーザー [このファイルに書き込みアクセス権を持つかどうかを確認します。また、Web.config ファイルのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[読み取り専用] チェック ボックスがなっていると、他のプロセスには、Web.config ファイル ロックしないことを確認してください。

ASP。インターネット インフォメーション サービス (IIS) メタベースで NET が正しく登録されて

現象
場合 ASP。NET、IIS メタベース内が正しく登録されていない、Upgrade.log ファイルで次のようなエラー メッセージが含まれます。
[SPIisWebSiteWssSequence][エラー][2007/10/10 10時 21分: 25 AM]: 失敗しました 3.0.3.0 の Microsoft.SharePoint.Upgrade.SPIisWebSiteWssSequence。[SPIisWebSiteWssSequence][エラー][2007/10/10 10時 21分: 25 AM]: InstallAspNet 566609673 失敗しました。[SPIisWebSiteWssSequence][エラー][2007/10/10 午前 10時 21分: 25]: Microsoft.SharePoint.Upgrade.EnsureAspNetScriptMapInstalled.Upgrade() でMicrosoft.SharePoint.Upgrade.SPActionSequence.Upgrade() で

この例では、"InstallAspNet"と「このメッセージに失敗しました」の間の数、影響を受ける IIS Web サイトの ID です。
原因
この問題が発生するため ASP。NET を IIS メタベースに正常に登録されます。
解決方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. コマンド プロンプトで、次のフォルダーに移動します。
    %windir%\Microsoft.net\framework\v2.0.50727
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    aspnet_regiis.exe ? r s W3SVC/番号/ルート
    番号 影響を受ける IIS Web サイトの ID です。
タイミングの問題、Windows 管理サービスには、2 つ目の原因があります。この原因に対処するには、次のレジストリ サブキーを設定します。
Software\Microsoft\Shared Tools\Web Server Extensions\12.0\WSS\SPAdmin
DWORD 値: SleepOnStart セット 20000 を 10 進数

Web サービスのインスタンスが正常に準備していません。

現象
Windows SharePoint Services 3.0 または SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューター上のアプリケーション ログに次のエラー メッセージが記録されます。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: Windows SharePoint Services 3
イベント カテゴリ: トポロジ
イベント ID: 6800作成日: 2007/10/17
時刻: 8時 09分: 40 午後
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明:データベースの WSS_Content に コンピューター名\Microsoft##SSEE は Windows 内部データベースの署名がありませんにアクセス可能ではありません。

また、Upgrade.log ファイルにはで次のエラー メッセージが含まれます。
[SPServerSequence][デバッグ][2007/10/22 7時 44分: 21 AM]: Web サービスのインスタンスの SPWebServiceInstance 親 SPServer 名 = =コンピューター名 まだ登録されていません。状態 = のプロビジョニング
原因
この問題は、初期の Web サービス インスタンスの準備が正常に完了しない場合に発生します。この現象は、Web サービスのインスタンスをスキップするのには、アップグレード プロセスが発生します。
解決方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. "プログラムを指定して Shared\Web server extensions\12\BIN"フォルダーを探します。
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後で ENTER キーを押します。
    stsadm-o provisionservice-アクション - サービス タイプ spwebservice のことを停止する""
    stsadm-o provisionservice ・ アクションの開始のサービス タイプ spwebservice の servicename""
  4. SPWebService サービスが開始した後、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b-待つ - 強制

Web.config ファイルが存在しないのです。

現象
Upgrade.log ファイルにはで次のようなエラーが含まれます。
[AssemblyReferenceFixUp][3.0.4.0] [エラー] [2007/10/18 11時 47分: 40 AM]: アプリケーションの Web Config この IIS サイト (944564711) の \wwwroot\wss\VirtualDirectories\5003\web.config でが見つかりませんでした。
原因
この現象は、Web.config ファイルを移動または削除されている場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Web.config ファイルの Wwwroot\Wss\VirtualDirectories\ であることを確認してください。xxxx SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを実行する前にフォルダー。

xxxx SharePoint Web アプリケーション用の仮想サーバーの物理的な場所を表します。IIS では、仮想サーバーの物理的な場所が横に表示されます。 ローカル パス で、 ホーム ディレクトリ 仮想サーバーのプロパティ] ダイアログ ボックスのタブ。

SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードはいない終了正常に

現象
SharePoint 製品とテクノロジの構成ウィザード (PSConfigui.exe)、データベースをアップグレードするを実行します。これを行うと、ウィザードが正常に終了しません。また、次のエラー メッセージが記録されます。
日付時刻 8 エラーの例外は、Microsoft.SharePoint.Administration.SPUpdatedConcurrencyException がスローされました。
例外の追加情報: 更新の競合が発生し、この操作を再試行する必要があります。オブジェクトの親の DiagnosticsService SPFarm 名 = = SharePoint_Config 更新されるドメイン ユーザーが、w3wp プロセス、コンピューター サーバー上で。
競合の詳細については、トレース ログを表示します。
Microsoft.SharePoint.Administration.SPUpdatedConcurrencyException: 更新の競合が発生し、この操作を再試行する必要があります。オブジェクトの親の DiagnosticsService SPFarm 名 = = SharePoint_Config 更新されるドメイン ユーザーが、w3wp プロセス、コンピューター サーバー上で。
競合の詳細については、トレース ログを表示します。

このメッセージは、次のログ ファイルに記録されます。
ドライブ: \Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web サーバーの extensions\12\LOGS\PSCDiagnostics_Datecode
原因
この問題は、SPFarm オブジェクト上のロックが存在するために発生します。したがって、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードは、データベースを更新できません。
解決方法
この問題を解決するには、Windows SharePoint Services 構成のキャッシュをオフにします。

これを行う方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
939308変更または、代替アクセス マッピングに Windows SharePoint Services 3.0 を削除するときに、エラー メッセージ:「更新の競合が発生したし、、この操作を再試行する必要があります」

サーバーの全体管理または SharePoint の web サイトを参照することはできませんし、"サーバー エラー"というエラー メッセージが表示されます。

現象
サーバーの全体管理 web サイトまたは SharePoint web サイトを参照しようとすると、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
サーバー エラー: http://go.microsoft.com/fwlink か。LinkID 96177 =

または、次のメッセージがアプリケーション ログに記録です。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: Windows SharePoint Server
イベント カテゴリ: トポロジ
%Ld 個のイベント: 5617
説明:
SharePoint_AdminContent_123fda45-f456-fad5-de45-7891d2asd455 のコンピューター名のデータベースのスキーマ バージョンを (3.x.x.x) がコンピューター名に必要なデータベース スキーマのバージョン (3.x.x.x) と矛盾しています。このサーバーからこのデータベースへの接続はデータの損失を防ぐためにブロックされています。Web フロント エンドまたはこれらのバージョンが一致していることを確認するのには、コンテンツ データベースをアップグレードします。
原因
この問題は、手動または Windows の更新プログラムをインストールするのには、アップグレードに失敗した場合に発生します。インストールが失敗して操作を正常にアップグレードを解決する必要がありますは矛盾した状態に、ファームを配置します。
解決方法
この問題を解決するには、アップグレードを実行するのには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. 次のフォルダーを見つけます。
    "%COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web server extensions\12\BIN"
  3. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  4. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b-待つ - 強制
アップグレードが完了したら、アップグレードが成功しているかどうかを確認します。

サーバーの全体管理または SharePoint の web サイトを参照することはできませんし、エラー メッセージ"HTTP 404 Not Found"が表示されます。

現象
サーバーの全体管理 web サイトまたは SharePoint web サイトを参照しようとすると、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
HTTP 404 見つかりません

または、次のメッセージがアプリケーション ログに記録です。

イベントの種類: エラー イベント
ソース: Windows SharePoint Services 3
イベント カテゴリ: トポロジ
イベント ID: 6800
説明: コンピューター名 \Microsoft##SSEE WSS_Content データベース Windows 内部データベースの署名がありませんにアクセス可能です。

原因
この問題は、手動で、または Windows Update から修正プログラムをインストールするときに発生します。別のサービスを Windows 内部データベースをアップグレードする前に接続している場合は、SharePoint が接続を行うことはできませんし、アップグレードが失敗します。これは、ファームで操作を正常にアップグレードを解決する必要がありますは矛盾した状態に配置します。
解決方法
この問題を解決するには、SharePoint サービスが再起動し、アップグレードを完了するのには次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. 次のフォルダーを見つけます。
    %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web server extensions\12\BIN
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b、? force を待つ
  4. Succussfully、アップグレードが完了しない場合は、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後 ENTER をキーを押します。
    net stop MSSQL$ MICROSOFT ##SSEE
    net start MSSQL$ MICROSOFT ##SSEE
    psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b-待つ - 強制

または SharePoint サーバーの全体管理 web サイトを参照することはできませんし、「が構成データベースに接続できません」のエラー メッセージが表示されます。

現象
サーバーの全体管理または SharePoint の web サイトを参照しようとすると、Upgrade.log ファイルでは、Windows 内部データベースを使用してアップグレード Windows SharePoint Services 3.0 または SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューター、次のエラー メッセージが記録されます。
[SPManager][エラー][2010/6/14 12時 00分: 00 PM]: アップグレード [SPContentDatabase 名 ShareWebDb 親 = SPDatabaseServiceInstance = Microsoft ##SSEE =] でした。[SPManager][エラー][6/14/2010年 12時 00分: 00 PM]: データベース 'ShareWebDb' は、既に開かれているし、だけ一度に 1 つのユーザーことができます。[SPManager][エラー][6/14/2010年 12時 00分: 00 PM]: System.Data.SqlClient.SqlConnection.OnError (SqlException の例外、ブール値の breakConnection) でSystem.Data.SqlClient.TdsParser.ThrowExceptionAndWarning (TdsParserStateObject stateObj) でSystem.Data.SqlClient.TdsParser.Run (RunBehavior runBehavior、cmdHandler の SqlCommand、SqlDataReader のデータ ストリーム、BulkCopySimpleResultSet bulkCopyHandler、TdsParserStateObject stateObj) でSystem.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteNonQueryTds (methodName の文字列、ブール型の非同期) にSystem.Data.SqlClient.SqlCommand.InternalExecuteNonQuery (DbAsyncResult 結果、methodName の文字列、ブール値の sendToPipe) でSystem.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteNonQuery() でMicrosoft.SharePoint.Utilities.SqlSession.ExecuteScript (TextReader textReader、Int32 commandTimeout) でMicrosoft.SharePoint.Utilities.SqlSession.ExecuteScript (文字列のパス、Int32 commandTimeout) でMicrosoft.SharePoint.Upgrade.SPUtility.ExecuteSqlFile (SqlSession sqlSession、ISqlSession isqlSession、SqlFile sqlFileId、Int32 のタイムアウト) にMicrosoft.SharePoint.Upgrade.SPUtility.ExecuteSqlFile (SqlSession sqlSession、SqlFile sqlFileId、Int32 のタイムアウト) にMicrosoft.SharePoint.Upgrade.SPContentDatabaseSequence.Upgrade() でMicrosoft.SharePoint.Upgrade.SPManager.Upgrade (o, Boolean bRecurse) で

また、psconfig.log ファイルで、次のエラー メッセージが記録されます。
2010/06/14 12時 00分: 00 1 ERR で SharePoint 製品とテクノロジをアップグレードできませんでした」。SharePoint 製品とテクノロジをアップグレードできませんでした。このエラーの詳細については、名を指定して Shared\Web Server Extensions\12\LOGS\Upgrade.log にあります。例外の種類は、Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.PostSetupConfigurationTaskException がスローされました。例外の追加情報: アップグレード コマンドが無効であるか、障害が発生しました。SharePoint 製品とテクノロジをアップグレードできませんでした。Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.PostSetupConfigurationTaskException: 'Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.PostSetupConfigurationTaskException' の種類の例外がスローされました。Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.UpgradeTask.Run() でMicrosoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.TaskThread.ExecuteTask() で

また、次のエラー メッセージがアプリケーション ログには記録があります。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: Windows SharePoint Services 3
イベント ID: 3760イベント カテゴリ: データベース
説明:SQL 'が見つかりませんでした SharePoint_Config_' SQL Server ' ComputeName\Microsoft ##SSEE' のインスタンスをデータベース。下の SQL Server からの追加のエラー情報が含まれています。データベース"ログインで要求された SharePoint_Config_"を開くことができません。ログインに失敗しました。

また、Microsoft SQL Server Management Studio Express で次のエラー メッセージを記録があります。
要求されたダイアログを表示することはできません。
追加情報: 要求されたダイアログを表示できません。(Microsoft.SqlServer.Express.SqlMgmt)
Transact SQL ステートメントまたはバッチの実行中に例外が発生しました。(Microsoft.SqlServer.Express.ConnectionInfo)
データベース 'SharePoint_Config_' は、既に開いているし、だけ一度に 1 つのユーザーことができます。(Microsoft SQL Server、エラー: 924)

構成データベースに接続できません。
SharePoint_Config_ のデータベースにアクセスできません。(Microsoft.SqlServer.Express.ObjectExplorer)
原因
手動で、または Windows Update 経由で更新プログラムをインストールする場合この問題が発生する可能性があります。別のサービスを Windows 内部データベースをアップグレードする前に接続している場合は、SharePoint が接続を行うことはできませんし、アップグレードが失敗します。これは、ファームで操作を正常にアップグレードを解決する必要がありますは矛盾した状態に配置します。
解決方法
この問題を解決するには、SharePoint サービスが再起動し、アップグレードを完了するのには次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. 次のフォルダーを見つけます。
    %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web server extensions\12\BIN
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b、? force を待つ
  4. Succussfully、アップグレードが完了しない場合は、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後 ENTER をキーを押します。
    net stop MSSQL$ MICROSOFT ##SSEE
    net start MSSQL$ MICROSOFT ##SSEE
    psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b-待つ - 強制

SharePoint web サイト上で認証を求め

現象
SharePoint web サイトを参照しようとすると、認証を求められます。
原因
Windows Server 2003 SP1 および Windows Server 2008 は、コンピューターに対するリフレクション攻撃を防止するように設計されていますは、ループバック チェック セキュリティ機能が含まれます。そのため、FQDN またはカスタム ホスト ヘッダーを使用して、ローカルのコンピューター名と一致しない場合は、認証は失敗します。
解決方法
  1. 回避策


    この問題を回避には、状況に応じて、以下の方法のいずれかを使用して、2 つの方法です。



    方法 1: ホスト名 (NTLM 認証が必要な場合は、優先メソッド) を指定します。

    ループバック アドレスにマップされているし、Web サイトにはコンピューターに接続できるホスト名を指定するには、次の手順を実行します。

    1. しますレジストリ エントリを 1 に設定します。これを行う方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

    281308(http://support.microsoft.com/kb/281308/ ) は、Windows 2000 ベースのコンピューターまたは Windows Server 2003 ベースのコンピューター上の SMB 共有に接続します。 エイリアス名には動作しないことが

    2. [開始] をクリックを実行する] をクリックして、 「regedit」と入力、[ OK] をクリック。

    レジストリ エディターを使用してを見つけて、次のレジストリ キー] をクリックします。

    します

    4. MSV1_0を右クリックし、[新規作成] をポイントし、[複数行文字列値] をクリックします。

    5. BackConnectionHostNames、を入力し、ENTER キーを押します。

    6. BackConnectionHostNames、を右クリックし、[変更] をクリックします。

    [値のデータ] ボックスで、ホスト名またはホスト名をローカル コンピューターで、それぞれ別の行には、[ OK] をクリックして、サイトを入力します。

    8. レジストリ エディターを終了し、IISAdmin サービスを再起動します。

    ?



    方法 2: (あまり推奨メソッド) のループバック チェックを無効にします。

    DisableLoopbackCheckレジストリ キーを設定することにより、ループバック チェックを無効にするのには、2 番目のメソッドです。

    DisableLoopbackCheckレジストリ キーを設定するには、次の手順を実行します。

    1. しますレジストリ エントリを 1 に設定します。これを行う方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

    281308(http://support.microsoft.com/kb/281308/ ) は、Windows 2000 ベースのコンピューターまたは Windows Server 2003 ベースのコンピューター上の SMB 共有に接続します。 エイリアス名には動作しないことが

    2. [開始] をクリックを実行する] をクリックして、 「regedit」と入力、[ OK] をクリック。

    レジストリ エディターを使用してを見つけて、次のレジストリ キー] をクリックします。

    します

    4. Lsaを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。

    5. DisableLoopbackCheck、を入力し、ENTER キーを押します。

    6. DisableLoopbackCheck、を右クリックし、[変更] をクリックします。

    7.値のデータ] ボックスで、 1、を入力し、[ OK] をクリックします。

Psconfig.exe ツールをコマンド プロンプトを使用して、Windows SharePoint Services 3.0 アップグレードを強制する方法

Psconfig.exe ツールをコマンド プロンプトで実行して、アップグレードを実行します。たとえば、次のコマンドを入力します。
psconfig で cmd-インプレース アップグレードの b2b ? force

プロパティ

文書番号: 944267 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
キーワード:?
kbexpertiseinter kbinfo kbhowto kbmt KB944267 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:944267
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com