Visual Studio 2005、Visual Studio .NET 2003、または Visual Studio .NET 2002 用の更新プログラムをインストールすると、エラー メッセージ "選択した機能は現在使用できないネットワーク リソースにあります" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 944298 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Visual Studio 2005 用、Microsoft Visual Studio .NET 2003 用、または Microsoft Visual Studio .NET 2002 用の更新プログラムをインストールすると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
選択した機能は現在使用できないネットワーク リソース上にあります。
[OK] をクリックして再実行するか、インストール パッケージ 'File_name.msi' を含むフォルダに対する代替パスを以下のボックスに入力します。

原因

この問題は、以下のようなさまざまな原因で発生することがあります。
  • セットアップの際、Windows インストーラのキャッシュ内で製品の正しい msi ファイルを検出できない
    Visual Studio 2005、Visual Studio .NET 2003、または Visual Studio .NET 2002 のインストール時に、セットアップにより、対応する .msi ファイルが Windows インストーラのキャッシュに保存されます。製品の修復または再インストールを行うとき、あるいは製品に更新プログラムを適用するときには必ず、このキャッシュされた .msi ファイルが参照されます。

    状況によっては、セットアップの際に Windows インストーラのキャッシュ内で製品の .msi ファイルを検出できないことがあります。このような場合、セットアップでは、セットアップが前回実行されたときに最後に使用した場所に製品がインストールされていることを確認することで、インストール元の場所を解決します。インストール元の場所を解決できない場合は、インストール メディアを提供するよう求めるメッセージがユーザーに表示されます。
  • ファイル ハッシュの不一致が存在する
    Visual Studio 用の更新プログラムは Windows インストーラをベースにしています。Windows インストーラではファイルのバージョン番号を使用して、コンピュータ上のファイルのバージョンが古いため、更新プログラムに含まれている新しいファイルで置き換える必要があるかどうかを確認します。

    テキスト ファイルやソース ファイルなど、特定のファイルにはバージョン番号がありません。そのため、Windows インストーラ ベースの更新プログラムでは、より新しいファイルを確認するために他の方法を使用する必要があります。この方法では、バージョン情報のないファイルに対してハッシュを使用します。バージョン情報のないファイルの場合、コンピュータ上のファイルのファイル ハッシュを Windows インストーラ データベースに記録されたファイル ハッシュと比較します。これら 2 つのファイル ハッシュ間で相違が検出されると、セットアップではインストール元のメディアからファイルをフェッチします。
    • コンピュータ上のファイルに対する変更が原因で発生するファイル ハッシュの不一致
      特定の状況では、セットアップ中にインストールされるファイルを、ユーザーが手動で変更している場合があります。この場合、更新プログラムをインストールするときに、製品のインストール メディアを提供するよう求めるメッセージが表示されることがあります。

      : 正当な理由により、セットアップ中にインストールされるファイルを手動で変更している場合があります。たとえば、組織内のネットワーク共有に正規ライセンスの Visual Studio を保存する前に、製品のセットアップ プロセスにプロダクト キー (PID) を追加することが必要な場合があります。これを行うことで、製品をインストールする必要があるユーザーに PID を知らせる必要がなくなります。通常、この変更は Setup.sdb という名前のテキスト ファイル内で行われます。このような変更を行うと、ファイルのファイル ハッシュが、Windows インストーラのデータベースに格納されているそのファイルのファイル ハッシュと一致しなくなります。
    • 製品に含まれる誤ったハッシュが原因で発生するファイル ハッシュの不一致
      Visual Studio .NET 2002 および Visual Studio .NET 2003 では、製品によってインストールされるファイルのハッシュと一致しないハッシュが、Windows インストーラ データベースに格納されている場合があります。

      Visual Studio .NET 2002 におけるこの問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
      939401 Microsoft Visual Studio .NET 2002 用の更新プログラムをインストールすると、エラー メッセージ "選択した機能は現在使用できないネットワーク リソースにあります" が表示される
      : 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 939401 は Visual Studio 2005 および Visual Studio .NET 2003 には適用されません。

回避策

この問題を回避するには、コンピュータの CD-ROM ドライブに製品のインストール CD を挿入します。または、製品の使用可能なインストール メディアのパスを指定します。たとえば、インストール メディアがコンピュータのハード ディスク上、または共有ネットワーク フォルダ内に保存されている場合があります。

この問題が発生する複数のコンピュータに更新プログラムを展開する場合は、/addsource コマンド ライン オプションを使用することを推奨します。

/addsource コマンド ライン オプションを使用する

Microsoft Visual Studio .NET 2002、Microsoft Visual Studio .NET 2003、および Microsoft Visual Studio 2005 用の新しいソフトウェア更新プログラムでは、/addsource コマンド ライン オプションがサポートされています。指定された製品用の更新プログラムをインストールする際に、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示される場合は、/addsource コマンド ライン オプションを使用してください。このコマンド ライン オプションを使用して、Windows インストーラで検索されるファイルの場所を指定します。このコマンド ライン オプションを使用するには、以下の手順を実行します。

手順 1 : インストールするソフトウェア更新プログラムで /addsource コマンド ライン オプションがサポートされていることを確認する

確認するには、以下のいずれかのコマンド ライン スイッチを使用して、使用方法のダイアログ ボックスを表示します。
  • /?
  • /help
インストールする更新プログラムで /addsource コマンド ライン オプションがサポートされている場合は、このコマンド ライン オプションが使用方法のダイアログ ボックスに表示されます。

手順 2 : Visual Studio のインストール メディアまたは管理用イメージをコピーする

ソフトウェア更新プログラムを適用するすべてのコンピュータからアクセス可能なフォルダに、以下のいずれかのアイテムをコピーします。
  • Visual Studio のインストール メディア。インストール メディアのすべてのファイルをコピーする必要があります。
  • 以前作成した Visual Studio 製品の管理用イメージ。
  • 通常、このフォルダはネットワーク共有上に配置します。
  • Visual Studio のインストール メディアのファイルが格納されているフォルダに、Vs_setup.msi ファイルが存在することを確認する必要があります。Vs_setup.msi ファイルは、後の手順で /addsource コマンド ライン オプションを使用する際に必要です。
  • Microsoft Visual Basic 2005 Express Edition などの Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition のコンポーネント プログラムを更新する場合には、最初に IExpress ラッパーから製品を展開して、製品用の Windows インストーラ パッケージを入手することが必要な場合があります。たとえば、Visual Basic 2005 Express Edition のコピーが Ixpvb.exe などの単一のファイルである場合は、この作業が必要です。

    ファイルの内容を展開するには、以下のコマンドを使用します。
    Name of the setup executable file for Visual Studio 2005 Express Edition /C /T:"Full path of the folder to which you want to extract the contents of the file"
    たとえば、次のコマンドを使用して、ファイルの内容を展開します。
    ixpvb.exe /C /T:"c:\temp\vbfiles\"

手順 3 : /addsource コマンド ライン オプションを使用する

ソフトウェア更新プログラムをインストールする際に、/addsource コマンド ライン オプションを使用します。これを行うには、コマンドで次の構文を使用します。
Name of the executable file for the update /addsource "Path of the Windows Installer package for the product"
: このコマンドで、Path of the Windows Installer package for the product は、手順 2. でフォルダにコピーした製品用の Windows インストーラ パッケージのパスに置き換えます。

ソフトウェア更新プログラムにより複数のエディションの Visual Studio が更新される場合は、各エディションの Visual Studio に対応する複数のインストール元を指定できます。これを行うには、次のように /addsource コマンド ライン オプションのインスタンスを複数使用します。
Name of the executable file for the update /addsource "Path of the first Windows Installer package" /addsource "Path of the second Windows Installer package"
: ソフトウェア更新プログラムを適用するコンピュータにインストールされている各エディションの Visual Studio に対して、/addsource コマンド ライン オプションを 1 つずつ指定する必要があります。ただし、Visual Studio の 1 つのエディションのみを更新する場合は、/addsource コマンド ライン オプションは 1 つだけ指定すれば十分です。ソフトウェア更新プログラムに複数のエディションの Visual Studio に対する更新プログラムが含まれている場合にも、この方法を使用します。

プロパティ

文書番号: 944298 - 最終更新日: 2008年3月3日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Suite
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Foundation Server
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Testers
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals
  • Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition
  • Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition
  • Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio 2005 Team Suite
    • Microsoft Visual Studio 2005 Team Foundation Server
    • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Testers
    • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers
    • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects
    • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals
    • Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition
    • Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition
    • Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Academic Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Academic Edition
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
    • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Developer
    • Microsoft Visual Studio .NET (2002), Enterprise Architect Edition SP1
キーワード:?
kbprb kbtshoot kbexpertiseinter KB944298
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com