Windows Server 2008 RC0 を Windows Server 2008 RC1 にアップグレードすると、Windows SharePoint Services 3. 0 のコンテンツを保持する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 944531 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では Windows Server 2008 リリース候補 0 をアップグレードすると、Windows SharePoint Services 3. 0 のコンテンツを保持する方法について説明します (RC0) Windows Server 2008 リリース候補 1 (RC1) にします。

詳細

Windows Server 2008 RC1 および Window Server 2008 の新しいバージョンでは、コンポーネントやの役割を Windows SharePoint Services 3. 0 は含まれているなくなりました。 そのため、Windows Server 2008 RC0 Windows Server 2008 RC1 にアップグレードすると、前に Windows Server 2008 RC0 に含まれる Windows SharePoint Services のバージョンを削除する必要があります。

Windows SharePoint Services 3. 0 のコンテンツを保持するには、次の手順のいずれかを状況に応じて使用します。

Windows Server 2008 RC0 を Windows Server 2008 RC1 にアップグレードします。

Windows Server 2008 RC0 を Windows Server 2008 RC1 にアップグレードする場合は、Windows SharePoint Services 3. 0 のコンテンツを保持、次の手順に従います。
  1. Windows SharePoint Services 3. 0 を実行するバックアップ。
  2. Windows SharePoint Services 3. 0 をアンインストールします。
  3. Windows Server 2008 RC1 にアップグレードします。
  4. Windows SharePoint Services 3. 0 を再インストールします。
  5. バックアップから Windows SharePoint Services 3. 0 の内容を復元します。

同じコンピューターに Windows Server 2008 RC1 に Windows Server 2008 RC0 をアップグレードします。

同じコンピューターに Windows Server 2008 RC1 に Windows Server 2008 RC0 をアップグレードするときは、Windows SharePoint Services 3. 0 のコンテンツを保持、次の手順に従います。
  1. Windows Server 2008 RC0 をインストールします。
  2. Windows から Windows SharePoint Services 3. 0 をインストールするサーバー ロール マネージャー。
  3. SharePoint の完全バックアップを実行サービス ファーム。 こうにはするには、いずれかの選択したインストールの種類に応じて、次の手順の使用します。
    • 基本的なインストール

      基本インストールを選択した場合、ローカル ドライブまたはファイル共有にバックアップできます。 こうにはするには、いずれか、次の手順の使用します。
      • ローカル ドライブにバックアップことを確認したい場合、ネットワーク サービス アカウント、フォルダーへフル コントロール アクセス許可を持ちます。

        アクセス許可を確認、フォルダーをマウスの右ボタンでクリックして、[ プロパティ ] をクリックを セキュリティ ] タブをクリックします。
      • ファイル共有にバックアップことを確認する場合は DOMAIN\ ComputerName $ アカウントがファイル共有にフル コントロール アクセス許可。

        アクセス許可を確認をするには、フォルダーをマウスの右ボタンでクリックして、[ プロパティ ] をクリックして、[ 共有 ] タブをクリックし、 アクセス許可
    • インストールの詳細

      [詳細設定インストールを選択した場合、ファイルにバックアップ共有できます。

      両方の Windows SharePoint サービス タイマー サービス アカウントと、Microsoft SQL Server サービス アカウントにすることを確認する] が設定されているフル コントロールを持つファイル共有にアクセス許可。
    バックアップまたは復元 Stsadm.exe コマンド プロンプト ユーティリティを使用した実行する可能性があります。 この場合、Stsadm.exe を実行に使用するアカウントがフル コントロールに与えられていることを確認 </a0> をくださいアクセス許可。

    すべての Web アプリケーションが作成されているを確認します。 これらのアプリケーションは次のとおりです。
    • アプリケーション プール
    • アプリケーション プール サービス アカウント
    • Web アプリケーションの名前
    • AAM URL
  4. Windows SharePoint Services 3. 0 をアンインストールします。
  5. Windows Server 2008 RC1 には Windows Server 2008 RC0 をアップグレードします。
  6. 基本] または [詳細設定インストールの種類手順 3 で選択したによっては、Setup.exe プロセスを通じて Windows SharePoint サービス 3. 0 サービス パック (SP1) をインストールします。
  7. 新しい構成データベースを含む新しい SharePoint Services ファームを作成する、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード起動します。
  8. アプリケーション プールをアプリケーション プールのサービス アカウントと、Web アプリケーションを手動で再作成します。 同じ名前とアカウント、元のファームで使用された新しいファーム内に使用してこれを実行します。 これは、Web アプリケーション スコープのタイマー サービス ジョブが作成されるよう行う必要があります。

    されません、アプリケーション プールや、Web アプリケーションを手動で再作成する場合は、必ず Windows SharePoint サービスの管理サービスが開始されています。 これを行う SharePoint Services が再生成、アプリケーション プールと、Web アプリケーションの復元中にします。 ただし、Web アプリケーション スコープのタイマー サービス ジョブは作成されません。

    メモ Windows SharePoint サービスの検索を開始する必要があります、SharePoint サーバーの全体管理サイトからサービス。 デフォルトでは、サービス基本インストールして起動されます。 ただし、高度なインストールは、サービスを起動しません。 サービスを手動で開始する必要があります。
  9. 復元するコンテンツの Web アプリケーションに既存のコンテンツ データベースがあるないようには各 Web アプリケーションからのコンテンツ データベースを削除します。

    これらのコンテンツ データベースから SQL Server または Windows 内部データベースから削除できます。 これを防ぐために行う必要があります復元中にコレクションの競合をサイトします。
  10. 同じ構成を使用してファームの完全な復元をバックアップ パッケージから実行してください。

    メモ 再インストールし、ソリューションを再展開する必要があります。 さらに、機能を有効にあります。

Windows Server 2008 RC0 を実行している、ソース コンピューターと Windows Server 2008 RC1 を実行している宛先コンピューターがあります。

ここでは Windows SharePoint Services 3. 0 のコンテンツをバックアップ、次の手順に従います。
  1. ソース コンピューターに Windows Server 2008 RC0 をインストールします。
  2. Windows から Windows SharePoint Services 3. 0 をインストールするサーバー ロール マネージャー。
  3. SharePoint Services ファームの完全バックアップを実行します。 こうにはするには、いずれかの選択したインストールの種類に応じて、次の手順の使用します。
    • 基本的なインストール

      基本インストールを選択した場合、ファイルにバックアップ共有できます。

      元のコンピューターと送信先コンピューターの両方の DOMAIN\ ComputerName $ アカウントがファイル共有にフル コントロール アクセス許可を確認します。 さらに、ある両方のアカウントが確認"フル コントロール"アクセス許可、フォルダー自体。
    • インストールの詳細

      [詳細設定インストールを選択した場合、ファイルにバックアップ共有できます。

      両方の Windows SharePoint サービス タイマー サービス アカウントと SQL Server サービス アカウントにすることを確認して、送信元コンピューターと送信先コンピューターの両方フル コントロールする権限、ファイル共有をします。

      さらに、元のコンピューターに Windows SharePoint サービス タイマー サービス アカウントが移行先のコンピューター上のタイマー サービス アカウントから異なる場合、持ってことを確認両方のアカウント フル コントロール フォルダー自体へのアクセス許可。
    バックアップまたは復元 Stsadm.exe コマンド プロンプト ユーティリティを使用した実行する可能性があります。 この場合、Stsadm.exe を実行に使用するアカウントがフル コントロールに与えられていることを確認 </a0> をくださいアクセス許可。

    すべての Web アプリケーションが作成されているを確認します。 これらのアプリケーションは次のとおりです。
    • アプリケーション プール
    • アプリケーション プール サービス アカウント
    • Web アプリケーションの名前
    • AAM URL
  4. Windows SharePoint Services 3. 0 をアンインストールします。
  5. 送信先コンピューターに Windows Server 2008 RC1 をインストールします。
  6. 基本] または [詳細設定インストールの種類手順 3 で選択したを使用して、Setup.exe プロセスを通じて送信先コンピューターに Windows SharePoint サービス 3. 0 SP1 をインストールします。
  7. 新しい構成データベースを含む新しい SharePoint Services ファームを作成する、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード起動します。
  8. アプリケーション プールをアプリケーション プールのサービス アカウントと、Web アプリケーションを手動で再作成します。 同じ名前とアカウント、元のファームで使用された新しいファーム内に使用してこれを実行します。 これは、Web アプリケーション スコープのタイマー サービス ジョブが作成されるよう行う必要があります。

    されません、アプリケーション プールや、Web アプリケーションを手動で再作成する場合は、必ず Windows SharePoint サービスの管理サービスが開始されています。 これを行う SharePoint Services が再生成、アプリケーション プールと、Web アプリケーションの復元中にします。 ただし、Web アプリケーション スコープのタイマー サービス ジョブは作成されません。

    メモ Windows SharePoint サービスの検索を開始する必要があります、SharePoint サーバーの全体管理サイトからサービス。 デフォルトでは、サービス基本インストールして起動されます。 ただし、高度なインストールは、サービスを起動しません。 サービスを手動で開始する必要があります。
  9. 復元するコンテンツの Web アプリケーションに既存のコンテンツ データベースがあるないようには各 Web アプリケーションからのコンテンツ データベースを削除します。

    これらのコンテンツ データベースから SQL Server または Windows 内部データベースから削除できます。 これを防ぐために行う必要があります復元中にコレクションの競合をサイトします。
  10. 新しい構成を使用してファームの完全な復元をバックアップ パッケージから実行してください。 [ 復元オプションの選択 ] ページで新しい SharePoint Services ファームの次の項目を編集します。
    • URL
    • データベース サーバー名
    • ディレクトリ名
    • データベース名
    メモ SharePoint Services の復元は、新しい構成として復元を実行する場合既存のデータベースを上書きしません。 つまり、データベースが既にデータベース サーバー上でバックアップ パッケージでデータベースとして同じ名前を使用するの別のデータベース名を選択する必要があります。 再インストールし、ソリューションを再展開する必要があります。 さらに、機能を有効にあります。
サーバーの全体管理サイトを使用して Windows SharePoint Services 3. 0 をバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/984b70c7-cd35-4977-bdaf-5ad11183c3731033.mspx
Windows SharePoint Services 3. 0 サーバーの全体管理サイトを使用して復元する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/WSS/en/library/9104a82e-1d14-4759-b52f-607c5b0b88da1033.mspx

プロパティ

文書番号: 944531 - 最終更新日: 2007年12月10日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB944531 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:944531
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com