SQL Server の再生のマークアップ言語 (RML) ユーティリティの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 944837 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server のサポート チームを一般的な顧客サポートの案件に関連する作業を容易にするのにいくつかの内部で記述したユーティリティを使用します。この資料は Microsoft SQL Server の再生のマークアップ言語 (RML) ユーティリティと呼ばれる 1 つのユーティリティ スイートについて説明します。データベース開発者とシステム管理者は、SQL Server 2000年、SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 を SQL Server 2012年および 2014 CTP2 の SQL Server を使用する SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。

詳細

SQL Server 用の RML ユーティリティを使用するには、次のタスクを実行します。
  • アプリケーション、データベース、SQL Server のログイン、または、多くのリソースを使用しているクエリを判断できます。
  • バッチのトレースをキャプチャすると、バッチの実行プランが変更されたかどうかを判断できます。また、SQL Server を実行してこれらの実行プランの各方法を確認するのには、SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。
  • 実行しているクエリを判断できます前に、よりも遅くなります。
SQL Server のインスタンスのトレースをキャプチャした後、SQL Server の別のインスタンスに対してトレース ファイルを再生するのに SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。また、再生中に、トレースをキャプチャする場合は、元のトレース ファイルを新しいトレース ファイルを比較するには、SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。この手法を使用するには、SQL Server の変更の適用後の動作をテストします。たとえば、次の操作を実行した後 SQL Server の動作をテストするのにこの方法を使用できます。
  • SQL Server のサービス パックをインストールするとです。
  • SQL Server の修正プログラムをインストールするとです。
  • ストアド プロシージャまたは関数を更新します。
  • インデックスを更新するか、インデックスを作成します。

バージョン履歴

元に戻す全体を表示する
バージョン番号説明
9.04.0004SQL Server 2000年、SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 の R2 を SQL Server 2012年および 2014 CTP2 の SQL Server をサポートする、現在の Web リリース
9.01.0109SQL Server 2000年、SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 がサポートする、以前の Web リリースします。
9.00.0023SQL Server 2000年と SQL Server 2005 をサポートする、以前の Web リリース
8.10.0010SQL Server 7.0 および SQL Server 2000年をサポートする初期の Web リリース
現在のバージョンの SQL Server 用の RML ユーティリティは以前のバージョンよりも優先されます。現在のバージョンをインストールする前に SQL Server 用の RML ユーティリティの以前のバージョンをアンインストールしてください。現在のバージョンの SQL Server 用の RML ユーティリティ SQL Server 2000年、SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008 R2 を SQL Server 2012年および 2014 CTP2 の SQL Server のサポートを提供します。さらに、現在のバージョン SQL Server 用の RML ユーティリティにはには重要なソフトウェアの更新、強化された機能とレポート、およびパフォーマンスと拡張性が含まれます。

SQL Server 用の RML ユーティリティを入手する方法

次のファイルは、microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

、X86 版の SQL Server 用の RML ユーティリティ
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
RMLSetup_X86.msi パッケージを今すぐダウンロードします。
、X 64 のバージョンの SQL Server 用の RML ユーティリティ
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
RMLSetup_AMD64.msi パッケージを今すぐダウンロードします。
メモ マイクロソフトとしての SQL Server の RML ユーティリティを提供するのです。マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) 行いませんサポートまたは更新の RML ユーティリティは、SQL Server の。提案がある場合、またはバグを報告する場合は、ヘルプ ファイル (RML Help.pdf)「の問題およびアシスタンス」トピックでの電子メール アドレスを使用できます。ヘルプ ファイルは、SQL Server 用の RML ユーティリティに付属です。

SQL Server 用の RML ユーティリティの利点

SQL Server 用の RML ユーティリティは、アプリケーション テスト実用的または実際のアプリケーションを使用してテストすることは不可能である場合をシミュレートする場合に便利です。たとえば、テスト環境では、あります、本番環境に存在している同じユーザー ロードを生成することが困難です。SQL Server 用の RML ユーティリティを使用するには、テスト環境、本番ワークロードを再生し、アップグレードする SQL Server 2008 または SQL Server サービス パックの適用などの変更のパフォーマンスへの影響を評価します。さらに、SQL Server 用の RML ユーティリティを分析し、再生のさまざまな負荷の比較に使用できます。この種の回帰分析それ以外の場合は手動で実行する必要がある、困難なプロセスになります。

ヘルプ ファイルには、「クイック スタート」のトピックにはが含まれます。このトピックでは、簡単な練習を各 RML ユーティリティを理解します。ヘルプ ファイルを開くには、[スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、 SQL Server 用の RML ユーティリティをポイントし、ヘルプを、] をポイントおよびRML ヘルプ] をクリックします。

SQL Server 用の RML ユーティリティでユーティリティ

SQL Server 用の RML ユーティリティには、次のユーティリティが含まれます。
  • ReadTrace
  • レポーター
  • OStress
  • OStress 再生コントロール エージェント (シャチ)
各ユーティリティおよびサンプルの使用法の詳細については、SQL Server 用の RML ユーティリティに含まれている RML ヘルプを参照してください。

プロパティ

文書番号: 944837 - 最終更新日: 2013年11月4日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • Microsoft SQL Server 2014 Developer Community Technical Preview 2
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Community Technology Preview 2
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard Community Technology Preview 2
  • Microsoft SQL Server 2014 Web Edition Community Technical Preview 2
キーワード:?
kbsql2005tool atdownload kbexpertiseadvanced kbhowto kbmt KB944837 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:944837
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com