Windows XP SP2 でのエラー メッセージ:「Windows 開始できませんでしたので、次のファイルがないか壊れています。[Windows\System32\Hal.dll]

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 945380 - 対象製品
Notice
Windows XP Service Pack 2 の両端に 2010 年 7 月 13 日のサポート。を クライアントの移行 トピックでは、 Windows 2000 のエンド-サポートのソリューション センター Windows XP SP2 の移行戦略を計画する開始点です。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows XP サービス パック 2 (SP2)、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

次のファイルが存在しないか破損しているため Windows を開始できませんでした。
Windows root\system32\hal.dll
上記のファイルのコピーを再インストールしてください。

原因

この問題は以下の問題が発生した場合に発生します。

問題 1

不正なパーティションまたは問題のあるブート レコードをあります。

問題 2

ファイル システムまたはディスクの破損は、プライマリ ブート レコード、Hal.dll ファイルまたは Ntoskrnl.exe ファイルの破損を招きます。

問題 3

Hal.dll と Ntoskrnl.exe ファイルが一致していません。

解決方法

高度なトラブルシューティング

高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、誰かに頼むかサポートにお問い合わせください。マイクロソフトのサポートへの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/

問題 1

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

Windows XP 回復コンソールからfixmbrコマンドを使用してマスター ブート レコードを修復します。

Windows XP の回復コンソールを使用する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
307654Windows XP の回復コンソールをインストールして使用する方法
Fixmbr コマンドを使用するときに表示されるエラー メッセージの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
266745Fixmbr コマンドを実行するとエラー メッセージ

方法 2

プライマリ ブート パーティションが FAT パーティションにある場合は、Windows XP 回復コンソールからfixbootコマンドを使用して新しいブート セクターをシステム パーティションに作成します。次に、マスター ブート レコードを修復するのにfixmbrコマンドを使用します。

問題 2

この問題を解決するには、Windows XP では、回復コンソールを使用してコンピューターを起動し、 chkdsk/rコマンドを実行します。

インストール Windows XP の回復コンソールを使用する方法の詳細については、「問題 1」に記載の解像度を参照してください。

メモ /Rスイッチは、Chkdsk ユーティリティ不良セクターを特定して読み取り可能な情報を回復するためにchkdskコマンドの/pスイッチを含める必要はありません。Chkdskコマンドに/pスイッチを意味します。

問題 3

この問題を解決するには、Windows XP インストール メディアからコンピューターを起動、回復コンソールを起動して、Bootcfg.exe ツールを使用して Boot.ini ファイルを再構築します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. CD ドライブまたは DVD ドライブから起動するコンピューターを構成します。この方法の詳細については、コンピューターのマニュアルを参照か、コンピューターの製造元に問い合わせてください。
  2. CD ドライブまたは DVD ドライブに、Windows インストール メディアを挿入し、コンピューターを再起動します。
  3. 「CD からブートする任意のキーを押す」メッセージが表示されたら、Windows XP CD または DVD からコンピューターを起動するには、キーをキーを押します。
  4. [セットアップへようこそ"メッセージが表示されたら、回復コンソールを起動 R キー キーを押します。
  5. デュアル ブートまたはマルチ ブート コンピューターがある場合は、回復コンソールで使用するために、インストールを選択します。
  6. ダイアログ ボックスが表示されたら、管理者のパスワードを入力し、ENTER キーを押します。
  7. コマンド プロンプトで bootcfg/listをクリックし、ENTER キーを押します。

    メモ 現在の Boot.ini ファイルにエントリが画面に表示されます。
  8. コマンド プロンプトで bootcfg/rebuildをクリックし、ENTER キーを押します。

    メモ このコマンドは、Windows XP のインストールの場合、コンピューターのハード_ディスクをスキャンし、結果が表示されます。
  9. Windows インストールの Boot.ini ファイルに追加するのには、画面に表示される指示に従います。

    たとえば、Boot.ini ファイルには、Windows XP のインストールを追加するのには、次の手順を実行します。
    1. 次のようなメッセージが表示されたら、Y キーを押します。

      識別された Windows インストールの合計: 1[C:\Windows 1]
      インストールをブート一覧に追加しますか。(はい/いいえ/すべて)
    2. 次のようなメッセージが表示されます。
      読み込み識別子を入力します。
      このメッセージが表示されたら、オペレーティング システムの名前を入力し、ENTER キーを押します。

      メモ 名前は、Microsoft Windows XP Professional、または Microsoft Windows XP ホームの版です。
    3. 次のようなメッセージが表示されます。
      読み込みオプションを入力します。
      このメッセージが表示されたらを入力します。 /fastdetectをクリックし、ENTER キーを押します。
    メモ 画面の指示に従って、コンピューターの構成によって異なる場合があります。
  10. 種類 終了、を押して回復コンソールを終了してください。
  11. 種類 fixbootをクリックし、ENTER キーを押します。
  12. 種類 yをクリックし、ENTER キーを押します。
  13. コンピューターが再起動し、更新されたブート一覧が表示されます、「オペレーティング システムの選択」メッセージが表示されたら。

詳細

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
314477エラー メッセージ: コンピューター ディスク ハードウェア構成問題により、Windows を開始できませんでした
システムの復元機能を使用する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
番号 306084オペレーティング システムでは、Windows XP を以前の状態に復元する方法

プロパティ

文書番号: 945380 - 最終更新日: 2013年1月16日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
キーワード:?
kbresolve kbhowto kberrmsg kbpubtypekc kbinfo kbmt KB945380 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:945380
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com