Forefront のセキュリティの詳細については、Exchange Server サービス ・ パック 1

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 945572
重要です レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Forefront Security Exchange Server Service Pack 1 (SP1) リリースしました。この資料には、service pack に関する以下の情報について説明します。
  • Service pack をインストールするための要件
  • 新しい [検疫セキュリティから配信します。 オプション
  • Service pack をインストールする前に考慮すべき注意事項
  • Service pack に含まれている新機能
  • ソフトウェア修正プログラム、service pack に含まれています。

詳細

Service pack をインストールするための要件

Microsoft Forefront Security Exchange Server をインストールする前にすべての最小システム メモリおよびディスク容量要件 Microsoft Exchange Server 2007年を満たす必要があります。大きなファイルをスキャンするのには、Forefront Security の十分なメモリまたはディスク領域に影響します。

サーバーの最小要件

  • 以下のオペレーティング システムのいずれかが実行されている必要があります。
    • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンの Windows Server 2003
    • Windows Server 2003 R2
    • Windows Server 2008
  • Exchange Server 2007年をインストールする必要があります。
  • 1 ギガバイト (GB) の空きメモリを 2 GB の Exchange Server 2007年を実行することを推奨する空きメモリの最小値に加え、コンピューター必要があります。

    メモ 使用追加スキャン エンジンは、各スキャン プロセスのより多くのメモリが必要です。
  • コンピューターに 2 GB の空きディスク領域が必要です。
  • コンピューターは、1 GHz の Intel プロセッサまたは高速なプロセッサが必要です。
Exchange Server 2007年のシステム要件の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa996719.aspx

ワークステーションの最低要件

  • Windows 2000 Professional または Windows Server 2003
  • 6 MB の利用可能なメモリ
  • 10 MB の利用可能なディスクの空き容量
  • インテルのプロセッサ

新しい [検疫セキュリティから配信] オプション

新しい [検疫セキュリティから配信します。 オプション管理者をより柔軟にメッセージおよび添付ファイルを検疫から転送されるを処理できるようになりました。次のオプションの設定を利用できます。
  • セキュア ・ モード 既定値を設定します。それはすべてのメッセージと添付ファイルをウイルスおよびフィルター一致の再スキャンするのには、検疫から配信されるが発生します。
  • 互換モード メッセージと添付ファイルを検疫からフィルター一致に関してスキャンされずに配信することができます。(メッセージと添付ファイルは、常にウイルスがスキャンされます。)

    Exchange Server リングは、検疫から配信されるすべてのメッセージの [件名に特定の「タグ」テキストを追加することによってこれらのメッセージを識別します。
インストール中に、保護モードまたは互換モードで実行するかどうかをように求められます。

Forefront Security をするメッセージや添付ファイル フィルターをスキャンせず検疫から配信を許可するように続行するのには、Exchange サーバーと一致する場合はオン 互換モード.メッセージと添付ファイルを再スキャンする場合を選択します。 セキュア ・ モード.

この設定にするには、リアルタイム スキャン ジョブおよびトランスポート スキャン ジョブに適用されます。リアルタイム スキャン ジョブおよびトランスポート スキャン ジョブの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb795076.aspx
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb795112.aspx
件名のメッセージは、新しい ForwardedAttachmentSubject レジストリ エントリを使用して、検疫から配信されるときに使用される「タグ」テキストをカスタマイズできます。件名の「タグ」テキストは、組織の一意の文字列に変更できますか、ローカルの言語に変更できます。

メモ
  • 場合は、 [検疫セキュリティから配信します。 オプションを設定するには セキュア ・ モード、検疫から配信された古いメッセージを再し、もう一度リアルタイム スキャナーによってスキャンする検疫された可能性があります。
  • 組織内のメッセージ件名の前の「タグ」テキストがタグ付けされた場合は、フィルターが適用されます。これは、次の条件に該当する場合に発生します。
    • は、 [検疫セキュリティから配信します。 オプションを設定するには 互換モード.
    • 件名の行の「タグ」テキストが変更されます。
    • メッセージが再スキャンされています。
どのモードを選択に関係なく、すべての受信メッセージがスキャンされ Exchange Server トランスポート スキャン ジョブに、Forefront Security でフィルター処理します。

既定では、手動スキャンのジョブ ファイルを検疫から転送されたメッセージのフィルタ リングを行いません。手動スキャン ジョブを実行する場合は、再転送された添付ファイルが検出された場合は、ManuallyScanForwardedAttachments レジストリ エントリを作成し、エントリの値を 1 に設定する必要があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb795193.aspx

Service pack をインストールする前に考慮すべき注意事項

  • Fse の 10.0 の Exchange Server より前のリリースのアップグレードはサポートされていません。
  • 標準の Fse Exchange Server ライセンスを以下のウイルス対策スキャン エンジンのとおりです。
    • マイクロソフト
    • 良美
    • Sophos
    • コマンド
    • Kaspersky
    • VBuster
    • AhnLab
    • コンピュータ ・ アソシエイツ
    新規インストール後は、スキャンの 5 つのエンジンがランダムに選択されます。製品がインストールされていると、エンジンの選択を変更するのには、Forefront Server セキュリティ アドミニストレーターを使用できます。最大スキャン ジョブごとに 5 つのエンジンを選択できます。
  • 新規インストール後は、最新の保護が使用されているかどうかを確認するのには、新しいシグネチャ ファイルをダウンロードしなければなりません。ライセンスされた各エンジンについて、毎時のスキャナー更新のスケジュールが設定されます。5 分 Exchange Server サービスは開始後にこれらの更新プログラムを起動します。

    スキャナー更新にプロキシが使用されている場合は、すべてのプロキシ情報が入力されているまでただし、スケジュールされた更新は失敗します。プロキシ情報を入力するには、Forefront Server セキュリティ アドミニストレーターを使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. で、 全般オプション パネルをクリックしてください [スキャナーの更新.
    2. で、 プロキシ ユーザー名プロキシ ・ パスワード ボックスで、適切な情報を入力します。
    3. で、 [スキャナーの更新 パネルをクリックしてください [今すぐ更新します。 エンジンごとに直ちにスキャナー更新を実行します。
    メモ
    • 完了するためにインストールすることを検討する前に、正常に少なくとも 1 つのエンジンを更新することをお勧めします。
    • ライセンスされたすべてのエンジンが正常にダウンロードされるまで、エラーが ProgramLog.txt ファイルに表示されます。たとえば、次のエラー メッセージのようなエラー メッセージが表示するされます。
      エラー: マッパー オブジェクトを作成できませんでした。
  • Exchange Server リングがと共にデフォルトの保護を有効に正しくインストールされていることを確認します 動作 シャトル ナビゲーターの [と] をクリックで ジョブを実行します。.次の項目を参照してくださいする必要があります。
    • リアルタイム スキャン ジョブは有効にするか、サーバー上でメールボックスの役割が含まれている、手動スキャン ジョブが存在する必要があります。
    • トランスポートの役割 (ハブ トランスポート サーバー、エッジ サーバー、またはメールボックス/ハブ トランスポート サーバー) などが含まれているサーバーで、トランスポート スキャン ジョブを有効にする必要があります。
  • Fse の Exchange Server メールは、ハブ トランスポート サーバーに送信する場合、店でのスキャンをスキップするのには、メールボックス サーバー上で最適化タグを設定します。この構成を使用すると、ハブ トランスポート サーバーで Fse Exchange Server もインストールしなければなりません。それ以外の場合は、送信メールはスキャンされますされません。
  • スケジュールされたバック グラウンド スキャンを有効にするには、次の手順を実行します。
    1. シャトル ナビゲーターをクリックします。 動作、し [ジョブのスケジュール.

      は、 [ジョブのスケジュール パネル右側にあるを表示されます。上の部分、 [ジョブのスケジュール バック グラウンド スキャン ジョブで、パネルに表示され、スケジューラが有効か無効かどうかを示します。
    2. バック グラウンド スキャン ジョブで、一番下の部分を選択した場合は、 [ジョブのスケジュール パネルは、スケジュールと構成の情報を表示します。
    3. バック グラウンド スキャンをスケジュールするのには、日付、時間、および頻度を選択しをクリックしてください 保存.クリックしてください。 有効にします。 スケジューラが有効になっていない場合。
    4. バック グラウンド ・ スキャンが開始されるたびに、サポート範囲のメッセージを確認するオプションを追加がスキャンされます。これらのオプションを変更するには、次の手順を実行します。
      1. シャトル ナビゲーターをクリックします。 設定、し 全般オプション.は、 全般オプション 設定には、右側のパネルに表示されます。
      2. 下にあります。 バック グラウンド スキャン、スキャン範囲の必要なオプションを選択します。
    5. 既定では、リアルタイムのメールボックス サーバーのスキャン メッセージ本文のスキャンはありません。メッセージ本文のスキャンを含めるには、次の手順を実行します。
      1. シャトル ナビゲーターをクリックします。 設定、し 全般オプション.
      2. で、 スキャン エリアをオンにし、 [本文のスキャン - リアルタイム チェック ボックスします。
      3. で、 ジョブの操作/実行 パネルは、リアルタイム スキャン ジョブが有効になっていることを確認してください。
  • Forefront Server セキュリティ アドミニストレーター バージョン 10.0 より前のバージョンの Forefront Security を実行しているサーバーを管理するために使用できません。
  • Fse の Exchange Server は、2 ノードのアクティブ/アクティブ Exchange Server クラスター構成ではサポートされていません。
  • SharePoint ポータルの警告サービス サーバー上で実行されている場合は、アップグレードまたは Exchange Server で Forefront Security をアンインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。
  • Forefront サーバーのセキュリティ管理者は、リモートの Forefront Server サーバーに接続する] を有効にするには、"Anonymous Logon"グループにリモート アクセス許可を与える必要があります。

    これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトで dcomcnfg.
    2. 展開 コンポーネント サービスを右クリックして マイ コンピューター、し プロパティ.
    3. クリックして、 COM セキュリティ タブします。
    4. クリックしてください。 制限を編集します。、し、へのリモート アクセスを追加、 匿名でログオンします。 ユーザーです。

      メモ Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューター上の Forefront Server セキュリティ アドミニストレーター アプリケーションを有効にするには、また以下の手順を実行します。
    5. [コントロール パネル] をクリックします。 セキュリティ センター.
    6. クリックしてください。 Windows ファイアウォール、し、 例外 タブします。
    7. クリックしてください。 プログラムを追加します。.
    8. 一覧を選択します。 Forefront Server セキュリティ アドミニストレーター、し [OK] 戻るには、 例外 タブします。
    9. オンにし、 Forefront Server セキュリティ アドミニストレーター チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ポートを追加します。.
    10. ポートの種類の名前を入力します。 135 で、 ポート番号 ボックス、して選択 TCP 使用するプロトコルとして。クリックしてください。 [OK] 2 つの時刻。

      メモ すべてのコンピューターのポート 135 を開くに関する懸念がある場合は、Forefront Server サーバーのみポートを開くことができます。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. ポート 135 を追加するをクリックします。 [スコープの変更、し リス ト.
      2. すべての Forefront Server サーバーの接続先の IP アドレスを入力します。
  • VSAPI2 を使用して、ウイルス対策ソリューションをインストールすると、VSAPI ライブラリに関する情報を保存するのには、VirusScan レジストリ キーが作成されます。

    このキーが Exchange Server に Fse をインストールしようとするとが存在する場合、インストールは失敗します。Exchange Server で Fse を再インストールする前に、キーを削除する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。

    警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
    2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\VirusScan
    3. [削除] キーを押しながらクリックしてください [はい].
    4. レジストリ エディターを終了します。
  • VSAPI では複数のウイルス対策ソフトウェア ソリューションを同時に実行できなくなります。
  • マルチパート RAR ボリュームに圧縮されたファイルは MaxUncompressedFileSize のレジストリ サブキーで指定されている、非圧縮ファイル サイズに制限されます。

    この制限の既定値は 100 MB です。すべてのファイルが上限を超えている場合は、ファイル全体、またはファイルの一部を含むマルチパート RAR ボリュームは削除されます。

    MaxUncompressedFileSize を設定する方法の詳細については、以下のトピックでは、Forefront セキュリティ Exchange Server ユーザーズ ガイド」を参照してください。
    • 「レジストリ キー」
    • 「Forefront サーバーのセキュリティ管理者」セクション「として扱うマルチパート RAR アーカイブと壊れた圧縮」」
  • アップグレードまたはアンインストール中に再起動を要求するから Exchange Server で Forefront Security を防ぐことができます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MOM エージェントまたはその他のすべての監視ソフトウェアを停止します。
    2. Forefront Security のインストール フォルダーやそのサブフォルダー、コマンド プロンプトまたは Windows エクスプ ローラーのウィンドウで開いていないことを確認してください。
    3. アップグレードまたはアンインストールが完了したら、MOM エージェントを再開します。
  • Fse の Exchange Server エンジンの更新は、Microsoft Web サイトからダウンロードするのには、独自のプロシージャを使用してお客様をサポートしていません。Forefront Security サーバーは再配布サーバーとして使用することができます。ただし、このサーバーはマイクロソフトから更新プログラムを入手して Forefront Security を使用する必要があります。
  • Fse Exchange Server データベースのパスの最大サイズは 216 文字をあります。データベース パスは、DatabasePath レジストリ エントリで構成されています。
  • インストール パスを変更する場合は、新しいパスが 170 よりも少ない文字が必要です。
  • エンジンの更新を指定する UNC パスに円記号 (\) は終了する必要があります。
  • Fse の Exchange Server がドメインのメンバーではないエッジ トランスポート サーバー上にインストールされると、InternalAddress の設定は空です。
  • サーバー、ドメイン コント ローラーの場合と Exchange Server リング メールボックスのみの役割でインストールされている場合は、通知、機能の [検疫セキュリティから配信] は機能しません。
  • UTF-8 形式のファイルからのフィルター リストのインポートはサポートされていません。
  • ファイル フィルタ リングを実行するのには、トランスポート スキャン ジョブを使用することをお勧めします。これは、リアルタイム スキャン ジョブでスキャンする前にトランスポートがストアからメールを取得できるためです。すべてのメールは、ハブ トランスポートの役割を使う必要がありますので、すべてのメッセージに同じフィルターが適用されます。
  • インストールして Forefront Security「リモート Exchange Server PowerShell 実行ポリシーに追加される署名」の既定の設定でのみ実行することができます。Fse では既定の設定を変更するのより制限の厳しいポリシーの「制限された」や"AllSigned"などはサポートされていません。
  • ために、キーワードを使用して不適切な用語をフィルターさまざまな言語でサンプルの一覧を含めました。これらのリストはオプションのコンポーネントを Exchange Server、Forefront Security のあり、個別にインストールする必要があります。
  • Fse のシングル ノード管理 Exchange Server の Forefront Server セキュリティ アドミニストレーターを使用して利用可能です。Forefront Security Exchange Server をマルチ サーバー管理は Forefront セキュリティ管理コンソールを使用して利用可能です。
  • Forefront Server セキュリティ管理クライアントでは、一貫したユーザー エクスペリエンスを提供するには、一様なロケール設定を使用する、サーバーを構成する必要があります。

    具体的には、サーバーが実行されているコンピューターのシステム ロケール設定をクライアントが実行されているコンピューターのユーザー ロケール設定に一致する必要があります。これら 2 つのロケールが一致しない場合は、接続は有効になっていません。
  • Exchange Server は、クラスター連続レプリケーション (CCR) クラスター上で Forefront Security をインストールすると、インストール先のパスの両方のノードで同じでなければなりません。
  • で、 全般オプション 作業時間パネルでは、 内部アドレス 設定は、64 キロバイト (KB) の文字に制限されます。
  • 既定では、Exchange Server を CCR クラスター上では、Forefront Security を実行すると、 再配布サーバー オプションを選択したは、 全般オプション インストール後の作業パネル。このオプションは、適切なエンジンのレプリケーションを選択しないでください。
  • Exchange Server で Forefront Security をアンインストールすると、Active Directory ディレクトリ サービスが正常に動作するのには、アンインストール プロセスをできます。
  • Exchange Server コンピューター上で Windows Server 2008 では、次のエラー メッセージのようなエラー メッセージを実行していることがありますの Forefront Security のインストールする場合、イベント ログに記録。
    エラーが発生したアプリケーションの setup.exe_InstallShield
    このメッセージは無視してかまいません。これは、システムには影響しません、InstallShield エラーです。
  • CA InoculateIT スキャン エンジンは、別のエンジンとして利用可能です。このエンジンとその機能、CA Vet エンジンとがマージされています。

Service pack に含まれている新機能

  • Windows Server 2008 のサポートが追加されました。
  • Microsoft Exchange Server 2007年サービス パック 1 (SP1) のサポートを追加されています。
  • IPv6 のサポートが追加されました。
  • という名前の新しいオプション マルチパート RAR アーカイブを壊れた圧縮ファイルとして扱う 追加されました、 全般オプション パネルを使用します。

    既定では、このオプションが有効になります。このオプションを有効にすると、Forefront Security がマルチパート RAR を判断するファイル"圧縮ファイル「ファイルとして扱われます。その後、これらのファイルによる処理が、 壊れた圧縮ファイルを削除します。 設定します。

    このオプションを無効にすると、Forefront Security Exchange Server は RAR ボリューム内の各ファイルがスキャン エンジンに渡します。

    メモ ファイルを RAR ボリュームに及ぶ場合は、Exchange Server リング、一部のファイルのみをスキャン エンジンに渡します。そのため、ファイルの種類のフィルタ リング動作しません。
  • という名前の新しいオプション 高圧縮 ZIP ファイルを壊れた圧縮ファイルとして扱う 追加されました、 全般オプション パネルを使用します。

    既定では、このオプションが有効になります。Zip アーカイブは圧縮率の高い 1 つ以上のファイルが含まれていることが判明した場合は、このオプションを有効にすると、zip アーカイブは壊れた"圧縮ファイルとして"扱われる次に、zip アーカイブによる処理が、 壊れた圧縮ファイルを削除します。 設定します。

    このオプションを無効にすると、Exchange Server リングの圧縮形式でスキャン エンジンに高度に圧縮された zip アーカイブ内の各ファイルが渡されます。Exchange Server リング、Deflated64、Bzip2、または PPMD アルゴリズムを使用してこれを行います。この例では、zip アーカイブ全体"壊れた"その他の圧縮率の高いアルゴリズムを使用して他のファイルの圧縮されていない限り、圧縮ファイルとして見なされません。
  • マイクロソフトの更新プログラムがサーバーになっていない場合は、インストール中に Microsoft 更新プログラムにオプトインするためのオプションが表示されます。
  • Forefront セキュリティのスケジュールされたタスクは、今すぐタスク スケジューラを使用して処理されます。それぞれの反復タスクが 1 つのスケジュールされたタスク、スケジュールされたタスクのユーザー インターフェイスとして表示されます。
  • プロファニティのキーワード セットアップ パッケージは、Forefront Security の Exchange Server インストールの一部として今すぐ配布されています。このパッケージを実行すると、ローカライズされた言葉・ キーワード ・ リストが抽出され、Forefront サーバー セキュリティのキーワード フィルタ リングを使用する管理者にインポートできます。
  • 新しい正常性状態監視イベント ログ エントリは、管理者のシステムの高レベルのビューを提供し、事前監視を行えるようにする追加されています。Forefront Security これらのログ エントリを使用して MOM アラートを生成する MOM パックが強化されています。
  • 新しい 製品のライセンス契約と有効期限 ダイアログ ボックスが追加されています。製品のライセンス認証とは、Microsoft 販売代理店から取得したライセンス情報を入力してください。

    製品のライセンスを取得する場合は、製品の有効期限、使用許諾契約書を揃えることができます。それ以外の場合は、期限はインストール日から 3 年間です。また、新しい有効期限を入力してライセンスを簡単に更新できます。

    Exchange Server の Forefront Security のライセンスを取得するには、次の手順を実行します。
    1. で、 ヘルプ メニューをクリックして Forefront Server を登録します。.既に製品を有効にしていない場合は、 製品のライセンス認証 ダイアログ ボックスが表示されます。
    2. 製品のライセンス情報を入力します。この操作を行うと、 製品のライセンス契約と有効期限 ダイアログ ボックスが表示されます。

      メモ Forefront Security Exchange Server は、のみアクティブにしたかどうかは、 製品のライセンス契約と有効期限 ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. 7 桁のライセンス契約番号] と [有効期限の日付を入力します。ライセンス契約の有効期限に対応する日付を入力する必要があります。これを行うと、製品のライセンス契約の有効期限が調整されます。
    製品の有効期限が近づいたら、ライセンス契約を更新し、新しいライセンス情報を入力する必要があります、 製品のライセンス契約と有効期限 ダイアログ ボックスです。

ソフトウェアの修正プログラム、service pack に含まれています。

  • サービス パックの Exchange Server リング Exchange Server Windows SharePoint Services 3.0 が同じサーバー上にインストールされている場合は、正常に起動できない問題を解決します。
  • Service pack は、Forefront Security Exchange Server は、シングル コピー クラスター環境で障害が発生する問題を解決します。 この問題の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    939365Exchange Server は、シングル コピー クラスター環境で障害が発生しました。
  • Service pack には修正プログラム プログラムのロールアップ 1 には Microsoft Fse には Exchange Server が含まれます。この修正プログラム ロールアップ パッケージには次の修正プログラムが含まれます。
    • 修正プログラムのロールアップは、Windows Server 2003 Service Pack 2 をインストールした後、Exchange Server サービスは開始されません、問題を解決します。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      936541Windows Server 2003 Service Pack 2 をインストールした後 Exchange サービスが開始されません。
    • 修正プログラム ロールアップは、Exchange のピックアップ フォルダーのパスを変更する場合は、Fse の Exchange Server で通知動作を停止する問題を解決します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      937542Exchange Server の通知を停止 Exchange ピックアップ フォルダーのパスを変更した場合の動作
    • 修正プログラム ロールアップ Exchange Server リング「CorruptedCompressedFile ウイルス」にメッセージを正しく識別し、メッセージが、ブロックの問題を解決します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      937543Exchange Server リング CorruptedCompressedFile ウイルスとしての無効な uuencode ヘッダー情報を含むメッセージを処理します。
    詳細については修正プログラム プログラムのロールアップ 1 を Microsoft Forefront Security Exchange Server は、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    936831Exchange Server の修正プログラムのロールアップ 1 の説明については、Microsoft Forefront Security
この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。明示、黙示、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

プロパティ

文書番号: 945572 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbregistry kbexpertiseadvanced kbmt fpe2010sweptdoesnotapply KB945572 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:945572
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com