Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーの更新プログラムの説明: (2008 年 2 月 12 日) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 946140 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトをリリースしました更新ビジネス用連絡先マネージャーの Microsoft Office Outlook 2007。 更新プログラムにより、変更について、および更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法について、更新プログラムの入手方法について情報もこの記載されています。

概要

この更新プログラムは、SQL Server サービスのスタートアップ動作を変更するサービスが Outlook 2007 用のビジネス用連絡先マネージャーで必要な場合にのみ開始ようにします。

詳細

更新プログラムの詳細

この更新プログラムにより加えられる変更

この更新プログラム、サービスが必要な場合にのみを開始する Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーでインストールされている SQL Server サービスを変更します。 この変更は、その SQL Server サービス、ビジネス用連絡先マネージャーの機能が使用されない場合は、コンピューターのリソースを使用することを防止します。

SQL Server サービスが開始初めて、ビジネス用連絡先マネージャー機能を使用すること。 進行状況バーは、SQL Server サービスが開始されているを表示する画面に表示します。

SQL Server サービスが停止自動的に、次の条件に該当する場合。
  • データは、ビジネス用連絡先マネージャーの機能で、フォームに追加されません。
  • Microsoft Office 会計 2007年や Office 会計 2008年がインストールされません。
  • Outlook 2007 を終了するとします。
次、ビジネス用連絡先マネージャー機能を使用すると、SQL Server サービスが再起動されます。

追加データをデータをビジネス用連絡先マネージャーで保存すると、SQL Server サービスは、コンピューターを起動するときに自動的に開始する設定されます。 サービスは、Outlook 2007 用のビジネス用連絡先マネージャーを終了した後にも、実行し続行されます。 この動作により、ビジネス用連絡先マネージャーの機能を必要、ときにすぐに SQL Server サービスが利用可能なことを確実できます。

メモ ビジネス用連絡先マネージャーの機能を Office 会計と SQL Server のインスタンスを共有するにこの更新プログラムで加えた変更が以外有効になります。 Office のアカウンティングがインストールされている場合、SQL Server サービス開始され、コンピューターが実行されている場合実行されます。

この更新プログラムが含まれているリリースされた更新済み

Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーの更新プログラムには、次の以前にリリースされた更新プログラムが含まれています。
935569Outlook 2007 ビジネス用連絡先マネージャーでを実行しているコンピューターで、2007 Office プログラムを起動すると、エラー メッセージ:「Office アプリケーション バージョンが一致しない」
941652Outlook 2007 の Service Pack 1 のビジネス用連絡先マネージャーの説明

既知の問題

更新プログラムはインストール後に発生するある既知の問題

コンピューターにこの更新プログラムをインストールする場合も Microsoft Office 言語パック 2007 がインストール、言語パックがされ Outlook 2007 用のビジネス用連絡先マネージャーが互換性のないになります。 更新この問題を解決するには、プログラムをインストール言語パック 2007年の 2008 年 2 月 12 日にリリースされた Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーの。 2008 年 2 月 12 日) を Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーの言語パック 2007年の更新に関する情報については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
946307Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーの言語パック 2007年の更新の説明: (2008 年 2 月 12 日) について

インストールの詳細

更新プログラムを入手してインストールする方法

Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーの更新プログラムは、「Microsoft ダウンロード センター」にあります。 この更新プログラムをダウンロードしてインストール手順と展開の戦略を取得するは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=91B81292-5D96-4438-B8B0-D9197D40B173

更新プログラムがインストール済みかどうかを確認する方法

この更新プログラムに、次のファイルが含まれています。
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン番号
BCMCommon.dll3.0.7311.0
BCMRes.dll3.0.7311.0
BCMRes.resources.dll3.0.7311.0
BusinessLayer.dll3.0.7311.0
Microsoft.BusinessSolutions.eCRM.OutlookAddIn.CSUtils.dll3.0.7311.0
Microsoft.BusinessSolutions.eCRM.OutlookAddIn.dll3.0.7311.0
Microsoft.BusinessSolutions.eCRM.DataSync.dll3.0.7311.0
Iris.Mapi.MessageStore.dll3.0.7311.0
BcmSqlStartupSvc.exe3.0.7311.0
StartupService.ini該当なし
この表に記載されているバージョンより新しいファイルがインストールされている場合は、この更新プログラムをインストールする必要はありません。 これらのファイルがインストールされているかどうかを確認するには、次の手順に従います。
Windows Vista
  1. 開始
    元に戻す画像を拡大する
     Start button
    ] をクリックし、 検索 を実行します。
  2. 検索の詳細 をクリックします。
  3. [ 場所 ] ローカル ハード ドライブ です。
  4. [ 名前 ] ボックスで、ファイルの名前を入力を 検索 をクリックします。
  5. [ファイルの一覧でファイルが保存されているを右クリックを プロパティ をクリックします。
  6. [ 全般 ] タブには、ファイルのファイル プロパティを調べます。
Windows XP この修正プログラム (Windows XP 英語版) の属性は次のとおりです
  1. 検索コンパニオンを起動します。 この場合 の開始 ] をクリックして [ 検索 ] をクリックします。

    メモ Windows デスクトップ サーチが起動したら場合、は、 検索コンパニオンを使用するにはここをクリック をクリックします。
  2. 検索結果ウィンドウで 検索コンパニオン ウィンドウで ファイルとフォルダーをすべて ] をクリックします。
  3. [ ファイル名のすべてまたは一部 ]、ファイルの名前を入力し、 [検索 します。
  4. [ファイルの一覧でファイルが保存されているを右クリックを プロパティ をクリックします。
  5. [ 全般 ] および [ バージョン ] タブで、ファイルのファイル プロパティを確認します。

.msp ファイルに関する管理者向け情報

更新プログラムは Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーで、フルファイル Microsoft Windows インストーラー ファイル (.msp ファイル) の構成されており。 .msp ファイルは自己解凍型実行可能ファイル、としてパッケージ化されています。 この更新プログラムでは、以下の.msp ファイルが配布されます。
BCM2007QFE-KB946140-FullFile-enu.msp

特定のコンポーネントを再インストールする機能 (管理者向け情報)

含まれているコマンドラインを実行できる更新した場合、管理者インストール ポイントとキャッシュおよび Outlook 2007 がクライアント コンピューターに再インストールするしの REINSTALL = [list of features] プロパティ。 このプロパティは、管理イメージから Outlook 2007 でビジネス用連絡先マネージャーの特定のコンポーネントを再インストールするかどうかを指定します。 Outlook 2007 のビジネス用連絡先マネージャーのアップデート、 [list of features] の値はのようです。
REINSTALL = ALL
2007 Office system の製品アップデートを配布する方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/Office/en-us/library/2ce70869-aa75-4a73-9c9b-8b74001f1c3c1033.mspx
最新の管理更新プログラムおよび Office 製品のすべてのバージョンの戦略的な展開リソースについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/office/bb267346.aspx

プロパティ

文書番号: 946140 - 最終更新日: 2008年2月12日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager
キーワード:?
kbdownload kbfix kbqfe kbupdate atdownload kbexpertisebeginner kbmt KB946140 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:946140
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com