Microsoft Dynamics CRM 4. 0 では、レポートを実行すると、エラー メッセージ:"エラーを報告します。 レポートを表示できません"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 946585 - 対象製品
Microsoft Dynamics の制限されたコンテンツが「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) のパブリック Web サイトで提供されています。 完全なコンテンツおよび追加リソースを Microsoft Dynamics を参照してください:

Dynamics 得意先
Microsoft Dynamics CustomerSource *
Dynamics パートナー
Microsoft Dynamics PartnerSource

* 顧客、ビジネスの準備完了の拡張計画、またはソフトウェアのように Microsoft Dynamics サービス計画がある必要があるアシュアランス
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 では、レポートを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラーを報告します。 レポートを表示することはできません。
また、次のイベントがレポート サーバーのログ ファイルに記録されます。
w3wp! 処理! 5! 12/10/2007年-15: 06: 18:: e エラー: スロー
Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.ReportProcessingException: データ ソース 'CRM' への接続を作成できません。
情報: Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.ReportProcessingException: データ ソース 'CRM' への接続を作成できません。 System.Data.SqlClient.SqlException--->: データベース"ログインで要求された MSCRM_CONFIG"を開けません。 ログインに失敗しました。
ログイン ユーザー < プレースホルダーは、アカウントを認証> できませんでした。.

原因

この問題を のために発生する authenticateを使用して アクセス許可を持っていない、Microsoft Dynamics CRM データ コネクタの Microsoft SQL Server レポート サービスであるアカウント に Microsoft CRM データベース 。

解決方法

この問題を解決するのには、Microsoft Dynamics CRM データベースにアクセスする の適切なアカウント権限を付与します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. であるアカウント を識別する、Microsoft Dynamics CRM データ コネクタによって Microsoft を認証する Microsoft SQL Server の使用 SQLServer 。

    Microsoft SQL レポート サービス 2005

    SQL レポート サービス 2005年のインスタンスで、Microsoft Dynamics CRM データ コネクタの Microsoft SQL Server レポート サービスがインストールされている場合は、、Microsoft Dynamics CRM データ コネクタ Microsoft SQL Server レポート サービス の SQL Server の を認証する インターネット インフォメーション サービス (IIS ) の ID として SQL レポート サービスによって使用される のアプリケーション プール。 SQL レポート サービスによって使用される IIS アプリケーション プールの ID を確認するのには、次の手順を実行します。
    1. SQL レポート サービス サーバーでは、、を スタート ボタン クリック して ポイント すべてのプログラム] をクリックして Microsoft SQL Server 2005構成ツール] をクリックし、[レポート サービスの構成] をクリックします。
    2. [レポート サーバー インストールのインスタンスの選択] で、Microsoft CRM のデータ コネクタの Microsoft SQL Server レポート サービスがインストールされている SQL レポート サービス インスタンスを選択し、[接続] をクリックします。
    3. Web サービスを明確にする] をクリックします。 ASP.NET サービス アカウントの値をメモします。 この 値 どのアカウントは、IIS の使用を示す SQL レポートでも、アカウント となるサービスによって使用されるアプリケーション プールを Microsoft Dynamics CRM データ コネクタの Microsoft SQL Server レポート SQL にそれを認証するときサービスによって使用される Server 。

    SQL レポート サービス 2008

    Microsoft Dynamics CRM データ コネクタの Microsoft SQL Server レポート サービスは、SQL レポート サービス 2008年インスタンスにインストールされている場合は、その SQL Server の に認証する として、SQL Server レポート サービスの Windows サービスを実行しているアカウント。 SQL サービスの Windows サービス レポート サーバーを実行しているアカウントを確認するのには、次の手順を実行します。
    1. SQL レポート サービス サーバーでは、、を スタート ボタン クリック して 管理ツール] をポイントし、[サービス] をクリックします。
    2. SQL Server レポート サービスのサービスと 値 [ログオン] 列に記載されているノートを検索します。
  2. Microsoft Dynamics CRM データベースにアクセスするには、適切なアカウント アクセス許可を付与します。
    私は f SQL レポート サービスと SQL Server の データベースと同じサーバーと の で識別されるアカウントがインストールされている tep 1 ネットワーク サービス 、以下の手順を実行します。
    1. SQL Server 管理 Studio を起動します。 、を スタート ボタンをクリックしてこれを行うには、と ポイントでは、[すべてのプログラムMicrosoft SQL Server 2005 をポイントし、[SQL Server 管理 Studio] をクリックします。
    2. セキュリティ] フォルダーを展開し、ログイン を展開し、NT AUTHORITY\NETWORK サービス を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. ユーザー マッピング] をクリックします。
    4. Organization_name _MSCRM] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。

      メモOrganization_name のプレースホルダーのプレースホルダーを実際の組織名です。
    5. [MSCRM_Config] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。
    6. [OK] をクリックします。


    は SQL レポート サービスと SQL データベースと同じサーバーと の で識別されるアカウントがインストールされている f tep 1 Local System 、以下の手順を実行します。
    1. SQL Server 管理 Studio を起動します。 これを行うには、、、を 開始 ボタンをクリックします。 と ポイントでは、[すべてのプログラムMicrosoft SQL Server 2005 には、をポイントし、[SQL Server 管理 Studio] をクリックします。
    2. セキュリティ] フォルダーを展開し、ログイン を展開し、NT AUTHORITY\SYSTEM、マウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. ユーザー マッピング] をクリックします。
    4. Organization_name _MSCRM] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。

      メモOrganization_name のプレースホルダーのプレースホルダーを実際の組織名です。
    5. [MSCRM_Config] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。
    6. [OK] をクリックします。


    私は f SQL レポート サービスと SQL Server の データベースが別々 のサーバーと の で識別されるアカウントがインストールされている tep 1 がネットワーク サービスまたはローカル システム 、以下の手順を実行します。
    1. a. Active Directory ユーザーとコンピューターを開き、SQL レポート サービス コンピューター アカウントは、Microsoft Dynamics CRM のインストールによって作成された SQLAccessGroup のメンバーであることを確認します。
    2. SQL Server 管理 Studio を起動します。 これを行うには、、、を 開始 ボタンをクリックします。 と ポイントでは、[すべてのプログラムMicrosoft SQL Server 2005 には、をポイントし、[SQL Server 管理 Studio] をクリックします。
    3. セキュリティ] フォルダーを展開し、ログイン を展開し、SQLAccessGroup、マウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    4. ユーザー マッピング] をクリックします。
    5. Organization_name _MSCRM] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。

      メモOrganization_name のプレースホルダーのプレースホルダーを実際の組織名です。
    6. [MSCRM_Config] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。
    7. [OK] をクリックします。


    場合は、次の手順を実行する SQL レポート サービスをドメイン ユーザー アカウントとして実行されています。
    1. Active Directory ユーザーとコンピューターを開き、手順 1 で識別されるユーザー アカウントは、Microsoft Dynamics CRM のインストールによって作成された SQLAccessGroup のメンバーであることを確認します。
    2. SQL Server 管理 Studio を起動します。 これを行うには、[スタート] をクリックして、すべてのプログラム] をポイントし、Microsoft SQL Server 2005 には、ポイントおよび [SQL Server 管理 Studio] をクリックします。
    3. セキュリティ] フォルダーを展開し、ログイン を展開し、SQLAccessGroup、マウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    4. ユーザー マッピング] をクリックします。
    5. Organization_name _MSCRM] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。

      メモOrganization_name のプレースホルダーのプレースホルダーを実際の組織名です。
    6. [MSCRM_Config] チェック ボックスをオンにし、[パブリック] チェック ボックスと [CRMReaderRole] チェック ボックスをオンにします。
    7. [OK] をクリックします。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
946289Microsoft Dynamics CRM 4. 0 では、レポートを実行すると、エラー メッセージ:「このレポートを表示できません」

プロパティ

文書番号: 946585 - 最終更新日: 2009年9月8日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsreports kbmt KB946585 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:946585
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com