最小限の必要なアクセス許可を持つ Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 946677 - 対象製品
制限 Microsoft Dynamics コンテンツは、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) のパブリック Web サイトに提供します。 Microsoft Dynamics の完全なコンテンツおよび追加リソースを参照してください:

Dynamics 顧客
Microsoft Dynamics CustomerSource *
Dynamics パートナー
Microsoft Dynamics PartnerSource

* 顧客などの拡張計画の準備完了にビジネス、ソフトウェア アシュアランス Microsoft Dynamics サービス プランがある必要がある
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここではユーザー Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするために必要な最小アクセス許可について説明します。

詳細

メモ
  • この資料で Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバーのすべての役割が同じコンピューターにインストールされていることを前提としています。
  • サーバーの役割の詳細については、実装ガイドを参照してください。
  • インストール中に、環境診断ウィザードが Microsoft Dynamics CRM をインストールしたユーザーが最小必要なアクセス許可でかどうかをチェックします。 最低限のアクセス許可が満たされない必要な場合は、エラー メッセージが表示されます。

インストール オプション

最小限の必要なアクセス許可を持つ Microsoft Dynamics CRM をインストールするときに、2 つオプションがあります。 Microsoft Dynamics CRM サーバー セットアップ プログラムのインストール中に、セキュリティ グループを作成できるようにします。 また、作成済みの Active Directory セキュリティ グループを使用することもできます。

またまたはが選択できます自動グループ管理機能をオンに、自動グループ管理機能をオフにします。 既定では、自動グループ管理機能は上になっています。 Microsoft Dynamics CRM では、必要な Microsoft Dynamics CRM セキュリティ グループにする、適切なユーザー アカウントと、適切なコンピューター アカウントに自動的に追加します。 を自動グループ管理オフにする Microsoft Dynamics CRM もは自動的に追加されませんこれらのアカウントです。 ここで、ドメイン管理者、または十分なアクセス許可を持つユーザーする必要があります、適切なユーザー アカウントと、適切なコンピューター アカウント グループに追加の必要です。 インストール後と、ユーザーが Microsoft Dynamics CRM に追加後これらの追加を行わなければなりません。

インストール オプション 1: Microsoft Dynamics CRM をインストールすると、Active Directory セキュリティ グループをセットアップ プログラムで作成

  1. ローカル管理者グループのメンバーとして Microsoft Dynamics CRM をインストールしたユーザーのユーザー アカウントを追加します。 これを行うには、手順、Microsoft Dynamics CRM サーバー、および Microsoft SQL Server を実行しているコンピューター。
    1. ローカル管理者のアクセス許可を持つユーザーとしてサーバーにログオンします。
    2. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ コンピューターの管理 ] の順にクリックします。
    3. システム ツール を展開します。
    4. [ ローカル ユーザーとグループ ] を展開します。
    5. [ グループ ] をクリックします。
    6. 管理者 を右クリックし、 プロパティ を実行します。
    7. Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーのアカウントを追加するには、[ 追加 ] をクリックします。
  2. SSRS (SQL Server レポート サービス) を手順 1 でアクセス許可を追加、サーバー以外のサーバーにインストールされている場合は、インストールを実行するユーザー アカウントのルート レベルで、コンテンツ管理者ロールを追加する必要があります。 インストールを実行するユーザー アカウントのサイト全体にわたるレベルで、システム管理者の役割を追加する必要があります。 これを行うには、手順、レポート サービス サーバー上で。
    1. Windows Internet Explorer] を起動し、次のサイトを実行。
      http://srsserver/reports
    2. [ プロパティ ] タブの [ 新しいロールの割り当て ] をクリックします。
    3. グループまたはユーザー名 ] ボックスに、[Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーのユーザー名を入力] を コンテンツ管理者 ] チェック ボックスを選択して [ OK ] をクリックします。

      メモ ユーザー名を入力する際は、次形式を使用します。
      domainname\ username
    4. [ サイトの設定 ] をクリックします。
    5. [ セキュリティ ] サイト全体にわたるセキュリティの構成 をクリックし、 新しいロールの割り当て
    6. グループまたはユーザー名 ] ボックスに、[Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーのユーザー名を入力] を システム管理者 ] チェック ボックスを選択して [ OK ] をクリックします。

      メモ ユーザー名を入力する際は、次形式を使用します。
      domainname\ username
  3. Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーのユーザー アカウントの次のアクセス許可に追加の Active Directory ディレクトリ サービスには、組織単位 (OU) この手順を実行する Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のインストール時にインストールを選択する OU の必要があります。

    アクセス許可
    • 読み取り
    • すべての子オブジェクトを作成します。
    アクセス許可の詳細
    • アクセス許可の読み取り
    • アクセス許可を変更します。
    • メンバーの読み取り
    • メンバーを書き込み
    アクセス許可を追加するには、次の手順に従います。
    1. ドメイン管理者の権限を持つユーザーとして、ドメイン コントローラーのサーバーにログオンします。
    2. 開始 管理ツール ]、[ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
    3. メニューの 表示 ] をクリックして 高度な機能 です。
    4. ナビゲーション ウィンドウで、OU を使用して Microsoft Dynamics CRM をインストールしたいを見つけます。 これを行うには、セキュリティ グループが含まれているノードにツリーを展開します。
    5. セキュリティ グループを右クリックして のプロパティ ] をクリックして [ セキュリティ ] タブをクリックします。
    6. グループ名またはユーザー名 ] では表示されている場合、Microsoft Dynamics CRM をインストールしたユーザーのユーザー アカウントをクリックします。 アカウントが表示されていない場合、[ユーザー アカウントを 追加 ] をクリックします。
    7. [ ことを許可する ] 列で、 すべてのの子オブジェクトの作成 アクセス許可のチェック ボックスをオンにします。

      メモ 既定では、" 読み取り "アクセス許可に [ 許可 ] チェック ボックスが選択されます。
    8. 高度 をクリックします。
    9. アクセス許可エントリ の一覧から [ 追加 ] をクリックし、Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーのユーザー アカウントを [ OK] をクリックします。
    10. [表示 適用先 ] ボックスの一覧 グループ オブジェクト
    11. [ 許可 ] 列の次のチェック ボックスをオンに。
      • アクセス許可の読み取り
      • アクセス許可を変更します。
    12. [ プロパティ ] タブをクリックします。
    13. [表示 適用先 ] ボックスの一覧 グループ オブジェクト
    14. [ 許可 ] 列の次のチェック ボックスをオンに。
      • メンバーの読み取り
      • メンバーの書き込み
    15. [OK を] を 3 回クリックします。
  4. Microsoft Dynamics CRM をインストールします。

インストール オプション 2: Microsoft Dynamics CRM をインストールすると、作成済みの Active Directory セキュリティ グループを使用します。

  1. Active Directory で、次のセキュリティ グループを作成します。
    • PrivUserGroup
    • PrivReportingGroup
    • ReportingGroup
    • SQLAccessGroup
    • UserGroup
    Active Directory でのセキュリティ グループを作成するには、次の手順を実行します。
    1. ドメイン管理者の権限を持つユーザーとして、ドメイン コントローラーのサーバーにログオンします。
    2. 開始 管理ツール ]、[ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
    3. ドメインのルートまたは Microsoft Dynamics CRM のインストールに使用する特定組織単位 (OU) には、"Active Directory ユーザーとコンピューターのツリーを展開します。
    4. ドメイン ルート、または OU を使用して、[ 新規作成 ] をクリックして [ グループ ] をクリックする右クリックします。
    5. [ グループ名 ] フィールドに、グループの名前を入力します。 たとえば、 PrivUserGroup を入力します。
    6. ドメイン機能レベルが、Windows Server 2003 または Microsoft Windows 2000 ネイティブ] の場合 ドメイン ローカル グループのスコープ 一覧の [します。 ドメイン機能レベルが Windows 2000 混在モード] の場合 グローバル グループのスコープ 一覧の [します。
    7. [ OK] をクリックします。
    8. 手順 1 d から各セキュリティ グループを作成するここで以前のバージョン 1 g までを繰り返します。
  2. ローカル コンピューターの管理者グループのメンバーとして Microsoft Dynamics CRM をインストールしたユーザーのユーザー アカウントを追加します。 この手順と、Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで SQL Server を実行しているコンピューターを完了する必要があります。
    1. ローカル管理者のアクセス許可を持つユーザーとしてサーバーにログオンします。
    2. 開始 管理ツール ]、[ コンピューターの管理 ] の順にクリックします。
    3. システム ツール の展開 ローカル ユーザーとグループ ] を展開し、[ グループ ] </a0> を展開します。
    4. 管理者 を右クリックし、 プロパティ を実行します。
    5. Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーのユーザー アカウントを追加するには [ 追加 ]、[ OK] をクリックします。
  3. SSRS (SQL Server レポート サービス) を手順 1 でアクセス許可を追加、サーバー以外のサーバーにインストールされている場合、インストールを実行するユーザー アカウントのルート レベルで、コンテンツ管理者ロールを追加します。 インストールを実行するユーザー アカウントのサイト全体にわたるレベルでのシステム管理者の役割を追加します。 これを行うには、手順レポート サービスが実行されているサーバーで。
    1. Internet Explorer を起動し、次のサイトを実行します。
      http://srsserver/reports
    2. [ プロパティ ] タブをクリックし、 新しいロールの割り当て を実行します。
    3. グループまたはユーザー名 ] ボックスに、[Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーの入力] を コンテンツ管理者 ] チェック ボックスを選択して [ OK ] をクリックします。

      メモ ユーザー名を入力する際は、次形式を使用します。
      domainname\ username
    4. [ サイトの設定 ] をクリックします。
    5. [ セキュリティ ] サイト全体にわたるセキュリティの構成 をクリックし、 新しいロールの割り当て
    6. グループまたはユーザー名 ] ボックスに、[Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーの入力] を システム管理者 ] チェック ボックスを選択して [ OK ] をクリックします。

      メモ ユーザー名を入力する際は、次形式を使用します。
      domainname\ username
  4. Microsoft Dynamics CRM のインストール中に作成される、Microsoft Dynamics CRM のセキュリティ グループを管理する場合は、次のアクセス許可をこのセクションで以前のバージョン 1 の手順で作成したセキュリティ グループに追加します。

    アクセス許可
    • 読み取り
    • 書き込み
    • 追加と削除メンバーとして自己
    アクセス許可の詳細
    • リストの内容
    • すべてのプロパティを読み取る
    • すべてのプロパティの書き込み
    • アクセス許可の読み取り
    • アクセス許可を変更します。
    • すべて検証された書き込み
    • 追加と削除メンバーとして自己
    アクセス許可を追加するには、次の手順 1. ここの前半で作成したセキュリティ グループごとに従います。
    1. ドメイン管理者の権限を持つユーザーとして、ドメイン コントローラーのサーバーにログオンします。
    2. 開始 管理ツール ]、[ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
    3. メニューの 表示 ] をクリックして 高度な機能 です。
    4. ナビゲーション ウィンドウで、セキュリティ グループにツリーを展開、セキュリティ グループを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックし、[ セキュリティ ] タブ。
    5. グループ名またはユーザー名 ] では表示されている場合、Microsoft Dynamics CRM をインストールしたユーザーのユーザー アカウントをクリックします。 アカウントが表示されていない場合、[ユーザー アカウントを 追加 ] をクリックします。
    6. [ 許可する ] 列で、 書き込み アクセス許可のチェック ボックスをオンにします。 この操作により、システムのチェック ボックスを自動的にオンに、 追加と削除メンバーとして自己 アクセス許可。

      メモ 既定では、" 読み取り "アクセス許可に [ 許可 ] チェック ボックスが選択されます。
    7. 高度 をクリックします。
    8. [ アクセス許可エントリ ] はして 編集 を [は、Microsoft Dynamics CRM をインストールしたユーザーのユーザー アカウントをクリックします。
    9. [ 許可] 列 [ に対する変更アクセス許可 ] チェック ボックスをクリックします。
    10. [OK を] を 3 回クリックします。
    メモ
    • 既定では、次のアクセス許可 設定は。
      • リストの内容
      • すべてのプロパティを読み取る
      • すべてのプロパティの書き込み
      • アクセス許可の読み取り
      • すべて検証された書き込み
      • 追加と削除メンバーとして自己
    • インストールの自動グループ管理オフにする場合は手順 4 を完了する必要はありません。
    • 自動グループ管理の詳細については、「Auto Group Management options
  5. まずログオン時、Microsoft Dynamics CRM をユーザーが Microsoft Dynamics CRM に追加するたびは、次の操作を行います。
    • ログオン、ユーザー アカウントを必要な権限を持つを使用します。
    • 手動で、ユーザーとコンピューター適切なセキュリティ グループに追加します。
  6. 作成済みの Active Directory セキュリティ グループを使用するには Microsoft Dynamics CRM をポイントする構成ファイルを作成します。 これを行うには、次の例にある構文を使用する XML 構成ファイルを作成します。 必要に応じて、変数を変更します。 サンプル コードを次のとおり、次の使用例にある変数を変更する方法です。

    次のサンプル コードで XML ファイル Config_precreate.xml と呼びます。 ドメイン名が microsoft.com です。 これらの名前は、使用する実際の名前を表します。 Active Directory 階層のとおりです。
    • ルート ドメイン
      • 会社名 OU
        • 会社名 OU
    サンプル コード
    <CRMSetup>
       <Server>
            <Groups AutoGroupManagementOff="true">
               	<PrivUserGroup>CN=PrivUserGroup,OU=Company Name,OU=Company Name,DC=<domain>,DC=<domain_extension></PrivUserGroup>
             	<SQLAccessGroup>CN=SQLAccessGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=<domain>,DC=<domain_extension></SQLAccessGroup>
               	<UserGroup>CN=UserGroup,OU=Company Name,OU=Company Name,DC=<domain>,DC=<domain_extension></UserGroup>
               	<ReportingGroup>CN=ReportingGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=<domain>,DC=<domain_extension></ReportingGroup>
    	<PrivReportingGroup>CN=PrivReportingGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=<domain>,DC=<domain_extension></PrivReportingGroup>
    	 </Groups>
        </Server>
    </CRMSetup>
    
    、次の置換値を用いての例ではパラメーターを変更します。
    • PrivUserGroup : PrivUserGroup セキュリティ グループの名前
    • SQLAccessGroup : SQLAccessGroup セキュリティ グループの名前
    • UserGroup : UserGroup セキュリティ グループの名前
    • ReportingGroup : ReportingGroup セキュリティ グループの名前
    • PrivReportingGroup : ReportingGroup セキュリティ グループの名前
    • ドメイン : ドメイン名
    • domain_extension : ドメイン拡張子には、
    メモ すべての構成ファイルのパラメーターとサンプルの詳細については、実装ガイドを参照してください。
  7. Microsoft Dynamics CRM サーバー インストールを実行します。 これを行うには、 開始 の実行 C:\ServerSetup.exe/config C:\configprecreate.xml ファイルを開く ボックスに入力 [ OK] をクリック します。

    メモ
    • "C:\ServerSetup.exe"は、インストール メディア上の ServerSetup.exe ファイルのパスを指します。
    • "C:\configprecreate.xml"は、名前と作成された構成ファイルのパスを参照します。

自動グループ管理オプション

自動グループ管理オプションは、適切なユーザーと適切なコンピューターをセキュリティ グループに追加される方法を決定する使用します。 Microsoft Dynamics CRM のユーザーとコンピューターに追加することができます。 または、Microsoft Dynamics CRM セキュリティ グループに適切なアクセス許可を持つユーザーことができます、ユーザーとコンピューターを追加して手動で。

自動グループ管理オプションのいずれかの次の方法を使用してください。 "false"に AutoGroupManagementOff オプションを設定する方法 1 を使用し、自動グループ管理に点灯します。 方法 2 を使用して"true"に AutoGroupManagementOff オプションを設定および無効になっている自動グループ管理があります。

メモ 自動グループ管理オプションは、作成済みの Active Directory セキュリティ グループを使用して Microsoft Dynamics CRM をインストールする場合にのみ使用できます。

方法 1:"false"に AutoGroupManagementOff オプションを設定します。

この設定は既定の設定であるため何も構成ファイルに追加する必要はありません。 ただし、次の手順は"false"する AutoGroupManagementOff オプションを設定する方法を例

次の例では、構文を使用する XML 構成ファイルを作成します。 必要に応じて、変数を変更します。 次の使用例は、変数を変更するには手順 6 でを参照して、"インストール オプション 2: 作成済みのアクティブを使用するディレクトリのセキュリティ グループ Microsoft Dynamics CRM をインストールすると"なガイドラインとしてセクション。

この例では、XML ファイル Config_precreate.xml と呼びます。 ドメイン名が microsoft.com です。 Active Directory 階層のとおりです。
  • ルート ドメイン
    • 会社名 OU
      • 会社名 OU
サンプル コード
<CRMSetup>
   <Server>
         <Groups>
	 <Groups autogroupmanagementoff="false">
           	<PrivUserGroup>CN=PrivUserGroup,OU=Company Name,OU=Company Name,DC=microsoft,DC=com</PrivUserGroup>
         	<SQLAccessGroup>CN=SQLAccessGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</SQLAccessGroup>
           	<UserGroup>CN=UserGroup,OU=Company Name,OU=Company Name,DC=microsoft,DC=com</UserGroup>
           	<ReportingGroup>CN=ReportingGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</ReportingGroup>
	<PrivReportingGroup>CN=PrivReportingGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</PrivReportingGroup>
	</Groups>
</CRMSetup>

方法 2:"true"を AutoGroupManagementOff オプションを設定します。

  1. 次の例にある構文を使用する XML 構成ファイルを作成します。 必要に応じて、変数を変更します。 次の使用例は、変数を変更するには手順 6 でを参照して、"インストール オプション 2: 作成済みのアクティブを使用するディレクトリのセキュリティ グループ Microsoft Dynamics CRM をインストールすると"なガイドラインとしてセクション。

    この例では、XML ファイル Config_manageoff.xml と呼びます。 ドメイン名が microsoft.com です。 Active Directory 階層のとおりです。
    • ルート ドメイン
      • 会社名 OU
        • 会社名 OU
    サンプル コード
    <CRMSetup>
       <Server>
             <Groups AutoGroupManagementOff="true">
               	<PrivUserGroup>CN=PrivUserGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</PrivUserGroup>
             	<SQLAccessGroup>CN=SQLAccessGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</SQLAccessGroup>
               	<UserGroup>CN=UserGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</UserGroup>
               	<ReportingGroup>CN=ReportingGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</ReportingGroup>
    	<PrivReportingGroup>CN=PrivReportingGroup,OU=Company Name,OU=Company Name, DC=microsoft,DC=com</PrivReportingGroup>
    	 </Groups>
        </Server>
    </CRMSetup>
    
  2. 次のグループのメンバーとして、適切なユーザー アカウントと、適切なコンピューター アカウントを追加します。

    メモ この手順に AutoGroupManagementOff オプションが設定する場合にのみ従う必要があります true とします。

    PrivUserGroup
    • CRMAppPool アプリケーション プールを使用するアカウント
    • ASP.NET プロセス モデルで使用するアカウント
    • Microsoft Dynamics CRM インストールを実行するユーザー アカウント
    • Microsoft Dynamics CRM Exchange のメール ルーターがインストールされるコンピューター アカウント
    ReportingGroup
    • (Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーを含む) すべての Microsoft Dynamics CRM ユーザー アカウント
    SQLAccessGroup
    • CRMAppPool アプリケーション プールを使用するアカウント
    • ASP.NET プロセス モデルで使用するアカウント
    UserGroup
    • (Microsoft Dynamics CRM のインストールはユーザーを含む) すべての Microsoft Dynamics CRM ユーザー アカウント
    PrivReportingGroup
    • Microsoft SQL Server レポート サービスの Microsoft Dynamics CRM データ コネクタがインストールされるコンピューター アカウント
    アカウントを追加するには、次の手順 [ボックスの一覧でグループごとに従います。
    1. ドメイン管理者の権限を持つユーザーとして、ドメイン コントローラーのサーバーにログオンします。
    2. 開始 管理ツール ]、[ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
    3. ナビゲーション ウィンドウで、セキュリティ グループが含まれているノードにツリーを展開、セキュリティ グループを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックし、 メンバー ] タブ。
    4. ユーザー アカウントを追加するには、[ 追加 ]、[ OK] をクリックします。 コンピューター アカウントを追加するには、[ オブジェクトの種類 ] をクリックして、 コンピューター 、チェック ボックスをオンをクリックし、[ OK] をクリックします。
  3. CRMAppPool アプリケーション プール アカウントを確認する使用は、次の Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで手順に従います。
    1. 開始 ] をクリックして [ 管理ツール ] をクリックして [ インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー ] をクリックします。
    2. コンピュータ名を展開します。
    3. アプリケーション プール を展開します。
    4. CRMAppPool をマウスの右ボタンでクリックして、[ プロパティ ] をクリックし、[ ID ] タブ。
    NetworkService アカウントとローカル システム アカウントは両方によって表されます「domainname\computername $」アカウント。 したがって、NetworkService アカウントまたはローカル システム アカウントをセキュリティ グループに追加する必要がある場合、は、「domainname\computername $」アカウントを追加する必要があります。

    構成可能な オプションが選択した場合は、指定されたユーザー アカウントをセキュリティ グループに追加する必要があります。 指定したユーザー アカウントは、テキスト ボックスに表示します。
  4. 確認する、ASP.NET プロセス モデルで使用するアカウントには、手順、Microsoft Dynamics CRM サーバー。
    1. Windows エクスプローラーで、次のフォルダーを開きます。
      C:\WINNT\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\CONFIG
    2. Machine.config を右クリックして、[ ファイルを開くアプリケーション ] をクリックして、[ メモ帳 ] をクリックします。
    3. 単語のテキスト内の「ユーザー名」を探します。 ファイルには、単語の複数のインスタンスが含まれます。 「ユーザー名」の 5 番目のインスタンスを検索するテキストがします。 「ユーザー名」の 5 番目のインスタンスの値は、ASP.NET プロセス モデルを使用するアカウントです。
    SYSTEM アカウントとコンピューター アカウントは両方によって表されます「domainname\computername $」アカウント。 したがってをセキュリティ グループには、システム アカウントまたはコンピューター アカウントを追加する必要がある場合、は、「domainname\computername $」アカウントを追加する必要があります。

    Machine.config ファイルで、ユーザー名が指定した場合は、指定されたユーザー アカウントをセキュリティ グループに追加する必要があります。

詳細

サービス アカウント

、Microsoft Dynamics CRM のインストール中に、セキュリティ アカウントの指定のページが表示されます。 このページで、セキュリティ アカウントとしてドメイン ユーザー アカウントを使用する選択できます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. パフォーマンス ログ Users ローカル グループにドメイン ユーザー アカウントを追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics CRM Server を実行するコンピューターで 開始 すべてのプログラム 、[ 管理ツール ] をクリックして [ コンピューターの管理 ] の順にクリックします。
    2. ローカル ユーザーとグループ を展開し、[ グループ ] を展開します。
    3. パフォーマンス ログのユーザー グループを右クリックして [ グループに追加 ] をクリックします。
    4. [ 追加 ] をクリックして、ドメイン ユーザー アカウントを入力し、 [OK] 2 回。
  2. ドメイン ユーザー アカウントで HTTP サービス プリンシパル名アカウントを作成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. インストールされていない場合は、Windows Server のサポート ツールをインストールします。

      メモ この手順は、Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで実行するがありません。 この手順は、ドメイン内の別のサーバーに実行できます。 ユーザー アカウントにサービス プリンシパル名 (SPN) を追加するアクセス許可を持つアカウントを使用してログオンする必要があります。
    2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後 Enter をしキーを押します。
      SETSPN ?a HTTP または crmservername: domain.comuseraccount
      SETSPN ?a HTTP/crmservernameuseraccount
    メモ crmservername のプレースホルダーは、Microsoft Dynamics CRM がインストールされるサーバーの名前です。 ドメインの名前を domain.com プレースホルダーに表します。 useraccount プレースホルダーは、Microsoft Dynamics CRM のインストール中に、サービス アカウントとして使用しているアカウントを表します。

関連情報

SPN を使用する方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
929650ホストする Web アプリケーションを IIS 6. 0 で構成するときの SPN の使用方法
ユーザーに Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で、展開の管理者に必要な最小限のアクセス許可の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
946686Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で、展開の管理者を最低限のアクセス許可を割り当てる方法

プロパティ

文書番号: 946677 - 最終更新日: 2009年9月8日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kbhowto kbtshoot kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbmbsinstallation kbmt KB946677 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:946677
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com