ルーティングされる複数のサブネットに Windows Server 2008 のフェールオーバー クラスタ ノードを展開する際の注意事項

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 947048 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、ルーティングされる複数のサブネットに Windows Server 2008 のフェールオーバー クラスタ ノードを展開する際の注意事項について説明します。このような展開を行うと、可用性の高いサービスまたはアプリケーションのフェールオーバーが発生したときに再接続で遅延が発生することがあります。

詳細

Windows Server 2008 のフェールオーバー クラスタで導入された新しい機能の 1 つとして、ルーティングされる複数のサブネットにクラスタ ノードを配置できる機能があります。このため、クライアント アクセス ポイント (CAP) 構成には、複数の IP アドレス リソースに依存するクラスタ ネットワーク名リソースが含まれます。この構成で使用されるクラスタのロジックでは、ネットワーク名リソースが依存している IP アドレス リソースのうち少なくとも 1 つが正常にオンラインになった場合に、そのネットワーク名リソースがオンラインになったかどうかが判定されます。

DNS サーバーで動的登録がサポートされている場合は、クラスタ ネットワーク名リソースがオンラインになると、そのリソースが DNS サーバーに登録されます。登録された A レコードまたは AAAA レコードには、以下の情報が含まれます。
  • 正常にオンラインになった IP アドレス リソースの IP アドレス情報
  • デフォルトの Time to Live (TTL) エントリ
デフォルトでは、少なくとも 24 時間に 1 回、レコードが更新されます。登録されているデフォルトの TTL は 20 分です。

クラスタ ネットワーク名リソースのデフォルトのプライベート プロパティの設定が原因で、可用性の高いアプリケーションまたはサービス グループのフェールオーバーが発生した後、クライアントがクラスタ リソースへの再接続を試行したときに遅延が発生することがあります。名前解決の動作を最適化するために、ネットワーク名リソースのプライベート プロパティを変更することができます。このように最適化することによって、フェールオーバー後のクライアントの再接続を高速化することができます。このような場合に役立つプライベート プロパティのデフォルトの設定を以下に示します。
元に戻す全体を表示する
プロパティ デフォルトの設定
HostRecordTTL 1200 (0x4b0) 秒
RegisterAllProvidersIP 0

  • HostRecordTTL : クライアントで DNS レコード情報がキャッシュされる期間。デフォルトでは 20 分です。
  • RegisterAllProvidersIP : この設定により、ネットワーク名リソースが依存する IP アドレスをすべて DNS に登録するか、正常にオンラインになった IP アドレス リソースのみを DNS に登録するかが決定されます。デフォルトでは、オンラインになった IP アドレス リソースのみを登録するように設定されています。
これらの設定を変更することは、クライアントの再接続に関する問題の解決に役立ちます。ただし、これにより DNS サーバーへのトラフィックが増加する可能性があります。変更可能で、フェールオーバー クラスタリングのコンテキスト内で制御されないのは、DNS ゾーン情報のレプリケーションです。ただし、フェールオーバー クラスタリングのコンテキスト内で制御されない DNS ゾーン情報のレプリケーションに関するシナリオについては、組織内の DNS ゾーン レプリケーションの変更が可能な人たちと共に検討する必要があります。

関連情報

DNS と動的更新の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/ja/library/e760737e-9e55-458d-b5ed-a1ae9e04819e1041.mspx?mfr=true
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
816592 Windows Server 2003 で DNS 動的更新を構成する方法
246804 Windows 2000 および Windows Server 2003 で DNS 更新を有効/無効にする方法

プロパティ

文書番号: 947048 - 最終更新日: 2008年2月8日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbexpertiseinter kbhowto kbinfo KB947048
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com