Exchange 2007 環境では、Exchange 2007 Service Pack 1 を適用した後ユーザーは Outlook Web Access にログオンできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 947168
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

CAS プロキシ シナリオである場合は、Exchange 2007 SP2 では、CAS サーバーをアップグレードする場合、リリース ノートを Exchange 2007 SP2 で推奨されているインターネット フェーシング CAS サーバーをアップグレードした後、ユーザーは OWA にログオンすることできなくなります、アップグレードされた CA サーバーのアプリケーション ログに、次のエラー メッセージが表示されます。:

イベント種類: エラー
イベント ソース: MSExchange OWA
イベントの分類: プロキシ
イベント ID: 46
説明:
クライアント アクセス サーバー"https://mail.domain.com/owa"バージョン「8.1.240.5」、Exchange を実行して、クライアント アクセス サーバーへのプロキシ Outlook Web Access のトラフィックします。"[8.0.685.24] のバージョンの Exchange を実行 servername.domain.com"。確認するのには信頼性の高い相互運用性は、プロキシ クライアント アクセス サーバーする必要があります。クライアント アクセス サーバーより新しいバージョンの Exchange を実行していることプロキシを設定します。プロキシ クライアント アクセス サーバーの新しいバージョンを実行している場合Exchange プロキシを設定するには、プロキシ クライアントがクライアント アクセス サーバーはアクセス サーバーは、Outlook Web Access リソース フォルダー (たとえば、する必要があります。「<exchange server="" installation="" path="">) \ClientAccess\owa\8.0.498.0」は、含まれているすべての同じバージョンのリソースへのクライアント アクセス サーバーとファイルプロキシです。Outlook Web Access のプロキシを実行している場合不一致のサーバー バージョンでは、手動でコピーできるこの [リソース] フォルダーには、クライアント アクセス サーバーへのプロキシ</exchange>。

原因

この問題が発生するため更新のインターネット フェーシング CASOutlook Web Access コントロールと同じディレクトリにはありませんがユーザーの場合内部フェーシング CAS指示別の CA にプロキシを経由します。場合は、常に更新することをお勧めインターネット フェーシング CAS 最初。その後、内の他のすべての CASs を更新、組織です。

解決方法

この問題を解決するには、同じ Exchange 2007 をインストールします。インターネット上にインストールされている更新先の CA のCA。

回避策

Service Pack 1 を適用した後、コントロール ディレクトリの以前のバージョンからは削除されます。内部の直面している CA に、同じ更新プログラムを適用することができない場合は、手動でコントロール ディレクトリ内部フェーシング CAS からインターネット フェーシング CAS にコピーすることによってこの問題を回避を操作できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. インターネット フェーシング CAS にログオンします。
  2. ネットワーク ドライブには、次のパスにマップ、内部フェーシング CAS:
    <server installation="" path=""></server>\ClientAccess\OWA フォルダー
  3. インターネット上でエクスプ ローラーを開くCA。
  4. マップされたネットワーク ドライブを参照します。
  5. Outlook Web Access を開く内部フェーシング CAS に配置されているフォルダーです。
  6. という名前のフォルダーが表示されます、[8]。x では実装されていなかったために発生します.xxx.xx形式です。
  7. 最高の右クリックします。[8]。x では実装されていなかったために発生します.xxx.xxフォルダーとクリック コピー.
  8. Windows エクスプ ローラーで、[次のパスを参照、インターネット フェーシング CAS:
    <server installation="" path=""></server>\ClientAccess\OWA フォルダー
  9. Outlook Web Access] フォルダーを右クリックしをクリックしてください貼り付け.
インターネット フェーシング CAS は最高コントロール ディレクトリが必要コピー先の CA の存在です。インターネット フェーシング CAS は最高コントロール ディレクトリ プロキシがあるない場合失敗します。
元に戻す全体を表示する
Exchange 20078.0.685.24
Exchange 2007 の更新プログラム ロールアップ 18.0.700.0
Exchange 2007 の更新プログラムのロールアップ 28.0.709.0
Exchange 2007 の更新プログラムのロールアップ 38.0.730.1
Exchange 2007 の更新プログラムのロールアップ 48.0.744.0
Exchange 2007 の更新プログラムのロールアップ 58.0.752.0
Exchange 2007 Service Pack 18.1.240.5

詳細

コントロールのディレクトリをコピーするのには、この回避策を使用する場合インターネット CA の最新で導入されている新機能更新プログラムで同じアクティブ メールボックスのみを利用できます。ディレクトリのサイトです。場合は、プロキシには、Outlook Web Access は、Exchange 2007 SP1 の CA を持つ要求には、非-Exchange 2007 SP1 CA、Exchange 2007 SP1 の新機能そのユーザーが使用できるはできません。

プロパティ

文書番号: 947168 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB947168 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:947168
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com