文書番号: 947311 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、ネットワーク上の共有フォルダー、Windows XP SP3 CD、または Microsoft ダウンロード センターから Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールするために必要なハード ディスク領域について説明します。この資料は、中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

次のいずれかのバージョンの Windows XP を既に搭載している 1 台以上のコンピューターに、Windows XP SP3 をインストールすることができます。
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Home N
  • Windows XP Home Edition K
  • Windows XP Home Edition KN
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005
  • Windows XP Pro Edition K
  • Windows XP Pro Edition KN
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Professional N
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005

詳細

開始する前に

重要: この資料に記載されているハード ディスク領域に加えて、コンピューターの最初のプライマリ システム パーティションには、30 MB のハード ディスクの空き領域も必要です。最初のプライマリ システム パーティションは、Windows の起動に必要なハードウェア固有のファイルが格納されているディスク ボリュームです。たとえば、プライマリ システム パーティションには、Ntldr ファイル、Boot.ini ファイル、および Ntdetect.com ファイルが格納されています。

1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールする場合は、複数のインストール方法から選択できます。Service Pack をどこからインストールするかに応じて、それぞれの方法では必要な空き領域が異なります。
  • ネットワーク上の共有フォルダーから 1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするには、「ネットワーク上の共有フォルダーから Windows XP SP3 をインストールする場合に必要なハード ディスク領域」のセクションに進んでください。
  • Windows XP SP3 CD から 1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするには、「Windows XP SP3 CD から Windows XP SP3 をインストールする場合に必要なハード ディスク領域」のセクションに進んでください。
  • Microsoft ダウンロード センターから 1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするには、「Microsoft ダウンロード センターから Windows XP SP3 をインストールする場合に必要なハード ディスク領域」のセクションに進んでください。
  • ローカル ネットワーク経由で複数のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするには、UNC (Universal Naming Convention) モードのインストールを使用します。UNC モードを使用すると、ローカル ネットワークからインストール ファイルを実行することにより、ローカル コンピューター上の領域を節約することができます。UNC モードを使用して Windows XP SP3 をインストールする場合、ローカル コンピューター上で Windows XP SP3 ファイルを抽出するために通常は必要であるハード ディスク領域を節約できます。
  • UNC モードを使用してローカル ネットワークから複数のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするには、「複数のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールする」のセクションに進んでください。

1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするために必要なハード ディスク領域

次の表に、1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするために必要なハード ディスク領域を示します。Service Pack をどこからダウンロードまたはインストールするかに応じて、およびシステムの復元を有効にするか無効にするかに応じて、必要な領域は異なります。

: 表の説明、および Windows XP SP3 をインストールするために必要になる場合がある詳細情報については、「注」セクションを読むことを推奨します。

ネットワーク上の共有フォルダーから Windows XP SP3 をインストールする場合に必要なハード ディスク領域

ネットワーク上の共有フォルダーから Windows XP SP3 をインストールするには、次の表に示す最小限の領域の要件をコンピューターが満たしていることを確認します。
元に戻す全体を表示する
システムの復元機能が有効 システムの復元機能が無効
作業領域80 MB80 MB
Windows XP SP3 を削除するファイル256 MB256 MB
必要なハード ディスク領域の合計インストール後 1020 MB
インストール中の最大使用時に 1100 MB
インストール後 380 MB

インストール中の最大使用時に 460 MB

Windows XP SP3 CD から Windows XP SP3 をインストールする場合に必要なハード ディスク領域

Windows XP SP3 CD から Windows XP SP3 をインストールするには、次の表に示す最小限の領域の要件をコンピューターが満たしていることを確認します。
元に戻す全体を表示する
システムの復元機能が有効 システムの復元機能が無効
作業領域280 MB480 MB
Windows XP SP3 を削除するファイル256 MB256 MB
必要なハード ディスク領域の合計インストール後 1485 MB
インストール中の最大使用時に 1765 MB
インストール後 750 MB

インストール中の最大使用時に 1230 MB

Microsoft ダウンロード センターから Windows XP SP3 をインストールする場合に必要なハード ディスク領域

Microsoft ダウンロード センターから Windows XP SP3 をインストールするには、ネットワーク上の共有フォルダーから Windows XP SP3 をインストールする場合の、最低でも 1500 MB の空きハード ディスク領域があることを確認してください。

アクティブ パーティションに 700 MB しか空きハード ディスク領域がない場合でも、コンピューター上の別のパーティションで 800 MB の空きハード ディスク領域が使用できるコンピューターには、安全に Windows XP SP3 をインストールすることができます。800 MB のディスク領域は、主に抽出された Service Pack ファイルを含む一時フォルダーを格納するために使用されます。

1 台のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするための注意事項
  • これらの表に含まれる数値は、推定値です。使用するシステムは大きく異なる可能性があります。そのため、これらの数値はどのくらいの空き領域が必要となるのかをユーザーに示すガイドラインを表しています。
  • これらの表の「作業領域」は、インストール処理中にのみ使用されるファイルのために必要なハード ディスク領域を表しています。作業領域の要件は一時的なものであり、必要なハード ディスク領域の合計には含まれません。
  • %Windir%\SoftwareDistribution\Temporary_folder_name フォルダーの実際のサイズは約 600 MB です。
  • これらの表の「Windows XP SP3 を削除するファイル」は、Service Pack のインストール中に変更されるファイルおよび設定を格納するために使用されるハード ディスク領域を表しています。Service Pack のインストール中、自動的にファイルをバックアップできます。これらのファイルは、将来 Service Pack を削除するときに必要です。
  • Windows Update Web サイトから入手できる Windows XP SP3 のダウンロード サイズは約 70 MB です。ただし、ダウンロード サイズは、既にコンピューターにインストールされている更新プログラムに応じて大きくなる場合があります。

複数のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールするために必要なハード ディスク領域

ローカル ネットワーク経由で複数のコンピューターに Windows XP SP3 をインストールする場合は、UNC (Universal Naming Convention) モードのインストールを使用できます。

UNC モードのインストールを使用して Windows XP SP3 をインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. Windows XP SP3 の CD の内容をネットワーク上の共有フォルダーにコピーします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. cmd」と入力し、Enter キーを押します。
  4. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    windowsxp-kb936929-sp3-x86-enu.exe /x:shared folder name
    : このコマンドの shared folder name は、Windows XP SP3 を抽出するネットワーク上のフォルダーの名前です。
  5. ネットワーク上の共有フォルダーで [更新] フォルダーを見つけて、ダブルクリックします。

    : [更新] フォルダーは、[i386] フォルダーの下にあります。
  6. Update.exe ファイルをダブルクリックし、Windows XP SP3 をインストールします。
何らかの理由により上記の手順でインストールできなかった場合は、次のリンクをクリックしてサポートに問い合わせてください。

関連情報

Windows XP Service Pack 1 に必要なハード ディスク容量の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
326583 Windows XP Service Pack 1 に必要なハード ディスク容量
Windows XP Service Pack 2 に必要なハード ディスク容量の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
837783 Windows XP Service Pack 2 のインストールに必要なハード ディスクの空き領域
Windows XP オペレーティング システムのシステム要件の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
314865 Windows XP オペレーティング システムのシステム要件

プロパティ

文書番号: 947311 - 最終更新日: 2013年6月10日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbhowto kbinfo KB947311
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com