Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールした後、Microsoft Dynamics CRM Web サイトのポートを更新します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 947423 - 対象製品
制限 Microsoft Dynamics コンテンツは、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) のパブリック Web サイトに提供します。 Microsoft Dynamics の完全なコンテンツおよび追加リソースを参照してください:

Dynamics 顧客
Microsoft Dynamics CustomerSource *
Dynamics パートナー
Microsoft Dynamics PartnerSource

* 顧客などの拡張計画の準備完了にビジネス、ソフトウェア アシュアランス Microsoft Dynamics サービス プランがある必要がある
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールした後、Microsoft Dynamics CRM Web サイトのポートを更新する方法について説明します。

メモ Microsoft Dynamics CRM Web サイト ポートを更新した後新しい Web サイト ポート情報を使用する Microsoft Office Outlook、Microsoft Dynamics CRM のデータ移行マネージャー、および Microsoft Dynamics CRM Exchange のメール ルーターには、Microsoft Dynamics CRM クライアントを更新する必要があります。 詳細については、参照、新しい Microsoft Dynamics CRM Web サイトの URL の影響を受けるコンポーネントを更新する"してください。

詳細

重要です このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。 ただし、深刻な問題のレジストリを誤って変更する場合が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 追加の保護、するため、レジストリのバックアップを変更する前に。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 バックアップおよびレジストリを復元する方法の詳細についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法

これらの手順をに従って、Microsoft Dynamics CRM Web サイトのポートを更新、ください。

メモ
  • この資料で同じコンピューターにすべての Microsoft Dynamics CRM Server ロールがインストールされていることを前提としています。 サーバーの役割の詳細については、Microsoft Dynamics CRM 実装ガイドを参照してください。 実装ガイドをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=104413
  • この資料に"http://"<crmserver> http://<crmserver>:5555 から Microsoft Dynamics CRM Web サイトの URL を更新することを想定しています: 81。 これも http://<crm> を http://<crm>.<domain>.com:5555 からインターネットに接している展開 (IFD) URL を更新します。 <domain>.com: 81。
  1. Microsoft Dynamics CRM Web サイト ポート インターネット インフォメーション サービス (IIS) で更新します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 inetmgr と入力して [OK] をクリックします。
    2. サーバー を展開しと展開 のコミュニティ します。
    3. Microsoft Dynamics CRM Web サイトを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
    4. Web サイト ] タブで、[には、TCP ポート番号の 81 を入力して、 [OK] をクリックします。
  2. Microsoft Dynamics CRM Server のレジストリ サブキーを更新します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM
    3. ServerUrl レジストリ エントリを右クリックして [ 変更 ] をクリックします。
    4. [ 値のデータ フィールド、 81 を入力します。

      メモ 次のよう、更新された値。
      http://<crmserver>:81/MSCRMServices
    5. [ OK] をクリックします。
    6. LocalSdkPort レジストリ エントリを右クリックして [ 変更 ] をクリックします。
    7. [ 基本 ] セクションでは 10 進数 クリックします。 [ 値のデータ ] フィールドで 81 をに入力します。
    8. [ OK] をクリックします。
  3. 展開の構成ツールをダウンロードします。 これを行うには、次の手順に従います。

    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    949079 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の Microsoft Dynamics CRM の展開構成ツールの使用方法
    1. 展開の構成ツールを抽出して、CRM サーバー上の場所に配置します。
    2. MSCRM_Config および OrgName_MSCRM データベースをバックアップします。
    3. コマンド プロンプトにを Microsoft.crm.deploymentconfigtool.exe ファイルが格納されているディレクトリにパスを入力して [webapprootdomain addresssettings 更新 - この setting:
      microsoft.crm.deploymentconfigtool addresssettings update -webapprootdomain:<NewConnection> 
      microsoft.crm.deploymentconfigtool addresssettings update -sdkrootdomain:<NewConnection>
      メモ プレースホルダーの <NewConnection>、http://、""という URL の先頭にない URL を表します。 ステートメントは、ような following:
      microsoft.crm.deploymentconfigtool addresssettings update -webapprootdomain:crmserver:81 
      microsoft.crm.deploymentconfigtool addresssettings update -sdkrootdomain:crmserver:81
      メモ IFD URL を設定することも、DeploymentProperties テーブル内の 2 つの複数列を変更する必要があります。 このため、実行以下の statements:
      microsoft.crm.deploymentconfigtool ifdsettings update -sdkrootdomain:<domain>.com:81 
      microsoft.crm.deploymentconfigtool ifdsettings update -webapprootdomain:<domain>.com:81
  4. Microsoft Dynamics CRM の非同期処理サービスを再起動します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 services.msc と入力して [OK] をクリックします。
    2. Microsoft CRM 非同期処理サービス を右クリックし、 再起動 します。
  5. 新しい URL を使用して、Microsoft Dynamics CRM Web アプリケーションにログオンします。

新しい Microsoft Dynamics CRM Web サイトの URL によって影響を受けるコンポーネントを更新します。

Outlook、Microsoft Dynamics CRM のデータ移行マネージャー、および Microsoft Dynamics CRM Exchange のメール ルーターが、新しい Microsoft Dynamics CRM Web サイトの URL を使用するには、Microsoft Dynamics CRM クライアントを更新する必要があります。

Outlook の Microsoft Dynamics CRM クライアント

Outlook に新しい URL を使用するために Microsoft Dynamics CRM クライアントを更新をするには、次の方法のいずれか使用します。

方法 1: 各クライアントの構成ウィザード ユーティリティを実行が
  1. 開始 プログラム Microsoft Dynamics CRM 4. 0 ] をクリックして [ 構成ウィザード ] をクリックします。
  2. 構成ウィザード] ユーティリティで手順を実行し、Microsoft Dynamics CRM Server の新しい URL を入力します。

    メモ IFD URL を設定している場合は 同じ Web アドレスを使う ] チェック ボックスをオフがあります。 これを行うと、インターネット経由で Microsoft Dynamics CRM Web サイトにログオンすると、新しい IFD URL を使用します。
方法 2: 各クライアント コンピューター上のレジストリ サブキーを更新する
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\MSCRMClient
  3. 以下のレジストリ エントリを右クリックし、[ 変更 ] をクリックし、更新されたポート番号を入力して、値をし更新します。
    • IntranetDiscoveryUrl
    • IntranetServerUrl
    • IntranetWebAppUrl
    • PlatformRoot
    メモ IFD URL を設定する場合は、更新されたポート番号を入力して、次のレジストリ エントリを更新する必要があります。
    • ExtranetDiscoveryUrl
    • ExtranetServerUrl
    • ExtranetWebAppUrl

Microsoft Dynamics CRM Exchange のメール ルーター

Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターに、新しい URL を使用する更新は、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、 [プログラム ] をクリックして、 Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーター ] をクリックし、 Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターの構成マネージャー
  2. [ 配置 ] タブで、新しい URL を使用する Microsoft Dynamics CRM サーバーを使用設定されているすべての展開を更新します。
  3. 変更を保存する 発行 ] をクリックします。

Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャー

新しい URL を使用する Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーを更新するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: アンインストールして、Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャー再インストール

方法 2: Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーがインストールされている各コンピューター上のレジストリ サブキーを更新する
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Data Migration Wizard
  3. 以下のレジストリ エントリを右クリックし、[ 変更 ] をクリックしておよび更新されたポート番号を入力して値を更新しするには。
    • DiscoveryUrl
    • ExtranetDiscoveryUrl
    • IntranetDiscoveryUrl
    • IntranetServerUrl
    • IntranetWebAppUrl
    • ServerUrl
    • WebAppUrl
    メモ
    • [会社名 オプション Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーでを有効にした場合、URL はイントラネット URL です。 次のようこの URL:
      http://<crmserver>:81
    • IFD 展開と Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーで 、オンライン サービス プロバイダー のオプションを有効にする場合は、URL は、IFD URL。 次のようこの URL:
      http://<crm>.<domain>.com:81
メモ
  • を Microsoft Dynamics CRM Web サイトで、hostheader を更新したい場合は、「関連情報」のセクションのレジストリ サブキーおよび SQL Server データベース列を更新すべて手順を実行します。
  • SQL Server レポート サービスの Microsoft Dynamics CRM コネクタはサーバーの URL の情報がレジストリに格納しないため、更新はありません。

プロパティ

文書番号: 947423 - 最終更新日: 2009年9月8日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kbhowto kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsinstallation kbmt KB947423 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:947423
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com