Internet Explorer 自動コンポーネント アクティベーション (IE ACA) プレビュー 2 の更新プログラムをクリックをアクティブにする」の動作を無効にするには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 947518 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Internet Explorer 自動コンポーネントのアクティブ化 (IE ACA) 更新プログラムをクリックをアクティブにする」2006 年 4 月に最初にリリースされた Internet Explorer の ActiveX 更新プログラムの動作が無効になりますがリリースされます。この更新プログラムは、マイクロソフト サポート技術情報 912812 に説明しました。この IE ACA プレビュー 2 の更新プログラムには、次の製品に影響します。
  • Windows XP Service Pack 2 (SP2) 用の Internet Explorer 6 の IE ACA プレビュー
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) 用の Internet Explorer 6 の IE ACA のプレビュー
  • Windows Server 2003 の SP1、Itanium ベースのバージョンの Internet Explorer 6 の IE ACA のプレビュー
  • Windows Server 2003 x 64 ベースのバージョンの Internet Explorer 6 の IE ACA のプレビュー
  • Windows XP Professional x64 Edition の Internet Explorer 6 の IE ACA のプレビュー
  • Windows Server 2003 SP2 の Internet Explorer 6 の IE ACA のプレビュー
  • Windows XP SP2 の Windows Internet Explorer 7 の IE ACA のプレビュー
  • Windows Server 2003 SP1 の Internet Explorer 7 の IE ACA のプレビュー
  • Windows Server 2003 SP2 の Internet Explorer 7 の IE ACA のプレビュー
  • Windows Vista の Internet Explorer 7 の IE ACA のプレビュー

詳細

IE ACA プレビュー 2 の更新プログラムを展開するときに更新プログラム 944533 に含まれている Internet Explorer の ActiveX 更新プログラムの動作をクリックをアクティブにする」が無効になります。その他のセキュリティ更新プログラムは更新プログラム 944533 に含まれているがまだ存在しているがまだ機能.

この IE ACA プレビュー 2 の更新プログラムのみをテスト コンピューターに展開することを強くお勧めします。2008 年 4 月に予定されている Internet Explorer の累積的な更新プログラムの動作をクリックをアクティブにする」を完全に削除されます。Internet Explorer の動作をクリックをアクティブにする」を削除して既存の Web ページへの変更は不要です。また、この動作を削除するは新しいページを作成する開発者向けの新しいアクションは不要です。以前をクリックをアクティブにする」の動作を必要とするすべてのページは、ユーザーが ActiveX コントロールを手動で有効が必要なくなった。ActiveX コントロールをクリックをアクティブにする」の動作にこの変更は以前と同様に機能することが続けます。

注意

ユーザーは、更新プログラム 944533 (セキュリティ情報 MS08-010) を適用する Internet Explorer をコンピューターに IE ACA プレビュー 2 更新プログラムを展開する必要があります。この手順により、コンピューターが最新のセキュリティ修正プログラムと必要な機能があります。更新プログラム 944533 に適用せず、IE ACA プレビュー 2 の更新プログラムを適用するは Internet Explorer が正常に機能するとは限りません。

削除をクリックをアクティブにする」の動作の互換性のリスクはないと考え、当社のパートナーは、アプリケーションの互換性の問題をテストして、Microsoft のサポートが見つかったすべての問題を報告するお勧めします。アプリケーションが"クリック"動作アクティブにするを削除した後も正常に機能すると予想されます。

Web ブラウザーのホスト

次のようなハード コーディングされたアプリケーションは、オプトインのアプリケーション動作をクリックをアクティブにする」をしなくなります。
  • Windows エクスプ ローラー
  • Internet Explorer
  • MSN エクスプ ローラー
  • AOL のエクスプ ローラー
  • AOL 8.0
  • AOL 9.0
  • CompuServe 2000
  • 目的
  • NetCaptor
  • Browse3D
  • Macromedia Dreamweaver
  • Macromedia を投稿します。
  • Netscape 8 のレンダリング エンジンとして Internet Explorer を使用する場合
IE ACA プレビュー 2 の更新プログラムを適用した後をクリックをアクティブにする」動作を有効にする次のレジストリ サブキーが使用されなく。
HKEY_LOCAL_MACHINE (or HKEY_CURRENT_USER)\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_ENABLE_ACTIVEX_INACTIVATE_MODE
対話型コントロールのブロックを有効にするのには、DOCHOSTUI フラグを使用してをクリックをアクティブにする」の動作を有効にするのには、Web オブジェクト コントロール (WebOC) または MSHTML をホストするアプリケーションを続行できます。これには、次の例に示すように、DOCHOSTUIFLAG_ENABLE_ACTIVEX_INACTIVATE_MODE フラグを受け取る構造体のdwFlagsパラメーターに追加します。
HRESULT GetHostInfo(DOCHOSTUIINFO *pInfo) { ... pInfo->cbSize = sizeof(DOCHOSTUIINFO); pInfo->dwFlags = { Other DOCHOSTUIFLAGs } | DOCHOSTUIFLAG_ENABLE_ACTIVEX_INACTIVATE_MODE; ... return S_OK; }

展開

Web サイトをテストするには、アプリケーションの機能をテストするには、だけのコンピューターにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

ユーザーは、更新プログラム 944533 (MS08-010) を適用する Internet Explorer をコンピューターに IE ACA プレビュー 2 更新プログラムを展開する必要があります。この手順は、コンピューターが最新の必要な機能とセキュリティ修正プログラムであることを確認します。

再起動の必要性

IE ACA プレビュー 2、更新プログラムのインストール時に Mshtml.dll ファイルが使用されている場合は、コンピューターを再起動する必要があります。

ダウンロード情報

更新プログラムの情報

次のファイルは、microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Windows XP 用の Internet Explorer 6
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
IE 自動コンポーネント アクティブ プレビューを Internet Explorer の Windows XP Service Pack 2 (KB947518) パッケージを今すぐダウンロードします。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
IE 自動コンポーネント アクティブ プレビューを Internet Explorer Windows XP x64 Edition (KB947518) パッケージを今すぐダウンロードします。
Windows Server 2003 用の Internet Explorer 6
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビューを Internet Explorer 6 パッケージの Windows Server 2003 (KB947518) の。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビューを Internet Explorer 6 パッケージの Windows Server 2003 64 ビット Itanium 版 (KB947518) の。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビュー Internet Explorer 6 の Windows Server 2003 x 64 エディション (KB947518) パッケージです。
Windows XP 用の Internet Explorer 7
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビューの Internet Explorer 7 パッケージを Windows XP Service Pack 2 (KB947518) の。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビュー Internet Explorer 7 の Windows XP x64 Edition (KB947518) パッケージを今すぐ。
Windows Server 2003 用の Internet Explorer 7
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビューの Internet Explorer 7 パッケージを Windows Server 2003 (KB947518) の。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビュー Internet Explorer 7 の Itanium エディションの Windows Server 2003 の 64 ビット パッケージのようになりました。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビュー Internet Explorer 7 の Windows Server 2003 x 64 エディション (KB947518) パッケージです。
Internet Explorer 7 で Windows Vista
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビュー Internet Explorer 7 の Windows Vista (KB947518) パッケージです。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード IE 自動コンポーネントのアクティブ化のプレビュー Internet Explorer 7 では Windows Vista x64 Edition (KB947518) パッケージです。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
Windows XP SP2 の Internet Explorer 6
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 6.0.2900.3294 3,059,712 17-1 月-08 1:24x86 SP2 SP2G
Mshtml.dll 6.0.2900.3294 3,066,880 17-1 月-081:24x86 SP2 SP2Q
Windows Server 2003 SP1 および SP2 x 86 ベース バージョンの Windows Server 2003 用の Internet Explorer 6
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 6.0.3790.3072 3,156,992 17-1 月-089:17x86 SP1 SP1G
Mshtml.dll 6.0.3790.3072 3,160,064 17-1 月-089:17x86 SP1 SP1Q
Mshtml.dll 6.0.3790.4219 3,133,952 17-1 月-089:17x86 SP2 SP1G
Mshtml.dll 6.0.3790.42193,136,000 17-1 月-089:17x86 SP2 SP1Q
Windows Server 2003 SP1 および Windows Server 2003 SP2 は、x64 ベースのバージョンの Internet Explorer 6
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 6.0.3790.3072 5,999,104 17-1 月-0812:18該当なし SP1 SP1G
Wmshtml.dll 6.0.3790.3072 3,156,99217-1 月-0812:22x86 SP1 WOW
Mshtml.dll 6.0.3790.3072 6,003,712 17-1 月-0812:19該当なし SP1 SP1Q
Wmshtml.dll 6.0.3790.30723,160,064 17-1 月-0812:22x86 SP1 WOW
Mshtml.dll 6.0.3790.4219 6,003,712 17-1 月-0812:28該当なし SP2 SP1G
Wmshtml.dll 6.0.3790.4219 3,133,95217-1 月-0812:28x86 SP2 WOW
Mshtml.dll 6.0.3790.4219 6,007,808 17-1 月-0812:18該当なし SP2 SP1Q
Windows Server 2003 SP1 および SP2 は、Itanium ベース バージョンの Windows Server 2003 用の Internet Explorer 6
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 6.0.3790.3072 9,367,040 17-1 月-0812:21IA-64 SP1 SP1G
Wmshtml.dll 6.0.3790.3072 3,156,992 17-1 月-0812:23x86 SP1 WOW
Mshtml.dll 6.0.3790.3072 9,376,256 17-1 月-0812:22IA-64 SP1 SP1Q
Wmshtml.dll 6.0.3790.3072 3,160,064 17-1 月-0812:24x86 SP1 WOW
Mshtml.dll 6.0.3790.4219 9,377,280 17-1 月-0812:26IA-64 SP2 SP2G
Wmshtml.dll 6.0.3790.4219 3,133,952 17-1 月-0812:27x86 SP2 WOW
Mshtml.dll 6.0.3790.42199,383,936 17-1 月-0812:18IA-64 SP2 SP2Q
Wmshtml.dll 6.0.3790.42193,136,000 17-1 月-0812:20x86 SP2 WOW
Internet Explorer 7 で Windows Vista
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 7.0.6000.16628 3,592,192 15-1 月-08 6:21x86 [なし] GDR
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 3,593,728 15-1 月-08 6:21x86 [なし] LDR
Mshtml.dll 7.0.6000.16628 5,677,568 15-1 月-08 6:22Amd64 [なし] GDR
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 5,679,616 15-1 月-08 6:22Amd64 [なし] LDR
Mshtml.dll 7.0.6000.16628 5,677,568 15-1 月-08 6:22x64 [なし] GDR
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 5,679,616 15-1 月-08 6:22x64 [なし] LDR
Windows XP SP2 の Internet Explorer 7
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 7.0.6000.16628 3,592,192 17-1 月-0812:01x86 SP2 SP1G
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 3,593,728 17-1 月-0812:01x86 SP2 SP1Q
SP1 および sp2 は、Windows Server 2003 用の Internet Explorer 7 と Windows Server 2003 の Internet Explorer 7
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時間 プラットフォーム SP の要件 区分
Mshtml.dll 7.0.6000.16628 3,592,192 17-1 月-08 12:12x86 SP1 または SP2 GDR
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 3,593,728 17-1 月-08 12:12x86 SP1 または SP2 QFE
Mshtml.dll 7.0.6000.16628 5,677,568 16-1 月-08 8:43x64 SP1 または SP2 GDR
WMshtml.dll 7.0.6000.16628 3,592,192 16-1 月-088:43x64 SP1 または SP2 WOW
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 5,679,616 16-1 月-088:36x64 SP1 または SP2 QFE
WMshtml.dll 7.0.6000.207533,593,728 16-1 月-088:37x64 SP1 または SP2 WOW
Mshtml.dll 7.0.6000.1662810,051,58416-1 月-088:40IA-64 SP1 または SP2 GDR
WMshtml.dll 7.0.6000.166283,592,192 16-1 月-088:40IA-64 SP1 または SP2 WOW
Mshtml.dll 7.0.6000.20753 10,056,192 16-1 月-088:36IA-64 SP1 または SP2 QFE
WMshtml.dll 7.0.6000.207533,593,728 16-1 月-088:36IA-64 SP1 または SP2 WOW

x64 ベース バージョンの Windows のためのテクニカル サポート

ハードウェアに Microsoft Windows x64 エディションがインストールされた状態で付属する場合、Windows x64 エディションのテクニカル サポートおよび技術支援はハードウェアの製造元が提供します。この場合、Windows x64 エディションがハードウェアに含まれていたものであるため、ハードウェアの製造元がサポートを提供します。ハードウェアの製造元を固有のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストール カスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネントには、特殊なデバイス ドライバーや、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するための追加設定などが含まれている場合があります。マイクロソフトは、Windows x64 エディションでテクニカル ヘルプがある必要がある場合の合理的なサポートを提供します。ただし、製造元へ直接問い合わせる必要がある場合もあります。製造元がハードウェアにインストールしたソフトウェアについては、製造元が最も適したサポートを行えます。など、Windows Server 2003 x 64 edition、Windows x64 エディションを別々 に購入した場合はマイクロソフト テクニカル サポートに問い合わせます。

Windows XP Professional x64 Edition の製品情報は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
Windows Server 2003 の x64 ベースのバージョンの製品については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/default.mspx
この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 947518 - 最終更新日: 2013年9月21日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1
    • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
    • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • Windows Internet Explorer 7 for Windows XP
  • Windows Internet Explorer 7 for Windows Server 2003
  • Windows Internet Explorer 7 in Windows Vista
キーワード:?
atdownload kbfix kbpubtypekc kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt KB947518 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:947518
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com