システム センターの Data Protection Manager の 2007 年に DPM 保護エージェント サービスを開始できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 947682
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft システム センター Data Protection Manager 2007年における DPM 保護エージェントを展開した後、DPM 保護エージェント サービス、保護対象のサーバーを開始できません。(保護されたサーバーの保護グループのメンバーであるデータ ソースを含むサーバーです)。

さらに、保護されたサーバー上のシステム ログに次のイベントが記録されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 7024
作成日: 日付
時刻: 時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明:
DPMRA サービスはサービス固有エラー 10048 (0x2740) で終了しました。

原因

この問題は、次のいずれかの発生します。
  • 別のプロセスには、TCP ポート 5718 と TCP ポート 5719 を使用しています。DPM 保護エージェント サービスによっては、これら 2 つのポートが必要です。
  • TCP ポート 5718 と TCP ポート 5719 はファイアウォール アプリケーションまたはファイアウォール デバイスは、コンピューター上のファイルを開くされません。

解決方法

解決方法 1

この問題を解決するには、必要な TCP ポートを使用しているプロセスを検索します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    netstat ano > netstat.txt
    tasklist > tasklist.txt
    tasklist/svc > svclist.txt
    メモ この手順が、コマンドの出力は、 netstat コマンドおよび タスク一覧 コマンド書き込むテキスト ファイルに出力をより簡単に確認できるようにします。実行、 タスク一覧 コマンドと共に、 /svc 必要なポートを使用しているプロセスをサービスとして実行中のために切り替えます。
  2. 手順 1 で生成されたテキスト ファイルを開きます。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    メモ帳 netstat.txt
    tasklist.txt のメモ帳
    メモ帳 svclist.txt
  3. Netstat.txt ファイルでは、TCP ポート 5718 と TCP ポート 5719 の対応するエントリを検索します。各エントリは、プロセス id (PID) を確認します。
  4. Tasklist.txt ファイルでは、プロセスに必要なポートを使用しているを確認するには、3 のステップで見つけた、Pid を探します。Tasklist.txt ファイルでは、Pid が見つからない場合は、Svclist.txt ファイルでは、Pid を探してください。
  5. プロセスに必要なポートを使用しているを見つけると、その他の利用可能なポートを使用するのには、対応するプログラムを構成します。プログラムのポートを変更することはできませんまたはプログラム ポートを動的に使用している場合は、プログラムを停止する必要があります。
メモ 別のアプリケーションがポート (5718 および 5719) を使用している場合は、ポートを変更できません。この例では、SetAgentcfg.exe ツールを代わりに使用できます。このツールは、DPM エージェントを使用してポート既定値を変更するのにはことができます。

DPM エージェントによって使用されるポートを変更するには、この問題が発生している保護されているコンピューターで次の手順をに従ってください。再割り当て、ポートが別のアプリケーションによって使用されていないがかどうかを確認します。
  1. DPM サーバーから SetAgentcfg.exe ファイルを探します。既定では、ファイルが次のパスであります。
    %PROGRAMFILES%\Microsoft DPM\DPM\Setup\SetAgentCfg.exe
  2. この問題が発生している、保護されたコンピューターにファイルをコピーします。エージェントの DPM\Bin ディレクトリにファイルをコピーします。既定では、ファイルが次のパスであります。
    %PROGRAMFILES%\Microsoft データ保護 Manager\DPM\bin
  3. 問題が発生している、保護されたコンピューターで、管理者のコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  4. コマンド プロンプトで、SetAgentCfg.exe ファイルをコピーしたディレクトリに変更します。たとえば、次のディレクトリを変更します。
    %PROGRAMFILES%\Microsoft データ保護 Manager\DPM\bin
  5. DPM エージェントによって使用されるポートを変更するのには、次のコマンドを実行します。
    SetAgentCfg e dpmra<port number=""> <alternate port="" number=""></alternate></port>
  6. DPMRA サービスを再起動します。
次の手順この問題が解決しない場合は、ファイアウォールがこれらのポートを確認することを必要とするかどうかを確認します。次に、手動でポートを開きます。

解決方法 2

5718 および 5719 TCP ポートを予約するには、以下の Microsoft サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている手順に従います。
812873 Ephemeral ポートは、Windows Server 2003 または Windows 2000 Server を実行しているコンピューター上の範囲を予約する方法

詳細

Data Protection Manager 2007年と保護されたサーバーの TCP ポート 5718 と TCP ポート 5719 を同期や回復などの Data Protection Manager の操作を有効にする接続を開きます。Microsoft Exchange システム アテンダント サービスが実行されているサーバーで保護されている現在の問題に発生します。このサービスは、TCP ポートを動的に使用します。このサービスは、必要なポートのいずれか必要があります。

Data Protection Manager 2007年は次のポートを使用します。
  • TCP 135 を動的
  • ユーザー データグラム プロトコル (UDP) 53
  • UDP 88
  • TCP 88
  • UDP 137
  • UDP 138
  • TCP ポート 139
  • TCP 389
  • UDP 389

その他の情報

プロパティ

文書番号: 947682 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB947682 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:947682
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com