Windows サーバー更新サービス 3.0 Service Pack 1 パッケージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 948014
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトは Microsoft Windows の service pack をリリースしましたServer Update Services (WSUS) の 3.0。この資料でには方法についての情報が含まれています。サービスを発行するサービス パックとのリストを取得する方法を取得するには修正プログラムをパックします。また、この資料には問題に関する情報が含まれていますについての情報、サービス パックをインストールすると、発生可能性があります。service pack がインストールされているかどうかを判断する方法。

詳細

入手して、WSUS 3.0 Service Pack 1 (SP1) をインストールする方法

次に、ファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードWSUS 3.0 Service Pack 1 パッケージ今すぐです。

詳細についてはマイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

プログラムのアンインストール情報

、使用できません。 追加またはプログラムを削除します。 コントロールパネルを削除ためだけ WSUS 3.0 Service Pack 1 を削除するのにはすべての WSUS 3.0 もします。

Service pack で修正される問題

  • 一括承認の更新が既存の承認が上書きされません。代わりに、新しい対象グループの承認今すぐ更新を一括します。一括承認、古いターゲット グループの既存の承認が上書きされません。既定では、一括承認承認されていない更新プログラムの承認の既存セットに追加します。
  • 計算するときに省略可能な承認と見なされる重複するターゲット グループの有効な承認。必要な承認は、省略可能な承認は、次のシナリオでより優先されます。
    • コンピューターが複数のターゲット ・ グループのメンバーです。
    • 省略可能な承認対象グループのいずれかの更新プログラムが承認されます。
    • 以上の深さのターゲット グループ ツリーでは、他のターゲット グループの少なくとも 1 つの必要な承認は、同じ更新プログラムが承認されます。
    メモ 「必要に応じて」に、WSUS Api を使用することをお勧めWSUS 3.0 SP1 とされていないの重要な更新プログラムまたはセキュリティ更新プログラムを承認する更新プログラムを承認します。更新します。

    など、要求の承認更新 X にグループがあるとA とグループ B の省略可能な承認コンピューターがグループ A に属している場合は、クライアント コンピューター上で、省略可能なグループ B に更新プログラムが表示されます。ターゲットグループは同じレベルでは、必要な承認は常に"win する必要があります。"です。
  • コンピューターの詳細なステータス レポートを Excel に適しています。
  • 構成ウィザードでプロキシ サーバーのパスワード場合を維持します。1 つは、アップグレードする前に設定されています。
  • 別のプロキシ サーバーおよびポートのサポートが提供されます。SSL トラフィックをします。
  • 自動圧縮を有効にするパフォーマンスを提供します。SUSDB。
  • クライアント更新プログラムに基づいているの Windows エラー報告(博士)。
  • 多数が表示されたら、[プリンターの追加ウィザードが動作します。Windows Update からドライバー。

Service pack がインストールされているかどうかを確認する方法

「Windows Server Update Services 3.0 SP1」を探す 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルのや プログラム ファイル、および機能 コントロール パネルのします。「Windows Server の更新プログラムのサービス 3.0 SP1」表示されていない場合[service pack がインストールされていません。

WSUS 3.0 SP1 の強化点

WSUS 3.0 SP1 には、以下の強化された機能が含まれます。
  • Windows Server 2008 のサポートを追加します。
  • サービスが新しいクライアント API を追加します。
    • クライアントの登録をサポートします。
    • カテゴリ別の更新プログラムのフィルターと分類
    • 適用規則拡張メカニズム
    • パッケージ メタデータおよびレポート ステータスを更新します。クライアント
  • ローカル公開用の追加の機能強化。サポートドライバーのベンダーが提供のカタログを使用して、エンタープライズ内の発行します。この API は、バンドルおよび前提条件をサポートしています。
  • 発行されているすべての修正プログラムが含まれています、WSUS 3.0 のリリースです。
  • パフォーマンス向上します。これは、WSUS サーバーとリモートの間のインライン データ圧縮が含まれます管理コンソールです。

    メモ Windows Server 2008 では、動的な有効にします。インターネット インフォメーション サービス (IIS) の圧縮します。

WSUS 3.0 SP1 パッケージを更新します。

WSUS3.0 SP1 は、Windows Update で使用可能です。パッケージの動作は次のとおりです。
  • すべての以前のバージョンの WSUS を開始 WSUS のアップグレードが発生します。2.0 WSUS 3.0 の元のバージョンから。Windows Server 2003 SP1 を実行しているコンピューターでは WSUS 3.0 の元のバージョンを実行するかそれ以降のバージョン。
  • すべてのアップグレードには、ユーザーとの対話が必要です。
  • この service pack のパッケージには WSUS 3.0 は以前の更新プログラムより優先されます。
  • リモートを使用して、すべての WSUS インストールのアップグレードSQL Server のインストールがブロックされます。これは手動のアップグレード プロセスです。
  • 以前のバージョンを実行している WSUS のアップグレードWindows Server 2008 ではサポートされていません。
  • System Center Essentials 1.0 の元のバージョンは、WSUS 3.0 SP1 にアップグレードされません。これの今後のリリースで対応しますSystem Center Essentials。
メモ "WSUS 2.0 SP1"と"WSUS 2.0 クライアントの自動更新を WSUS2.0 SP1"パッケージが期限切れします。これらの更新プログラムが利用できます。次のマイクロソフト Web サイト:
http://www.microsoft.com/downloads/Search.aspx

WSUS 3.0 SP1 の既知の問題

  • インストール中に、エラー メッセージが表示される:「レジストリ値を SmtpUserPassword から SMTP_USERPASSWD プロパティを設定できませんでした (エラー 0x800700EA: 追加データがあります。)"

    現象

    このパッケージのインストール中に、%temp%\Wsussetup.log ファイルで次のようなエラー メッセージが表示されます。
    エラー MWUSSetup の CUpgradeDriver::PerformPresetupActions: SmtpUserPassword レジストリ値から SMTP_USERPASSWD のプロパティを設定できませんでした (エラー 0x800700EA: 追加データがあります)。
    原因

    簡易メール転送プロトコル (SMTP) の 11 文字より長いパスワードに失敗したために発生します。WSUS 3.0 SP1 にアップグレードが失敗するがあります。WSUS でのパスワードのローカル ・ コピーはコピーされません。

    回避策

    この問題を回避するには、一時的にローカルに保存された変更します。パスワードを WSUS 3.0 SP1 アップグレードを実行して、パスワードを変更に使用される元のパスワードをSMTP アカウントです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 管理ツール、し Microsoft Windowsサーバー サービス 3.0 を更新します。.
    2. 選択する] をクリックします。 オプション、し、クリックしてください。 電子メールによる通知.
    3. で、 電子メール サーバー タブで入力します。12 未満の文字でパスワードを指定します。
    4. クリックしてください。 [OK] パスワードを保存します。

      メモ このパスワードが SMTP が無効になるために、テストを使用しません。アカウントです。
    5. WSUS 管理ツールを終了します。
    6. WSUS 3.0 SP1 アップグレードを実行します。
    7. WSUS 3.0 SP1 へのアップグレードを成功すると、パスワードを変更します。元のパスワードに戻します。

プロパティ

文書番号: 948014 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB948014 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:948014
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com