WSUS 関連 Web サービスが Windows Server 2003 ベースのコンピューターを Windows Server 2008 にアップグレードすると作業停止ことがあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 948139
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。Windows Server の更新サービス (WSUS) 3.0 Service Pack 1 (SP1) がインストールされている Windows Server 2003 ベースのコンピューターは、あります。コンピューターを Windows Server 2008 にアップグレードします。このシナリオでは、WSUS 関連 Web サービス動作を停止可能性があります。

WSUS 管理コンソールにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー: 接続エラー

WSUS サーバーに接続しようとするとしてエラーが発生しました。このエラーは、次のようなさまざまな理由で発生します。サーバーとの接続を確認してください。問題が解決しない場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

サーバ ・ ノード、サーバー接続をリセット] をクリックします。
さらに、クリックすると、 エラーをクリップボードにコピーします。は、次のエラー情報が表示されます。
WSUS 管理コンソール、リモート API 経由で WSUS サーバーに接続できませんでした。

更新サービス サービスを IIS および SQL サーバー上で実行ことを確認します。問題が解決しない場合は、IIS、SQL、および、更新サービス サービスを再起動してください。

WSUS 管理コンソールに予期しないエラーが発生しました。一時的なエラーの可能性があります。管理コンソールを再起動してください。このエラーが引き続き発生する場合は、

Wsus %appdata%\microsoft\mmc\ ファイルを削除することによって、コンソールの持続的な環境設定を削除してください。

System.IO.IOException--ハンドシェイクに失敗しました、予期しないパケット形式にします。

ソース
システム

スタック トレース:
System.Net.Security.SslState.StartReadFrame (バイト バッファー、Int32 readBytes AsyncProtocolRequest asyncRequest) は
System.Net.Security.SslState.StartReceiveBlob (バイト バッファー、AsyncProtocolRequest asyncRequest) は
System.Net.Security.SslState.CheckCompletionBeforeNextReceive (メッセージの ProtocolToken、AsyncProtocolRequest asyncRequest) は
System.Net.Security.SslState.StartSendBlob (byte[] を受信、Int32 カウント、AsyncProtocolRequest asyncRequest) は
System.Net.Security.SslState.ForceAuthentication ブール型 receiveFirst、バイト バッファー (AsyncProtocolRequest asyncRequest) は
System.Net.Security.SslState.ProcessAuthentication (LazyAsyncResult lazyResult) は
System.Net.TlsStream.CallProcessAuthentication (オブジェクトの状態) で
System.Threading.ExecutionContext.runTryCode (オブジェクトの userData) は
System.Runtime.CompilerServices.RuntimeHelpers.ExecuteCodeWithGuaranteedCleanup (TryCode コード、CleanupCode backoutCode オブジェクトの userData) は
System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック オブジェクトの状態) で
System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック オブジェクトの状態) で
System.Net.TlsStream.ProcessAuthentication (LazyAsyncResult 結果) にSystem.Net.TlsStream.Write (バイト バッファー、Int32 オフセット Int32 のサイズ) に
System.Net.PooledStream.Write (バイト バッファー、Int32 オフセット Int32 のサイズ) に
System.Net.ConnectStream.WriteHeaders (ブール型非同期) に
** この例外は、次の例外の内部入れ子が **

System.Net.WebException - 基になる接続が閉じられました: 送信時に予期しないエラーを発生します。

ソース
Microsoft.UpdateServices.Administration

スタック トレース:
Microsoft.UpdateServices.Administration.AdminProxy.CreateUpdateServer (オブジェクトの args) で
(サーバー名の文字列、ブール値の useSecureConnection、Int32 のポート番号) での Microsoft.UpdateServices.Administration.AdminProxy.GetUpdateServer
(サーバー名の文字列、ブール値の useSecureConnection、Int32 のポート番号) での Microsoft.UpdateServices.UI.AdminApiAccess.AdminApiTools.GetUpdateServer
Microsoft.UpdateServices.UI.SnapIn.Scope.ServerSummaryScopeNode.GetUpdateServer (PersistedServerSettings 設定) で
Microsoft.UpdateServices.UI.SnapIn.Scope.ServerSummaryScopeNode.ConnectToServer() で
Microsoft.UpdateServices.UI.SnapIn.Scope.ServerSummaryScopeNode.ConnectToServerAndPopulateNode (Boolean connectingServerToConsole) は
Microsoft.UpdateServices.UI.SnapIn.Scope.ServerSummaryScopeNode.OnExpandFromLoad (SyncStatus ステータス) に
WSUS サーバーでインターネット インフォメーション サービス (IIS) のログをチェックすると、HTTP 要求が失敗したことと、HTTP 405 エラーを生成することを確認します。ログ行に、次のようになります。
#Fields: date time s-ip cs-method cs-uri-stem cs-uri-query s-port cs-username c-ip cs(User-Agent) sc-status sc-substatus sc-win32-status time-taken
2008-02-07 19:48:09 fe80::2ddc:2f84:4cfe:6bf3%10 POST /ApiRemoting30/WebService.asmx - 80 <username> fe80::2ddc:2f84:4cfe:6bf3%10 Mozilla/4.0+(compatible;+MSIE+6.0;+MS+Web+Services+Client+Protocol+2.0.50727.1433) 405 0 1 0
メモ 次のパスは、IIS ログ ファイルの既定の場所です。
%SystemDrive%\Inetpub\Logs\Logfiles\w3svc1

原因

この問題は Windows Server 2003 を Windows Server 2008 にアップグレードすると、ハンドラー マッピングを IIS 7.0 で既定の Web サイト、.asmx ファイル名拡張子のマッピングを含んでいないために発生します。この現象は、Microsoft ASP も起こります。NET は、IIS 7.0 にインストールされます。

Windows Server 2008 では、WSUS 3.0 SP1 のセットアップ プログラムの WSUS の仮想ディレクトリのスクリプト マッピングは追加されません。代わりに、WSUS 3.0 SP1 をスクリプト マッピングで既定の Web サイトに依存しています。場合によっては、Windows Server 2003 を Windows Server 2008 にアップグレードすると、必要はありません .asmx のスクリプト マッピングで既定の Web サイト。そのため、WSUS 関連 Web サービス動作を停止可能性があります。

回避策

この問題を回避するには、[ASP] をアンインストールします。NET で IIS の役割サービスと、サービス マネージャーを使用して、サービスを再インストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 管理ツール、し サーバー マネージャー.
  2. 展開 ロール、し Web サーバー (IIS).
  3. で、 役割サービス セクションをクリックしてください [役割サービスの削除.
  4. 無効にする、 ASP。NET チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  5. クリックしてください。 削除.
  6. 削除処理を完了するには、待機し、 閉じる.
  7. 同じ 役割サービス セクションをクリックしてください [役割サービスを追加します。.
  8. 有効にする、 ASP。NET チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  9. クリックしてください。 インストール.
  10. インストール処理を完了するには、待機し、 閉じる.

詳細

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
948014Windows サーバー更新サービス 3.0 Service Pack 1 パッケージ

プロパティ

文書番号: 948139 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB948139 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:948139
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com