Windows Server 2008 の評価期間を延長する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 948472 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2008 の評価期間を延長 (再取得) する方法について説明します。評価期間は "ライセンス認証の猶予" 期間とも呼ばれます。この資料の手順は、評価版を含め、Windows Server 2008 のすべてのエディションに適用されます。

はじめに

Windows Server 2008 ソフトウェアを評価する場合、製品のライセンス認証は必要ありません。すべてのエディションの Windows Server 2008 は、ライセンス認証を行わずにインストールして、60 日間評価できます。また、60 日の評価期間は 3 回リセット (再取得) できます。この操作により、元の 60 日の評価期間を最長 180 日延長して、評価期間を合計 240 日にすることができます。

: Windows Server 2008 評価版 DVD パッケージでは、初期の評価期間は 120 日です。評価期間は 240 日に延長できます。初期の評価およびテスト期間を延長するには、この「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている手順を実行します。

詳細

ライセンス認証を行わずに Windows Server 2008 をインストールする方法

  1. Windows Server 2008 セットアップ プログラムを実行します。
  2. ライセンス認証のためのプロダクト キーを入力するよう求めるダイアログ ボックスが表示されても、キーは入力しないでください。選択した内容を確認するメッセージが表示されたら、[いいえ] をクリックします。
  3. 評価する Windows Server 2008 のエディションを選択するよう求めるメッセージが表示された場合は、インストールするエディションを選択します。

    : Windows Server 2008 のインストール後は、再インストールしない限り、エディションを変更できません。
  4. メッセージが表示されたら、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読み、条項に同意します。
  5. Windows Server 2008 セットアップ プログラムの終了時から、初期の 60 日の評価期間が開始されます。現在の評価期間における残りの期間を確認するには、System32 フォルダにある Slmgr.vbs スクリプトを実行します。このスクリプトを実行する際は -dli スイッチを指定します。slmgr.vbs -dli コマンドを実行すると、現在の 60 日の評価期間における残りの日数が表示されます。

評価期間を手動で延長する方法

初期の 60 日の評価期間の終了が近づいたら、Slmgr.vbs スクリプトを実行して評価期間をリセットできます。リセットするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  2. slmgr.vbs -dli と入力し、Enter キーを押して、評価期間の現在の状態を確認します。
  3. 評価期間をリセットするには、slmgr.vbs -rearm と入力し、Enter キーを押します。
  4. コンピュータを再起動します。
これにより、評価期間が 60 日にリセットされます。

評価期間を自動的に延長する方法

60 日ごとに評価期間を自動的にリセットする処理を設定できます。この処理を自動化する方法の 1 つは、タスク スケジューラを使用します。特定のタイミングで Slmgr.vbs スクリプトを実行し、サーバーを再起動するように、タスク スケジューラを構成することができます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[タスク スケジューラ] をクリックします。
  2. 次のサンプル タスクをサーバーにコピーし、.xml ファイルとして保存します。たとえば、Extend.xml という名前を付けてファイルを保存します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?>
    <Task version="1.2" xmlns="http://schemas.microsoft.com/windows/2004/02/mit/task">
      <RegistrationInfo>
        <Date>2007-09-17T14:26:04.433</Date>
        <Author>Microsoft Corporation</Author>
      </RegistrationInfo>
      <Triggers>
        <TimeTrigger id="18c4a453-d7aa-4647-916b-af0c3ea16a6b">
          <Repetition>
            <Interval>P31D</Interval>
            <StopAtDurationEnd>false</StopAtDurationEnd>
          </Repetition>
          <StartBoundary>2007-10-05T02:23:24</StartBoundary>
          <EndBoundary>2008-09-17T14:23:24.777</EndBoundary>
          <Enabled>true</Enabled>
        </TimeTrigger>
      </Triggers>
      <Principals>
        <Principal id="Author">
          <UserId>domain\alias</UserId>
          <LogonType>Password</LogonType>
          <RunLevel>HighestAvailable</RunLevel>
        </Principal>
      </Principals>
      <Settings>
        <IdleSettings>
          <Duration>PT10M</Duration>
          <WaitTimeout>PT1H</WaitTimeout>
          <StopOnIdleEnd>true</StopOnIdleEnd>
          <RestartOnIdle>false</RestartOnIdle>
        </IdleSettings>
        <MultipleInstancesPolicy>IgnoreNew</MultipleInstancesPolicy>
        <DisallowStartIfOnBatteries>true</DisallowStartIfOnBatteries>
        <StopIfGoingOnBatteries>true</StopIfGoingOnBatteries>
        <AllowHardTerminate>true</AllowHardTerminate>
        <StartWhenAvailable>false</StartWhenAvailable>
        <RunOnlyIfNetworkAvailable>false</RunOnlyIfNetworkAvailable>
        <AllowStartOnDemand>true</AllowStartOnDemand>
        <Enabled>true</Enabled>
        <Hidden>false</Hidden>
        <RunOnlyIfIdle>false</RunOnlyIfIdle>
        <WakeToRun>true</WakeToRun>
        <ExecutionTimeLimit>P3D</ExecutionTimeLimit>
        <DeleteExpiredTaskAfter>PT0S</DeleteExpiredTaskAfter>
        <Priority>7</Priority>
        <RestartOnFailure>
          <Interval>PT1M</Interval>
          <Count>3</Count>
        </RestartOnFailure>
      </Settings>
      <Actions Context="Author">
        <Exec>
          <Command>C:\Windows\System32\slmgr.vbs</Command>
          <Arguments>-rearm</Arguments>
        </Exec>
        <Exec>
          <Command>C:\Windows\System32\shutdown.exe</Command>
          <Arguments>/r</Arguments>
        </Exec>
      </Actions>
    </Task>
    
    
  3. サンプル タスクで、次の "UserId" タグの値を、使用しているドメインおよびエイリアスが含まれるように変更します。
    <UserId>domain\alias</UserId>
  4. タスク スケジューラで、[操作] メニューの [タスクのインポート] をクリックします。
  5. サンプル タスクの .xml ファイルをクリックします。たとえば、[Extend.xml] をクリックします。
  6. [開く] をクリックします。
  7. [トリガ] タブをクリックします。
  8. [指定日時] をクリックし、[編集] をクリックします。
  9. タスクの開始日を、現在の評価期間が終了する直前の日付に変更します。
  10. [OK] をクリックして、タスク スケジューラを終了します。
これにより、指定された日に、タスク スケジューラによって評価期間のリセット処理が実行されます。

プロパティ

文書番号: 948472 - 最終更新日: 2008年5月14日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
キーワード:?
kbinfo kbhowto kbexpertiseadvanced KB948472
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com