仮想サーバー 2005 R2 sp1 は Windows Server 2008、Windows Vista Service Pack 1 または Windows XP Service Pack 3 をサポートしていません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 948515
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft 仮想サーバー 2005 R2 Service Pack 1 (SP1) は、次のホストおよびゲスト オペレーティング システムはサポートされていません。
  • Windows Server 2008
  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1)
  • Windows XP Service Pack 3 (SP3)

解決方法

この問題を解決するには、更新プログラム 948515 をインストールします。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyId = の A79BCF9B ・ 59F7 ・ 480B ・ A4B8 ・ FB56F42E3348 & displaylang = en
メモ
  • この更新プログラムをインストールするのには、.msp ファイルをローカルに保存します。

    Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 または Windows Server 2008 を実行している場合は、管理者特権のコマンド プロンプトからの更新を実行します。これを行うには、次のコマンドの文法を使用します。
    msiexec/p .msp ファイルのパス
    以前のバージョンの Windows を実行している場合は、インストール プロセスを開始するのには、ダウンロードした .msp ファイルをダブルクリックし、インストールの指示に従ってください。
  • 仮想サーバーの Web アプリケーションは、Windows サーバー 2008年コアではサポートされていません。

更新プログラムをサポートしている追加のホスト オペレーティング システム

その他のオペレーティング システムをホストする仮想サーバー 2005 R2 SP1 のサポートの 948515 を更新します。
  • Windows Server 2008 では、中核となるのエディション
  • Windows Server 2008 は、Standard Edition
  • Windows Server 2008 Datacenter Edition
  • Windows Server 2008 では、Enterprise Edition
  • Windows Vista の究極の Service Pack 1 (SP1) (運用使用のみ)
  • Service Pack 1 (SP1) と Windows Vista のビジネス (運用使用のみ)
  • Service Pack 1 (SP1) と Windows Vista のエンタープライズ (運用使用のみ)
  • Windows XP Professional Service Pack 3 (SP3) (運用使用のみ)

更新プログラムをサポートしているその他のゲスト オペレーティング システム

次の追加のオペレーティング システムをゲストの仮想サーバー 2005 R2 SP1 のサポートの 948515 を更新します。
  • Windows Server 2008 では、中核となるのエディション
  • Windows Server 2008 は、Standard Edition
  • Windows Server 2008 Datacenter Edition
  • Windows Server 2008 では、Enterprise Edition
  • Windows Vista の究極 sp1
  • Windows Vista のビジネスと SP1
  • Windows Vista SP1 エンタープライズ
  • Windows XP Professional sp3

詳細

情報を更新します。

前提条件

更新プログラム 948515 をインストールするには、仮想サーバー 2005 R2 SP1 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

置換情報を更新します。

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられるありません。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムは、以下の問題が修正されます。
941125 仮想サーバーのサービス場合、サービスを開始または、仮想マシンの仮想サーバー サービスの開始時に自動的に開始するように構成するときを応答を停止する可能性があります。
943666 Virtual Server 2005 R2、バーチャル マシンのゲスト オペレーティング システムの Windows Vista を実行している「0x000000D1 を停止する」エラー メッセージを表示し、予期せず再起動
943487 Vhdmount.exe ツールで仮想サーバー 2005 R2 sp1 は VHD ファイルには、Windows Server 2003 ベースは、Windows Server 2008 ベース、または Windows Vista ベースのコンピューター上のすべてのボリュームをマウントできないことがあります。

この更新プログラムに関する既知の問題

  • VMRC を使用して、プロキシ サーバー経由の仮想サーバーに接続することはできません。

    バーチャル マシン リモート_コントロール (VMRC) クライアントは、プロキシ サーバー経由の仮想サーバーへの接続をサポートしていません。仮想サーバーに接続するには、Microsoft インターネット セキュリティとアクセラレータ (ISA) Server のファイアウォール クライアント、ローカル コンピューター上で実行がする必要がありますか、インターネットに直接接続する必要があります。
  • Windows Server 2008 で仮想サーバーをクラスターのオプションが利用できません。

    クラスター仮想サーバー オプションを Windows Server 2003 で利用できます。ただし、クラスターの仮想サーバーのオプションは Windows Server 2008 で利用できません。
  • フロッピー ディスクへのアクセス、ゲスト オペレーティング システムから Windows Server 2008 ではサポートされていません

    Windows Server 2008 で仮想サーバーを使用すると、ゲスト オペレーティング システム、ホスト オペレーティング システム上の物理フロッピー ディスクにアクセスできません。
  • ゲスト オペレーティング システムでは、物理メディアの変更が反映されていません。

    Windows Server 2008 で仮想サーバーを使用すると、ゲスト オペレーティング システムが、物理メディアの変更を反映するためにことができない場合があります。この問題を解決するには、CD や DVD を仮想マシンに、管理者 Web サイトからを再割り当てすることがあります。
  • VHDMount.exe ツールを Windows Server 2008 でのダイナミック ディスクとして構成されている仮想ハード_ディスクに問題が発生します。

    Windows Server 2008 では、ダイナミック ディスクとして構成されている仮想ハード_ディスク (VHD) をマウントします。ダイナミック ディスクには、複数のディスクに分散している 1 つまたは複数のボリュームが含まれます。しかし、ダイナミック ディスクまたはボリュームは、オンライン表示されません。一部のシナリオでは、シンプル ボリュームにミラー ボリュームを分割する可能性があります。
  • ホスト システムが応答を停止します。

    問題のホスト システムは、ホスト システムは、サイズの大きいファイルをコピーするときに応答を停止する VHDMount.exe ツールで発生します。
  • Vhdmount.exe ツールを使用してマウントの VHD ファイルをしようとすると問題が発生します。

    Vhdmount.exe ツールを使用してマウントの VHD ファイルを実行するくださいとすると、エラー メッセージが表示されることがあります。 または別の問題が発生する可能性があります。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    953482仮想サーバー 2005 R2 s 更新プログラム 948515 を適用した後は、Vhdmount.exe ツールを使用してマウントの VHD ファイルをしようとすると問題が発生します。
仮想サーバー 2005 R2 SP1 用の更新プログラム 948515 のリリース ・ ノートを参照するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/60009f7c-9a6b-472c-949a-4f047e791dd21033.mspx?mfr=true

プロパティ

文書番号: 948515 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 9.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbmt KB948515 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:948515
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com