Microsoft Dynamics CRM 4. 0 用のセットアップの更新プログラムの入手方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 948917 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 用のセットアップの更新プログラムの入手方法について説明します。また、手動でセットアップの更新プログラムの展開方法についても説明します。

詳細

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするとき、または Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードする場合は、セットアップの更新を確認できます。セットアップの更新をチェックするオプションを選択すると、アプリケーション セットアップのすべての新しい更新プログラムをダウンロードおよびセットアップ処理の実行中に、インストールに適用されます。

Microsoft Dynamics CRM サーバーがインターネットに接続されている場合は、インストール ファイルを更新 インストール中にクリックできます。セットアップの更新がある場合は、更新プログラムがダウンロード、インストールに適用。

Microsoft Dynamics CRM サーバーにインターネットにアクセスしていない場合、または Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールすると、セットアップの更新プログラムを手動で展開する場合は、次の Web サイトから、更新プログラムを入手することができます。

メモこれらの更新プログラムのセットアップに関連する問題のみする懸案事項を修正します。これらの更新プログラムを Microsoft Dynamics CRM をインストールした後に適用する必要のある修正プログラムではありません。また、次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料に注意してください。これらの資料には、インストールまたは Microsoft Dynamics CRM セットアップの更新プログラムにアップグレードする場合必要な詳細な手順が含まれています。

セットアップの更新プログラムを入手するには、次の URL を使用します。適切な言語のサーバー設定の更新プログラムをダウンロードするのには、URL に正しい国名言語コード ID (CLCID) の値を追加する必要があります。CLCID 値は、この資料の後半の表に一覧表示されます。

次の URL の X が x86 ベースのプラットフォーム。次の URL が x64 ベース プラットフォーム。メモ各言語バージョンは一意であり、CLCID 値別です。正しい言語バージョンを入手するには、CLCID の正しい値を使用言語は、URL の末尾に追加する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM と対応する CLCID 値でサポートされている言語を次に示します。
元に戻す全体を表示する
言語CLCID
アラビア語 - サウジアラビア0x401
として中国語 (香港: 中華人民共和国香港特別行政区)0xc04
中国語 (中国)0x804
中国語 (台湾)0x404
チェコ語0x405
デンマーク語0x406
オランダ語 (オランダ)0x413
英語 (U. S.)0x409
フィンランド語0x40b
フランス語 (フランス)0x40c
ドイツ語0x407
ギリシア0x408
ヘブライ語0x40d
ハンガリー語0x40e
イタリア語0x410
日本語0x411
韓国語0x412
ノルウェー語 (ブックモール)0x414
ポーランド語0x415
ポルトガル語 (ブラジル)0x416
ポルトガル語 (ポルトガル)0x816
ロシア語0x419
スペイン語 (インターナショナル ソート)0xc0a
スウェーデン語0x41d
トルコ語0x41f
たとえば、英語版の Microsoft Dynamics CRM を持ち、セットアップ後の更新プログラムをダウンロードする場合は、英語 CLCID の値 (0x409) URL の末尾に追加する必要があります。したがって、サーバーのセットアップ用の更新プログラムの日本語版の Microsoft Dynamics CRM をダウンロードするのには、次のリンクを使用する必要があります。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=94937&clcid=0x409
サーバー セットアップの更新を展開するには、次の手順を実行します。
  1. インストール時に使用される構成ファイルを作成します。

    構成ファイルの詳細については、実装ガイド」を参照してください。そのためには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=104413
  2. 構成ファイルが、次のように、更新プログラムの正しい場所を指定します
    <Patch update="true">LOCATION OF SAVED FILE.MSP</Patch>
    
  3. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter を入力します:
    <Drive >: \server\setupserver.exe/config C:\config.xml
    メモこのコマンドは、Microsoft Dynamics CRM DVD から Setupserver.exe ファイルを呼び出します。次に、Setupserver.exe ファイルを XML 構成ファイルに渡されます。 次に、セットアップ プロセスは実行し、インストール時にセットアップの更新プログラムを適用します。インストール ウィザードを続行することができます。

セットアップの更新プログラムを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で修正される問題

次の表を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にはセットアップの更新プログラムとしてが含まれている修正プログラムの一覧が表示されます。修正プログラムに関連付けられている「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料で説明する問題のみを修正するのには対象としています。関連情報については、特定の修正プログラムとセットアップの更新プログラムをインストールしなかった場合は必要な詳細については、次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照してください。
元に戻す全体を表示する
文書番号資料タイトルリリース日
948593Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバーをインストールすると、エラー メッセージ:"Microsoft.Crm.CrmArgumentException: 無効なドメイン名。ドメイン名が無効であるか、到達不可能です"2008 年 2 月 29 日
947982Microsoft Dynamics CRM 3. 0 から Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードした後、参照属性活動] フォームのアクティブでないです。2008 年 2 月 29 日
950476日付または時刻を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の一部のタイム ゾーンの UTC 時刻でデータベースに変換されていません (2008 年 3 月 26 日) について
951337 簡易キャンペーンのエンティティは、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のクリーンな環境にインポートすると、エラー メッセージ:"エラー: bulkoperation: 無効な引数"2008 年 4 月 4 日
949250Microsoft Dynamics CRM 3. 0 から Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージ:「パス"D:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\data\metabase_23a69d8481384682b81420223b8138e3.mdf"の一部が見つかりませんでした」2008 年 4 月 25 日
950128Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で [展開マネージャーを使用して新しい CRM 組織を作成することはできません。2008 年 4 月 25 日
951178ケースまたは Microsoft Dynamics CRM 4. 0 内のレコードを割り当てると、キューから削除すると、エラー メッセージ: レコードが使用できないか、指定されたオブジェクトの複数のユーザーのキューが見つかりました2008 年 4 月 25 日
949598既存の組織から Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードしようとすると、エラー メッセージ:"操作の Microsoft.Crm.Setup.Server.CreateCrmGroupsAction が失敗しました。一般アクセス拒否エラー"2008 年 6 月 4 日
950526Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のカスタマイズ XML ファイルをインポートしようとするとエラー メッセージが表示されます。2008 年 6 月 23 日
951180Microsoft Dynamics CRM 3. 0 から Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージ:"操作の Microsoft.Crm.setup.Server.DeleteHotFixesAction が失敗しました。オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません"2008 年 6 月 24 日
952601セットアップ プログラムを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 は、チェック、環境診断ウィザード (EDW で) 実行すると、エラー メッセージ:"エラー | チェック FullTextRunningValidator: エラー: サービス msftesql コンピューター '[コンピューター名;]' が見つかりませんでした"2008 年 8 月 15 日
952602Microsoft Dynamics CRM データ コネクタを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールしようとすると、エラー メッセージ: SQL Server レポート サービス レポート サーバー インストールを検証できません2008 年 8 月 15 日
947278SSRS を Microsoft Dynamics CRM コネクタをインストールしようとすると、エラー メッセージ:「Microsoft Dynamics CRM コネクタ SSRS セットアップを正常に完了しませんでした」2008 年 8 月 19 日
950490ワークフロー ルールから Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージ:"System.OutOfMemoryException"2008 年 3 月 18 日
956354Microsoft Dynamics CRM 3. 0 のイタリア語版、イタリア語のバージョンの Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードした後閉じた機会を計算された、売り上げ高が 10, 000 で乗算されます。2008 年 10 月 29 日
958571組織では、展開マネージャー Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインポートすることはできません。2008 年 10 月 30 日
956757Microsoft Dynamics CRM 4. 0 ではアップグレードされません、組織からアップグレードされた組織のセキュリティ ロールをインポートできません。2008 年 10 月 27 日
957701ワークフローが進行中または Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で、ワークフローを実行すると待機の状態に留まる2008 年 10 月 21 日
957454Microsoft Dynamics CRM 3. 0 を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージ:"識別子は 50 文字である必要があります"2008 年 10 月 24 日
952945[プライバシー] タブで、[個人用オプションの設定] ページに、エラー報告のプライバシーに関する声明 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 へのリンクが含まれていません2008 年 5 月 9 日
956869新しい組織を作成するか、または組織で Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインポートすると、エラー メッセージ:「サービスの msftesql がコンピューター '[Computer_name]' が見つかりませんでした」 2008 年 8 月 14 日
958074Microsoft Dynamics CRM 3. 0 から Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージ: メモリの例外"からの2008 年 9 月 24 日
958363Microsoft Dynamics CRM 4. 0 から Microsoft Dynamics CRM 3. 0 によって保存されたクエリをアップグレードすることはできません。2008 年 10 月 3 日
959775954673 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で修正プログラムを適用する場合でも、簡易キャンペーンの作成ウィザードの完了後に電子メール メッセージを送信しません。2008 年 11 月 7 日
956526キャンペーンまたは「キューに割り当てる」オプションを使用して電子メール活動を生成する簡易キャンペーンを作成するとき送信者が誤って Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の一括操作ジョブの所有者として設定されます。2009 年 1 月 29 日
959246 ワークフロー ルールから Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージが表示されます。2009 年 1 月 30 日
954813 Microsoft Dynamics CRM 3. 0 を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードすると、エラー メッセージ:"System.ArgumentOutOfRangeException: インデックスが範囲外でした"2009 年 1 月 30 日
956543 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 である新しいエンティティを作成するときに重複した数値が生成されます。2009 年 8 月 13 日
958753Microsoft Dynamics CRM 3. 0 更新プログラムのロールアップ 2 を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 にアップグレードしようとすると、エラー メッセージ:"MaxLength '説明' 属性の範囲外です2009 年 8 月 13 日
968243 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 と Microsoft SQL Server レポート サービスを別のコンピューターにインストールした場合、Microsoft SQL Server レポート サービス アカウントを PrivUserGroup グループに追加されません。2009 年 8 月 13 日
974353 ヘブライ語版の Microsoft SQL Server 2008 レポート サービスに対する Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールすると、エラー メッセージ:「のテキストの"BorderStyle/境界線スタイル"プロパティの値] ボックス「textbox9"では」"、有効な"BorderStyle/境界線スタイル"ではありません」2009 年 8 月 13 日
970650Microsoft Dynamics CRM 4. 0 でルックアップ フィールドを持つを簡単に検索を実行すると、エラー メッセージ:「サーバーは要求を処理できませんでした」 2009 年 9 月 29 日
974434Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールまたはその他の組織の管理者特権の SQL Server のシステムを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 でを作成することはできません。2009 年 10 月 22 日
974584 Microsoft SQL Server のローカル管理者のアクセス許可を持たないアカウントを使用して Microsoft Dynamics CRM 4. 0 を展開することはできません。2009 年 10 月 27 日
977253 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールすると、警告メッセージ:"CRM レジストリ キーが CRM が不足しているレジストリ キーがありません"2009 年 11 月 9 日
958039ワークフローのアップグレード プロセスを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 Microsoft Dynamics CRM 3. 0 をアップグレードする場合は、時間がかかる、2010 年 1 月 21日

プロパティ

文書番号: 948917 - 最終更新日: 2010年1月21日 - リビジョン: 14.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kbhowto kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbcrossrefmbs kbmt KB948917 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:948917
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com