物理メモリがページ ファイルのサイズより大きい場合、Windows Server 2008 ベースおよび Windows Vista SP1 以降のベースのコンピューターでカーネル メモリ ダンプ ファイルが生成されない場合がある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 949052 - 対象製品
重要 この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows Server 2008 ベースまたは Windows Vista Service Pack 1 (SP1) ベースのコンピューターでは、カーネル メモリ ダンプ ファイルが生成されない場合があります。

さらに、次のイベントがシステム イベント ログに記録されることもあります。

イベント ID: 49
種類: エラー
イベント ソース: volmgr
説明: クラッシュ ダンプのページ ファイルの構成に失敗しました。ブート パーティションにページ ファイルがあり、ページ ファイルの大きさがすべての物理メモリを含むのに十分であることを確認してください。

原因

この動作が発生するのは、ページ ファイルに対して設定されている初期サイズよりも多くの物理メモリ (RAM) がインストールされている場合です。システムがカーネルまたは完全メモリ ダンプを生成するように構成されている場合に STOP エラーが発生すると、メモリ ダンプ ファイルは生成されません。

システムにどれだけの物理メモリがインストールされているかを確認するには、次の手順を実行します。
1. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
2. [システム] のメモリ (RAM) エントリに表示されているサイズを確認します。

回避策

警告: レジストリ エディターまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、このような問題の解決に関して、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

この動作を回避するには、物理メモリ サイズがページ ファイルに対して設定されている初期サイズよりも大きい場合であっても、メモリ ダンプ ファイルの書き込みが試行されるように、レジストリを変更します。これを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力し、[プログラム] の下の [regedit] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\CrashControl
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. IgnorePagefileSize」と入力し、Enter キーを押します。
  5. [IgnorePagefileSize] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. 変更を有効にするため、システムを再起動します。

関連情報

以前のバージョンの Windows でシステム障害と回復のオプションを構成する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
307973 Windows でシステム障害と回復のオプションを構成する方法

プロパティ

文書番号: 949052 - 最終更新日: 2009年11月19日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Service Pack 1
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbexpertiseinter kbtshoot kbprb KB949052
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com