Windows Vista の TCP/IP 実装におけるアドレス解決プロトコル (ARP) キャッシュ動作について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 949589 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料で説明、アドレス解決プロトコル (ARP: キャッシュの動作を)Windows Vista の TCP/IP 実装します。

詳細

ARP キャッシュの動作は、Windows Vista では変更されています。をWindows Vista での TCP/IP スタックの実装に準拠します。RFC4861 で (近隣探索プロトコルは IP バージョン 6 [Ipv6])両方をIPv4 とはIPv6 近隣探索プロセス。

ArpCacheLife と ArpCacheMinReferencedLife レジストリ エントリ決定は、ARP キャッシュのです。Windows XP および Windows Server 2003 を管理します。これらのレジストリ エントリなしWindows Vista に適用されなくなります。

で新しい Windows Vista の TCP/IPスタックの実装ホストは、近隣ノード キャッシュのエントリを作成する場合近隣ノード キャッシュ内に一致するエントリはありません。Ipv4 の ARP キャッシュ エントリは、近隣ノード キャッシュ エントリの例です。近隣キャッシュのエントリが正常に作成した後、エントリを変更することがあります。"Reachable"状態にエントリが一定の条件を満たしている場合。場合エントリします。続いて「到達可能」状態、Windows Vista の TCP/IP ホストはありませんARP 要求を送信する、ネットワーク。したがって、Windows Vista の TCP/IP ホスト キャッシュ内の情報を使用します。エントリは使用されませんをその「到達可能時間」値よりも長く"Reachable"状態ままになる場合は、をエントリの変更「古い」の状態にします。場合は、エントリが「古い」状態では、ウィンドウVista の TCP/IP ホストが ARP 要求を送信する必要があります。その宛先に到達するには。

「到達可能時間」値として計算されます。
到達可能時間 BaseReachable =時間 × (MIN_RANDOM_FACTOR のランダムな値とMAX_RANDOM_FACTOR)
RFC は、次の計算結果を提供します。
元に戻す全体を表示する
BaseReachable 時間30,000 ミリ秒 (ms)
MIN_RANDOM_FACTOR0.5
MAX_RANDOM_FACTOR1.5
そのため、「到達可能時間」値はどこか間の 15 です。秒 (30 × 0.5 秒)45秒 (30 × 1.5 秒)。15 〜 45 秒間の時間のエントリを使用しない場合は、変更します。「古い」の状態にします。次に、ホストする必要があります。IPV4 では、ARP 要求を送信します。するにはネットワークの IP データグラムの場合その先に送信します。

参照してくださいするのには現在の「到達可能時間」値を次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート]cmd 続いて 検索を開始します。 ボックスをし、クリックしてください。 cmd 続いて プログラム リスト。
  2. 場合は、管理者のパスワードまたは確認、タイプのメッセージが表示されます、パスワード、またはクリック 続行.
  3. コマンド プロンプトで、次を入力します。コマンド:
    netsh インターフェイスの ipv4 のショーインターフェイス
    例の結果:
    Idx  Met   MTU   State        Name
    ---  ---  -----  -----------  -------------------
      1   50 4294967295  connected    Loopback Pseudo-Interface 1
      9   20   1500  connected    Local Area Connection
    
  4. 手順2[ローカル エリア接続」Idx は 9 です。そのためには、次のコマンドを入力してインターフェイス 9 を表示することができます。コマンド プロンプトで。
    netsh インターフェイスの ipv4 の表示インターフェイス9
    例の結果:
    Interface Local Area Connection Parameters
    ----------------------------------------------
    IfLuid                             : ethernet_7
    IfIndex                            : 9
    Compartment Id                     : 1
    State                              : connected
    Metric                             : 20
    Link MTU                           : 1500 bytes
    Reachable Time                     : 19000 ms Base Reachable Time : 30000 ms Retransmission Interval : 1000 ms
    				DAD Transmits : 3 Site Prefix Length : 64 Site Id : 1 Forwarding : disabled
    				Advertising : disabled Neighbor Discovery : enabled Neighbor Unreachability
    				Detecion : enabled Router Discovery : dhcp Managed Address Configuration :
    				enabled Other Stateful Configuration : enabled Weak Host Sends : disabled Weak
    				Host Receives : disabled Use Automatic Metric : enabled Ignore Default routes :
    				disabled 
  5. を変更することができます、「BaseReachable タイム」の値が次の例のコマンドを入力します。コマンド プロンプトで。
    netshインタ フェースの ipv4 インターフェイス 9 basereachable のセット 60000 =
  6. 参照してくださいするのには手順 4 の結果でコマンドを次のコマンドを入力します。プロンプト:
    netsh インターフェイスの ipv4 の表示インターフェイス9
    例の結果:
    Interface Local Area Connection Parameters
    ----------------------------------------------
    IfLuid                             : ethernet_7
    IfIndex                            : 9
    Compartment Id                     : 1
    State                              : connected
    Metric                             : 20
    Link MTU                           : 1500 bytes
    Reachable Time                     : 61500 ms
    Base Reachable Time                : 60000 ms Retransmission Interval : 1000 ms DAD Transmits : 3 Site Prefix
    				Length : 64 Site Id : 1 Forwarding : disabled Advertising : disabled Neighbor
    				Discovery : enabled Neighbor Unreachability Detecion : enabled Router Discovery
    				: dhcp Managed Address Configuration : enabled Other Stateful Configuration :
    				enabled Weak Host Sends : disabled Weak Host Receives : disabled Use Automatic
    				Metric : enabled Ignore Default routes : disabled 
    を「ベースの到達可能時間」値は 60000 ミリ秒に変更されています。
  7. を増やすことができます、コマンドで次のコマンドを入力して、近隣キャッシュ制限プロンプト:
    netsh インターフェイスの ipv4 グローバル neighborcachelimit を設定= 4096
    近隣キャッシュの既定の制限は 256 です。
近隣ノード キャッシュのエントリ状態の詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://www.ietf.org/rfc/rfc2461.txt
詳細については TCP/IP レジストリ値ウィンドウVista および Windows Server 2008 では、次の Web サイトを参照してください。
http://download.microsoft.com/download/c/2/6/c26893a6-46c7-4b5c-b287-830216597340/TCPIP_Reg.doc
この資料に記載されているサード ・ パーティ製の製品は、マイクロソフトに依存しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性は保証されません。

プロパティ

文書番号: 949589 - 最終更新日: 2012年12月30日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional N
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbexpertiseinter kbinfo kbmt KB949589 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:949589
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com