システム構成ユーティリティを使用して、Windows Vista での構成エラーのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 950093
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料は、システム構成ユーティリティ (Msconfig.exe) を使用して、Windows Vista の正常な起動を妨げる可能性のある構成エラーのトラブルシューティングを行う方法について説明します。

詳細

システム構成ユーティリティ検索し、問題を分離します。ただし、スタートアップの管理プログラムではありません。

無効にする] または [Windows の起動時に実行されるプログラムを完全に削除するのには、方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
270035無効にする方法は、Windows XP Home Edition や Windows Vista の起動時に実行するプログラムします。

高度なトラブルシューティング

これらのトラブルシューティング手順は、上級レベルのコンピューター ユーザーを設計されています。高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、問い合わせまたはサポートに連絡を必要があります。サポートへの連絡方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/
システム構成ユーティリティは、システム構成の問題を診断する場合は、マイクロソフト カスタマー サポート サービス担当者が使用、一般的なトラブルシューティング手順を自動化します。

このユーティリティを使用すると、一時的にサービスとプログラムを読み込む、Windows スタートアップ プロセス中に防止するためのオプションを選択できます。これを行うと、レジストリ エディターを使用すると、入力ミスをすることの危険性を軽減します。また、このユーティリティを使用すると、元の構成に復元するは簡単です。

システム構成ユーティリティを使用すると、一般的なサービスの中に Windows を起動することができますおよびスタートアップ プログラムを無効になっています。そのいずれかのできます、時にします。サービスが無効になりますが、サービスが有効になっている場合に発生すると、問題は発生しませんの場合は、サービスが問題の原因が考えられます。

簡単にリセットまたはするには、次の設定に関するユーザー設定が含まれます、Windows Vista の構成設定を変更することもできます。
  • スタートアップ オプション
  • 起動プロセス中に起動に設定されているサービス
  • プログラムが起動処理中にロードに設定されています。

    メモ これらのプログラムは、プログラムまたはスタートアップ フォルダーとレジストリ指定されています。
メモ システム構成ユーティリティを使用するは、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。

使用可能なスタートアップ オプション

次のスタートアップ オプションがあります。
  • [標準の起動
  • 診断用の起動
  • スタートアップ オプションを選択

[標準の起動

標準の起動オプションは、Windows のデフォルトです。このオプションは、Windows を通常モードですべてのプログラム、サービス、およびデバイス ドライバーのロードを開始するをできます。

診断用の起動

診断用の起動オプションは、基本的なデバイス ドライバーやソフトウェアは、Windows の起動時に読み込むことを確認するには、[Windows ことができます。このオプションを使用すると、システムは次のサービスなどの Microsoft のサービスを一時的に無効に。
  • ネットワー キング
  • 「プラグ ・ アンド ・ プレイ」
  • イベント ログの記録
  • エラーを報告します。
  • システムの復元
メモ マイクロソフトのサービスを使用して問題をテストする必要がある場合は、このオプションを使用しないでください。

診断スタートアップを実行するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    、タイプ msconfig で、 検索を開始します。 ボックス、および ENTER キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. で、 全般 タブで、クリックしてください 診断用の起動、し [OK].
  3. クリックしてください。 再起動.
問題は後 Windows が存在しない場合再起動、[スタートアップのオプションを使用して無効にし、各サービスおよびスタートアップ プログラムを有効にすることで問題を検索しようとします。

スタートアップ オプションを選択

起動オプションを選択、プログラムおよびサービスをコンピューターを再起動するときに読み込む、コンピューターをするを選択することができます。次のオプションから選択できます。
  • システム サービスを読み込む
  • スタートアップ項目を読み込む
  • 元のブート構成を使用します。
既定では、これらのすべてのオプションが選択されます。これらのオプションには次の規則が適用されます。
  • チェック ボックスをオンにすると、コンピューターを再起動すると、オプションが処理されます。
  • チェック ボックスをオフにすると、コンピューターを再起動すると、オプションは処理されません。
  • コンピューターを再起動すると、チェック ボックスをオンにするとクリックしてが利用できないため、チェック ボックスをオフにできない場合は、いくつかのアイテム オプションから読み込み中します。
  • チェック ボックスをオフにするとクリックしてが利用できないため、チェック ボックスをオンにできない場合は、オプションがありません。
  • 変更することはできません、 元のブート構成を使用します。 オプションです。
メモ クリックすると、オフにするのには システム サービスを読み込む チェック ボックスは、次のサービスなどの Microsoft のサービスを無効にします。
  • ネットワー キング
  • 「プラグ ・ アンド ・ プレイ」
  • イベント ログの記録
  • エラーを報告します。
  • システムの復元
マイクロソフトのサービスを使用して問題をテストする必要がある場合は、このチェック ボックスをオフにするのにはクリックしてしないでください。

起動を実行して、問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    、タイプ msconfig で、 検索を開始します。 ボックス、および ENTER キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. で、 全般 タブで、クリックしてください スタートアップ オプションを選択は、オフにする] をクリックし、 システム サービスを読み込むスタートアップ項目を読み込む チェック ボックス。
  3. クリックしてください。 [OK]、し 再起動.
コンピューターの再起動後、問題を再現することができる場合は、問題のシステム サービスまたはスタートアップ項目に無関係です。この例では、システム構成ユーティリティは、問題のトラブルシューティングを行う利用できません。

コンピューターの再起動後、問題を再現できない場合は、この問題、システム サービスまたはスタートアップ項目のいずれかに関連しています。この問題に関連している項目を確認するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    、タイプ msconfig で、 検索を開始します。 ボックス、および ENTER キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. で、 全般 タブで、クリックしてください スタートアップ オプションを選択を選択する] をクリックし、 システム サービスを読み込む チェック ボックスします。
  3. クリックしてください。 [OK]、し 再起動.
コンピューターの再起動後、問題を再現することができる場合は、問題のいずれかのシステム サービスに関連しています。コンピューターの再起動後、問題を再現できない場合は、問題、スタートアップ項目のいずれかに関連しています。

問題が関連、個々 のサービスを確認する、問題の原因となっているサービスまたはスタートアップ項目を特定する方法」の手順に従ってアイテムやスタートアップの項目を確認した後、問題を引き起こしています。

この問題の原因となっているサービスまたはスタートアップ項目を特定する方法

この問題の原因を特定するには、各サービスおよびスタートアップの項目をコンピューターを再起動すると読み込まないようにできます。これを行うには、次の手順を実行します。

システム サービスを問題の原因となっているを確認する方法

  1. クリックして、 サービス タブで、クリックしてください すべてを無効にします。、表示される最初のサービスのチェック ボックスをオンにし、コンピューターを再起動します。

    問題が発生しない場合は、原因として、最初のサービスがなくなります。
  2. 選択、最初のサービスを 2 番目のサービスのチェック ボックスをオンにクリックし、コンピューターを再起動します。
  3. この問題を再現するまで、この手順を繰り返します。この問題を再現できない場合は、原因としてシステム サービスがなくなります。次の手順に進みます。

この問題の原因となっているスタートアップの項目を確認する方法

  1. クリックして、 全般 タブをクリックしをクリックします、 スタートアップ項目を読み込む チェック ボックスします。
  2. クリックして、 スタートアップ タブで、クリックしてください すべてを無効にします。、表示される最初のスタートアップ項目のチェック ボックスをオンにし、コンピューターを再起動します。

    問題が発生しない場合は、原因として、最初のスタートアップ項目がなくなります。
  3. 最初のスタートアップ項目を選択、2 番目のスタートアップ項目のチェック ボックスをオンに] をクリックし、コンピューターを再起動します。
  4. この問題を再現するまで、この手順を繰り返します。

有効にする方法、および各サービスおよびスタートアップ項目を無効にするには

サービスやスタートアップ オプション

は、 サービススタートアップ タブ システム構成ユーティリティでは、次のオプションがあります。
  • チェック ボックスを有効にしたり、オプションを無効にできます。有効にするまたは読み込まれるか、起動時に読み込まれないように、オプションを無効にするには、または、チェック ボックスをオフにしますを選択します。オンになっているオプションを開始または起動時に読み込まれることを示します。
  • キーボードの矢印キー、マウスがあるない場合の別のオプションに移動できます。
  • Space キーを選択すると、マウスがあるない場合は、オプションをオフにすることができます。
メモ チェック ボックスをオフにする] をクリックすると、 スタートアップ オプションを選択 オプションは、 全般 タブが自動的に選択されます。

標準の起動] に戻す方法

トラブルシューティングを完了し、構成を修正すると、[標準の起動に戻るこれを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    、タイプ msconfig で、 検索を開始します。 ボックス、および ENTER キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. で、 全般 タブで、クリックしてください [標準の起動、し [OK].
  3. クリックしてください。 再起動.

診断ツールおよびその他の高度なツールを起動する方法

使用できます、 ツール 診断ツールおよびその他の高度なツールを起動するのには、システム構成ユーティリティ] タブします。は、 ツール タブには、パス、およびツールのスイッチも表示されます。

上に記載されているツールの 1 つ以上を開始するのには ツール タブで、[スタート]、[クリックして必要なツールをクリックします。 起動.または、起動するツールをクリックし、alt キーを押しながら L キーを押します。

関連情報

高度な Windows vista の一般的な起動時の問題のトラブルシューティングの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
927392トラブルシューティングを行うし、Windows Vista でのスタートアップ問題を修復するには、Windows 回復環境で Bootrec.exe ツールを使用する方法
システムの復元を使用して Windows Vista を復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
936212オペレーティング システムを修復する方法とを以前の時点では、Windows Vista でオペレーティング システムの構成を復元する方法
詳細については、「クリーン ブート」状態で起動するのには、Windows Vista を構成する方法については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
929135Windows Vista でクリーン ブートを実行することによって、問題をトラブルシューティングする方法
これらの資料で問題を解決します。 または、この資料に記載されているのとは異なる現象が発生する場合は、詳細については、マイクロソフト サポート技術を検索する解決しない場合。マイクロソフト サポート技術を検索するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
次の web サイト
表示されるエラー メッセージのテキストを入力するか、または、問題の説明を入力、 検索 ボックス、および ENTER キーを押します。

プロパティ

文書番号: 950093 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbservice kbdiagnostics kbstartup kbexpertiseinter kbresolve kbmt KB950093 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:950093
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com