構成ウィザードは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターまたは Windows Vista ベースのコンピューター上で検証を実行すると、検証に合格しません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 950179
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

検証、フェールオーバー クラスター管理] 管理ツールで構成ウィザードをコンピューターは、次のいずれかを実行します。
  • Windows Server 2008 ベースのコンピューター
  • Windows Vista ベースのコンピューターにインストールされているリモート サーバー管理ツール (RSAT) が
検証これを行うと、オペレーティング システムのバージョンの検証テスト システムの構成のグループに合格しませんでした。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
互換性のないオペレーティング システム SKU
コンピューターは、サポートされているインストールの Windows Server 2008 を実行している場合でもに発生します。構成ウィザードの次の Windows のインストール環境を持つコンピューターでの検証を実行するときこの問題が発生します。
  • 完全インストールの Windows Server 2008 のエンタープライズ HYPER-V なし
  • 完全インストールの Windows Server 2008 のデータ センターに HYPER-V
  • Server Core インストールの Windows Server 2008 のエンタープライズ HYPER-V なし
  • Server Core インストールの Windows Server 2008 のデータ センターに HYPER-V
  • インストールされているリモート サーバー管理ツール (RSAT) が Windows Vista のインストール

原因

この問題は、構成の検証ウィザードが誤ってこれらのオペレーティング システムのバージョンと互換性のないを識別するために発生します。

解決方法

この問題を解決するのには、検証の構成ウィザードを実行するコンピューターに更新プログラムを適用する必要があります。構成ウィザードは、検証を実行可能性があります任意のノードでこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

情報を更新します。

次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラムを Windows Server 2008 (KB950179) パッケージします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ここでは、更新プログラムを Windows Server 2008 x 64 エディション (KB950179) パッケージをダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
これで、更新プログラムを Windows Server 2008 の Itanium ベースのシステム (KB950179) パッケージをダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

前提条件

インストールされている、フェールオーバー クラスタ リング機能を持つ Windows Server 2008 ベースのコンピューター上またはリモート サーバー管理ツールがインストールされている Windows Vista ベースのコンピューターにこの更新プログラムを適用することができます。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。ただし、構成の検証ウィザードを再起動する必要があります。

置換情報を更新します。

この更新プログラムには、他の更新プログラムは置き換えられるありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
Windows Server 2008 は、32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Failoverclusters.agent.interop.dll6.0.6001.2218911,2642008 年月 29 日03: 25x 86
Failoverclusters.validation.common.dll6.0.6001.2218924,5762008 年月 29 日03: 25x 86
Failoverclusters.validation.generaltests.dll6.0.6001.22189262,1442008 年月 29 日03: 25x 86
Failoverclusters.validation.storagetests.dll6.0.6001.22189152,5762008 年月 29 日03: 25x 86
Failoverclusters.validation.wizard.dll6.0.6001.22189147,4562008 年月 29 日03: 25x 86
Windows Server 2008 は、Itanium ベースのバージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Failoverclusters.agent.interop.dll6.0.6001.2218911,2642008 年月 29 日03: 56IA-64
Failoverclusters.validation.common.dll6.0.6001.2218924,5762008 年月 29 日03: 56x 86
Failoverclusters.validation.generaltests.dll6.0.6001.22189262,1442008 年月 29 日03: 56x 86
Failoverclusters.validation.storagetests.dll6.0.6001.22189169,4722008 年月 29 日03: 56IA-64
Failoverclusters.validation.wizard.dll6.0.6001.22189147,4562008 年月 29 日03: 56x 86
Windows Server 2008 64 ビット エディション
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Failoverclusters.agent.interop.dll6.0.6001.2218911,2642008 年月 29 日03: 58x64
Failoverclusters.validation.common.dll6.0.6001.2218924,5762008 年月 29 日03: 58x 86
Failoverclusters.validation.generaltests.dll6.0.6001.22189262,1442008 年月 29 日03: 58x 86
Failoverclusters.validation.storagetests.dll6.0.6001.22189156,1602008 年月 29 日03: 58x64
Failoverclusters.validation.wizard.dll6.0.6001.22189147,4562008 年月 29 日03: 58x 86

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

テストは、構成の検証ウィザードを実行し、フェールオーバー クラスター内で正しく機能することを確認するのには、クラスターのノードをチェックします。チェックのいずれかのオペレーティング システムのバージョンに関連付けられています。ウィザードは、各サーバーが、Windows Server フェールオーバー クラスターを実行するのには、有効なバージョンを持っていることと、これらのバージョンが正しく連携、フェールオーバー クラスターで機能することを確認します。この検証に合格するのにはいくつかのバージョンの要件を満たす必要があります。この更新プログラムを適用すると、検証は、サーバーの構成が正しくないことを示します、エラーも受信可能性があります。など、このエラーは、さまざまな Server Core と完全なインストールの Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターがある場合に発生します。

オペレーティング システムが検証の要件を満たしていない場合は、クラスターの検証中に表示されるメッセージの例を次に示します。
オペレーティング システム、サーバーでクラスタ リングをサポートし、相互作用することを確認します。
すべてのサーバー オペレーティング システムのバージョンが同じであることを検証しています.
node1。ドメイン.com バージョン 6.0.6001 の Microsoft Windows がインストールされています。
node1。ドメイン.com が次のオペレーティング ・ システム ・ スイート タイプ: エンタープライズ サーバー、ターミナル サーバーは、1 人のユーザー。
node2。ドメイン.com バージョン 6.0.6001 の Microsoft Windows がインストールされています。
node2。ドメイン.com が次のオペレーティング ・ システム ・ スイート タイプ: エンタープライズ サーバー、ターミナル サーバーは、1 人のユーザー。
すべてのサーバーが有効なオペレーティング システムの製品スイートの種類があることを検証しています.
node1。ドメイン.com は、フェールオーバー クラスターをサポートする Windows オペレーティング システムを実行しています。
すべてのサーバーが有効なオペレーティング システムの製品スイートの種類があることを検証しています.
node2。ドメイン.com は、フェールオーバー クラスターをサポートする Windows オペレーティング システムを実行しています。
互換性のあるオペレーティング システム SKU ではありません。
フェールオーバー クラスターを検証する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb676379 (EXCHG.80)
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/32c40202-1043-4211-8dba-bb57356f46811033.mspx
http://microsoft.com/windowsserver2008/en/us/clustering-program.aspx
Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターに関するマイクロソフトのサポート ポリシーの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
943984Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターのマイクロソフト サポート ポリシー

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 950179 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbmt KB950179 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:950179
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com