文書番号: 950249 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Windows XP Service Pack 3 (SP3) には、Windows XP の重要な更新プログラムが含まれています。 Windows XP SP3 をインストールすると、ハードウェア デバイスまたはインストールされているプログラムの動作が変更されることがあります。そのため、トラブルシューティングの手順として、Windows XP SP3 のアンインストールが必要になることがあります。 この資料では、コンピュータから Windows XP SP3 を削除する方法について説明します。

詳細

コンピュータから Windows XP SP3 を削除するには、以下のいずれかの方法を使用します。

重要 : コンピュータから Windows XP Service Pack 3 を削除した後、次のマイクロソフト Web ページにアクセスして、最新のセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。
http://update.microsoft.com

方法 1 : コントロール パネルの "プログラムの追加と削除" を使用する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. 次のコマンドをコピーして [名前] ボックスに貼り付け、Enter キーを押します。
    appwiz.cpl
  3. [更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします。
  4. [Windows XP Service Pack 3] をクリックし、[削除] をクリックします。
  5. 削除処理が完了したら、[完了] をクリックし、コンピュータを再起動します。

方法 2 : 隠しフォルダ $NtServicePackUninstall$ を使用する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに c:\windows\$NtServicePackUninstall$\spuninst\spuninst.exe と入力し、[OK] をクリックします。
  2. Windows XP Service Pack 3 削除ウィザードが開始されたら、[次へ] をクリックします。
  3. 画面に表示される指示に従って、Windows XP SP3 を削除します。

方法 3 : システムの復元処理を使用する

: システムの復元を行う前に、Windows XP SP3 のインストール後、少なくとも 1 回はコンピュータを再起動してください。コンピュータを再起動することによって、処理中の残りのプロセスを完了させることができます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. 次のコマンドをコピーして [名前] ボックスに貼り付け、Enter キーを押します。
    %systemroot%\System32\restore\rstrui.exe
  3. [コンピュータを以前の状態に復元する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. カレンダーで Windows XP SP3 をインストールした日付をクリックし、[一覧で復元ポイントをクリックしてください。] ボックスの [Windows XP Service Pack 3 をインストールしました。] をクリックします。
  5. [次へ] をクリックし、画面に表示される指示に従って、Windows XP SP3 を削除します。

方法 4 : 回復コンソールを使用する

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

ここまでに記載されているいずれの方法を使用しても Windows XP SP3 を削除できない場合は、以下の手順を実行します。
  1. CD ドライブまたは DVD ドライブに Windows XP の CD を挿入し、コンピュータを再起動します。次のメッセージが表示されたら、任意のキーを押して Windows XP の CD からコンピュータを起動します。
    Press any key to boot from CD
    : CD ドライブまたは DVD ドライブから起動するように、コンピュータを構成する必要があります。CD ドライブまたは DVD ドライブから起動するように、コンピュータを構成する方法の詳細については、コンピュータに付属のマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元にお問い合わせください。起動フロッピー ディスクを使用して、Windows XP を起動することもできます。詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
    305595 [HOW TO] Windows XP を使用して、NTFS パーティションまたは FAT パーティションにブート ディスクを作成する方法
  2. [セットアップの開始] 画面が表示されたら、R キーを押し、画面の指示に従ってキーボードを選択して回復コンソールを起動します。

    : この画面には複数のオプションが表示されます。
  3. 適切な Windows XP インストールを選択します。

    : コンピュータが再起動する前に、番号を選択して Enter キーを押す必要があります。通常は、"1: C:\Windows" のみが選択できます。
  4. 管理者のパスワードを入力するように求められたら、パスワードを入力し、Enter キーを押します。管理者のパスワードを設定していない場合は、Enter キーを押します (通常、パスワードは空白です)。

    : 管理者のパスワードがわからない場合は続行できません。
  5. コマンド プロンプトで cd $ntservicepackuninstall$\spuninst と入力し、Enter キーを押します。
  6. コマンド プロンプトで batch spuninst.txt と入力し、Enter キーを押します。

    : Spuninstal.txt ファイルが表示されます。ファイルを下にスクロールすると、エラーおよびコピーされるファイルが表示されます。これは通常の動作です。
  7. Windows XP SP3 が削除されたら、exit と入力し、Enter キーを押します。
  8. セーフ モードでコンピュータを再起動します。このモードで再起動するには、コンピュータが再起動するときに F8 キーを押します。

    : コンピュータを再起動すると、コンピュータが応答を停止し、黒い画面が表示される場合があります。このとき、マウスは機能します。この場合は、コンピュータの電源を切って再度電源を入れ、コンピュータをもう一度再起動します。2 回目の再起動でログオンできます。
  9. コンピュータが再起動したときに、エクスプローラ (Explorer.exe) が実行されなかったり、Windows アイコンや [スタート] ボタンを使用できなかったりすることがあります。この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
    1. Ctrl + Alt + Del キーを押します。[Windows のセキュリティ] ダイアログ ボックスで、[タスク マネージャ] をクリックします。
    2. [ファイル] メニューの [新しいタスクの実行] をクリックします。
    3. [名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
    4. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\RpcSs
    5. 詳細ウィンドウで、[ObjectName] を右クリックし、[修正] をクリックして、[値のデータ] ボックスに LocalSystem と入力します。次に、[OK] をクリックします。
    6. コンピュータを再起動します。
  10. 前述のいずれかの方法を使用して、コンピュータから Windows XP SP3 を削除します。
回復コンソールのインストール方法および使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307654 Windows XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法

プロパティ

文書番号: 950249 - 最終更新日: 2008年10月17日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbhowto kbinfo KB950249
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com