BMC SEL イベントにイベントを取得するのには、イベントのサブスクリプションを構成する方法を Windows Server 2008 でログに記録します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 950257 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この記事は、ベースの管理コント ローラー (BMC) システム ・ イベント ・ ログ (SEL) のイベントがイベント ログには、Windows Server 2008 にするイベント サブスクリプションを構成する方法について説明します。

詳細

Windows Server 2008 では、ハードウェア管理、オペレーティング システムに組み込みます。既定では、ハードウェアの管理イベント サブスクリプションが BMC SEL イベントにサブスクライブするのには構成されていません。サードパーティ製のプログラムを使用して SEL イベントを表示するのではなく、ハードウェアの管理 SEL イベントにサブスクライブするを構成できます。[イベント ビューアーで BMC SEL イベントを表示できます。SEL イベントにサブスクライブするのには、次の手順を実行します。
  1. メモ帳を起動します。
  2. 次の XML コードをコピーし、メモ帳に貼り付けます。
    <Subscription xmlns="http://schemas.microsoft.com/2006/03/windows/events/subscription">
    	<Description>System Event Log event subscription</Description>
    	<SubscriptionId>SELSubscription</SubscriptionId>
    	<Uri>http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/logrecord/sel</Uri>
    	<EventSources>
    		<EventSource>
    			<Address>localhost</Address>
    		</EventSource>
    	</EventSources>
    	<LogFile>HardwareEvents</LogFile>
    	<Delivery Mode="pull">
    		<PushSettings>
    			<Heartbeat Interval="10000" />
    		</PushSettings>
    	</Delivery>
    </Subscription>
  3. メモ帳をクリックしてください。 として保存します。.
  4. で、 ファイルの種類します。 ボックスで、をクリックしてください すべてのファイル 続いて ファイル名 ボックス型 SELSubscription.xmlプロパティ 保存します。.
  5. メモ帳を終了します。
  6. コマンド プロンプトを開くには、管理者特権を使用します。
  7. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後 ENTER をキーを押します。
    Wecutil qc
    Winrm qc
    Winrm set winrm/config/client @{TrustedHosts=”localhost”}
    無効になっているの cs パス\SELSubscription.xml
    パス 手順 4 で保存した SELSubscription.xml ファイルのディレクトリ パスを表します。
サブスクリプションを完了したら、SEL ログからのイベントでは、Windows のイベント ログが作成されます。次のノードの下のイベント ビューアーでイベントを表示できます。
アプリケーション イベントと Services\Hardware イベント

コンピューターの BIOS が BMC 検出をサポートしているかどうかを確認する方法

SEL イベントをログに記録するのには、コンピューターの BIOS は BMC 検出は、高度な構成および電源インターフェイス (ACPI) を使用してをサポートしなければなりません。イベント サブスクリプションを構成した後、以下のエラーが、サブスクリプションの状態が表示されます。これらのエラーは、コンピューターに、BMC があるない場合、または BIOS が ACPI BMC 検出のための使用をサポートしていない場合に発生します。
[localhost] - Error - Last retry time: 5/22/2007 1:39:32 PM. Code (0x80041001):
<f:ProviderFault provider="SEL plugin for Windows Remote Management "
path="%systemroot%\system32\WsmSelPl.dll"
xmlns:f="http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/wsmanfault"></f:ProviderFault> Next retry time: 5/22/2007 1:44:32 PM.
サブスクリプションの状態を表示するのには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを開くには、管理者特権を使用します。
  2. 種類 eventvwr、し、ENTER キーを押します。
  3. ナビゲーション ウィンドウをクリックしてください。 サブスクリプション.[詳細情報] ウィンドウを表示します。 SELSubscription エントリです。
  4. Usbehci.sys SELSubscriptionプロパティ 実行時の状態.
コンピューターの BIOS が ACPI BMC 検出を使用してサポートされていることを確認するのには、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) テスト ツールを使用できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを開くには、管理者特権を使用します。
  2. 種類 wbemtest.exe、し、ENTER キーを押します。
  3. クリックしてください。 接続.
  4. WMI の名前空間に接続するのには、入力します。 root\wmi 最上位のボックスとクリックで 接続.
  5. IWbemServices[ [インスタンスの列挙.
  6. で、 スーパークラス名を入力します。 ボックス型 Microsoft_IPMIプロパティ ].
  7. で、 クエリの結果 ダイアログ ボックスで始まるにデバイス ID のインスタンスを表示する必要があります、 ACPI エントリです。
「ACPI」を開始するエントリがない場合 BIOS が ACPI BMC 検出を使用してをサポートしていません。ACPI BMC 検出を使用して BIOS のサポートは、Windows サーバー 2008 年およびそれ以降のバージョンの Windows Server のインテリジェント ・ プラットフォーム管理インターフェイス (IPMI) ドライバーが必要です。IPMI をサポートする場合は、BIOS をアップグレードする必要があります。

詳細

IPMI サーバ管理システムは、インテル、デル、ヒューレット ・ パッカード社 (HP)、NEC を含む企業のグループとで定義されます。IPMI は、サーバーを監視および管理機能を提供します。

Windows Server 2003 R2 では、ハードウェアの管理は、オプションのコンポーネントです。ただし、インストール後は、ハードウェアの管理が自動的に Windows のイベント ログに SEL をプルするのには、イベントのサブスクリプションを構成します。Windows Server 2008 では、サブスクリプションは自動的には行われません。

関連情報

詳細については、イベント コレクター サービスについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/30757b93-7291-4254-b15e-f0aa5f45ac541033.mspx?mfr=true
この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 950257 - 最終更新日: 2013年4月29日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbinfo kbhowto kbdriver kbwmi kbeventlog kbmt KB950257 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:950257
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com