ボリューム上のファイルのバックアップを作成するのには VSS を使用すると SQL Server のバックアップ操作の backupset ヒストリ テーブル内記録します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 951288 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。ボリューム上の Microsoft SQL Server をインストールします。ボリューム上のファイルをバックアップするのには、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) アプリケーションを使用します。このシナリオでは、SQL Server の backupset 履歴テーブルにバックアップ操作を記録します。この問題は、実際には、データベース ファイルを SQL Server のバックアップしなかった場合でもに発生します。

メモ NTBackup.exe ユーティリティでは、VSS アプリケーションです。

原因

VSS を呼び出すために、この問題が発生します。SQLWriter のサービスまたは Microsoft SQL Server デスクトップ エンジン (MSDE) のライターです。

状況

マイクロソフト記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「適用」セクションで。

詳細

MSDE ライターは、SQLWriter サービスの説明

MSDE ライターが VSS フレームワークでは、Windows XP に含まれていて、Windows Server 2003 では。MSDE ライターの VSS を使用してバックアップを作成するにはSQL Server 2000年のデータベース。SQLWriter サービスします。SQL Server 2005 をインストールするとインストールされています。VSS は、SQLWriter サービスを使用して両方をバックアップするのにはSQL Server 2005 のデータベースおよび SQL Server 2000データベース。

VSS バックアップ操作を実行する方法

VSS は、ボリューム上のバックアップ操作を実行すると、VSS を呼び出すボリューム上のデータを持つすべてのライター。これは、バックアップであることを確認します無効です。SQLWriter サービスや、MSDE ライターは、VSS を呼び出すと、SQLWriter サービスまたは MSDE ライター、・ バックアップのセットにレコードを挿入します。履歴テーブルです。これバックアップ操作がレコードの表示実行します。ただし、SQLWriter サービスまたは MSDE ライターを判断することはできません。VSS バックアップのファイルかどうかデータベース ファイル。

データ回復の backupset 履歴テーブルのエントリを使用する場合の注意事項

Backupset 履歴テーブルのデータのエントリを使用する場合リカバリは、エントリが実際のデータベースのバックアップを表すことを確認する必要があります。操作します。

エントリは、実際のデータベースのバックアップ操作であることを確認する方法

これを行うには、次のステートメントを実行します。
USE msdb
GO

SELECT server_name, database_name, backup_start_date, is_snapshot, database_backup_lsn
FROM backupset
結果では、database_backup_lsn 列に注意してくださいし、is_snapshot の列です。実際のデータベースのバックアップを表すエントリ操作は次の特徴があります。
  • [Database_backup_lsn] 列の値ではありません。0 を返します。
  • Is_snapshot 列の値は 0 です。

バックアップ セットにエラーがないことを確認します。

これを行うには、次のステートメントを実行します。

WITH backupInfo AS( SELECT database_name AS [DatabaseName], 
name AS [BackupName], is_damaged AS [BackupStatus],
backup_start_date AS [backupDate],
ROW_NUMBER() OVER(PARTITION BY database_name 
ORDER BY backup_start_date DESC) AS BackupIDForDB 
FROM msdb..backupset) SELECT DatabaseName 
FROM backupinfo WHERE BackupIDForDB = 1 and BackupStatus=1 

場合は、次のクエリで結果を返します、適切なデータベースのバックアップ後に報告された日付がないことを意味します。私たちは強く、
データベース全体のバックアップをできるだけ早く実行してデータベース全体のバックアップがクリーンであることを確認します。

Is_damaged プロパティ
Backupset テーブルは msdb データベース内のバックアップ セットごとの行が含まれます。Backupset テーブル内のis_damagedプロパティは、バックアップが作成されたときにデータベースの破損が検出されたかどうかを示します。このため、バックアップが破損していると不可能をことがあります。

元に戻す全体を表示する
ルールのソフトウェアルールのタイトル仕訳ルールの説明製品のバージョンに対して、ルールが評価されます。
システム センターのアドバイザーSQL Server のデータベース ・ バックアップ セットが破損するいるとマークされています。この SQL Server のインスタンスのアドバイザーのいずれかが検出または複数・ バックアップ セット「MSDB データベースに破損している"とマークします。バックアップ ファイルが破損するいるとは、基本的に、データベースが公開されていることを意味し、バックアップがリストア可能。収集情報のセクションを参照し、その後の適切なバックアップの問題のデータベースが使用可能であることを確認します。サポート技術情報の詳細を参照してください。SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2012


関連情報

SQL ライター サービスの詳細についてを参照してください、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイト。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms175536.aspx
をbackupset 履歴テーブルの詳細については、次の MSDN を参照してください。Web サイト:
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms186299.aspx

プロパティ

文書番号: 951288 - 最終更新日: 2013年3月28日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb kbmt KB951288 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:951288
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com