リモート コンピューターへの接続またはターミナル サービス Web アクセスや、Windows XP SP3 ベースまたは Windows Small Business Server 2003 SP1 ベースのコンピューター上のリモートの Web ワークスペースを使用すると、リモート アプリケーションを起動することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 951607 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

では、Windows XP Service Pack 3 (SP3) ベースまたは Windows Small Business Server 2003 Service Pack 1 (SP1) ベースのコンピューター、以下の現象が:
  • からリモート デスクトップ Web 接続 (TSWeb)、リモート コンピューターに接続しようとすると、接続ボタンは無効です。 TSWeb ページも、次の警告メッセージが含まれている可能性があります:
    リモート デスクトップ Web 接続 ActiveX コントロールがインストールされていません。 コントロールのインストール動作するバージョンなしの接続を確立することはできません
    メモリモート デスクトップ接続 6. 0 クライアントをインストールすると、メッセージが表示されるということ、既にインストールされてをコンピューターにします。
  • 、リモート コンピューターに接続するのには、リモート Web ワークスペース (RWW) Web サイトを使用すると、リモート デスクトップ接続の ActiveX コントロールをダウンロードできないことを確認します。 または、次のエラー メッセージが表示されます:
    無効なサーバー名。
    メモリモート Web ワークスペースは Microsoft Windows Small Business Server で (Windows SBS) で使用できる機能です。
  • は、リモート コンピューターに接続するか、リモート アプリケーションを起動するのには、ターミナル サービス Web アクセス (TSWA) Web サイトを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます:
    この Web サイトには、ターミナル サービス クライアントがこのシステムにインストールするのには表示されませんが必要です。 最新のクライアントをインストールし、続行する前に、最新の Windows 更新プログラムをあることを確認してください。
  • 、Windows Home Server を使用して、リモート アクセス コンピューター] ページにアクセスすると、次のエラー メッセージが表示される場合があります:
    アドオンを無効になってこのページは無効になっているアドオンを要求しています。 有効にするアドオンをクリックしますここ。
    さらに、または自宅のコンピューターを Windows Home Server に接続しようとすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります:
    は、この機能が必要です、Windows Home Server のアドレス https://my.homeserver.com の Web サイトを信頼済みサイト ゾーンで Internet Explorer に追加します。 Windows Home Server の Web サイト アドレス開いている Internet Explorer のインターネット オプション] ダイアログ ボックスを追加するには、[セキュリティ] タブをクリックします。 "信頼済みサイト] を選択し、[サイト] をクリックします。 Web サイト アドレス https://my.homeserver.com で、[追加] ボタンを追加し、[閉じる] を選択します押して。
    メモホーム サーバーの URL を信頼済みサイトの一覧に追加した後、同じエラー メッセージが表示され、接続できない。
  • 、Web サイトのリモート アクセスを使用して、Windows Home Server にアクセスすると、次のエラー メッセージが表示される場合があります:
    アドオンを無効になってこのページは無効になっているアドオンを要求しています。 有効にするアドオンをクリックしますここ。
    さらに、Windows のホームに接続するときにサーバーを次のエラー メッセージを受信する可能性があります:
    、ホーム サーバーまたはホーム コンピューターにリモートで接続するのには、アドオンは Microsoft ターミナル サービス クライアントのコントロール、または Microsoft RDP アドオンする必要がありますインストールし、Web ブラウザーを有効にします。 アドオンをインストールするのには、除外された場合は、ページを更新して、画面の指示に従ってインストールします。 それ以外の場合、Web ブラウザーのステータス バーに、アドオンの管理アイコンを使用してこのアドオンを有効にするかしてくださいこのアドオン有効にする方法、Web ブラウザーのマニュアルを参照してください。

原因

は、ActiveX コントロールは、リモート デスクトップ接続クライアントでは、Web ブラウザーを有効になっていない場合は、この問題が発生します。 Windows XP Service Pack 3 (SP3) または Windows Small Business Server 2003 SP1 をインストールすると既定では、ActiveX コントロールできない。

回避策

この問題を回避するには、次の手順を実行します:
  1. インターネット エクスプ ローラー。
  2. 、この問題の原因となっている Web サイトを訪問します。
  3. Windows Internet Explorer 7 を使用している場合は、次の手順に従ってください:
    1. で、ツールメニューをポイントし、アドオンの管理、し、を有効または無効にするアドオンアドオンの管理ダイアログ ボックスが表示されます。
    2. のアドインの一覧で、Microsoft ターミナル サービス クライアントのコントロールの ActiveX コントロールや、Microsoft RDP 検索クライアント コントロールの ActiveX コントロール。 コントロールが見つからない場合、"コントロールをアドオンの一覧に表示されない場合は"の手順では、このセクションの最後に表示
    3. コントロールをクリックし、有効にします。、し、[OK][閉じる]、[アドオンの管理] ダイアログ ボックス。

    、Internet Explorer 6 を使用している場合は、次の手順に従ってください:
    1. で、ツールメニューをクリックしてアドオンの管理アドオンの管理ダイアログ ボックスが表示されます。
    2. のアドインの一覧で、Microsoft ターミナル サービス クライアントのコントロールの ActiveX コントロールや、Microsoft RDP 検索クライアント コントロールの ActiveX コントロール。 コントロールが見つからない場合、"コントロールをアドオンの一覧に表示されない場合は"の手順では、このセクションの最後に表示
    3. コントロールをクリックし、有効にします。、し、[OK]を閉じるには、アドオンの管理ダイアログ ボックス。
  4. 追加のサイトに、信頼済みサイトのインターネット エクスプ ローラー。
  5. 再起動インターネット エクスプ ローラー。
  6. は、リモート コンピューターに接続してみてください。 または、リモート アプリケーションを起動する。

かどうかは、コントロールが表示されないアドオンの一覧で、

も、Microsoft ターミナル サービス クライアント コントロール ActiveX コントロールは、アドオンの一覧に表示されなくなります。 この問題を修正するには、"修正を依頼」のセクションです。 代わりにこの問題を自分で修正ことと、移動、"自分で問題を修正しましょう"セクション。

修正を依頼

自動的にこの問題を解決するをクリックして、この問題を修正リンクです。 次に、クリックして実行で、ファイルのダウンロードダイアログ ボックスし、このウィザードの手順を実行します。

この問題を修正
Microsoft Fix it 50391

メモこのウィザードを英語版のみにすることがあります、ただし、自動的な修正も動作を他の言語バージョンの Windows] を選択します。

メモこれで問題が発生するコンピューターで実行できるように 、問題のあるコンピューターにない場合は、自動的な修正するには、フラッシュ ドライブまたは CD に保存できます。

修正、自分でことができます。

この問題を解決自分でコントロールが表示されない場合、できるしようを表示するコントロールが Internet Explorer に戻るをリセットするのには、次の手順、既定の構成.
  1. インターネット エクスプ ローラー。
  2. クリックしてファイル、し、インポートし、エクスポート.
  3. 手順で、ウィザードには、エクスポート、お気に入り。
  4. クリックしてツール、し、[インターネット オプション.
  5. クリックして高度な、し、リセット.

Internet Explorer を既定の構成にリセットされています、リモート コンピューターに接続またはリモート アプリケーションを起動してみてください。 [動作しない場合は、Microsoft ターミナル サービス クライアントのコントロールの ActiveX コントロールを有効にするのには、この回避策の手順を実行します。 コントロールがまだ表示されていない場合は、存在する場合は、キーを削除するのには、レジストリを変更できます。

重要ですこの記事には、レジストリを変更する方法についての情報が含まれています。 変更する前に、レジストリのバックアップを作成することを確認してください。 問題が発生した場合、レジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
322756ハウツー解説: バックアップおよび復元では、Windows レジストリ

Remove the following registry keys, if they exist:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\{7584C670-2274-4EFB-B00B-D6AABA6D3850}HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\{971127BB-259F-48C2-BD75-5F97A3331551}HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\{9059F30F-4EB1-4BD2-9FDC-36F43A218F4A}HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\{4EB89FF4-7F78-4A0F-8B8D-2BF02E94E4B2}HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\{4EDCB26C-D24C-4e72-AF07-B576699AC0DE}HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\{7390F3D8-0439-4C05-91E3-CF5CB290C3D0}

Once the registry keys?are removed, exit and restart Internet Explorer, and try to connect to the remote computer or start the remote application again.

これで問題が解決しない場合は、、mstscax.dll ファイルを再登録することができます。 これを行うには、次の手順を実行します:
  1. インターネット エクスプ ローラーの終了。
  2. クリックして開始クリック実行、およびタイプまたはコピーし、次のテキストを貼り付ける、開いています。ボックス、およびクリック[OK]:
    %windir%\system32\regsvr32 mstscax.dll
  3. 確認プロンプトをクリックします。[OK].
  4. Internet Explorer を再起動しに接続するのには、リモート コンピューターまたは開始リモート アプリケーション。

詳細

で Windows XP Service Pack 2 (SP2)、ターミナル サービス ActiveX コントロールを有効にするのには、Msrdp.ocx ファイルをインストールする必要があります。 Windows XP Service Pack 3 (SP3) は既にこの ActiveX コントロールが含まれ、その Mstscax.dll ファイルを使用してインストールします。 既定では、この ActiveX コントロールを Windows XP サービス パック 3 (SP3) 無効です。

プロパティ

文書番号: 951607 - 最終更新日: 2010年7月28日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3
  • Windows Home Server
  • Windows Small Business Server 2008 Premium
  • Windows Small Business Server 2008 Standard
  • Windows Essential Business Server 2008 Standard
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbfixme kbmsifixme KB951607 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:951607
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com