更新用のターミナル サービスのリモート デスクトップ接続 6.1 クライアントの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 951616 - 対象製品
2011 年 7 月 12 日に Windows Vista Service Pack 1 (SP1) の サポートが終了します。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を継続するには、 Windows Vista Service Pack 2 (SP2) を実行していることを確認してください。詳細については、このへのマイクロソフトの web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、ターミナル サービスの新機能を使用することができますリモート デスクトップ接続 (RDC) 6.1 クライアント アップデートについて説明します。これらの機能は、Windows vista と Windows Server 2008 で導入され、次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターから利用できます。
  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1) では
    935791 Windows Vista の最新の service pack を入手する方法
  • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
    322389 Windows XP の最新の service pack を入手する方法
  • Windows Server 2008
RDC 6.1 クライアントは、従来のターミナル サーバーまたはリモート デスクトップにする前に接続を使用できます。ただし、のみ Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているリモート コンピューターにクライアントを接続するときにこの資料に記載されている新機能は利用可能です。

詳細

クライアント用更新プログラムの RDC 6.1 には次の機能が含まれます。

ターミナル サービス Web アクセス

ターミナル サービス Web アクセス (TS Web アクセス) は、ターミナル サービスは Windows Server 2008 ターミナル サービス RemoteApp (TS RemoteApp) プログラムのユーザーに、Web ブラウザーから利用することができますサービスです。TS Web アクセスを使用して、ターミナル サーバー デスクトップへのリンクを利用することもできます。また、TS Web アクセス サーバーまたはクライアント コンピューターのユーザーに、適切なアクセス権のあるリモート デスクトップに Web ブラウザーから接続を開くには、ユーザーことができます。

リモート デスクトップ プロトコル (RDP)

RDP 署名と TS Web アクセスから開かれている接続し、RDP ファイルに署名することができます。この機能は、RDP ファイルを悪意のある悪意のあるターミナル サーバーに接続しているわけでいることを確認ユーザーことができます。グループ ポリシーの設定を使用して、ユーザーが署名付きのファイルしか開くことができますを指定することもできます。この機能は、管理者のユーザーは、既存のリソースにのみ接続することを確認します。

ターミナル サービス EasyPrint

ターミナル サービスの Easy Print は、Windows Server 2008 で導入された、新しいプリンターのリダイレクトのソリューションです。ターミナル サービスの Easy Print リモート セッションでクライアントのプリンターが常にインストールされていることと、ターミナル サーバーにプリンター ドライバーをインストールする必要はありませんようになります。さらに、ターミナル サービス Easy Print、過去に問題が発生したその他のいくつかのプリンターのリダイレクト問題について説明します。今すぐセッションごと印刷キューが列挙されるすべてのプリンター プロパティが、リモート セッションで利用可能ですし、ターミナル サーバー管理者は、既定のプリンターのみをリダイレクトするポリシー設定を使用できます。ターミナル サービスの Easy Print では既定のプリンターのリダイレクト メカニズムでターミナル サービスを使用できるようになりました。そのため、構成するにはこの機能を使用する必要はありません。

ターミナル サービス Easy Print を使用するのに必要なもの

ターミナル サービスの簡単な印刷ウィンドウを使用するには、Windows Server 2008 のターミナル サービス サーバーにインストールしなければなりません。インストールするには、追加のドライバーがないと発生する追加の構成がありません。ターミナル サービス クライアントでは、ユーザー 6.1 のターミナル サービス クライアントと Microsoft.NET Framework 3.0 SP1 を実行する必要があります。

ネットワーク レベル認証

ネットワーク レベル認証 (NLA) は、完全なリモート デスクトップ接続を確立する前にログオン画面が表示されます。 前にユーザー認証を完了する、新しい認証方法です。Windows XP SP3 は、NLA をサポートするように RDC 6.1 を使用します。認証メソッドで、この機能を強化し、悪意のあるユーザーや悪意のあるソフトウェアからリモート コンピューターを保護をすることができます。NLA では、次の利点があります。
  • リモート コンピューターのリソースを削減する必要があります。リモート コンピューターがユーザーを認証する前に、限られた数のリソースを使用します。以前の認証方法は、完全なリモート デスクトップ接続を開始するには、リモートのコンピューターです。
  • 制限またはインターネットへのアクセスを禁止する悪意のある攻撃のリスクを軽減することによってセキュリティを強化できます。
  • リモート コンピューターの認証を使用します。この機能は、悪意のある目的で設定されているリモート コンピューターに接続してからユーザーを保護できます。
既定では、ネットワーク レベル認証 (NLA) は、Windows XP Service Pack 3 で無効になります。NLA を有効にするには、するには、資格情報のセキュリティ サービス プロバイダー (CredSSP) を有効にすることがあります。CredSSP を有効にしますする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
951608Windows XP Service Pack 3 での資格情報のセキュリティ サービス プロバイダー (CredSSP) の説明

サーバーの認証

RDC 6.1 では、サーバーの認証は、正しいリモート コンピューターまたはリモート サーバーに接続していることを確認します。このセキュリティ機能、コンピューターまたはする、接続する必要のないサーバーに接続できないようにすることができます。この機能は、誤って機密情報を公開することを防止します。

既定では、サーバー認証は接続が有効になります。ただし、サーバー認証設定を変更する場合は、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ アクセサリ[ 通信プロパティ リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプション、し、 高度な タブします。
次の 3 つの使用可能な認証オプションは次のとおりです。
  • 認証が失敗した場合でも、常に接続します。
    このオプションを有効にすると、RDC 6.1 がリモート コンピューターの id を確認できない場合でも接続できます。
  • 認証が失敗したかどうかは警告します。
    このオプションを有効にする場合は、RDC 6.1 は、リモート コンピューターの id を確認できないかどうかを示します。このオプションは、接続を続行するかどうかを選択をできます。
  • 認証が失敗した場合に接続しないでください。
    このオプションを有効にすると、RDC 6.1 は、リモート コンピューターの id を確認できない場合は接続できません。

リソースのリダイレクト

RDC 6.1 クライアントのリダイレクトをサポートするプラグ アンド プレイ デバイスをリダイレクトすることができます。

プラグ アンド プレイ デバイスをリダイレクトするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ アクセサリ[ 通信プロパティ リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、 ローカル リソース タブで、クリックしてください より、し選択、 サポートされているプラグ アンド プレイ デバイス チェック ボックスします。

ターミナル サーバーのゲートウェイ サーバー

ターミナル サーバーのゲートウェイ (TS ゲートウェイ) サーバーは社内ネットワーク上のリモート コンピューターに接続する権限を持つユーザーをできるようにするゲートウェイの一種です。このような権限を持つユーザーはインターネット接続を使用してどのコンピューターからでも接続できます。TS ゲートウェイは、HTTPS プロトコルと共にリモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用して、暗号化された安全な接続を作成します。

RDC の以前のバージョンはファイアウォールやネットワーク アドレス変換器の間でリモート コンピューターに接続できません。これは通常、ポート 3389 ネットワーク セキュリティを向上させるためにブロックされているためにです。ポート 3389 は、リモート デスクトップ接続で使用するポートです。ただし、TS ゲートウェイ サーバーはポート 443 を使用します。ポート 443 はセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) トンネルを経由のデータを送信します。

TS ゲートウェイ サーバーには、次の利点があります。
  • リモート デスクトップ接続は、企業ネットワークにインターネットから、仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を使用せずできます。
  • ファイアウォール経由でリモート コンピューターに接続することができます。
  • コンピューターで実行されている他のプログラムと、ネットワーク接続を共有することができます。送信して、リモート接続を介してデータを受信するのには、企業のネットワークではなく、インターネット サービス プロバイダー (ISP) に接続を使用することができます。
TS ゲートウェイ サーバーを指定するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ アクセサリ[ 通信プロパティ リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、 高度な タブをクリックし. 設定.
  3. クリックしてください。 次の TS ゲートウェイ サーバー設定を使用します。は、サーバー名を入力、 サーバー名 次のログオン方法のいずれかをクリックして] を ログオン方法 ・ リスト:
    • 後で選択できるように
      このオプションを使用すると、接続時にログオン方法を選択できます。
    • パスワードを要求します。
      このオプションを接続するときにパスワードのよう求められます。
    • スマート カード
      このオプションは、接続時にスマート カードを挿入するよう求められます。
  4. オンまたはオフにして、 ローカル アドレスには TS ゲートウェイ サーバーを使用しません。 チェック ボックスします。このチェック ボックスを選択すると、TS ゲートウェイ サーバー経由でルーティングされないとローカル ネットワークのアドレスの間を移動するトラフィックを防ぐ。このオプションは、接続を高速化します。

ターミナル サービス RemoteApp

TS RemoteApp はリモート コンピューターに接続し、リモート コンピューターにインストールされているプログラムを実行できるクライアント コンピューター Windows Server ターミナル サービスの機能です。たとえば、社員は、職場では、リモート コンピューターに接続できない場合があり、そのコンピューター上で Word を実行できる場合があります。管理者は、プログラムは、プログラムでアクセスできるように発行する必要があります。経験は、ローカル コンピューターにインストールされているプログラムを実行していると同じです。

TS RemoteApp は 1 つだけのコピーをアップグレードして個々 のコンピューターにインストールされている多数のコピーではなく維持するために、プログラムのためシステム管理が容易になります。

複数モニター

リモート デスクトップ接続は、複数のモニターにまたがる高解像度表示をサポートしています。ただし、すべてのモニターの合計解像度は 4096 x 2048 未満のピクセルでなければなりません。モニターが同じ解像度が必要です。さらに、モニターに揃えられたサイド ・ サイドでなければなりません。

複数のモニターにまたがって、リモート コンピューターのデスクトップを確認するには、入力します。 Mstsc/span コマンド プロンプトで。

表示機能の強化

リモート デスクトップ接続は、32 ビットの色とフォント スムージングはサポートします。

32 ビット色を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ アクセサリ[ 通信プロパティ リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、 表示 タブをクリックし. 最高品質 (32 ビット) 続いて カラー リストです。
フォント スムージングを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ アクセサリ[ 通信プロパティ リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、 エクスペリエンス タブをクリックしをクリックして、 フォント スムージング チェック ボックスします。

プロパティ

文書番号: 951616 - 最終更新日: 2012年7月18日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Vista Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
    • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
    • Windows Vista Business 64-bit edition
    • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
    • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
キーワード:?
kbremoteprog kbtermserv kbExpertiseInter kbinfo kbmt KB951616 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:951616
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com