RPC プロキシは、Windows Server 2008 でのアプリケーションのポートのスケーラビリティ機能を有効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 951764
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Windows Server 2008 は、64,000 以上のワイルドカード ポートをサポートします。このポートの数をサポートするには、複数の IP アドレスを使用します。さらに、複数の IP アドレスで使用する同じワイルドカード ポートを有効にするのには特別なソケット オプションが渡されます。最大 60,000 の動的なポートごとに IP アドレスを使用できます。

このポートのスケーラビリティ機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/cc150670 (VS.85)
リモート プロシージャ コール (RPC) のプロセスは、この機能を使用して、RPC プロキシのポートの拡張性の Windows Server 2008 を実行しているサーバー上で利用できるようにします。この機能を利用するには、RPC プロキシを変更する必要があります。

この資料では、RPC プロキシは、Windows Server 2008 でのアプリケーションのポートのスケーラビリティ機能を有効にする方法について説明します。

詳細

HTTP 経由の RPC プロキシへの着信接続を発生します。さらに、すべては同じに発生します。(通常、このポートのポート 80 またはポート 443 です。)

TCP 経由で RPC サーバーへの送信接続を発生します。通常、RPC クライアント、RPC サーバーへの複数の接続を使用します。各接続は、新しいポートを取得します。RPC プロキシを RPC サーバーへの接続の数が増えるにつれて、RPC プロキシのポートの制限を使い果たすことができます。

ポート スケーラビリティ機能を有効にすると、RPC プロキシは、複数の IP アドレス、同じインターフェイスで、RPC サーバーに接続しようとするのに使用します。インターフェイスの各 IP アドレスは、60,000 のポートの制限があります。このような状況にプロキシ サーバーを使用可能なポート数を拡張することができます。したがって、プロキシ サーバーは、RPC サーバーにできる接続の数増加します。

ポート スケーラビリティ機能を有効にするには、RPC プロキシを実行しているサーバーでこれらの手順を実行します。

手順 1: 複数の IP アドレスを追加します。

この操作を実行すると、ポート スケーラビリティ機能を利用するために RPC を使用できます。追加するのに数より多くのアドレスを計算するのには、次の数式を使用できます。
(着信 HTTP 接続の数 ÷ 60,000) × 2 = IP アドレスの最小数
メモ この数式では、 最低限の数の IP アドレス 数は、近似値の整数に切り上げられます。たとえば、サーバー 100,000 の着信 HTTP 接続をサポートする場合は、アドレスの最小数は次のとおり計算します。
(100,000 ÷ 60,000) × 2 = 3.3
3.3 に 4 ラウンド。この例では、次の 4 つの IP アドレスが必要です。

必要なインターフェイスに IP アドレスを追加しなければなりません。使用して IP アドレスを追加する方法の詳細については、 netsh コマンド ライン ツール、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb490943.aspx

手順 2: RPC プロキシのポートのスケーラビリティを有効にします。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
RPC プロキシのポートのスケーラビリティを有効にするには、レジストリ キーを追加する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\RPC
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWord 値.
  4. 種類 EnableTcpPortScaling、し、ENTER キーを押します。
  5. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
  6. 種類 1、し [OK].
  7. レジストリ エディターを終了します。

手順 3: RPC プロキシ サーバーでの動的ポートの構成

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    をクリックして すべてのプログラムをクリックして アクセサリ、し、右クリック コマンド プロンプト.
  2. クリックしてください。 管理者として実行します。.

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    netsh インターフェイスの ipv4 設定 dynamicportrange プロトコル tcp startport = 4000 numberofports = 60000 =
  4. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    netsh インターフェイス ipv6 設定 dynamicportrange プロトコル tcp startport = 4000 numberofports = 60000 =
  5. 種類 終了、し、ENTER キーを押します。

手順 4: インターネット インフォメーション サービス (IIS) を構成します。

同時要求数] と [接続の最大数を更新するように IIS を構成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    をクリックして すべてのプログラムをクリックして アクセサリ、し、右クリック コマンド プロンプト.
  2. クリックしてください。 管理者として実行します。.

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config"既定の Web サイトまたは Rpc"・ section:system.webServer/serverRuntime ・ appConcurrentRequestLimit:着信 HTTP 接続の数 ・ commitpath: apphost
  4. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config"既定の Web サイト/RpcWithCert"・ section:system.webServer/serverRuntime ・ appConcurrentRequestLimit:着信 HTTP 接続の数 ・ commitpath: apphost
  5. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    「既定の Web サイト」%windir%\system32\inetsrv\AppCmd の設定サイトの limits.maxConnections。X2 の着信 HTTP 接続の数
  6. 種類 iisreset、し、ENTER キーを押します。
  7. 種類 終了、し、ENTER キーを押します。
メモ これらのコマンドの値で、 着信 HTTP 接続の数 プレース ホルダーが記載されている、数式の"ステップ 1: IP アドレスを追加"セクション。状況および要件に基づいて開始ポートおよびポート数の値は異なる場合があります。ただし、これらの値の合計に 65,535 以下でなければなりません。

サーバーを RPC プロキシ サーバーとして構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa998125 (EXCHG.65)

プロパティ

文書番号: 951764 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbrpc kbmt KB951764 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:951764
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com